インターネットからでも簡単に加入できるペット保険ですが、加入の際、必ず必要になるのがペットの健康状態などを申告する告知です。
ここでは申し込み時に欠かせない告知義務の注意点などを詳しく説明します。

 

ペット保険には告知義務がある

ペット保険には人間の保険のように「告知義務」があることを知っていますか?

告知義務とは、ペット保険を申し込みするときに現在や過去の健康状態、犬種、体重、ワクチン接種状況などを保険会社に正確に告知する義務があることです。

どの保険会社にもこの告知義務があって、告知する内容は保険会社によって違います。
告知内容を保険会社が確認することで加入可否が判断され、内容によっては保険の加入を断られることや、特定の症状を対象外にする特定傷病等不担保といった条件付きでの加入となることもあります。

条件付きの加入が嫌で嘘をついて申告してしまうと、後々大変なことになってしまうので必ず正確に告知をしてくださいね。

告知義務は加入前・加入後に関わってくる大切な項目です。
ここでは告知義務について内容や注意点を紹介するので、これから加入されるからはチェックしてみてください!

どうして告知義務が必要なの?

ペット保険には告知義務があることを紹介しましたが、そもそもどうして告知をする必要があると思いますか?

それは、他のペット保険を契約者や保険会社との公平性を保つためです。

人間の保険と同じようにペット保険もたくさんの契約者が出し合った保険料でお互いを扶助することで成り立っています。
そんな中、最初から体調が悪いペットを無条件で引き受けてしまうと契約者の間で公平性を保つことができなくなってしまいますよね。

また、保険会社も同様に、ペット保険も商売なので、もともと病気やケガをしているペットに保険金を支払っているとすぐに倒産してしまいます。

このように、契約者や保険会社の間で不公平な関係にならないために、告知をする必要があるのです。

保険会社によって告知内容は違いますが、いくつか告知事項を挙げたので事前に確認しておきましょう。

告知事項例

  • 申し込み時のペットの健康状態
  • 今までに発症した病気やケガ(既往歴)
  • 最近受診した内容
  • ワクチン接種の有無
  • ほかのペット保険に加入しているかどうか
  • ペットの年齢、種類

保険契約以前から患っている傷病があっても加入できる

告知事項の中に「今までに発症した病気やケガ(既往歴)」とありますが、加入前から病気やケガがあったとしても加入できない訳ではありません。

保険会社によって審査の基準は多少異なりますが、ペットが保険契約以前から持病を患っていたり先天性の疾患を持っていたりする場合、その病気に関してのみ補償の対象外とする契約になる可能性があります。

これを「特定傷病(疾病)等不担保」といい、この場合、特定傷病等不担保とされた病気やケガ以外なら、基本的に通常の契約と同様の補償が受けられます。

例えば、長年皮膚炎を患っていたペットが新規で保険に加入したい場合、皮膚関連の病気が特定傷病等不担保になり、皮膚疾患を除いた傷病が補償対象になります。

「特定傷病等不担保になったら保険に加入する意味がない!」という声をよく聞きますが、そもそもペット保険はこれからなる病気やケガに備えるものなので、厳しいようですがペット保険に入っていなかったから仕方ないと思うしかありません。

既往歴があるペットは特定傷病等不担保になっても納得して加入するか、加入をやめるかを選ぶようになります。
ほかの保険を探すことも一つの手ですが、保険会社を変えても同じように特定傷病等不担保になる可能性がほとんどのようです。

なので、特定傷病等不担保にならないために、健康なうちに加入することをおすすめします。

(参考)いますぐおすすめのペット保険ランキングを見たい方はこちら

(参考)ペット保険は病気でも入れる?既往症とペット保険について解説

嘘の告知はバレる!告知義務違反をすると?

告知をするうえで大切なことは正直に答えることです。

告知することは義務なので、正確に申告する必要があります。もし嘘や違う内容を告知すると「告知義務違反」になって、契約を解除されることや、保険金の支払いが行われない可能性があるようです。
たとえ悪気がなくてもこのようになることがあるので、保険加入時には告知事項を確認し、事実に沿って正しく答えましょう。

中には「告知義務違反をしてもどうせバレないだろう」と思う方もいるかもしれませんが、保険会社が動物病院に問い合わせて確認することもあるようなので、やはり正直に伝える方が得策だと思います。

また、告知義務違反を避けるためにペット保険の中には加入時に獣医師の診断書の提出を義務付けている会社もあります。

ある年齢までは必要がなくても、一定の年齢を超えると獣医師の発行する診断書の提出が必要としているようです。獣医師の診断書が必要かどうかも確認するようにしましょう。

会社名獣医師の診断書の提出義務
アイペット損害保険株式会社提出必要なし
ペッツベスト少額短期保険株式会社健康診断書は以下の場合に必要
犬 Aグループ 10歳以上
犬 Bグループ 8歳以上
犬 C,D グループ 5歳以上
猫 8歳以上
ペットメディカルサポート株式会社提出必要なし
ガーデン少額短期保険株式会社満7歳以上でプラチナプラン90%もしくはゴールドプラン90%をご希望の場合のみ、ガーデン少額短期保険株式会社指定の健康診断書の提出が必要
au損害保険株式会社提出必要なし
ペット&ファミリー少額短期保険株式会社提出必要なし
アニコム損害保険株式会社提出必要なし
日本アニマル倶楽部株式会社下記年齢以上の犬・猫は告知書でのご回答と弊社所定の健康診断書(血液検査等)が必要。
(1)小型犬 6歳 (2)中型犬 6歳 (3)大型犬 6歳 (4)猫 6歳
アクサ損害保険株式会社満9歳以上については、健康診断の受診が必須。
株式会社FPC提出必要なし
あんしんペット少額短期保険株式会社提出必要なし
イーペット少額短期保険株式会社提出必要なし
日本ペット共済提出必要なし
株式会社ペティーナご加入年齢が満8才以上の場合は、健康診断書が必要
ペットライフジャパン提出必要なし

保険契約期間中も通知義務がある

告知義務のほかに契約者に与えられる義務が「通知義務」です。

例えば、「ペットが亡くなった」、「ペットを他人に譲渡した」、「契約時の住所に変更があった」など、契約時に通知した情報に変更があった場合にはすみやかに保険会社へ通知しなければいけません。

通知が遅れると手続きに時間がかかってしまう場合があるので、忘れずに連絡をするようにしましょう。

まとめ

加入前・加入後にも関わってくる告知義務。嘘の告知内容で申し込んでしまうと、ペットのためにもならないので、以下のポイントを意識して正確に告知を行いましょう。

  • 正確に告知をすることが大切
  • 告知内容によって特定傷病不担保が設定される場合がある
  • 告知義務違反をすると契約解除になる可能性がある
  • 保険会社から動物病院に確認が入り、嘘の告知をしてもバレる
  • 保険会社によって獣医師の診断書が必要な場合がある
  • 契約時の情報に変更があった場合は保険会社に通知する必要がある

当サイトではさまざまな視点でペット保険について紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。