最近では保護犬や保護猫を譲渡する活動が増え、そこから新しい家族を迎える方も多くなってきました。
保護犬や保護猫をお迎えしたけれど、ペットの年齢が分からないのにペット保険に加入できるのか?どのペット保険を選べばいいのか?わからないという里親さんもいるのではないでしょうか。
ここでは、年齢が分からない保護犬や保護猫におすすめのペット保険をご紹介します。

保護犬・保護猫の保険

保護犬を引き取った・捨て猫を拾った…ペット保険に入るべき?

まずは新しい家族のお迎え、おめでとうございます!

保健所にいた子や捨てられた子たちは、新しい家族に迎え入れられるまで辛い思いをしてきた子が多いかと思います。
だからこそ、これからはお家で幸せに生活させてあげたいですよね。

でも、ペットとの幸せな生活の中で、病気やケガはどうしても避けられません。
特にペットを初めて飼う方にとって、ペットの治療にかかる費用はいくらなのか、なかなか想像つきませんよね。

ペットにかかる治療費は全額自己負担です。手術となると数十万といった高額な費用が必要になるケースもあります。
例えば、手術で統計したところ、一度の手術でかかった治療費の3割が10万円以上かかっています。

実際にペットの治療を経験した方の「治療費が払えないから治療を断念した」「検査にお金がかかるのが嫌で様子をみていたら重症化した」という声も多く寄せられています。

(参考)【ペット保険の体験談】膝蓋骨脱臼で最大30万円かかることも…。ペット保険未加入時の高額な医療費。
(参考)【ペット保険の体験談】猫が誤飲で手術費17万円!高額なペットの治療費は保険で備える。

大切な家族に二度と辛い思いをさせないためにも、ペット保険に加入して十分に治療を受けさせてあげることも飼い主の役目です。

そもそも年齢が分からない保護犬・保護猫はペット保険に入れないんじゃ…?

保護犬や保護猫は正確な年齢が分からない子も多いですよね。
でもペット保険に入るには、ペットの年齢が必要になります。では、年齢が分からないと加入はできないのでしょうか?

年齢や病歴が分からなくても加入できる可能性はある

年齢や病歴が分からない子でも、必ずしもペット保険に加入できないというわけではありません。

まずはペット保険に加入する前に、動物病院で健康診断を受けましょう。

保護犬・保護猫は全身の健康状態も過去の傷病歴もわかりません。
すぐに治療を開始すべき病気をもっているかもしれませんので、引き取ったらすぐに動物病院で全身の健康状態を見てもらうことが重要です。

動物病院では、ペットの健康状態とともに推定年齢を見てもらうこともできます
この推定年齢でペット保険に申し込むようにすれば大丈夫です。

また、保護犬・保護猫はワクチンを受けていない可能性もあります。
ワクチン接種歴がわからない場合には、健康診断の際に必ずワクチン接種も受けるようにしてください。
ペット保険会社によっては、申込みにワクチン接種証明書が必要になる場合もあります。

健康診断の結果を告知してペット保険の加入を申し込む

動物病院で受けた健康診断の結果を告知して、ペット保険に加入申込みをします。

ペット保険は将来の病気やケガのリスクに備えるためのものなので、今すでに発症している傷病は補償対象外となります。
また、病気やケガの内容によっては加入を断られる場合もあります。

加入できるかどうか、どの病気が補償対象外になるのかは、審査によって決まるので、まずは加入申込みをしてみましょう。
保険会社によって審査内容は異なるので、例え一社で保険加入を断られたとしても、他の保険会社で加入できることもあるので、色々な保険会社に申込みをしてみるのもいいかもしれません。
(参考)ペット保険は病気でも入れる?既往症とペット保険について解説

今かかっている病気やケガを補償してほしいからといって、それを隠して加入しようとすると、違法になってしまいます。

ペット保険には告知義務(ペットの状態を正確に伝える義務)があるので、申込みの際は健康状態などを正確に伝える必要があります。

もし、嘘の告知が発覚すると、補償を受けられなかったりペット保険の契約を打ち切られたりすることもあるそうです。

大切なペットのためにも、正確に告知をしてペット保険に加入するようにしましょう。

(参考)加入前は要注意!ペット保険にも「告知義務」がある!

