ペット保険の体験談

ペット保険に入っていなくて後悔したこと

膝蓋骨脱臼で最大30万円かかることも…。ペット保険未加入時の高額な医療費。

体験者
プロフィール

・ニックネーム
こがねさん
・プロフィール
40代後半 女性 専業主婦 京都府
・ペットの種類
チワワ(3才8か月)
・ペット保険会社
未加入
・プラン名
未加入

ペット保険に加入していなくて後悔した経緯

 我が家のチワワが9カ月ごろ膝蓋骨脱臼になっていました。最初は、お散歩の時などに、左の後ろ足をスキップするようなしぐさをしていました。ちょうど去勢手術をしたのが生後8カ月だったので、手術の影響もあったのかなっと、余り気にせずに生活をしていました。

 しかし、1歳の検診時にないげなく、獣医の先生に歩く様子をスマホでとっていたので見て頂くと、すぐに膝を診ていただき「膝蓋骨脱臼をする子ですね。」と言われました。その時は、グレード2と診断されサプリメントを頂き服用させていました。

 去勢手術をしたこともあり、体重管理には注意していたつもりですが、体重が若干増えはじめてしましました。毎月、通院しました。サプリを処方していただき「体重を減らしましょう」と言われドックフードも一番カロリーの低いRoyalCaninの満腹感サポートにして様子を観ることにしました。

 半年ほどがたちましたが、状態は思わしくなく、散歩が好きだった子なのに、散歩の用意をすると机やソファーの下に潜り込み外出を嫌がるようになりました。できるだけ、芝生などの柔らかい地面を歩かせようと遠出をするなど試してみましたが上手く行きませんでした。

 1才6カ月を迎えた時に、診察を受けグレード3まで進行していることが分かりました。そして、獣医の先生から手術を勧められました。手術費用を聞くと、15万から25万ぐらいかかると言われました。金額を聞いて、毎月の通院費やサプリメント費用など多額の治療費を支出していたので家計を考えると直ぐに手術をお願いできませんでした。インターネットで検索し、他の動物病院にも救いの手を求め受診しましたが、どこに行っても「グレード3です。手術が必要です。」と言われました。

 大事な家族の一員です。家族とも相談し、夏の旅行費用を手術費用にまわすことにしました。手術は初診から診て頂いていた動物病院で行いました。

 これまでにかかった費用は、毎月の再診療費とレントゲン代が約35,000円と手術費用が123,700円でした。手術費用の内訳ですが、血液検査6,000円、3日間の入院費8,400円、膝蓋骨脱臼整復術60,000円、骨折整復術30,000円、血管確保術2,000円、注射等3,300円、全身麻酔費10,000円、レントゲン代4,000円でした。手術時の酸素代と再診代はサービスしていただきました。退院後も、1週間ごとに消毒とリハビリに1カ月間通いました。

 今は、手術のおかげで以前の元気なお散歩大好き小僧に戻っています。再発はないだろうと言っていただいていますが、3カ月に1回の受診を欠かさずに行っています。

総評

 チワワがわが家族になり、動物病院に初めてのワクチンを受け行った時に獣医さんに「チワワのような小さい犬は、骨折や関節の病気やケガに注意してくださいね。今は、ペット保険もあるので加入も考えられたらどうですか。」と勧められました。その時に、加入していたら、もっと早くに処置していただきワンちゃんに痛い思いを長くさせなかったと後悔しています。

 治療に躊躇した原因は、やはり治療費でした。1回の通院で5千円から1万円弱の費用が普通でもかかります。今回の治療は12万円程で済みましたが、悪性腫瘍や骨折などの治療には多額の費用がかかります。

 治療費を惜しんで、受診を断念する方もいらっしゃるのではないでしょうか。ペットは痛いと言いません。我慢強い生き物です。だからこそ、しっかり飼い主が日頃のペットの様子を観察し、異変に気が付いてやらなくてはならないと思います。そして、異常を感じたら、すぐに動物病院に連れて行ってあげてください。病気やケガが重度になってからでは遅いのです。

 そのためにも、ペット保険に加入し、治療費のリスクを減らせたらと思います。ケガや病気は突然やってきます。急な出費で家計に負担をかけてしますことにもなります。我が家も、チワワが2匹いますが、今はペット保険に加入するようになりました。

(参考)愛犬が健康なうちに入りたいおすすめのペット保険ランキング
(参考)ペット保険は病気でも入れる?既往症とペット保険について解説

タイプ別ランキング

ペット保険比較のステップ