ペットが高齢になるほど加入できる保険が少なくなります。何歳まで加入できるのか?ペット保険ごとの年齢制限を比較しました。さらに、すでに10歳以上の高齢ペットでも加入できるペット保険ランキングも紹介します。

ペット保険加入の年齢制限は8歳以上が多い

ペットも高齢になり、病気の心配も出てきたので「そろそろ保険の加入でも検討しようか?」そう考えたときには、もう遅いかもしれません。
現在あるすべてのペット保険には、加入時の年齢制限があります。
ペット保険の年齢制限を調べてみたら、加入できなくなるボーダーラインはだいたい8~10歳くらいに設けられていることがわかりました。

会社名
アニコム7歳11ヵ月まで7歳11ヵ月まで
アイペット損保12歳11ヵ月まで12歳11ヵ月まで
FPC8歳11ヵ月まで8歳11ヵ月まで
PS保険満9歳未満満9歳未満
アクサダイレクト8歳まで8歳まで
ガーデン満10歳まで満10歳まで
ペット&ファミリー7歳11ヵ月まで7歳11ヵ月まで
あんしんペット10歳11ヵ月まで10歳11ヵ月まで
ペッツベスト16歳11ヵ月まで16歳11ヵ月まで
ペットライフジャパン7歳11ヵ月まで7歳11ヵ月まで
ペティーナまとめてプラン:満11歳まで
ゆとりプラン:満8歳まで
まとめてプラン:満11歳まで
ゆとりプラン:満8歳まで
イーペット満10歳まで満10歳まで
au損保生後30日~10歳11ヵ月まで生後30日~10歳11ヵ月まで
アニマル俱楽部満9歳未満満9歳未満


高齢になるほど選べる保険がどんどん少なくなることがわかります。特に、保険料が安くてお得な保険ほど、加入可能年齢が低く設定されている傾向があります。
選択肢が豊富な若いうちに、値段もお手頃で自分に合った保険を見極めて加入しましょう。

ペットが若いうちにペット保険に加入したほうが良い理由

ペットができるだけ若いうちに加入したほうが良いのは、選べる保険が多いから、というだけではありません。高齢になると若い頃より病気になりやすいことは確かですが、実は幼いころも、病気や思わぬケガが多いのです。
ペット保険はすでに発症している傷病は保険金支払いの対象外となります。つまり、病気になったから急いで保険に入ろう、と思っても補償されないのです。
我が家のトイ・プードルも、子犬のとき、誤嚥や嘔吐で何度も動物病院のお世話になりました。免疫力が低く、無鉄砲な子犬・子猫時代にこそ、実はペット保険に加入することは重要なのです。

何歳まで継続できる?ペットの終身保険とは

ペットの年齢とペット保険の関係を考えるときに「何歳まで継続できるのか」も重要なポイントです。
ペットの高齢化は著しく、平均寿命は、犬は13歳以上、猫は約12歳(東京農工大と日本小動物獣医師会,2016年)と10年以上生きることが普通になりました。15歳以上の「超」高齢犬や高齢猫もさほど珍しくありません。
まだまだ長生きしてほしいから病気にしっかり備えたい、というときに保険が打ち切られてしまっては、せっかく保険に加入した意味がなくなってしまいます。
ほとんどのペット保険は終身、つまり一生涯加入しつづけることができます。しかし中には、ある程度の年齢で契約を打ち切られるものもあるので気を付けましょう。

会社名更新
アニコム終身
アイペット損保終身
FPC終身
PS保険終身
アクサダイレクト終身
ガーデン満20歳まで
ペット&ファミリー終身
あんしんペット20歳まで
ペッツベスト満16歳
ペットライフジャパン終身
ペティーナ終身
イーペット終身
au損保終身
アニマル俱楽部終身

ペットが10歳を超えていても入れる保険は?

