ペットがすでに病気にかかっていたり、ケガをしたりしていても入れるペット保険はあるでしょうか?
ペットが病気になってからでも入れる可能性のあるペット保険をご紹介します。加入の条件や告知義務についても徹底解説します!

ペットが病気になった!ケガをした!「現在治療中」でもペット保険に入れる?

ペットが病気になったりケガをしたりして、はじめて保険への加入を考えた、という方もいるのではないでしょうか。何を隠そう、私もそうです。
愛犬の突然の骨折による手術、入院…高額な医療費請求を見て「ああ、ペット保険に入っていれば半分以上戻ったかもしれないのに」と後悔したものです。
実際に、ペットが病気になったり、ケガをしたりしてから保険に加入すれば、補償を受けられるのでしょうか? 答えは…残念ながら「補償されません」。
現在治療中の病気やケガがあるかどうか? 保険に加入するときに保険会社から質問されるため、このときに答える必要がある代表的な質問です。

このように、主に現在や過去の病気について、聞かれたことに正直に答える飼い主の義務のことを「告知義務」といいます。
各ペット保険会社が用意している、告知書類やwebフォームに必要事項を記入して申告します。予防接種証明書や診断書の提出を要求される場合もあります。

告知義務って何?嘘をつくとどうなる?

ペット保険に入るときには、ペットの健康状態に関わることを保険会社に伝える義務があります。これを告知義務といいます。
伝える必要があることとは、現在治療中の病気やケガがあるかどうか?のほかに、過去の病気やケガ、生まれつき持っている病気も含まれます。
もし、伝える必要のあること(告知事項)に嘘があったり、事実を隠したまま加入したりしたらどうなるでしょうか。保険金が支払われなかったり、契約を解除されたりするだけではなく、法律で罰せられる場合もあります。

保険は加入者がお金を出し合って互いに助け合う制度です。誰かが不正な請求をしてしまうと、その原則が崩れかねません。だから厳しい審査が存在するのです。
告知義務のある病気やケガについて詳しく説明します。

(参考)加入前は要注意!ペット保険にも「告知義務」がある!

既往症や先天性疾患がある場合は加入できる?

告知義務のある病気やケガにはどのようなものがあるでしょうか。
ペットがすでに患っている、または患ったことのある病気、あるいはケガを既往症といいます。また、生まれながらに持っている病気を先天性疾患といいます。告知義務があるのはこの既往症や先天性疾患です。既往症や先天性疾患があると、保険に加入できない可能性があります。
ただし、①一度でもかかっていたら加入できない病気と、②条件付きであれば加入できる病気やケガに分けられます。

例えば、①の代表的なものとして、悪性腫瘍があります。過去に一度でもかかったことがあれば、例え摘出手術をしていても加入できない可能性が高いです。①はほかには、糖尿病や副腎皮質機能亢進症(クッシング)といった重篤で治りにくい病気があげられます。

②については、膝蓋骨脱臼(パテラ)のような繰り返しやすい病気や、骨折のようなケガ、予防接種で防げる犬糸状虫症(フィラリア)などがあります。
②については、その病気にかかる医療費以外を補償する、などの条件(特定傷病除外特約)が適用されたうえで加入できる場合があります。

ただし、保険会社や審査内容によって加入できるかどうかが異なり、上記の②の病気でも加入できない場合があります。審査はケースバイケースになりますので、ご注意ください。

既往症や先天性疾患があっても条件付きで加入できるペット保険は?

