ワイルドな見た目としっぽが特徴的なアメリカンボブテイル。「ボブテイル」という名の通り、短いしっぽをしている大型種です。
アメリカンボブテイルはかつて遺伝性疾患がみられていましたが、慎重な繁殖が行われるようになり、現在では遺伝性疾患が少ないとされています。しかし、身体的特徴から気を付けるべき病気もあります。ペット保険を探す際は、アメリカンボブテイルに合ったペット保険を選びましょう。

アメリカンボブテイルはフレンドリーで優しい癒し系の猫

アメリカンボブテイルの起源と性格

1960年代、アメリカのある夫婦が尻尾の短い猫を引き取りました。尻尾の短い猫はヨディーと名付けられ、ヨディーと夫婦が飼っていたシャムのミシーとの間には子猫が生まれました。ヨディーとその子猫たちが、アメリカンボブテイルの起源とされています。

その後、ヨディーの子猫を引き取った人たちによる、アメリカンボブテイルの繁殖が開始されました。近親交配のため遺伝性疾患が多発していた過去もありますが、異系交配や異種交配を進めた結果、現在では遺伝性疾患は少ないといわれています。

こうして生まれたアメリカンボブテイルは、がっちりとした筋肉質の身体と短い尻尾が特徴的なワイルド系の猫です。しかし、このワイルドな見た目とは裏腹に、基本的に温和で人懐こい性格です。人との付き合い方が上手く、社交的であることから、セラピー猫として活躍する子もいるほどです。

また、遊ぶことが大好きなので、キャットタワーや一人遊び用のおもちゃを用意してあげたり、一緒に遊んであげたりすると喜んでくれます。

飼い方の注意点

アメリカンボブテイルは体力があり遊び好きな猫です。特に若い時期には、十分な運動量を確保してあげることが必要となります。1日に1回は一緒に遊んであげるといいでしょう。

好奇心と冒険心が非常に強い猫でもあるので、脱走してしまうと帰ってこなくなる可能性があります。室内でも十分に遊びを楽しめるよう、定期的に新しいおもちゃを用意するなどの工夫も必要です。

また、寂しがりやな面も持ち合わせているので、あまり放っておくとストレスが溜まってしまいます。積極的にスキンシップをとり可愛がってあげてください。

食事面では、筋肉質で活発な分、食欲も旺盛です。体力が落ちてしまったり、あまり遊んであげられなかったりして運動量が減ると、太りやすい傾向があります。
運動量が減った時には食事量を減らすか、たくさん遊んで運動量を増やすなどして、体重管理をしましょう。

被毛はダブルコートで、ショートヘアーの子とロングヘアーの子がいます。どちらも週に2回以上はブラッシングをしてあげるといいでしょう。

かかりやすい病気とその治療費を知っておこう

現在アメリカンボブテイルは、遺伝性疾患は少ないとされていますが、平均寿命が比較的長いため、老齢期には泌尿器疾患や腎臓病などの猫が一般的にかかりやすい病気には気を付ける必要があります。

ここでは、アメリカンボブテイルがかかりやすいといわれる「尿結石」「腎不全」について紹介します。

尿石症

猫は全体的に泌尿器系の病気にかかりやすいとされており、尿石症はよくみられる病気です。尿の通り道である、腎臓、尿管、膀胱、尿道に尿石と呼ばれる固まりが詰まることで、排尿障害があらわれます。
尿石が出来る要因は、水の摂取不足や偏った食生活だといわれているため、日頃からの対策である程度予防ができるといえます。
特にオスは、メスに比べて尿道が狭いため、小さな尿石でも詰まりやすく注意が必要です。

【治療費について】
尿石症は、尿石の成分によって治療方法が異なってきます。尿石が溶ける成分でできている場合は、薬や食事で尿石を小さくして、排出する治療方法がとられます。もし尿石が溶けない成分でできている場合は、外科手術で取り除くこともあります。

このときの処置が遅れてしまうと、尿道が尿石で塞がれてしまって尿道閉塞になったり、最悪の場合は腎不全を引き起こし死に至る可能性もあるため、早期発見することが大切です。

「尿がちょっと出にくいだけで病院なんて・・・」と思わず、気づいたらすぐに獣医師に相談しましょう。

通院(通算3~10回) 手術・入院(3~5日)
治療費 2,000円 ~ 1万円/回 5万 ~ 15万円

尿石症は完治までに時間がかかる場合があります。動物病院への受診頻度や治療方法にもよりますが、通院のみの場合は1万~10万円、手術になると5万~15万円もかかってしまいます。
そのため、長期的な通院や万が一の手術も補償してくれるペット保険を選びましょう。