「ペット保険に早く加入したほうが良いのはわかったけど、もううちの子は10歳を超えている…」そんなペットでも加入できる保険もあります。次の表をご覧ください。

会社名更新
アイペット損保12歳11ヵ月まで12歳11ヵ月まで終身
ガーデン満10歳まで満10歳まで満20歳まで
あんしんペット10歳11ヵ月まで10歳11ヵ月まで20歳まで
ペッツベスト16歳11ヵ月まで16歳11ヵ月まで満16歳まで
ペティーナまとめてプラン:満11歳までまとめてプラン:満11歳まで終身
イーペット満10歳まで満10歳まで終身
au損保生後30日~10歳11ヵ月まで生後30日~10歳11ヵ月まで終身

アイペット損保は12歳11か月まで、ペティーナの「まとめてプラン」は11歳まで加入が可能です。ペッツベストは、なんと満16歳まで加入できるようになっています。
高齢犬や高齢猫が保険に入るとき重視したいのは、終身保障があることです。ペッツベストは16歳11ヵ月まで加入できるのに、満16歳までしか継続できません。例えば15歳で加入したとしても、1年しか加入できないので気を付けましょう。

10歳以上の高齢ペットにおすすめの保険ランキング

第1位ガーデン「プラチナ70%プラン」
第2位あんしんペット「ずっといっしょL」
第3位イーペット「e-ペット70」

10歳以上の高齢ペットでも入れる保険であることのほかに、補償の手厚さと、保険料のバランスのよさを考えて比較しました。

具体的には、次の4つのポイントを重視してみました。

  • 1、高額な治療に備えて、補償が70%以上と手厚いこと
  • 2、終身加入ができる・あるいは20歳まで更新が可能であること
  • 3、通院・入院・手術のすべてが考えられるため、トータル補償型であること
  • 4、10歳から15歳までの保険料を合計したとき、比較的安いこと

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬:10~15歳まで)生涯保険料(中型犬:10~15歳まで)生涯保険料(大型犬:10~15歳まで)生涯保険料(猫:10~15歳まで)年間補償上限金額通院入院手術
ガーデンプラチナ70%プラン70%324,830 円336,500 円391,970 円298,550 円70万円制限なし制限なし制限なし
あんしんペットずっといっしょL70%330,650 円378,960 円395,310 円202,040 円70万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット7070%428,420 円428,420 円644,760 円273,840 円60万円制限なし制限なし制限なし
アイペット損保うちの子70%プラン70%716,760 円716,760 円1,328,160 円617,670 円122.4万円12,000円/日
年間22日まで
30,000円/日
年間22日まで
150,000円/回
年間2回まで
au損保通院ありタイプ70%コース70%11歳以降の保険料を公表していない11歳以降の保険料を公表していない11歳以降の保険料を公表していない11歳以降の保険料を公表していない70万円制限なし制限なし制限なし
ペティーナまとめてプラン50%184,800 円184,800 円184,800 円158,400 円20万円10万円/請求10万円/請求10万円/請求

※表は横にスクロールできます。

比較の結果、ガーデンの「プラチナ70%プラン」がもっともおすすめできる、という結果になりました。ポイントは、年間補償上限金額が70万円と手厚いにも関わらず、保険料が他と比べても安いことです。

2位のあんしんペット「ずっといっしょL」、3位のイーペット「e-ペット70」も、主に保険料の安さと年間保障上限金額のバランスで選んでいます。

4位のアイペットや5位のau損保に関しては、年間補償上限金額は手厚いものの、保険料が非常に高額となっています。au損保は11歳以上の保険料を公表していませんが、10歳時点の保険料がアイペット並みに高額なことから、それ以降の保険料も高額になることが予想されます。

保険料でみれば6位のペティーナ「ゆとりプラン」が最も安いですが、10歳以上で入れるプランが補償割合50%のものしかなく年間保障上限が20万円と、補償内容が高齢ペットには心もとないように感じます。

ただし、1位のガーデン、2位のあんしんペットともに継続が20歳までとなっているので、寿命が比較的長い猫の場合は特に注意が必要です。もし終身継続可能な保険で比較したい場合には、イーペットの「e-ペット70」がおすすめです。

(参考)10歳未満のペットにおすすめのペット保険はこちら

ペットの年齢とペット保険のまとめ

ペットが高齢になるほど、選べる保険の種類が少なくなってしまいます。
8歳以上になると、一気に選択肢が減ってしまいます。若く元気なうちに一番お得で自分に合った保険に加入し、一生涯(終身)継続しましょう。
ペットの寿命も伸び、10年以上生きることが当たり前になりました。ペット保険も、長く付き合うパートナーのつもりで選びたいですね。

当サイトではさまざまな視点でペット保険について紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。