動物病院を利用するとどうしてもかかってしまう治療費。通院・入院・手術の中で手術に対してかかる費用にスポットを当て、手術費の相場やどれだけ手術が必要になるかなど、さまざまな手術の疑問を解決していきます!

犬猫の手術費の相場は?

こんにちは!ペット保険比較研究所の管理人です!
通院・入院・手術の中で特に高額な治療費がかかってくるのは「手術」ですよね。
もしものときのために高額な手術費に備えておくことも大切です。

では、手術をすると一体いくらの費用がかかるのでしょうか?
症状によってかかる手術費には差がありますが、初めてペットを飼われる方は一般的にどれくらいの費用がかかるのか想像がつかないと思います。

そこで、「一度の手術でかかった治療費はいくらだったのか」のアンケートを実施しました。
どのくらいの手術費がかかったケースが多いのか確認してみましょう。

一度の手術でかかった治療費

今回のアンケートでは、1~5万円未満と5~10万円未満の手術費が半数以上を占めています。手術費は10万円未満になることが多いようですが、注目してもらいたいのは10万円以上の手術が3割も占めているという点です。

手術費はオペ代のほか、麻酔や検査などさまざまな費用がかさみどうしても高くなってしまいます。10万円未満という金額も決して安くはありませんが、状態によっては数十万円もかかってしまう場合もあり家計の負担になってしまいますよね。

では具体的に手術費はどれくらいかかるのか、かかりやすい病気とケガでかかった例を確認してみましょう。

かかりやすい病気・ケガの手術費ってどれくらい?

アンケートで「ペットが手術をした理由とその治療費」を質問したところ、犬・猫がかかりやすい傷病やその治療費について見えてきました。

傷病名平均治療費最高治療費
歯周病30,000円50,000円
誤飲45,000円200,000円
腫瘍60,000円100,000円
骨折130,000円200,000円
椎間板ヘルニア210,000円580,000円

以上が今回のアンケート結果です。トイプードルがなりやすいとも言われている歯周病や、日常で起こりやすい誤飲や骨折などさまざまな原因で手術を行っています。

同じ傷病でも平均治療費と最高治療費に大きな差があることに驚きませんか?治療費は病状や動物病院によって違うので差が生まれてしまいます。

かかった費用は全額自己負担なので飼い主様は高額な手術となる場合も考えて備えておかなければいけませんね。

犬猫の手術の経験回数は?

一度の費用が高い手術ですが、頻繁に動物病院を受診する通院と違い手術をする回数は数えるほどしかないのが現状です。
では、実際にペットが手術を受ける回数はどれくらいなのでしょうか?

1年間でペットが手術した回数

「1年間でペットが手術した回数」のアンケート調査によると、一度も手術をしない人が60%も占めることが分かりました。やはり手術をする頻度はそんなに高くはないようです。

手術を経験した割合の中では1回が30%と最も高く、2回、3回と手術をする回数を重ねるたび割合は低くなるという結果になっています。

1年のうちに手術をする可能性は十分にあり得るので、ペット保険で手術に備えるのであれば1回以上補償してくれる商品を選ぶと良いでしょう。

一度の手術で高額な治療費になる事例が怖い

ペットが手術を受けたとき、ペットの体調はもちろん費用がいくらになるのかという心配も大きいことでしょう。

私も「もしペットに手術が必要になって、それが50万円かかってしまうのならどうするんだろう?」と考えてみました。もちろん、迷わず手術は受けますが、50万円という高額な手術費を支払うとなると苦労するだろうな…ととても不安になると思います。

中には治療費を気にして十分な治療ができない方もいます。もしものときの高額な手術費をカバーするために、手術を手厚く補償してくれるペット保険に入っておいた方が安心ですね。

手術を手厚く補償してくれるペット保険を紹介

高額な治療費がかかってしまう手術に備えられるペット保険に入ろうと思ってもさまざまな商品があり、どれにしようか悩む方も多いと思います。

ペット保険には「通院補償」「入院補償」「手術補償」の3つの補償内容があり、何をどれくらい補償するのかは各商品によって異なります。
なので、保険料や補償内容などをしっかり比較して、納得のいくペット保険を選ぶことが大切です。

当サイトでは手術のほかに通院と入院に備えられる「トータル補償型」と、手術を重視した「手術重視型」のペット保険を比較してランキング化しているので、保険検討の参考にしてみてください。

トータル補償型のペット保険ランキング

【50%補償】トータル補償型のおすすめペット保険ランキング
【70%補償】トータル補償型のおすすめペット保険ランキング
【80%補償以上】トータル補償型のおすすめペット保険ランキング
【総合】トータル補償型のおすすめペット保険ランキング

手術重視型のペット保険ランキング

【50%補償】手術重視型のおすすめペット保険ランキング
【70%補償】手術重視型のおすすめペット保険ランキング
【80%補償以上】手術重視型のおすすめペット保険ランキング
【総合】手術重視型のおすすめペット保険ランキング

まとめ

ここまで犬と猫にかかる手術費の相場や手術をする頻度など紹介してきました。
高額な手術費がかかってしまう可能性を考えるとよりペット保険の必要性を実感しますよね。
手術に気を付けるポイントは以下の通りです。

  • 一度の手術にかかる費用は10万円未満の割合が半数以上占める
  • 病状や動物病院によって数十万かかる場合がある
  • 1年のうち3割以上が手術を経験している
  • 一度の手術で高額な治療費になった場合が怖い

当サイトではより詳しくペット保険について紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。