腎不全

腎不全は「急性」と「慢性」に分類されます。「急性」の場合は、尿道閉塞で急激に尿が排泄ができなくなったり、腎臓への血液流入が急激に減ってしまったりした場合などに起こります。

「慢性」の場合は、加齢などが要因になり徐々に腎臓の機能が落ちて症状があらわれるようになります。猫は元々、腎臓に負担がかかりやすいと言われているため、加齢とともに腎臓が弱ってくることが多いです。

腎臓に負担がかかりにくいフードを選んだり、腎臓機能をサポートしてくれるサプリを取り入れることも予防方法の1つです。

【治療費について】
腎不全の治療は「点滴」「投薬」「処方食」が基本です。症状が軽い場合は通院や投薬で経過観察になりますが、症状が重い場合は入院をして治療を行います。全く尿が出ない場合は可能であれば人工透析を行う場合もありますが、透析ができる病院は限られています。処方食は低タンパク質、塩分調節されたものになります。

通院
治療費 3,000~1万円/回

急性腎不全は早期に治療を始めた場合、1~3週間程度で回復が見込まれます。この場合、動物病院への受診頻度や治療方法にもよりますが5万~15万円ほどの治療費が必要になります。
慢性腎不全となると腎臓の回復は見込まれないため、嘔吐や脱水症状を抑える対症療法を中心に、治療は一生続きます。
そのため、長期的な通院をしっかり補償してくれるペット保険を選びましょう。

アメリカンボブテイルにおすすめのペット保険選びのポイントは3つ

ペット保険にはいろいろな補償タイプがあるので、その中からかかりやすい病気に備えられるものを見つけることが大切です。
ここでは、アメリカンボブテイルにおすすめのペット保険を選ぶポイントをまとめてみました!

ポイント1:長期の通院でもしっかり補償されること

アメリカンボブテイルがかかりやすい病気で紹介した、尿石症や腎不全の治療には継続的な通院が必要になることがあります。まず、気を付けるべきポイントは補償内容の制限です。

ペット保険の中には補償内容が、「通院1日につき○円まで」や「通院は年間○回まで」と限度額や限度回数が決められているものがあります。限度額があまりにも低く設定されていたり、限度回数が少ない設定だったりすると、せっかくペット保険に入っていても十分な補償を受けられなくなってしまいます。

一般的に、通院1日あたりにかかる平均治療費は8,000円といわれています。そのため、補償内容に制限がある場合は、通院の限度額は平均治療費の8,000円以上、限度回数は20日以上あるのが望ましいでしょう。

継続的な通院治療が必要な病気になりやすいアメリカンボブテイルには、長期の通院でもしっかり補償されるペット保険がおすすめです。

ポイント2:免責金額が設定されていないこと

さらに、ペット保険によっては免責金額が設定されているものがあります。免責金額があると、設定されている金額を超える治療費でなければ、補償を受けることができません。

例えば、1回の通院治療に3,000円かかっていても、免責金額が5,000円と設定されている場合、一切補償されないということになります。
通院治療は、1回の治療費が少額であることも多いため、免責金額が設定されているペット保険を選んでしまうと、思っていたよりも補償されないということになるかもしれません。

免責金額が設定されているペット保険は選ばない方が良さそうです。

ポイント3:保険料が抑えられていること

アメリカンボブテイルは平均寿命が長く、遺伝性疾患も少ないと言われていますが、歳を重ねると病気が心配ですよね。老齢まで続けやすいペット保険を選んでおくことが大切です。

そこで、注意したいポイントの1つが保険料です。ペット保険によって保険料はさまざまですが、保険料が高すぎると継続して保険に加入することが難しくなってしまいます。ただ、安さを求めるあまり、補償が手薄くなってしまっても意味がありません。

ペット保険にはさまざまな補償割合がありますが、一般的に補償割合が高くなると保険料も上がります。保険料を安く抑えつつ、十分な補償を受けるなら50%補償のペット保険がおすすめです。

