ペット保険を知ろう

ペット保険の補償内容って?

 ペットの医療費をカバーするペット保険。契約期間内のペットの病気・ケガの治療費を支払うものではありますが、「通院」「入院」「手術」ごとに限度額や回数が設定されているもの、「通院」「入院」「手術」ごとの限度額・回数の設定はなく、総合的な限度額内で自由に保険を利用できるもの、「手術」補償のみに特化したものなど、ペット保険には豊富なバリエーションが存在します。

基本となる「通院」・「入院」・「手術」をしっかりチェック

 あなたがペット保険を選択される際に、最も気になるポイントの1つが補償内容ではないでしょうか?各社さまざまな商品を提案しており、それぞれの補償内容を十分に比較することは容易ではありません。ただし、いずれの商品も基本となる補償は、「通院」・「入院」・「手術」の3つに分けられています。

通院

通院

 ケガや病気で獣医師に治療を受けたときの医療費が補償されます。ペット保険商品の中には、補償内容に通院が含まれていないもの(手術特化型の保険商品等)もあるので注意が必要ですが、通院による医療費は比較的安いので、保険料を低く抑えたいのであれば通院の補償がない商品を選択するのも1つの手です。

入院

入院

 ペット保険には基本的に補償内容に含まれています。いざ入院となると高額な医療費がかかる場合があるのでしっかりと備えておくことが大切です。入院で注意が必要なのが「支払限度回数」です。回数が、日数でカウントする商品と、1入院ごとに(入院から退院までを1回とする)カウントする保険商品があります。

  • 日数でカウントする商品…1年間に何回入院しても限度日数まで補償される
  • 入院ごとにカウントする商品…1回の入院が長期になった場合でも日数に関係なく、1回の入院から通院までを1入院としてカウント、限度の入院回数まで補償される

 どちらのタイプも一長一短で、日数でカウントする商品は年間に○日までは補償されますが、その限度日数を過ぎた場合は、補償適用外となります。入院ごとにカウントする商品は、1回の入院から通院までを1入院としてカウントしているため、どれだけ長期の入院となっても、入院期間中は補償の対象となります。
 しかし、どちらの場合も基本的に日ごと・1入院ごとの限度額が設定されているため、その金額を超えた額に関しては支払い対象外となります。

手術

手術

 1回当たりの手術費用を補償。入院もおこなう手術の場合は、手術費用のみ「手術補償」が適用となるなど、「通院」「入院」と組み合わせての支払いとなることが多いようです。また、「がん」など、特定の疾病に関する手術の支払上限額などが別に設定されている商品もあります。


ペット保険の商品は2つのタイプに分類される

 ペット保険には基本的に「支払限度額」と「支払限度回(日)数」が設定されています。保険金はこの限度内までしか支払われないので、しっかりと確認しておかなければいけません。限度は商品ごとに小さな違いはありますが、大まかに分類すると以下の2種類になります。

  • ①「通院」「入院」「手術」ごとに「支払限度額」と「支払限度回(日)数」を細かく設定している商品
  • ②「通院」「入院」「手術」ごとに「支払限度額」を設定している商品
  • ③「通院」「入院」「手術」をまとめて、回数制限のない「年間支払限度額」を設定している商品

①「通院」「入院」「手術」ごとに「支払限度額」と「支払限度回(日)数」を細かく設定している商品

 ①は、従来のペット保険商品に多いタイプの保険商品です。「通院」は年間に○日まで、1日当たり○○円まで……というように、「通院」「入院」「手術」ごとに「支払限度額」と「支払限度回(日)数」を設定しており、その範囲内のもののみ補償されます。「支払限度額」・「支払限度回(日)数」どちらも設定をされているもの(この場合、支払限度額は1日当たりの金額)と、「通院」「入院」「手術」ごとに年間の限度額のみを設定しているものの2つが存在します。

  • 項目ごとに日数や限度額が設定をされているため分かりやすい。また、大手のアニコム・アイペットもこちらを採用しているため、これらの保険と商品内容を比較しようとした際、比較が容易
  • 1年間のうち、通院ばかり多くなり、入院・手術での利用がほとんどないなど、利用に偏りがあった場合、あまり使わなかった項目に関しては結果的に損をした形となってしまう
  • 「通院」「入院」「手術」すべてを補償して、かつ補償割合が100%であるペット保険はこのタイプのものしかない

②「通院」「入院」「手術」ごとに「支払限度額」を設定している商品

 それぞれの項目ごとに限度額を設定しており、「通院」「入院」「手術」ごとに年間の限度額まで利用できるものです。年間の限度額のほかに、1日当たりの限度額を設定しているものもあります。

  • 「支払限度回(日)数」がないため、比較的使い安い。ただし、補償割合が100%のものはないため、自己負担額は必ず発生してくる
  • 「限度額」は設定されている

③「通院」「入院」「手術」をまとめて、回数制限のない「年間支払限度額」を設定している商品

 ③は比較的新しいタイプのペット保険商品で、「通院」「入院」「手術」ごとの「支払限度額」と「支払限度回(日)数」は設定をせず、年間のトータルでの限度額のみを設けています。つまり、例えば○○万円が限度額だとしたら、その限度額に達するまで全てを通院費に使うこともできるし、半分を手術に、残り半分を通院に使うこともできます。

  • 通院が多い、手術で多額の金額を使ってしまった……など、「通院」「入院」「手術」のうちどれかに偏って治療費が発生をした場合、契約者の方でその利用の多い項目を選択して保険請求をすることができる
  • 契約者が自由に「通院」「入院」「手術」の補償の割合(どの項目を多めに請求するか)を決めることができる反面、自身で以前の請求も把握しておく必要がある。「通院年間○日まで」という縛りがないために、わかりづらい部分がある
  • 補償割合が100%のものはないため、自己負担額は必ず発生してくる

特化型ペット保険の台頭

 1回当たりの手術費用を補償。入院もおこなう手術の場合は、手術費用のみ「手術補償」が適用となるなど、「通院」「入院」と組み合わせての支払いとなることが多いようです。また、「がん」など、特定の疾病に関する手術の支払上限額などが別に設定されている商品もあります。

  • 手術重視型

    「手術」を重点的に補償するタイプです。また、手術に伴う「入院」も併せて補償する商品も多いです。一方で、医療費が比較的安い「通院」に対しては補償しないのがこのタイプの特徴です。また本サイトでは、免責の設定によって実質的に「通院」の医療費は補償しないと判断される商品も、このタイプに分類しています。

  • 通院重視型

    「通院」を重点的に補償するタイプです。また、「入院」も併せて補償する商品もありますが、医療費が比較的高い「手術」に対しては補償しないのがこのタイプの特徴です。


まとめ

 ペット保険と一概に言っても、その補償内容は保険会社や商品によってさまざま。「保険契約期間内に発症した病気や、負ったケガの治療費を補償する」という点はどの保険でも同じですが、割合や限度額は各社独自の観点で設定されています。「ペット保険 徹底比較」などの、各保険商品の限度額や限度日数を一覧で比較することのできるページもありますので、保険料や限度額や限度回数、免責金額などさまざまな観点から比較をしたうえで保険を選択した方が良いといえるでしょう。

タイプ別ランキング

ペット保険比較のステップ