ペット保険はどんなもの?何を補償して何を補償してくれないの?補償割合は高ければ高いほどいいの?
「ペット保険」を初めて知った方は皆さん疑問に思いますよね。
複雑に見えるペット保険の補償内容ですが、実は「補償範囲」と「補償割合」という2つのポイントを抑えるだけで簡単にわかっちゃうんです!
まずはここをしっかり理解して、自分にぴったりのペット保険を選んでいきましょう。

そもそも…ペット保険が補償するもの、しないものは?

ペット保険、よくわからないけど入ったほうがいいかな?
と悩んでいる方のために、まずは基本の基本「ペット保険は、何を補償して何を補償してくれないの?」という部分をまとめました!

ここをしっかりおさえておくことで、ペット保険選びが楽になりますよ。

ペット保険が補償するもの

大前提として、ペット保険はペットの「病気」と「ケガ」にかかった治療費を補償してくれるものです。

最近、ペットが長生きするようになって、一緒に過ごす時間が長くなっていますよね。
さらに、ペットの医療も進歩しているので、生涯にかかる医療費は100万以上とも言われています。

もしも突然、大切なペットが病気やケガをしてしまったら…。
考えたくもないですが、手術や入院、何度も通院をするようになると、ペットの医療費は全額自己負担なので高額な治療費が必要になってしまいます。

そんなとき、役に立つのがペット保険です!
ペット保険に加入していれば通院・入院・手術でかかった治療費の一部を、補償割合に応じて保険会社が負担してくれます。

通院補償

皮膚炎や下痢など、日常でかかりやすい病気やケガで動物病院を受診したときに発生した治療費を補償します。
入院や手術を伴わず、通院のために病院を訪れたときに検査費や処置料などに保険が適応されます。
ただし、補償対象となる傷病や治療法は保険会社によって異なるので注意してください。

入院補償

手術後に入院が必要になったとき、その際にかかった入院費や投薬費などの費用を補償します。
手術を伴わなくても、病気やケガで長期間治療することになった場合にも適応されますが、商品によって対象外になるものもあるようなので補償範囲をしっかり確認するようにしましょう。

手術補償

腫瘍などの病気や骨折などのケガで手術を行ったときにかかった治療を補償します。
手術当日にかかった麻酔科などの費用を補償し、手術前後にかかった通院や入院は手術補償の範囲には含まれません。
また、保険会社によって日帰り手術の場合は手術補償の適応外になる場合もあるので注意が必要です。

ペット保険では補償されないもの

一方、ペット保険で補償されないのはどんなものでしょうか?

基本的には、ペット保険は「ペットの治療費」なので、予防にかかったお金は補償されません
予防接種や健康診断、治療を伴わない検査などは補償対象外になります。

また、ケガや病気ではないものも補償されません
例えば、避妊去勢や臍ヘルニア、爪切り・耳掃除などが補償対象外です。

以下の表に、補償されない具体的なものの一例をまとめました。

補償されない具体的な一例
契約者の故意によるもの契約者や被保険者の故意または重大な過失が原因の病気やケガ
自然災害によるもの地震や津波などの自然災害が原因の病気やケガ
妊娠や出産に関わるもの交配や妊娠、出産などに関わる病気やケガ
予防や検査の費用ワクチン接種や狂犬病予防接種、フィラリア予防などの予防目的の費用。健康診断、症状を伴わない検査などの費用。
予防接種で予防できる病気予防接種を行うことで予防できる病気。
健康食品や医学部外品サプリメントや医薬品指定のない漢方薬、医学部外品などの費用。
予防や検査の費用往診料や時間外診療費、カウンセリング料などの費用。
予防接種で予防できる病気契約開始期日より前に発症した病気やケガ、先天性異常など。
病気やケガにあたらないものそけいヘルニアや臍ヘルニア、爪切り、耳掃除、避妊去勢などの病気やケガにあたらないもの。

このほかにも、保険会社によっては、膝蓋骨脱臼など特定の傷病が補償対象外として決められている場合があります。

これは、各社の約款に記載されているのですが、小さく目立たないので気づきにくいんです。
実際私の友人にも、それに気づかず加入して、膝蓋骨脱臼の手術費用が支払われなかった人がいますが、「保険がおりると思っていたのに!」と、とても困っていました。

加入後に困らないためにも、補償されない内容は、約款などで加入する前に必ずチェックするようにしましょう。
(参考)各社の補償対象外の病気一覧はこちら

補償範囲は「通院」「入院」「手術」どこまで?

