イングリッシュ・コッカー・スパニエルは順応性が高く、優雅で愛らしい見た目のため、家庭犬として高い人気があります。
遺伝性の目や皮膚に関するいくつかの遺伝性疾患には注意したい犬種です。イングリッシュ・コッカー・スパニエルがかかりやすい病気と、おすすめのペット保険をご紹介します。

癒し系の顔とウェーブした毛が可愛いイングリッシュ・コッカー・スパニエル

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの性格

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの祖先は、古くからイギリスに土着している「ランド・スパニエル」という犬種であると考えられています。イギリス原産のスパニエル種の多くは、ランド・スパニエルから派生したものだといわれています。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルが誕生したのは19世紀頃で、当時は鳥獣を回収する犬として用いられていました。
回収する獲物を探すために“嗅覚”が発達しており、体はコンパクトながら抜群のスタミナと持久力が備わっています。

よく「アメリカン・コッカー・スパニエル」と混同されますが、原産国も異なりますし、見た目も少し違っています。
例えば、体つきはイングリッシュ・コッカー・スパニエルの方が大きく、がっしりとしています。
また、アメリカン・コッカー・スパニエルは目がクリッとしていて愛らしい顔であるのに対し、イングリッシュ・コッカー・スパニエルはちょっと細いタレ目で癒し系の顔をしています。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴として、全体的にウェーブした毛が挙げられます。
耳辺りの毛は特に強いウェーブがかかっており、まるでパーマを当てているかのようです。絹のように細くて柔らかいため、触り心地抜群です。

順応性が高くて陽気な性格をしているイングリッシュ・コッカー・スパニエルは、家庭犬として素晴らしい犬種です。
どんな家庭にもすぐ馴染むことができ、たちまち家族の中心になっていることでしょう。

また、猟犬の血が流れているため、かなり活発な性格をしています。骨太でしっかりしている四肢を使い、アクティブに動き回ります。

飼いかたの注意点

長毛種であるイングリッシュ・コッカー・スパニエルは、毎日のブラッシングが欠かせません。
細くて繊細な毛質ですので、少しでもブラッシングを怠ると、至るところに毛玉が出来てしまいます。
毛玉は大きくなればなるほど解す際に痛みが伴いますので、極力毛玉が出来ないように努めましょう。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは、抜け毛が多い犬種です。
毎日のように毛が抜け、特に毛の生え変わり時期はごっそりと毛が抜けます。
毛量も多いため、抜けるべき毛が他の毛に埋もれてしまうこともしばしば。そのまま放置していると皮膚病にかかる恐れがありますので、ブラッシングの際は根元から梳かしてあげましょう。

活発でスタミナがあるイングリッシュ・コッカー・スパニエルは、50~60分ほどの散歩を毎日2回行うことが理想です。
散歩だけでなく、オモチャを使って遊ぶ時間も設けてあげましょう。かつては鳥獣の回収作業を行っていたため、何かを追いかたり、ボールやロープなどを取ってきたりする遊びが好きなようです。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは、遺伝疾患の多い犬種です。
特に単色である場合は、「突発性激怒症候群(とっぱつせいげきどしょうこうぐん)」にかかりやすいといわれています。
突発性激怒症候群とは、その名の通り、いきなり怒り出して攻撃的になる病気です。楽しそうにしっぽを振っていても、突然なにかのスイッチが入ったかのように怒り狂うのです。
この病気は脳が関係しているため、しつけをして治るものではありません。
少しでも突発性激怒症候群の疑いがあるようなら、動物病院へ行って獣医さんに相談しましょう。

かかりやすい病気とその治療費を知っておこう

イングリッシュ・コッカー・スパニエルはいくつかの遺伝疾患に注意が必要です。
イングリッシュ・コッカー・スパニエルが特にかかりやすい「進行性網膜萎縮症」「白内障」「股関節形成不全」「外耳炎」について詳しく説明していきます。

進行性網膜萎縮症

眼球を覆っている膜の中で最も内側にある「網膜」が縮み、変性することで起こる目の病気です。発症の原因は不明とされており、遺伝的な要因が大きいといわれています。生後数か月でかかる場合もあれば、成犬になってからかかる場合もあり、発症の年齢は様々です。

どの犬種でもかかる可能性はありますが、イングリッシュ・コッカー・スパニエルは遺伝的にこの病気にかかりやすいとされています。

初めは、暗いところでの視力障害、壁や物にぶつかる・つまずく、動くものを目で追わなくなる、などの症状が見られます。症状が進行するにつれて徐々に視力が失われ、日中や明るいところでも目が見えづらくなります。そして、最終的には失明してしまうのです。

【治療費について】
萎縮した網膜は元に戻らないため、今のところ根本的な治療法はありません。しかし、この病気にかかると「白内障」や「緑内障」を発症する恐れがあるため、定期的な通院や検査が必要になります。