ペット保険会社による加入の条件や、告知方法を比較しました。

会社名加入できない可能性が高い病気・ケガ条件付きで加入できる可能性がある病気・ケガ加入条件健康診断書の有無
アイペット損保心疾患、腎疾患、副腎疾患、肝胆疾患、糖尿病、フィラリア感染症、悪性腫瘍、脳・神経系疾患、甲状腺疾患、ホルネル症候群、猫伝染性腹膜炎(FIP)、猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ、FIV)、猫白血病ウイルス感染症(FeLV)、バベシア症、ヘモプラズマ症(旧:ヘモバルトネラ症)左記以外は申し込み後審査0歳~12歳11ヵ月の健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。不要
ペッツベスト悪性腫瘍(ガン) 、腎不全 、糖尿病、重度の外耳炎 、脳・神経系疾患 、気管虚脱、肝硬変・肝不全 、ホルモン性疾患 、膵外分泌不全、先天性疾患(VSD、PDA、AS、PS、TOF) 、炎症性腸疾患(IBD)
●犬のダックスフンド(カニーンヘン、ミニチュア、スタンダード)、ウェルシュ・コーギー(カーディガン、ペンブローク)、ビーグル、フレンチ・ブルドッグの場合:椎間板ヘルニア
●猫の場合:猫伝染性腹膜炎(FIP)猫免疫不全ウィルス感染症(FIV)猫白血病ウィルス感染症(FeLV)
左記以外は申し込み後審査満50日~16歳11ヵ月までの健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。※健康診断書は以下の場合に必要です。
犬 Aグループ 10歳以上
犬 Bグループ 8歳以上
犬 C,D グループ 5歳以上
猫 8歳以上  
※犬のグループ分けはこちら
PS保険悪性腫瘍 (肥満細胞腫含む) 、腎不全 、糖尿病 、肝硬変(肝線維症) 、心疾患 、甲状腺疾患 、巨大結腸症 、巨大食道症 、膵外分泌不全 、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群) 、副腎皮質機能低下症(アジソン病) 、尿路結石(腎結石・尿管結石・膀胱結石) 、尿結晶症 (ストルバイト・シュウ酸カルシウム等) 、猫伝染性腹膜炎 、猫白血病ウイルス感染症 、猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ) 、門脈シャント 、門脈低形成 、緑内障 、白内障 、水頭症 、犬糸状虫症 、慢性肝炎 、慢性膵炎 、てんかん (特発性てんかん含む) 、免疫介在性溶血性貧血 、免疫介在性血小板減少症 、炎症性腸疾患 (原因問わず:リンパ球形質細胞性腸炎・蛋白漏出性腸症等含む) 、自己免疫性疾患 (多発性関節炎・リウマチ、天疱瘡、全身性エリテマトーデス等) 、脳炎 、脳神経炎膝蓋骨脱臼(「膝が外れやすい、ゆるい」等と獣医師から言われた場合を含む)、大腿骨頭壊死症(レッグペルテス)、良性腫瘍・腫瘤(できもの・しこり)、股関節形成不全、再発性または慢性の外耳炎、再発性または慢性の皮膚疾患、アレルギー性疾患、ドライアイ、チェリーアイ、停留睾丸、臍ヘルニア、そけいヘルニア、会陰ヘルニア、横隔膜ヘルニア、椎間板ヘルニア、その他のヘルニア、気管虚脱生後30日~満9歳未満の健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。不要だが、健康状態の告知が必要。
ガーデン悪性腫瘍腎不全糖尿病肝硬変(肝線維症)、ホルモン性疾患(副腎、甲状腺、上皮小体などの疾患)、免疫介在疾患(免疫介在性溶血性日根血、免疫介在性減少症など)、膵外分泌不全猫伝染性腹膜炎猫白血病ウィルス、感染症猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)、門脈シャント犬糸状虫症(フィラリア症)、脳疾患(脳炎など)、停留睾丸において去勢を行っていないケース神経疾患(てんかん発作、けいれん発作含む) 心疾患眼科疾患骨折股関節形成不全膝蓋骨脱臼(「膝が外れやすい、ゆるい」等と獣医師から言われた場合を含む)、大腿骨頭壊死症(レッグペルテス)、良性腫瘍・腫瘤気管虚脱皮膚疾患、外耳炎アレルギー性疾患臍ヘルニア、そけいヘルニア、会陰ヘルニア、横隔膜ヘルニア、その他のヘルニア、ニキビダニ症(アカラス、毛包虫症)、バベシア症尿石症、膀胱炎前十字靭帯損傷、短頭種気道症候群、椎間板ヘルニア、咳鼻炎腟炎(不正出血を含む)生後31日~満10歳までの健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。満7歳以上で、かつプラチナプラン90%、もしくはゴールドプラン90%に申し込みのみ必要
au損保心疾患(僧帽弁閉鎖不全症など)、免疫介在性溶血性貧血(IMHA)、免疫介在性血小板減少症、巨大食道症 、膵外分泌不全、肝硬変、門脈シャント、腎疾患(腎不全など)、脳神経疾患(水頭症を含む)、てんかん様発作・けいれん発作、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、糖尿病、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、副腎皮質機能亢進症(クッシング病)、フィラリア症、猫後天性免疫不全症候群(FIV)、猫伝染性腹膜炎(FIP)、猫白血病(FeLV)、悪性腫瘍股関節形成不全、レッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨(パテラ)脱臼、緑内障、白内障、尿石症(尿結晶)・膀胱炎、アレルギー性・アトピー性皮膚炎、再発性または慢性の皮膚疾患、外耳炎、乾性角結膜炎(ドライアイ)、気管虚脱、胆泥症・胆石症、巨大結腸症生後30日~10歳までの健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。不要
