ペット保険には「待機期間」が設けられているものがあります。もしこの待機期間に治療をしても、ペット保険の補償は受けられません。
なぜこのような期間があるのでしょうか?各社の待機期間の違いなども含めて詳しく説明します!

待機期間

ペット保険の待機期間って?

ペット保険を検討していると、「待機期間」という言葉をよく耳にしませんか?

「待機期間」とは、新規でペット保険に加入する場合に設定される「動物病院を受診しても補償が受けられない期間」のことです。

この待機期間があると補償が開始するタイミングが遅くなってしまうことがあるので、チェックしておかないと大変なことになってしまいます。
待機期間は保険契約の中でどのように設定されるのか確認してみましょう。

ペット保険は基本的に以下のような流れで契約されます。

① 保険会社に加入申込書や告知書などの必要書類が届く
② 契約が承認される
③ 保険料が保険会社に受領された日に契約開始

(※ペットショップで子犬・子猫購入時に加入できる、お迎え日から保険契約が開始となる一部の保険商品は除きます。)

ところが、待機期間が設定されている保険の場合は、下のような契約の流れとなります。

待機期間

このように、新規で加入するペット保険に待機期間がある場合は「契約成立日=補償開始日」ではありません

なお、この待機期間は初年度契約のみ対象です。
2年目以降に継続契約する場合には、待機期間はないので安心してください。

待機期間が設けられている理由

そもそもなぜこのような期間が設けられていると思いますか?

保険に加入・契約開始後すぐに保険金が支払われる仕組みになっていると、保険契約開始前に発症している・原因があるような病気やケガにも保険金を支払うことになってしまう恐れがあるからです。

ペット保険は、あくまで「将来病気やケガになるリスクに備えて」加入するものです。

「ペットが病気になったからペット保険に入ろう」と考えて病気・ケガになってから保険に入ることは、「保険契約期間内の病気・ケガを補償する」というペット保険の大原則から外れ、ペット保険会社にとっても損失となってしまいます。

ただし、病気・ケガになっていても保険加入ができないわけではありません。治療中でもその旨を告知すれば保険加入は認められます。
その場合、加入前からの病気・ケガに関しては補償の対象外となる場合があるので、なるべく早めに加入することをおすすめします。

(参考)加入前は要注意!ペット保険にも「告知義務」がある!
(参考)ペット保険は病気でも入れる?既往症とペット保険について解説

待機期間ってどのくらい?各社の待機期間一覧

ペット保険の待機期間の日数は、保険会社によってさまざまです。

基本的に病気・ケガの2つに分けて待機期間を設定し、ケガには待機期間なし(保険契約開始日から補償)としているところもあります。
これは、ケガの場合、病気と比べていつケガをしたのかが判断しやすいためです。

通常の病気の場合は一般に30日程度の待機期間が設けられています。
ただし潜伏期間が長い「がん」に関しては60~120日ほど設けている保険会社もあるようです。

実際に各社の待機期間がどのように設定されているのか気になりますよね。

そこで、待機期間が設定されているペット保険をまとめたので確認してみましょう。

会社名ケガの待期期間病気の待期期間ガンの待機期間
アイペット損害保険なしなしなし
FPCなしなしなし
PS保険(ペットメディカルサポート)なしなしなし
ペティーナなしなしなし
ペットライフジャパンなしなしなし
日本アニマル倶楽部なしなし責任開始から45日間
ペッツベストなし始期日から14日間始期日から14日間
イーペットなし保険契約始期日から15日間保険契約始期日から15日間
au損害保険なし保険開始日から30日保険開始日から30日
アニコム損害保険なし始期日から30日始期日から30日
SBIいきいき少短なし責任開始日から1ヶ月間責任開始日から1ヶ月間
日本ペットプラス(ガーデン)なし責任開始日から30日責任開始日から60日
もっとぎゅっと(あんしんペット)なし責任開始日から30日間責任開始日から60日間
日本ペット共済なし責任開始日から30日間責任開始日から90日間
アクサ損害保険なし保険始期日から30日間保険始期日から120日間
ペット&ファミリー保険期間の初日から15日保険期間の初日から30日保険期間の初日から90日間

表からも分かるように、すべてのペット保険に待機期間があるわけではありません

アイペットやFPCなどは待機期間がなく、その代わりに申し込みから保険契約開始日までに少し期間があります
こちらも補償開始時期に関わってくることなので確認しておくようにしましょう。

会社名保険契約(補償)開始までの期間
アイペット損害保険<口座登録>
申込受付日※の翌月の同じ日(31日などで同じ日がない場合は翌月末日)の午前0時から補償が開始します。
<クレジットカード>
申込受付日※の属する月の翌々月1日の午前0時から補償が開始します。
FPC<口座登録>
初回引き落とし日
・当月15日までにFPC到着の場合、翌月27日が初回引き落とし日(補償開始日)となります。
・当月15日以降にFPC到着の場合、翌々月27日が初回引き落とし日(補償開始日)となります。
<クレジットカード>
申込日より21日後
PS保険(ペットメディカルサポート)・通常はお申込みいただいた日の翌々月の1日となります。(例:8月20日申込→10月1日補償開始)
・ただし毎月1日にお申し込みいただいた場合のみ翌月の1日となります。(例:8月1日申込→9月1日補償開始)
ペティーナ毎月15日までに事務局着の申込書は審査のうえ承認後、翌月1日から保障開始となります。
ペットライフジャパン毎月20日までにクラブ事務局で受理された申し込み書類は、審査のうえ加入承認された後、翌月の27日に入会金1,000円とあわせて初回掛け金の口座振替をいたします。
(27日が金融機関休業日の場合は翌営業日)
振替が確認された時点で振替日より保障開始となります。

待機期間の注意点

待機期間のあるペット保険で注意をしなければならないのは、保険金が支払われない期間があるということだけではありません。

待機期間中にも保険料の支払いは発生することも頭に入れておく必要があります。
待機期間は保険契約の開始後に設けられている期間なので、契約者は待機期間中も保険料を支払わなくてはなりません。
補償はされないのに保険料は支払わなくてはいけない、というのは損した気分になってしまいますね。

また、待機期間中にペットの体調が悪くなった場合に、待機期間があけてすぐに病院に行けば保険がおりると思っていませんか?
しかし、そううまくはいきません。
多くの場合、待機期間があけてすぐの病気については、補償開始前に発症した病気として保険金が支払われないようです。

待機期間が終わって動物病院に行き、大きな病気が見つかった場合に、補償対象外になったというケースもあります。
どこのペット保険でも初年度に見つかった病気は「契約前に発症していた」と認識されることが多いようなので、もしペットが体調不良になった場合にはすぐに動物病院に連れて行きましょう。

まとめ

待機期間は新規で加入する際に気を付けなければならない項目の一つです。

同じ保険会社で継続契約するならそれ以降は待機期間を気にする必要はないですが、別の保険会社に乗り換える場合は新規契約になるので再び待機期間に注意しなければいけません。

新規でペット保険に加入するときは以下のポイントを理解しておきましょう。

  • 待機期間は初年度契約のみ対象
  • ペット保険に待機期間がある場合は「契約成立日=補償開始日」ではない
  • 保険契約開始前に発症・原因があるような傷病と区別するために待機期間がある
  • 一般的に通常の病気の場合は30日程度の待機期間が設けられている
  • 待機期間中も保険料を支払わなくてはならない
  • 待機期間があけてすぐの病気は補償されないことが多い

当サイトではさまざまな視点でペット保険について紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。