ペット保険はどこまで補償してくれるのでしょうか?補償割合もプランによってさまざまで、どれを選べばいいか迷いますよね。ここではペット保険が補償する範囲、おすすめの補償割合について紹介します!

ペット保険の一般的な補償の範囲は「通院」「入院」「手術」

こんにちは!ペット保険比較研究所の管理人です!
ペットの治療費に備えられるペット保険ですが、どんなものを補償してくれるか知っていますか?
まずはペット保険の補償範囲について説明していきたいと思います。

ペット保険の役割は、ペットが動物病院を受診したときにかかった治療費を補償することです。ペット保険にはさまざまな補償タイプがあり、一般的に「通院」「入院」「手術」の3種類に分けられます。

通院補償

皮膚炎や下痢など、日常でかかりやすい病気やケガで動物病院を受診したときに発生した治療費を補償します。
入院や手術を伴わず、通院のために病院を訪れたときに検査費や処置料などに保険が適応されます。
ただし、補償対象となる傷病や治療法は保険会社によって異なるので注意してください。

入院補償

手術後に入院が必要になったとき、その際にかかった入院費や投薬費などの費用を補償します。
手術を伴わなくても、病気やケガで長期間治療することになった場合にも適応されますが、商品によって対象外になるものもあるようなので補償範囲をしっかり確認するようにしましょう。

手術補償

腫瘍などの病気や骨折などのケガで手術を行ったときにかかった治療を補償します。
手術当日にかかった麻酔科などの費用を補償し、手術前後にかかった通院や入院は手術補償の範囲には含まれません。
また、保険会社によって日帰り手術の場合は手術補償の適応外になる場合もあるので注意が必要です。

「通院」「入院」「手術」をどの程度補償するのかは、それぞれで決まっている「支払限度額」「支払限度日数」によって異なります。

1日当たり〇〇円まで、年間に〇日までというように「通院」「入院」「手術」ごとに細かく設定しているものもあれば、商品によっては支払限度額・支払限度日数の制限がなく、「年間支払限度額」まで何度でも補償するものもあります。

  • 支払限度額…1日当たりで支払われる保険金の限度額
  • 支払限度日数…年間で補償の対象となる日数
  • 年間支払限度額…年間で支払われる保険金の限度額

「支払限度額」や「支払限度日数」、「年間支払限度額」の設定によって通院を手厚く補償するものもあれば、手術を重点的に補償するものなど変わってきます。加入を検討する場合は、何にどれくらい備えたいのか確認したうえで納得のいくペット保険を選ぶしましょう。

(参考)通院・入院・手術をバランスよく補償するペット保険ランキング
(参考)通院を手厚く補償するペット保険ランキング
(参考)手術を手厚く補償するペット保険ランキング

そのほかに補償してくれるケースも

商品によっては「通院」「入院」「手術」以外に補償する「特約」が付いているものもあります。
こちらは各保険会社ならではの特約の一部です。

会社名特約内容
PS保険ペットセレモニーペットとのお別れの際にかかった火葬費用等を補償します。
PS保険車イスの補償歩行が困難になった際の車イスなどの装備・装具の費用を補償。
アイペットペット補償責任特約ペットが他人に負わせてしまったケガや他人の物を壊してしまった際に発生した損害賠償を補償します。
アニマル倶楽部ガン手術保険金ペットがガンの手術でかかった費用を補償します。
アニマル倶楽部診断書費用保険金保険金の請求でかかった診断書等を作成する費用を補償します

※表は横にスクロールできます

このように、各商品によって基本的な内容に加えることができる特約を用意しています。追加料金を支払って任意で付帯するものや商品に組み込まれているため自動的に付帯されるものがあり、特約の内容は保険会社によってさまざまです。

例えば、PS保険の場合「ペットセレモニー」は追加料金を支払うことで任意で付帯できますが、「車イスの補償」は商品に組み込まれているため自動で付帯されます。

自動的に付帯される特約は外すことができないので、保険料や特約の必要性を見極めて商品を選ぶことが大切です。

(参考)ペット保険の特約について詳しくはこちら

ペット保険では補償されないもの

これまでペット保険は「通院」「入院」「手術」を補償するとお伝えしましたが、すべての場合で保険が適用するわけではありません。一般的に契約者の故意によるものや自然災害によるもの、予防・妊娠などに関する費用などは適用されないことが多いので注意が必要です。