通院・入院・手術すべてを補償するペット保険

ペット保険は、ペットの「通院」「入院」「手術」にかかった医療費を補償してくれます。
この3つのうち、どれを補償するのかは、プランによって様々です。

おおきくわけると「通院・入院・手術すべて補償」「手術重視補償」「通院重視補償」に分類されます。

通院・入院・手術すべて補償するタイプ

「通院」「入院」「手術」をすべて補償するタイプは、ペット保険の中でも最もスタンダードなプランです。

1回の治療費は少額でも積み重なると高額になる「通院」から、一度の治療費が高額な「手術」まで幅広く補償してくれます。
特にペット保険初心者の方におすすめなのが、このタイプです。

このタイプはペット保険の中で最も一般的で、プランの種類も多いので、
「迷ってしまって選べない…!」という方は、こちらを参考にしてみてください。

(参考)通院・入院・手術をすべて補償するペット保険ランキング

手術を重点的に補償するタイプ

一度の治療費が高額になる「手術」を重点的に補償するタイプです。

手術に加えて、手術に伴う「入院」も補償する場合もあります。

治療費が比較的安い「通院」に対しては補償しないのがこのタイプの特徴です。
通院治療は、1回の治療費は少額でも利用頻度が高く、結果的に高額になることが多いので、通院を補償しないこのタイプだけに加入するのはあまりおすすめではありません。

(参考)手術を重点的に補償するペット保険ランキング

通院を重点的に補償するタイプ

1回の治療費は少額でも積み重なると高額になる「通院」を重点的に補償します。

プランによっては「入院」も補償する場合もありますが、医療費が比較的高い「手術」に対しては補償しないのがこのタイプの特徴です。

一度の治療費が高額になる「手術」をカバーできないため、手術を補償しないこのタイプだけに加入するのはあまりおすすめではありません。

(参考)通院を重点的に補償するペット保険ランキング
 
 
手術・通院のみを重点的に補償するタイプは、補償範囲を絞ることで保険料が安くなっているペット保険です。
しかし、補償内容が絞られているために使い方が難しい保険です。

初めてペット保険を選ぶ方には、通院・入院・手術をすべて補償するペット保険がおすすめです。

(参考)ペット保険の簡単な選び方を知りたい方はこちら

ペット保険の補償割合は50%・70%・それ以上?

ここまでペット保険の補償範囲について紹介しましたが、実はもう一つ大切なポイントがあります。

かかった治療費のうち、何%が保険金としてかえってくるのかを示す「補償割合」です。

保険金として支払われる割合は、この「補償割合」で決まります。

補償割合は保険のプランによって決められていて、「50%」「70%」が最もメジャーですが、中には「100%」という高い補償割合のものまであります。

例えば、骨折で10万円の手術をした場合

50%補償

10万円×50%=5万円(保険金)

70%補償

10万円×70%=7万円(保険金)

100%補償

10万円×100%=10万円(保険金)

といった形で受け取れる保険金が変わります。

「補償割合が高いほど、たくさん保険金をもらえるんだ!だったら、補償割合が一番高いプランがいいよね!」
と思う飼い主さんもいるかもしれません。

確かにその通りですが、補償割合が高いとそのぶん保険料も高くなるので、バランスが大事なんですね。

保険料が高いペット保険に加入してしまって、「継続しているうちに保険料が家計の負担になってしまい解約をした」という話もよくあります。
逆に、保険料だけを重視すると十分な補償を受けられないことがあるので注意が必要です。

保険料と補償のバランスを考えて、経済的に無理のない範囲で手厚い補償にすることが、ペット保険選びで大切になってきます。

実は、意外にもペット保険で一番多く契約されている補償割合は「50%」なんです。
決して補償割合が高いからいい!というわけではなく、保険料とのバランスが大切です。

保険料をどれだけ支払うかは人それぞれですが、家計の負担も少なく継続的に加入できるのが「50%」なのでしょう。

万が一のお守り代わりに入るのであれば、50%で十分!
「いやいや半分じゃちょっと不安なんだけど」という飼い主さんは、70%以上の保険を選んでみてください。

(参考)補償割合50%のおすすめペット保険ランキング
(参考)補償割合70%のおすすめペット保険ランキング

まとめ

ペット保険の補償内容でおさえるべきポイントは、「補償範囲」「補償割合」の2つ!
ペット保険初心者の方は、とりあえず以下のポイントは覚えておきましょう。

  • ペット保険が補償するものは、保険加入期間中にかかった病気やけがの医療費
  • ペット保険の一般的な補償の範囲は「通院」「入院」「手術」
  • ペット保険の補償割合は50%・70%・それ以上と種類豊富
  • 一番よく契約されている補償割合は50%補償
  • ペット保険選びは保険料と補償内容とのバランスが大切

当サイトではさまざまな視点でペット保険について紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。