こんにちは!ペット保険比較研究所の管理人です!
突然ですが、ペット保険って必要だと思いますか?ペットを飼っているともしものときの治療費を考えてペット保険に加入した方がいいのか、それとも貯金しておく方がいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。私は現在ペット保険に入っていますが、加入する前はこの二択で相当悩みました。
ここでは少額短期保険募集人の資格を持つ管理人が、ペット保険に入るべきか考えてみようと思います!

ペット保険加入のメリットとデメリット

まずはペット保険に加入したときのメリットとデメリットを見ていきましょう!

メリット

万が一の高額な治療費に備えられる

ペットの治療費は意外にも高く、検査だけで1万円かかることがあります。
手術となると数十万円かかる場合もあるので、そういった万が一の高額な治療費に備えられます。

ペット保険は「安心」を買える

いつ、どんな病気やケガをして、治療費がどれだけ必要になるのかはそのときになってみないと分かりません。
そんなもしものときに備えられているという「安心」を買う効果もペット保険にはあります。

気軽に動物病院に行けるので病気の早期発見・治療ができる

治療費がペット保険で補償されるのなら、気軽に動物病院に行けますよね。
気になることがあればすぐに病院で診てもらうと早期発見でき、重症化する前に治療ができます。

デメリット

掛け捨てなので保険を使わなかった場合は損をする

ペット保険は掛け捨てです。例え保険を使わなくてもお金は返ってきません。
保険金を支払うだけになってしまうので損をしてしまいます。

お金の使い道が保険の場合は限られる

貯金をしていれば治療費に使わなかった場合ほかの費用にあてられますが、ペット保険に支払ったお金はほかに使えません。

貯金のメリットとデメリット

では、貯金のメリットとデメリットは何があるのでしょうか?

メリット

いつでも、どんな目的でも使えるので損にならない

ペットの治療費用に貯金をしていたとしても、ほかの目的でお金が必要になったとき充てることができます。
自由にお金を使えるので損になりません。

デメリット

貯蓄額以上の治療費の支払いには備えられない

ペットの治療費は高額になる場合があります。手術や入院、検査などで100万円かかることもあるようです。
もし、貯金額以上の治療費がかかった場合、貯金だけではカバーできず治療を断念することになってしまいます。

少しずつ積み立てる場合、まとまった金額になるまで時間がかかる

毎月2,000円ずつというように、少しずつ積み立てる場合はまとまった金額になるまで時間がかかります。

(例)毎月2,000円ずつ貯金して、30万円貯める場合
30万円÷(2,000円×12カ月)=12年6カ月

もしその間に治療が必要になってしまったら、ペット用の貯金だけでは対応できず結局別の貯金からお金を出すようになります。

保険会社は基本的に儲かる仕組み

ペット保険への加入を迷っている一番の理由は「損をしたくない!」ではありませんか?
保険も商品なので基本的に保険会社が儲かる仕組みになっています。保険会社は保険金を支払う確率を計算して、儲かるように商品設計をしているのが実情です。

また、人間の保険は「相互扶助」の精神で成り立っていますが、それはペット保険でも同じです。たくさんの人がお金を出し合い、万が一のときはお互いを助け合うという仕組みになっています。
そういうと聞こえはいいですが、保険を使った一部の加入者は経済的に得をして、使わなかった残りの加入者は損をする構造になっていると思うのは当然です。

得をするか損をするかは実際に保険を使ってみないと分かりません。でも、もしも高額な治療費が必要になってしまったら、ペット保険に入っていないとそれこそ膨大な損失になってしまいますよね。

なので、保険への加入を検討されている方はあまり損得を考えない方がいいかもしれません。

人はなぜ掛け捨ての保険に入るのか?

ペット保険は「掛け捨て」の保険です。保険料を支払い、保険金を受け取らなくても掛け金は戻ってきません。
それなのに掛け捨てのペット保険に入るのには「安心」という理由が関わっているようです。

① 大きなリスクより小さな負担の方が受け入れやすいから

「大きなリスクを小さな負担で回避できるなら小さい方を選ぶ」というのが人間の心理です。
それはペット保険にも言えることで、万が一の高額な費用がかかる可能性を考えると、決まった保険料を少しずつ負担しておく方が受け入れやすくなっています。

② 保険は安心を買うためのものと割り切っているから

もしもの高額な費用に備えて加入したものの、保険を使わないと保険料が無駄になってしまいます。
でも、保険に入っている間は安心ですよね。その安心を保険料で買っていると思って割り切っている方が多いようです。

加入するなら一番安くてまんべんなく補償されるペット保険への加入が吉

結局のところ、ペット保険に加入するか、ペットのために貯金しておくかは飼い主様の考え方次第です。

  • 保険料は安心料だと思って、もしもの高額な費用に備えてペット保険に加入する
  • 大きな病気やケガをしないと予想して、ペット用に貯金する

個人的にはペット保険に入ることをおすすめします。ペット用に貯金していたからと言って、治療費を気にして進んで病院に行かないと思うので…。
大切なペットのことを思えば治療費を気にせずに病院に行けて、突然の病気やケガに十分備えられているのが一番だと思います!

では、もしものことを考えてペット保険に入ることを選んだ場合、どんなペット保険を選べばいいのでしょうか?

1year-tiryohi-wariai

※アニコム調べ

1年間で通院・入院・手術のそれぞれにどれくらい治療費がかかったかアンケートをとったところ、手術や入院の費用が高くなると思えますが、動物病院でかかる治療費の割合を見ると通院での請求が9割を占めています。

これは、1度の受診にかかる治療費は少額ですが、通院での利用頻度が多いのが原因です。
でも通院ばかりを重視して備えていると、万が一の手術や入院で高額な治療費にかかったときに大変ですよね。

1日にかかる平均治療費
通院8,000円
入院12,000円
手術100,000円

「1日にかかった治療費」を募集し算出したところ、手術の平均治療費は10万円となりました。

骨折で40万円、椎間板ヘルニアでは50万円もかかったケースもあったそうで、平均治療費以上の金額がかかることも少なくありません。
やはりもしものときの手術や入院にも備えておきたいところですね。

(参考)犬猫の治療費の実態は?何に一番お金がかかるの?

ということで、通院・入院・手術をまんべんなく補償するペット保険がおすすめと言えるでしょう!
「ペット保険に加入するならあまり保険料が負担にならず、治療費に備えたい」と思う方が多いので、それなら保険料が一番安く抑えられる、一番低い補償割合から始めてみてもいいと思います!

通院・入院・手術をバランスよく補償するトータル補償型の50%補償を比較したページがあるので、参考にしてみてください!
【初心者のための徹底比較】トータル補償型のおすすめペット保険ランキング【補償割合50%】

まとめ

「うちのペットはまだ大丈夫」と思っていても、いきなり病気になって高額な治療費が必要になることがあります。
そんなとき、数十万円をすぐに出せる余裕のある方はいいですが、費用が原因ですぐに治療の決断ができなくなる方はペット保険を検討した方がいいと思います。

大切なペットにはペット保険は必要なのか、以下のポイントをチェックして考えてみてください。

  • ペット保険と貯金にはそれぞれメリットとデメリットがある
  • 保険会社は基本的に儲かる仕組みになっている
  • 加入するなら一番安くてまんべんなく補償されるペット保険がおすすめ

当サイトではさまざまな視点でペット保険について紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。