ペット&ファミリー悪性腫瘍(ガン)、腎不全、糖尿病、肝不全、肝硬変、副腎皮質機能低下症・亢進症、免疫介在性溶血性貧血、巨大食道症(食道拡張症)、膵外分泌不全、猫伝染性腹膜炎、猫白血病ウイルス感染症、猫免疫不全ウイルス感染症、突発性てんかん、水頭症心疾患(弁膜症・不整脈・雑音・先天性心奇形等)、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、膝蓋骨脱臼、白内障、緑内障、妊娠、腫瘍、腫瘤(皮膚のできもの等、現在消失しているものを除く)生後45日~満7歳までの健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。不要
アニコム損保悪性腫瘍、慢性腎不全、糖尿病、肝硬変(肝線維症)、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、甲状腺疾患、免疫介在性血小板減少症、免疫介在性溶血性貧血、巨大結腸症、巨大食道症(食道拡張症)、膵外分泌不全、猫伝染性腹膜炎、猫白血病ウイルス感染症心疾患(弁膜症・不整脈・雑音・先天性心奇形等)、腫瘍・腫瘤(皮膚のできもの等)※現在消失している場合は「ない」に該当します、猫コロナウイルス感染症、猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)、股関節形成不全、膝蓋骨脱臼(パテラ)、大腿骨頭壊死症(レッグペルテス病)、犬糸状虫症(フィラリア症)、緑内障、白内障、骨折7歳11ヵ月までの健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。不要
もっとぎゅっと心不全、 腎不全、 糖尿病、フィラリア感染症、悪性腫瘍、重度の外耳炎、猫エイズウィルス感染症、猫白血病ウィルス感染症、神経疾患(発作・てんかん等)、バベシア症、ヘモバルトネラ症アトピー性皮膚炎、 アレルギー皮膚炎、 外耳炎、 膀胱炎、 尿結石、 尿結晶、 毛包虫症(ニキビダニ、アカラス)、 てんかん、 痙攣発作、 乾性角結膜炎(ドライアイ)、 緑内障、白内障などの眼科疾患、 椎間板ヘルニア、 歯周病(歯肉炎、歯槽膿漏)、 胆泥症、 膝蓋骨脱臼、 股関節形成不全、 レッグ・ペルテス(大腿骨壊死症)0歳~9歳未満の健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。不要
アニマル倶楽部脳・中枢神経(小脳障害、前庭障害、その他脳の疾患 )、心臓・血液(免疫介在性溶血性貧血、動脈管開存症、その他心臓の疾患) 、骨・間接・神経(変形性脊椎症、リューマチ性関節炎、靭帯断裂、股関節脱臼) 、ウィルス・寄生虫(ヘモバルトネラ症、バベシア症、猫エイズウイルス感染症、猫白血病 ウイルス感染症、アリューシャン病)、消化器(肝不全、慢性肝炎、膵炎、膵外分泌不全、巨大食道症、巨大結腸症、 門脈体循環シャント、インスリノーマ)、呼吸器(気管虚脱、肺水腫、肺気腫、気胸、軟口蓋過長)、腎臓・泌尿器(慢性腎不全、慢性腎炎)、ホルモン系の病気(糖尿病、尿崩症、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)、アジソ ン病(副腎皮質機能低下症)、甲状腺機能低下症)、そけいヘルニア、 臍ヘルニア、 会陰ヘルニア、股関節形成不全、膝 蓋骨脱臼、レッグペルテス、 停留睾丸、フィラリア感染症、チェリーアイ、 白 内障、 緑内障 記載なし生後60日~満9歳までの健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。6歳以上は必要
アクサ損保巨大食道症(食道拡張症)、肝硬変(肝線維症)、膵外分泌不全、糖尿病、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、甲状腺疾患、免疫介在性溶血性貧血、免疫介在性血小板減少症、悪性腫瘍、脳炎、水頭症、慢性腎不全心疾患、尿結晶、門脈シャント(手術により完治したものは除く)、巨大結腸症、膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、レッグ・ペルテス(大腿骨頭壊死症)、胆泥症・胆石症、神経疾患、ヘルニア、椎間板ヘルニア、会陰ヘルニア、鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、横隔膜ヘルニア、停留睾丸(陰睾)【雄のみ】、気管虚脱、白内障、緑内障、ドライアイ(乾性角結膜炎)、犬糸状虫症(フィラリア症)、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎
【過去1年以内】膀胱炎、膵炎、再発性または慢性の皮膚疾患、再発性または慢性の外耳炎
