ペット保険を知ろう

ペット保険とは

 ペット保険とは動物病院でのペットの病気・ケガの治療費をカバーするものです。動物病院の診療費は、公的な保険制度がなく全額飼い主の自己負担となります。そんな診療費による飼い主の経済的負担を減らすためにあるペット保険は、負担軽減だけではなく、疾病の早期発見・早期治療にもつながるのです。

ペット保険とは?

 そもそも、ペット保険とはいったい何でしょうか?ペット保険は、家庭で飼育されているペットが動物病院でケガ・病気の治療を行った際、その治療費の何割かを保険金として支払うことで、飼い主の経済的負担を軽減させることを目的とした保険商品のことを指します。どのペット保険商品も民間のペット保険会社で販売をされている、任意保険に当たりますので、ペット保険に、加入するしないは飼い主の自由です。
 では、なぜ契約者はペット保険に加入しているのでしょうか?

ペットには公的な「健康保険」がありません

 ペットも私たち人間と同じで、病気やケガになってしまうことがあります。飼い主の多くは、ペットの病気やケガに気付いたら動物病院へ連れていき、人間と同じように診察や治療を受けさせるでしょう。しかし、ペットの場合は人間と違い、公的な「健康保険」がまったく整備されていません。万が一あなたの大切なペットが病気やケガで病院を受診することになったら、その費用を
「全額自己負担」
しなくてはならないのが現状です。

人間と同じくらいの治療費がかかるペット医療

 そうは言っても、人間よりも体の小さいペットであれば、治療費も人間よりも遥かに安く済むのでは?そう思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、実はそうではないのです。まず、動物病院の診療料金は、独占禁止法により、獣医師会等が基準となる料金を決めたり、獣医師同士が協定して料金を設定したりすることが禁じられています。すなわちそれぞれの動物病院が自由に料金設定をできるため、病院によって、同じような治療でも治療費は大きく変わります。

「家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査(平成27年度)」
 2015年に公益社団法人日本獣医師会が行った動物病院への調査によると、動物病院の診療費<入院費の場合>は以下の通りです。

入院費 犬・小型
500円~1000円未満 1.1%
1000円~2000円未満 10.8%
2000円~3000円未満 50.0%
3000円~5000円未満 32.1%
5000円~7500円未満 2.5%

入院費 犬・中型
500円~1000円未満 0.5%
1000円~2000円未満 5.3%
2000円~3000円未満 28.4%
3000円~5000円未満 56.6%
5000円~7500円未満 4.8%

入院費 犬・大型
500円~1000円未満 0.4%
1000円~2000円未満 1.7%
2000円~3000円未満 11.5%
3000円~5000円未満 56.2%
5000円~7500円未満 21.5%

※~500円未満、7500円以上~の項目、犬・特大は省略

 小型犬の入院費が2000円~3000円、大型犬になると3000円~5000円が相場のようです。これは1日当たりの設定額だと思われますので、小さなチワワでも入院日数×2000円~3000円がかかると考えると飼い主にとっては大きな負担となりうるでしょう。人間の場合、病床数・看護師の数などで入院の点数は変わりますが、健康保険制度で3割負担の場合は自己負担額が1日当たり3000円~4000円程度になりますので、ほとんど人間と変わらない金額であるということが来出ます。

ペット保険に加入して、万が一の不安を少なく

 予想以上に高額なペットの治療費。そんな、大切なペットのもしもの時に備えることができるのが「ペット保険」です。ペット保険に加入することで、かかった医療費の一定金額が保険金として支払われます。また、
医療費の不安が軽減されるので、病院を受診しやすくなりますし、高額な手術などにも対応することができます。

 高額な医療費が気になって、ついつい受診が遅れてしまうことがあるかもしれません。しかし、ペットは私たち人間より成長が早く、病気やケガの進行も早いので、早期発見がとても大切になってきます。そして何より、ペットは自分の声で不調を訴えてはくれません。

「ペット保険」に加入しておくことで、ペットの何気ない変化でも、医療費をあまり気にせず病院を利用できるので、病気やケガの早期発見・早期治療につなげることができます。

まとめ

 ペット保険とは、公的な保険制度などがなく、全額飼い主自己負担をしなければならないペットの治療費を、保険会社がある程度負担をすることで、飼い主の金銭的な負担と、「お金がないからペットを病院に連れていけない」という精神的な不安を減らすために存在します。大事な家族に安心して治療を受けさせてあげることのできるように、ペット保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

タイプ別ランキング

ペット保険比較のステップ