特定の病気やケガが補償対象外になる免責や、決められた金額を超えないと補償が受けられない免責金額があり、保険会社によって免責の内容は異なります。免責は補償内容に関わってくるので必ず確認してください。

ペット保険の「免責」って何?

こんにちは!ペット保険比較研究所の管理人です!
ペット保険について調べていると「免責」という言葉を見かけたことはありませんか?
「免責」は聞きなれないかもしれませんが、実はペット保険の補償内容に関わってくるとても重要なポイントなんです。
そこで、ここでは免責について説明していきたいと思います。

ペット保険の「免責」とは、特定の病気やケガを発症しても補償対象外になり、その傷病で治療を受けても保険金が支払われないことをいいます。
この免責の内容は保険会社によって異なり、約款などに免責項目が記載されています。保険会社によっては簡単にしか記載されていないので、見落としてしまうこともあるようです。

免責事項にはさまざまな種類があります。主な内容を紹介するので、参考にしてみてください。

既往症や先天性異常の免責

ペット保険に申し込みをするとき、過去にどんな病気やケガをしたのか告知するようになっています。もし申し込み前に何らかの傷病履歴があると加入を断られるほか、治療歴のある傷病を除いて加入することになる場合があります。

例えば、申し込み前に皮膚炎で通院履歴があった場合、皮膚炎は補償対象外となることを条件に契約となります。
なので、保険に入っていても、皮膚炎でかかった治療費は補償されません。

また、ペットが生まれ持った病気(先天性異常)でかかった治療費も免責となります。
病気の中には先天性なのか後天性なのか判断つきにくいものもあり、その場合は保険会社によって補償対象・対象外が決められます。
保険会社によっては先天性の可能性が高い膝蓋骨脱臼などの傷病がもとから補償対象外項目に設定されているものもあるので、必ず約款を確認する必要があります。
特に保険料の安いペット保険の場合、保険金支払いを下げるために免責事項を設けていることがあるので注意しましょう。

(参考)ペット保険は病気でも入れる?既往症とペット保険について解説
(参考)加入前は要注意!ペット保険にも「告知義務」がある!

次年度以降に特定の傷病を追加される免責

加入した初めのころは対象だった病気やケガに継続的な治療が必要になり、次年度以降の更新時に対象外項目の傷病として免責が追加される場合があります。

例えば、慢性的な皮膚炎を発症した場合、初めの年は保険金が支払われたとしても次年度以降に皮膚炎での治療でかかった費用は対象外とされてしまいます。

このように免責が加入後に追加されるケースはあまり知らない人もいるのではないでしょうか?私の友人も次年度以降に慢性腸炎が免責として追加されたと、相談してきたことがありました。
その友人は免責が追加されるまで、慢性腸炎で何度も通院をしていたそうです。

どの程度の治療費・回数でその病気が免責事項に加わるのかは保険会社によってさまざまです。
次年度以降に特定の傷病が追加される場合は保険会社からその連絡がきます。
そのときに保険を辞めることはできますが、もし別の保険に加入しようとしても告知義務があり申し込み時に傷病履歴を伝えることになるので高い確率で同じく免責になるでしょう。

ペット保険を続けたい場合は、特定の傷病が免責になることを承諾するようになります。

自己負担額が決められている免責金額

免責の中には傷病のほかに保険金に対しての免責もあります。それを免責金額といい、もともと商品の補償内容に設定されており、その金額を超えないと補償されないといった内容です。

例えば、免責金額が1万円の場合、治療費が1万円未満で免責金額に達しない場合、保険金は1円も支払われません。

免責金額には2パターンあります。免責金額が同じでも保険金が違ってくるので、どちらのパターンなのか注意する必要があります。

① 免責金額を超えた分に対して補償が適応される場合

例:補償割合50%、免責金額1万円で、2万円の請求をした場合
(2万円-1万円)×50%=5,000円(保険金)

② 免責金額を超えると治療費の全額に対して補償が適応される場合

例:補償割合50%、免責金額1万円で、2万円の請求をした場合
2万円×50%=1万円(保険金)

免責金額が設定されているペット保険

免責金額があることで、保険を気軽に使用できなくなってしまうと思いませんか?
確かに、免責金額がないものと比べると頻繁に保険が使用できません。
でも、免責金額よりはるかに上回る治療費がかかる手術だけに特化した商品に設けられることが多く、それほど免責金額を意識しなくてもいいようになっています。
さらに、免責金額を付けることで保険料が抑えられているのもうれしいポイントです。

以下に免責金額を設定されている商品をまとめました。加入を検討されるときは免責金額があるのかも確認するようにしましょう。

会社名商品名補償割合免責金額
アイペット損保うちの子light90%30,000円
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリムプラン5050%3,000円
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリムプラン7070%3,000円
あんしんペットずっといっしょS80%14,000円
あんしんペットずっといっしょM70%14,000円
ペッツベストファーストプラン80%7,500円
ペッツベストベーシックプラン80%20,000円
ペッツベストアクシデントプラン80%7,500円

※表は横にスクロールできます。

免責金額があると何がマズいの?

先ほど、免責金額は特に気にしなくてもいいと言いましたが、補償される割合は免責金額があるのとないのでは少し変わってくることは理解しておかなければいけません。
5万円の手術をしたとき、免責金額でどれだけ補償割合が変わるのか各商品を比較してみましょう。

5万円の手術をした場合

例:あんしんペットのずっといっしょS(補償割合80%、免責金額14,000円)
(50,000円-14,000円)×80%=28,800円(保険金)

例:ペッツベストのベーシックプラン(補償割合80%、免責金額20,000円)
(50,000円-20,000円)×80%=24,000円(保険金)

以上の計算から分かるように、補償割合80%の商品にも関わらず保険金として受け取れるのは50%ほどの金額となっています。

免責金額がなければ5万円の80%分である4万円が受け取れますが、免責金額があることによって受け取れる保険金額が変わり、補償割合が実質的に低くなってしまいます。

免責金額が設けられることで保険料を抑えられるのはうれしいですが、受け取れる保険金が本来の補償割合より少なくなることを分かったうえで保険を選ぶようにしましょう。

(参考)初心者におすすめの免責金額がないペット保険ランキング

まとめ

これまで免責について説明してきましたが、疑問は解決できましたか?
一言で免責と言ってもさまざまで、何が補償対象になるのか分からなくなってしまいますよね。

以下のポイントを理解していただくと、あなたに合ったペット保険を選べると思います。

  • 契約前に受診履歴があった場合、その傷病が免責になることがある
  • 先天性異常での傷病は免責になることがある
  • 次年度以降に免責が追加されることもある
  • 免責金額によって補償割合が実質的に低くなる

当サイトではさまざまな視点でペット保険について紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。