通院
治療費5,000 ~ 1万円/回

進行性網膜萎縮は、長期間に及ぶ通院が必要になる可能性があります。そのため、通院回数に制限がない、あるいは回数が多めに(20日以上~)設定してあるペット保険を選ぶことがポイントです。
【獣医が解説】犬・猫の進行性網膜萎縮症の症状・原因・予防・対策・治療方法と治療費まとめ

白内障

白内障とは、目の中でレンズの役割をしている水晶体が白く濁り、視力が低下してしまう病気です。発症の原因としては、先天性のものと、糖尿病や老化によって引き起こされる後天性のものがあります。

発症すると、黒目が白く濁る、暗い所を歩きたがらない、物にぶつかる、音やにおいに敏感になるといった症状が現れます。

白内障は進行するにつれて、どんどんと目の濁りが濃くなっていき、視力が落ちていきます。時に「緑内障」を併発することもあります。

【治療費について】
症状が軽度で、わずかに視力が残っている場合は、内服薬と点眼薬の投与によって進行を抑えます。

視力がほとんど失われてしまっている場合は、視力を取り戻すための外科手術を行います。手術には術後の合併症など多くのリスクが伴いますので、獣医師とよく相談することが大切です。

通院入院・手術(2~5日)
治療費3,000 ~ 5,000円/回8万 ~ 15万円

内服薬の投与は一回につき3,000~5,000円程度と安いですが、投与は一生続けなければならないため、最終的にはかなりの金額がかかります。さらに、手術をする場合は入院費などもかかりますので、プラスで10万~20万円ほどかかります。

治療費はかなり高額ですので、手術だけでなく、長期的な通院も補償してくれるプランを選ぶことが大切です。

股関節形成不全

股関節形成不全とは、太ももの骨と骨盤を繋いでいる“股関節”に異常が起きる病気です。
この病気は、生後半年から1歳までの間に発症することが多いです。発症の原因は明らかになっていませんが、遺伝的なものが大半だとされています。

股関節形成不全を発症している犬は骨盤の成長が不完全であるため、股関節が変形していたり、太ももの骨が入る穴が浅かったりします。その結果、太ももの骨が本来あるべき位置に固定されず、歩く度に骨がズレて痛みを感じます。

症状が進行するにつれて痛みが増し、運動を嫌がる、スキップのような歩き方をする、散歩の途中で座り込むなどの行動が見られるようになります。重度の股関節形成不全になると、少しの段差から飛び降りるだけで脱臼を起こすことがあります。

遺伝的なものが原因ですので、発症を防ぐことは難しいですが、筋肉量を増やしたり、股関節へ負担をかけないようにしたりすることで、症状を和らげることができます。

【治療費について】
骨が発達していない成長期の段階や、症状が軽度の場合は「安静療法」をとります。症状が進んで痛みが生じている場合は、鎮痛剤や抗炎症剤などの「投薬治療」を行います。それ以上に症状が重い場合は、外科手術が必要になることもあります。

手術には麻酔などのリスクが伴いますので、獣医さんと十分に話し合ってください。

通院手術・入院
治療費2,000 ~ 5,000円/月10 ~ 40万円

外耳炎

外耳炎は、イングリッシュ・コッカー・スパニエルを含む垂れ耳の犬種がなりやすい病気です。

外耳炎を発症すると、耳の中に大量の耳垢がこびりつき、悪臭を漂わせます。また、痛みや痒みが伴うため、頻繁に耳を掻く仕草がみられます。

外耳炎が悪化すると、中耳炎などを引き起こす恐れがありますので、早期発見・早期治療に努めましょう。

外耳炎を予防するには、毎日の耳チェックと定期的な耳掃除が重要となります。耳掃除は、汚れが溜まっていたら行うくらいの頻度で大丈夫です。なお、湿気の多い季節は発症のリスクが高まりますので、耳をめくって風通しを良くしてあげるといいでしょう。

【治療費について】
耳の中の掃除を行った後、点耳薬を投与します。細菌感染が原因である場合は、抗菌薬や駆除薬を使用します。アトピーやほこりなど“アレルギー”が原因の場合は、食事や環境を改善し、アレルゲンを取り除いてあげます。

通院(通算2~5回)
治療費3,000 ~ 5,000円/回

通院をする場合は、1万~3万円程度かかります。症状が悪化している場合は、より長期的な投薬治療が必要となりますので、もう少し高くなります。この病気は何度も通院をすることになるので、通院補償が手厚いプランがおすすめです。