「補償されないものが何か分からない」という方のために、下記に補償されない具体的なものの一例をまとめました。

補償されない具体的な一例
契約者の故意によるもの契約者や被保険者の故意または重大な過失が原因の病気やケガ
自然災害によるもの地震や津波などの自然災害が原因の病気やケガ
妊娠や出産に関わるもの交配や妊娠、出産などに関わる病気やケガ
予防や検査の費用ワクチン接種や狂犬病予防接種、フィラリア予防などの予防目的の費用。健康診断、症状を伴わない検査などの費用。
予防接種で予防できる病気予防接種を行うことで予防できる病気。
健康食品や医学部外品サプリメントや医薬品指定のない漢方薬、医学部外品などの費用。
予防や検査の費用往診料や時間外診療費、カウンセリング料などの費用。
予防接種で予防できる病気契約開始期日より前に発症した病気やケガ、先天性異常。
病気やケガにあたらないものそけいヘルニアや臍ヘルニア、爪切り、耳掃除などの病気やケガにあたらないもの。

このほかにも、保険会社によって膝蓋骨脱臼など特定の傷病が補償対象外として決められている場合があります。商品によって補償対象外のものは異なるので、約款などでよく確認しなければなりません。

あるペット保険に入っていた私の友人から、ペットが膝蓋骨脱臼で手術を行った費用が支払われなかった話を聞いたことがあります。友人は約款をよく読んでいなかったようで、「支払ってもらえると思っていたのに!」と、とても困っていました。

加入後に困ってしまわないためにも、何が対象で対象ではないのか、加入する前に必ずチェックするようにしましょう。

ペット保険の補償割合は50%・70%・80%以上と種類豊富

ここまでペット保険の補償範囲について紹介しましたが、実はそのほかにも大切なポイントがあります。「かかった治療費のうち、受け取れる保険金は何%なのか」です。

保険金として支払われる割合は「補償割合」で決まります。商品によって異なりますが、「50%」「70%」「80%以上」と種類豊富に揃い、中には「100%」の補償割合のものまであります。

割合によってどれくらい受け取る保険金が違うのか、例を出して比べてみましょう。

骨折で30万円の手術をした場合

50%補償

30万円×50%=15万円(保険金)

70%補償

30万円×70%=21万円(保険金)

100%補償

30万円×100%=30万円(保険金)

補償割合が高ければ高いほど、受け取れる保険金が高くなります。でも、補償割合が高くなる分、保険料も割高になることが多いので保険料が負担にならない程度の補償割合を選ぶことをおすすめします

一番よく契約されている補償割合は50%補償!

「50%」「70%」「80%以上」の補償割合の中で、どれが一番人気があると思いますか?

補償割合が高い「70%」か「80%以上」と思いますよね?実は一番契約されている補償割合は「50%」なんです。

では、どうして「50%」が一番人気があるのでしょうか?高い補償割合のメリット・デメリットを比較して人気の理由を見つけてみましょう。

補償割合メリットデメリット
50%支払う保険料が安い割合が低いので自己負担が多い
70%・80%割合が高いので自己負担が少ない支払う保険料が高い

やはり保険料が関わっているようですね。
決して補償割合が高いからいいというわけではなく、保険料とのバランスが大切です。保険料をどれだけ支払えるかは人それぞれですが、家計の負担になることなく継続的に加入できるのは「50%」となっていることが現状です。

(参考)補償割合50%のおすすめペット保険ランキング

家計と補償の手厚さのバランスを考えよう

ペット保険に入るうえで必ず付いてくるものが毎月の保険料です。当たり前のことですが、家計に関わってくるので無視できません。
保険料はペットの年齢が上がるにつれて高くなることが多く、「継続しているうちに保険料が家計の負担になってしまい解約をしてしまった」という話もあるのだとか。

そのため、できるだけ保険料を抑えた商品を選びたいところですが、保険料だけを重視し過ぎると補償割合が低くなったり、年間で補償できる日数が少なかったりと十分な補償内容を受けられないことがあるので注意が必要です。反対に、補償内容を充実させ過ぎると毎月の保険料が高くなってしまい大きな負担になってしまいます。

保険料と補償内容のバランスを考えて、経済的に無理のない範囲で手厚い補償にすることが、ペット保険選びで大切になってくるでしょう。

まとめ

これまでペット保険の補償範囲について紹介してきましたが、疑問は解決できたでしょうか?

ペット保険の補償割合はさまざまで、どれを選べばいいのか迷いますよね。
以下のポイントを理解していただくと、あなたに合った補償内容の商品を選べると思います。

  • ペット保険の一般的な補償の範囲は「通院」「入院」「手術」
  • ペット保険の補償割合は50%・70%・80%と種類豊富
  • 一番よく契約されている補償割合は50%補償
  • ペット保険選びは保険料と補償内容とのバランスが大切

当サイトではさまざまな視点でペット保険について紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。