満8歳までの健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。一部の犬種、必要
参考:犬種一覧
FPC 悪性腫瘍、 腎不全、 糖尿病、 肝硬変(肝繊維症)、 副腎皮質機能低下症(アジソン病)、 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、 甲状腺疾患、 免疫介在性疾患(免疫介在性溶血性貧血、血小板減少症など)、 巨大結腸症、 巨大食道症(食道拡張症・アカラジア)、 膵外分泌不全、 猫伝染性腹膜炎、 猫白血病ウィルス感染症、 猫エイズ(猫免疫不全ウィルス感染症)、門脈シャント、 犬糸状虫症(フィラリア症)、 脳疾患(脳炎など)、 停留睾丸(未去勢に限る)、水頭症、 眼疾患(緑内障、白内障など)、 心疾患尿路結石、 脊椎疾患、 骨折、 股関節形成不全、 膝蓋骨脱臼※「膝が外れやすい、ゆるい」等と獣医師から言われた場合を含む、 大腿骨頭壊死症(レッグペルテス)、 良性腫瘍・腫瘤、 気管虚脱、 再発性または慢性の皮膚疾患、外耳炎、 アレルギー性疾患、 アトピー性皮膚炎、 ニキビダニ症(アカラス、毛包虫症)、 てんかん(特発性てんかん含む)、けいれん発作、 臍(さい・へそ)ヘルニア、 そけいヘルニア、 椎間板ヘルニア、 その他のヘルニア、ドライアイ(乾性角結膜炎、涙液減少症)、胆泥症8歳11ヵ月までの健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。不要
あんしんペット非公表非公表生後31日~満11歳までの健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。不要
イーペットてんかん、神経症、けいれん発作、感染症等の後遺症がある場合、糖尿病、フィラリア感染症、悪性腫瘍、脳・神経疾患、甲状腺疾患、ホルネル症候群、猫伝染性腹膜炎、猫免疫不全ウイルス感染症、猫白血病ウイルス感染症、パベシア症、ヘモパルトネラ症記載なし生後45日~満10歳までの健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。不要
日本ペット共済申し込み後に審査申し込み後に審査生後60日~満10歳までの健康な小型犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。不要
ペティーナ先天性疾患(てんかん等)のある犬・猫記載なし生後2か月~満11歳までの健康な犬・猫(まとめてプラン)※ゆとりプランは満8歳まで満8歳以上のみ必要
ペットライフジャパン記載なし記載なし生後4ヵ月~7歳11ヵ月までの健康な犬・猫。うさぎ・鳥の場合は生後4ヵ月~4歳11ヵ月まで不要
SBIいきいき少短悪性腫瘍(ガン)、心疾患、腎不全、糖尿病、肝不全・肝硬変、緑内障、白内障、巨大結腸症、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、副腎皮質機能亢進症(クッシング病)、甲状腺機能低下症・亢進症、免疫介在性溶血性貧血(IMHA)、自己免疫性疾患 、巨大食道症(食道拡張症)、膵外分泌不全(EPI)、犬糸状虫症(フィラリア症)、猫伝染性腹膜炎(FIP)、猫白血病ウィルス感染症(FeLV)、猫免疫不全ウィルス感染症(猫エイズ) 、てんかん(突発性てんかんを含みます)、水頭症、脳炎股関節形成不全、レッグ・ペルテス(大腿骨頭壊死症)、妊娠、良性腫瘍・腫瘤(皮膚のできもの等。現在消失しているものを除く)、再発性または慢性外耳炎、再発性または慢性皮膚疾患 、アレルギー性疾患、ドライアイ(乾性角結膜炎)、チェリーアイ(第三眼瞼腺脱出)、横隔膜ヘルニア、その他のヘルニア(鼠径ヘルニア、臍ヘルニアを除く)、気管虚脱 、膀胱炎、尿路結石(腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石)、猫下部尿路疾患(FLUTD)、骨折、猫コロナウイルス感染症生後2ヵ月~7歳11か月までの健康な犬・猫。治療中の病気・ケガがある場合でも加入できる場合がある。不要

※表は横にスクロールできます。

加入できない可能性が高い病気・ケガに該当する既往症があっても、審査の内容によっては加入できる可能性もあります。
もしあなたのペットに該当する既往症があったら一度申請してみるのがおすすめです。

ただし、保険会社や審査内容によって加入できるかどうかが異なり、上記の病気でも加入できない場合があります。
審査はケースバイケースになりますので、ご注意ください。

除外対象となる傷病にあたる既往症ならまず申請してみる

現在ペットがすでにかかっている病気(既往症)があっても、「加入できない」と明言されているものを除けば、条件付きで加入できる可能性があります。
「この病気やケガを患ったけど、加入できるかな?」と考えたら、一度申請してみることをおすすめします。

ペットも年を取るほど、様々な病気にかかる可能性が高まります。ペット保険への加入に制限がないペットとは「若い、健康体」なペットです。早い段階でペット保険へ加入することが大切です。

当サイトではさまざまな視点でペット保険について紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。