その中でも、1年間に補償される保険金の限度額(年間補償限度額)が最低でも50万円以上ある商品を選ぶとより安心でしょう。

アメリカンボブテイルに適したペット保険の補償内容と保険料

会社名 商品名 補償割合 生涯保険料(猫・15歳まで) 年間補償限度額 通院 入院 手術
SBIいきいき少短 プラン50スタンダード 50% 341,750 円 50万円 制限なし 制限なし 制限なし
FPC フリーペットほけん 50% 375,050 円 85万円 12,500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
PS保険 50%補償プラン 50% 383,050 円 100万円 10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
日本ペットプラス(ガーデン) プラチナ50%プラン 50% 394,370 円 50万円 制限なし 制限なし 制限なし
イーペット e-ペット50 50% 419,440 円 60万円 制限なし 制限なし 制限なし
アクサ損保 ねこのきもち保険プラン50 50% 433,810 円 50万円 制限なし 制限なし 制限なし
ペット&ファミリー げんきナンバーわんプラン50 50% 490,180 円 50万円 制限なし 制限なし 制限なし
アニコム損保 ふぁみりぃ50%プラン 50% 528,590 円 60万円 10,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間20日まで
100,000円/回
年間2回まで
au損保 通院ありタイプ50%コース 50% 713,900円 50万円 制限なし 制限なし 制限なし
アイペット損保 うちの子50%プラン 50% 792,220 円 73万円 12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます。

条件を満たしているペット保険は10種類ありました。
補償内容はどのペット保険も十分なので、さらに絞り込むなら「保険料の安さ」に注目すると良さそうです。

同じ補償割合であれば、保険料も同じというわけではありません。
例えば、一番安いSBIいきいき少短と一番高いアイペットを比べてみると、45万円以上もの差があります。

10種類の中で一番生涯保険料が安いペット保険はSBIいきいき少短のプラン50スタンダードです。限度日数・限度額に制限はなく、年間補償限度額の50万円になるまで自由に請求できます。
ただ、この50万円は年間補償限度額の最低限のラインなので、少し心もとないかもしれません。
SBIいきいき少短より生涯保険料が3~4万円ほど高くはなりますが、年間補償限度額が85万円のFPCのフリーペットほけん、100万円のPS保険の50%補償プランもあります。何を重視したいかは飼い主様それぞれで違うと思いますので、この2商品もペット保険選びの候補に入れても良いでしょう。
これまでの見解をまとめると3つのペット保険に絞られました。この中から何を重視したいかよく考えて選んでみてください!

とにかく保険料を抑えたい方

SBIいきいき少短のプラン50スタンダード

少し保険料を上乗せして補償を強化させたい方

FPCのフリーペットほけん
PS保険の50%補償プラン

アメリカンボブテイルにおすすめ!「SBIいきいき少短のプラン50スタンダード」「FPCのフリーペットほけん」「PS保険の50%補償プラン」の特徴

アメリカンボブテイルにおすすめのペット保険として選ばれた3商品ですが、どんな特徴があるのでしょうか?
最後に3つのペット保険についてチェックしてみましょう。

SBIいきいき少短のプラン50スタンダード

SBIいきいき

  • 保険料が一番安く、気軽に加入しやすい
  • 回数や金額を気にせず自由に請求できるが、年間補償限度額は50万円と低めの設定
  • 膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニア、猫エイズは補償対象外項目に指定されている
  • 病気の場合は補償開始日から1カ月の待機期間がある

(参考)ペット保険には補償までの待機期間がある?

FPCのフリーペットほけん

  • 高齢になっても上がりにくい料金設計になっているので継続しやすい
  • 通院を年間30日までと手厚く補償。入院と手術もカバーするが、手術補償は年間1度のみ
  • 年間補償限度額が85万円と高額に設定してある
  • カスタマーサービスにも定評がある

PS保険の50%補償プラン

  • 年間補償限度額が100万円と業界トップクラス
  • 通院の補償が比較的少ない設定
  • 保険金の支払い速度が早い
  • 同一原因による手術は、2回目以降は補償の対象外
  • 生涯にわたって継続的に行っていく慢性疾患(心臓病など)の治療の場合は、最大でも一生涯20日までしか補償されない。

(参考)PS保険の補償の落とし穴

※PS保険は「同一原因による手術は、2回目以降は補償の対象外」「生涯にわたって継続的に行っていく慢性疾患(心臓病など)の治療の場合は、最大でも一生涯20日まで補償」という制約があります。病気が完治したと判断された場合には日数がリセットされるようですが、根本的な治療方法のない心臓病や腎臓病などを発症した場合には十分な補償が受けられないことがありますので、それを理解したうえで選んだ方が良さそうですね。

まとめ

ペット保険を選ぶ際は、かかりやすい病気の治療方法も重要です。かかりやすい病気やケガをもとにした、おすすめのペット保険選びのポイントはこちらの3つです。

ポイント1:長期の通院でもしっかり補償されること

ポイント2:免責金額が設定されていないこと

ポイント3:保険料が抑えられていること

3つのポイントから、アメリカンボブテイルにおすすめのペット保険は「SBIいきいき少短のプラン50スタンダード」「FPCのフリーペットほけん」「PS保険の50%補償プラン」ということがわかりました。

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。

ペット保険総合比較ランキングバナー

ペット保険口コミランキングバナー