【獣医が解説】犬・猫の外耳炎の症状・原因・予防・対策・治療方法と治療費まとめ

イングリッシュ・コッカー・スパニエルにおすすめのペット保険を選ぶポイントは3つ

ペット保険がたくさんあってどれにしようか迷われている方は、かかりやすい病気に備えられる商品を探してみてください。
イングリッシュ・コッカー・スパニエルがかかりやすい病気から、ペット保険を選ぶポイントを3つにまとめました。

ポイント1:免責金額が設定されていないこと

ペット保険はプランによって免責金額が設定されているものがあります。
免責金額があると、設定されている金額分は補償されません
例えば、免責金額が5,000円で、1回の治療が3,000円なら一切補償が受けられないということになります。そんなことになるとペット保険に入っている意味がないですよね。

 1日にかかる平均治療費
通院¥8,000
入院¥12,000
手術¥100,000

1日にかかる平均治療費を調査したところ、このような結果になりました。

通院の1日にかかる平均治療費は8,000円ですが、通院は診察と処置だけだと1,000~4,000円になることもあります。
イングリッシュ・コッカー・スパニエルがかかりやすいとされる外耳炎や進行性網膜萎縮症にかかると、通院が多くなりがちです。しっかりと補償を受けるためにも免責金額がないペット保険をおすすめします。

ポイント2:長期の通院、ある程度の手術を補償すること

ペット保険の補償内容には1日に補償される医療費の限度額と、1年に補償される限度回数が決められているものがあります。
その場合、目安として通院の限度額は平均治療費の8,000円以上、何度も通院することを考えて限度回数は20日以上あるといいでしょう。

また、イングリッシュ・コッカー・スパニエルは、股関節形成不全で手術を行う可能性も考える必要があります。手術も、最低でも10万円は補償するものを選ぶとよいでしょう。

さらに、年間で支払われる保険金の上限金額「年間補償限度額」のチェックも欠かせません。
限度額・限度回数に制限がないペット保険の場合は、年間補償限度額まで補償を受けることができます。
基本的に年間補償限度額が高いほど補償が手厚いといえるので、50%補償タイプなら50万円以上、70%補償タイプなら70万円以上の設定になっているペット保険を選びましょう。

ポイント3:股関節形成不全を補償すること

ペット保険にはもともと補償されない病気(補償対象外項目)を設定しているものがあります。もし、かかりやすい病気がその補償対象外項目に指定されていると、受診しても保険金は補償されません。
イングリッシュ・コッカー・スパニエルがかかりやすい病気が補償対象外項目に指定されていないか確認してみたところ、「股関節形成不全」がいくつかのペット保険で補償対象外になっていることがわかりました。受診する可能性を考えるとこのペット保険は選ばない方が良さそうです。

<股関節形成不全を補償対象外にしている保険会社>

  • 楽天少短
  • 日本ペットプラス(ガーデン)
  • アニマル俱楽部

(参考)ペット保険のトラブルを避けるには?保険がおりない、更新できないことも!?

イングリッシュ・コッカー・スパニエルに適したペット保険の補償内容と保険料

イングリッシュ・コッカー・スパニエルに合うペット保険はどれなのでしょうか?先ほど紹介した3つのポイントで探してみましょう。

ポイント2より、「通院・入院・手術の全てを補償」し、ポイント1の「免責金額がないペット保険」から探しましょう。さらに、一般的な保険料である50%補償、70%補償のペット保険から選びます。

ポイント2の「通院は限度額が8000円以上、限度日数が20日以上、手術は1回10万円以上、年間補償上限金額が50万円・または70万円以上」では、すべてのペット保険が条件を満たしています。

ポイント3の「股関節形成不全を補償する」では、この病気を補償対象外項目に指定している楽天少短、日本ペットプラス(ガーデン)は除外できます。

候補のペット保険を15歳までに支払う生涯保険料の安い順に並べた一覧がこちらです。

50%補償するペット保険

会社名商品名補償割合生涯保険料(中型犬・15歳まで)年間補償上限額通院入院手術
FPCフリーペットほけん50%補償プラン50%435,950 円85万円12500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
PS保険50%補償プラン50%494,910 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ50%プラン50%499,320 円50万円制限なし制限なし制限なし
SBIいきいき少短プラン50スタンダード50%521,450 円50万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット5050%563,290 円60万円制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン5050%626,350 円50万円制限なし制限なし制限なし
アクサ損保プラン5050%661,340 円50万円制限なし制限なし制限なし
アニコム損保ふぁみりぃ50%プラン50%699,140 円60万円10,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間20日まで
100,000円/回
年間2回まで
アイペット損保うちの子50%プラン50%905,540 円72.8万円12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで
au損保通院ありタイプ50%コース50%920,160円50万円制限なし制限なし制限なし

