ペット保険を検討する上で特に落とし穴になるのが「免責」です。ここは人間の保険でもあまり見られない概念ですので、多くの方が認識しないまま加入している場合が多いです。
また、免責ほどは気にする必要がありませんが、保険開始までの待機期間も確認しておきましょう。

ペット保険の免責とは

保険契約に際して、補償されない(保険金が支払われない)事項のことを免責または免責事項といいます。
保険が適用される事象が起こっても、免責事項に該当する場合には補償されないので、注意が必要です。

ペット保険に関しては、「通院」「入院」「手術」の補償金額に関して免責を設けている商品があります。補償金額に関して免責が設けられていた場合、補償割合が意味をなさない場合があります。

免責が設定されている例

実際に、免責が設定されている以下の商品を例に見てみましょう。

ペット&ファミリー げんきナンバーわんスリム プラン50の場合

・通院・・・制限なし
・入院・・・制限なし
・手術・・・制限なし

年間補償上限額 50万円まで
補償割合 50%
免責 3,000円

この商品の場合、免責として3,000円がセットされています。
この場合、例えば、治療費として通院費用が3,000円未満の場合は、保険会社から保険金が支払われません。また、通院費用が5,000円だった場合でも、免責が3,000円なので、支払われる保険料としては、

(5,000円 – 3,000円)×50% = 1,000円

となります。

そこまで高い免責をセットしている商品はあまり見受けられないですが、ご自身が検討しているペット保険商品に「免責が設定されているかどうか」は注意しておく必要があります。

ペット保険選びの鉄則 その4
  • 検討しているペット保険商品に「免責が設定されているかどうか」を確認する
  • 免責は、補償されない範囲となり、そこを認識した上でペット保険に加入する

なお、ペット保険比較研究所が調査した免責が設定されている保険商品は以下の通りです。

会社名商品名免責額
アイペット損害保険株式会社うちの子light30,000円
ペッツベスト少額短期保険株式会社ファーストプラン7,500円
ペッツベスト少額短期保険株式会社ベーシックプラン20,000円
ペッツベスト少額短期保険株式会社アクシデントプラン7,500円
ペット&ファミリー少額短期保険株式会社げんきナンバーわんスリム
プラン50
3,000円
ペット&ファミリー少額短期保険株式会社げんきナンバーわんスリム
プラン70
3,000円
あんしんペット少額短期保険株式会社ずっといっしょM14,000円
あんしんペット少額短期保険株式会社ずっといっしょS14,000円
もっとぎゅっと少額短期保険株式会社ペットのための手術保険 70%プラン10,000円
もっとぎゅっと少額短期保険株式会社ペットのための手術保険 90%プラン10,000円

ペット保険の待機期間とは

ペット保険には会社によって、待機期間を設定しているところがあります。
待機期間とは、保険契約の責任開始日から、実際に保険が適用されるまでの期間の事を言います。

以下のように、会社ごとに設定されているので、念のため、確認しておくとよいでしょう。
なお、待機期間については、初年度のみを対象にしており、また病気だけを対象にしているケースが多いです。(ケガの待機期間がないケースが多いです)

会社名待機期間
アイペット損害保険株式会社待機期間はなし
ペッツベスト少額短期保険株式会社保険開始後、けがの場合は始期日より補償を開始。病気の場合は、始期日より14日間の待機期間がある。
ペットメディカルサポート株式会社待機期間はなし
ガーデン少額短期保険株式会社責任開始日から、ケガの治療は補償開始となる。病気(ガン以外)の場合は、責任開始日の31日目以降、ガンの場合は61日目以降から補償開始。なお、契約日は責任開始日の翌月1日となり、契約日より1年間の保険解約がスタートする。
au損害保険株式会社保険開始日から30日は待機期間としていて、病気による治療費は支払われない。ケガによる治療費は、保険開始日から補償の対象となる。
ペット&ファミリー少額短期保険株式会社ケガの場合、保険期間の初日から15日、病気(ガンを除く)の場合、保険期間の初日から30日、ガンの場合、保険期間の初日から90日間は待機期間として設定されている。
アニコム損害保険株式会社保険契約の始期日(補償開始日)から30日間は待機期間となり、病気に関しては31日目以降が保険の対象。ケガは待機期間がなく、始期日より保険の対象となる。
もっとぎゅっと少額短期保険株式会社病気の場合は、契約日から15日間の免責期間がある。がんによる支払事由については、契約日より起算して30日間の免責期間がある。ケガの場合は契約日の初日から補償開始となる。
日本アニマル倶楽部株式会社ガンの場合は責任開始から45日間の待機期間後、46日目から保障を開始する。
アクサ損害保険株式会社新規加入の場合、病気に関しては、保険始期日から30日間の待機期間がある。ガンの場合は待機期間120日間。
株式会社FPC待機期間はなし
あんしんペット少額短期保険株式会社責任開始日から30日間は病気(ガン以外)に対する補償は対象外、責任開始日から60日間はガンに対する補償は対象外、ケガは責任開始日より補償の対象となる。
イーペット少額短期保険株式会社保険契約始期日から15日間は待機期間となり、待機期間中の病気に関しては補償の対象外となる。ただし、待機期間中のケガに関しては補償の対象となる。
日本ペット共済但し、病気は30日間、ガンによる支払い事由については90日間の免責期間がある。
株式会社ペティーナ待機期間はなし
ペットライフジャパン待機期間はなし

まとめ

このページでは、「免責の有無や待機期間」について確認してきました。特に免責は、実際に保険金を受け取るタイミングになって自覚する加入者が多いので、保険の加入時点で確認しておくようにしましょう。

免責や待機期間について確認したら、最後に、保険金の請求方法や、保険会社の形態の違いなどを確認していきましょう。