ペット保険を知ろう

保険金の支払いを受けるには

ペット保険における保険金の支払い方法は保険会社によって「窓口精算方式」か「後日精算方式」のどちらかを採用しています。どちらもメリットデメリットはあるため、自身のライフスタイルや保険料に合った保険会社を選ぶ必要があります。

保険金の支払い方法

 ペット保険における保険金の支払い方法は保険会社によって「窓口精算方式」か「後日精算方式」のどちらかを採用しています。どちらもメリットデメリットはあるものの、人間の健康保険のように窓口での支払いに適用させる「窓口精算方式」の方が、一般的には人気ではあるようです。

窓口精算方式

 保険会社と提携している動物病院を受診した場合、病院の窓口で医療費から保険による補償額を差し引いた金額を支払う方法です。私たち人間が保険証を病院に提示することで自己負担額のみの支払いで済むのと同じイメージです。窓口精算方式の保険会社の保険に加入すると、「健康保険証」などの保険加入を証明するカードがもらえます。そのカードを対応動物病院に提示することで、窓口精算の時点で自己負担分のみの支払いで済みます。この便利さが窓口精算方式最大のメリットと言えます。

 デメリットとしては、窓口精算に対応している病院のみに限られるので、提携外の病院の場合「後日精算方式」と同じ方法で請求する必要があります。また、後日精算方式のペット保険会社と比べると、窓口精算方式の保険会社の保険料は比較的高額になる傾向があります。

  • 「窓口精算方式」を採用しているのは現在3社のみで、そのうち全国的な規模で窓口精算対応病院を設けているのはアニコム・アイペットの2社のみになります。

後日精算方式

 現在日本にあるペット保険会社(ペット共済も含む)15社のうちすべてのペット保険会社がこの方法を採用しています。というのも、前述の「窓口精算方式」の保険金支払い方法はあくまでも提携の動物病院でのみ利用できるものなので、提携外の病院での治療費の際は後日精算方式で審査・支払いをするほかないためです。

 病院でいったん医療費の全額を支払い、後日明細付領収書などを保険会社に郵送して保険金を請求する方法です。ただし、明細付領収書以外にも診断証明書など獣医師に書類を作成してもらわないといけない保険会社もありますので、各社の請求方法をよく確認しておく必要があります。窓口精算方式よりも請求にひと手間かかってしまうデメリットがあります。

 ただし、この精算方式のみのペット保険会社は、窓口精算方式のペット保険会社よりも保険料が低めに設定をされています。請求に手間はかかっても、月々の保険料は抑えたいという方にはおすすめです。

ペット保険会社支払方法早見表

 以下の表に、保険会社ごとに精算方法の状況をまとめていますので、ペット保険選びに併せてご検討ください。
会社名窓口精算後日精算
アイペット損害保険株式会社○ 採用 (3586病院と提携)○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
ペッツベスト少額短期保険株式会社○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
ペットメディカルサポート株式会社○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
ガーデン少額短期保険株式会社○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
au損害保険株式会社○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
ペット&ファミリー少額短期保険株式会社○ 採用 (187病院と提携)○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
アニコム損害保険株式会社○ 採用 (5863病院と提携)○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
もっとぎゅっと少額短期保険株式会社○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
日本アニマル倶楽部株式会社○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
アクサ損害保険株式会社○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
株式会社FPC○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
あんしんペット少額短期保険株式会社○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
イーペット少額短期保険株式会社○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
日本ペット共済○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
株式会社ペティーナ○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)
ペットライフジャパン○ 採用 (全国すべての動物病院で適用可能)

まとめ

 それぞれにメリット・デメリットのある窓口精算方式と後日精算方式。保険料との兼ね合いやライフスタイルなどを鑑みて、自分に合った保険会社を選ぶ必要があります。

タイプ別ランキング

ペット保険比較のステップ