※表は横にスクロールできます。

70%補償するペット保険

保険会社名商品名割合生涯保険料(中型犬・15歳まで)年間補償上限額通院入院手術
FPCフリーペットほけん70%補償プラン70544,600 円85万円12,500円/年間30日まで125,500円/入院年間3入院まで100,000円/回年間1回まで
PS保険70%補償プラン70630,980 円100万円10,000円/日年間20日まで20,000円/日年間30日まで100,000円/回年間2回まで
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ70%プラン70698,890 円70万円制限なし制限なし制限なし
SBIいきいき少短プラン70スタンダード70730,030 円70万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット7070760,140 円60万円制限なし制限なし制限なし
楽天少短あんしんペットL70762,210 円70万円制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわん70819,590 円70万円制限なし制限なし制限なし
アクサ損保プラン7070874,680 円70万円制限なし制限なし制限なし
アニコム損保ふぁみりぃ70%プラン70964,770 円8414,000円/日年間20日まで14,000円/日年間20日まで140,000円/回年間2回まで
アイペット損保うちの子70%プラン701,192,240 円12212,000円/日年間22日まで30,000円/日年間22日まで150,000円/回年間2回まで
au損保通院ありタイプ70%コース701,243,960円70制限なし制限なし制限なし

※表は横にスクロールできます。

3つのポイントで絞った結果、50%補償は7種類、70%補償は9種類の候補が残りました。
これらは補償内容を数字で見るとすべて十分な内容であるといえるので、もう一つ重要なポイント「保険料」で比較していきましょう。

ペット保険の保険料は、若いときは安く高齢になるほど高くなります。
そのためペット保険の保険料を比較する際には一生涯にかかる保険料で比較することが重要です。
それぞれの生涯保険料(0~15歳までの保険料の合計)を比べてみると、50%補償なら50万円以下、70%補償なら70万円以下のものが比較的リーズナブルで継続しやすいペット保険と言えます。

補償内容・保険料ではおすすめの2つのペット保険ですが、PS保険は気になるデメリットがあります。

PS保険の50%補償プラン、70%補償プラン

PS保険のデメリットは「生涯にわたって継続的に行っていく慢性疾患(心臓病や皮膚病など)の治療の場合は、最大でも一生涯20日まで補償」というものです。

病気が完治したと判断された場合には日数がリセットされるようですが、同一原因による皮膚炎などの再発については、審査内容によっては20日を超えた分の通院補償がされない可能性があります。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルがかかりやすい外耳炎や進行性網膜萎縮は、長期の通院が続くことが多い病気のため、これらを発症した場合には十分な補償が受けられないことがあります。
たとえ生涯保険料が安くても選ばない方が良さそうです。

(参考)PS保険(ペットメディカルサポート)の通院・入院補償の落とし穴

このように、ペット保険にはあまり目立っていないデメリットが隠されている場合があるので、それぞれの特徴をよく確認したうえでペット保険を選ぶ必要があります。
なおFPCについては、イングリッシュ・コッカー・スパニエルがかかりやすい病気で紹介した病気も補償してくれそうなのでおすすめです。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルにおすすめ!「FPCのフリーペットほけん50%補償プラン、70%補償プラン」の特徴

イングリッシュ・コッカー・スパニエルにおすすめのペット保険として選ばれた「FPCのフリーペットほけん」は、どんな特徴があるのでしょうか?
ポイントをまとめたので、こちらも保険選びの参考にしてみてください!

FPCのフリーペットほけん

  • 高齢になっても上がりにくい料金設計になっているので継続しやすい。
  • 通院を手厚く補償するが、手術補償は年間1度のみ。
  • 年間補償限度額が85万円と高額に設定してある。
  • カスタマーサービスにも定評がある。

また、突然性格が狂暴になってしまう、突発性激怒症候群を発症する恐れがあるため、「ペット賠償責任特約」への加入もおすすめです。
ペット賠償責任特約は、ペットが他人にケガを負わせたり持ち物を壊したりといった場合に、治療費や修繕費などを補償してくれる保険です。
ペット賠償責任特約が付帯できるペット保険として、日本ペットプラス(ガーデン)やあんしんペットがありますが、おすすめのFPCには付帯できません。
ただし、自動車保険や火災保険などの特約として「個人賠償責任保険」に加入している方は、ペット賠償責任特約を契約する必要はありません。

(参考)ペット保険の「特約」は必要?人気の賠償責任特約、実は必要ないかも!?

まとめ

ペット保険の種類が多くどれにするか決めかねているという方は、ペットがかかりやすい病気に合わせてペット保険を選んでみてもいいかもしれません。以下のポイントを参考に、イングリッシュ・コッカー・スパニエルに合った商品を探してみてください!

免責金額が設定されていないこと

長期の通院・ある程度の手術を補償すること

股関節形成不全を補償すること

イングリッシュ・コッカー・スパニエルにおすすめのペット保険は「FPCのフリーペットほけん50%補償プラン、70%補償プラン」

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。