保護犬・保護猫におすすめのペット保険は?

ペット保険の加入には年齢制限がある

いざ保護犬や保護猫をペット保険に加入させようとしても、既に高齢になっていることもあります。
ペット保険には加入できる年齢の制限があるので注意しなければなりません。

会社名加入可能年齢
アニコム7歳11ヵ月まで
ペット&ファミリー7歳11ヵ月まで
SBIいきいき少短生後2ヵ月~7歳11ヵ月まで
アクサダイレクト8歳まで
FPC8歳11ヵ月まで
PS保険満9歳未満
アニマル倶楽部満9歳未満
日本ペットプラス(ガーデン)満10歳まで
イーペット満10歳まで
あんしんペット10歳11ヵ月まで
au損保生後30日~10歳11ヵ月まで
アイペット損保12歳11ヵ月まで
ペッツベスト16歳11ヵ月まで

ペット保険加入の年齢制限は8~10歳くらいに設けられていることが多いので、もしお家のペットがすでにそれ以上の年齢になっている場合は、加入できるペット保険の中から選ぶようにしましょう。

(参考)高齢犬、高齢猫でも保険に入れる?10歳以上の高齢ペットにおすすめのペット保険

おすすめは通院・入院・手術をすべて補償するプラン

では、保護犬や保護猫におすすめのペット保険はどれなのでしょうか?

ペット保険には「通院・入院・手術すべてを補償するタイプ」「手術を重視して補償するタイプ」「通院を重視して補償するタイプ」の3つの補償タイプがありますが、その中でも「通院・入院・手術すべてを補償するタイプ」がおすすめです。

補償内容を通院のみ・手術のみに絞るタイプは、補償を制限することで保険料を安く抑えることができるペット保険ですが、これはあまりおすすめではありません
通院は、一回あたりの治療費は比較的少額ですが、利用頻度が高いため、積み重なるとかなり高額になります。一方手術は、一回あたりの治療が高額なので、万が一のリスクが高いものです。

ペット保険にせっかく加入するのなら、通院・入院・手術すべてを補償してくれるものを選んだ方が良いと思います。

(参考)ペット保険の補償範囲は通院・入院・手術どこまで?

補償割合は70%補償のプランがおすすめ

また、ペット保険選びでは補償割合をどうするかも大切なポイントになります。

保険金として支払われる割合は補償割合で決まります。
「50%」「70%」「80%以上」と種類豊富で、中には「100%」の補償割合のものまであります。

ただし、補償割合が高くなるほど、保険料は値上がりします。
補償割合が十分で経済的にも安心して加入し続けられる保険を選びたいのなら、比較的補償割合が高く、そこまで保険料が負担にならない70%補償がおすすめです。

当サイトでは70%補償のペット保険でランキングを作成しています。
こちらのランキングもペット保険選びの参考にしてみてください。

第1位FPCのフリーペットほけん70%補償プラン

第2位PS保険の70%補償プラン

第3位イーペットのe-ペット70

(参考)【数字で徹底比較】通院・入院・手術を補償するペット保険ランキング【70%補償】

ペットの性格によってはペット賠償責任特約の付帯も検討しましょう

保護犬・保護猫も性格はさまざまです。
中には、警戒心が強く、噛み癖があったり暴れてしまったりする子もいるでしょう。

その場合には、ペット賠償責任特約がつけられるペット保険がおすすめです。
ペット賠償責任特約を付けていると、ペットが飛びついたり咬みついたりして、他人がケガや持ち物を壊してしまった場合、その治療費や修繕費などを補償してくれます。

ただし、個人賠償責任保険に入っている場合には、わざわざペット保険でペット賠償責任特約を加入する必要はありません。
個人賠償責任保険は、自動車保険や火災保険、クレジットカードなどの損害保険の特約としてすでに契約していることがよくあります。
二重に保険をかけて無駄にならないよう、事前に個人賠償責任保険に加入しているかどうかをチェックしましょう。

なお、70%補償のおすすめペット保険ランキングのトップ3の中で、ペット賠償責任特約を付帯できるペット保険はイーペットのみなので、イーペットを選ぶといいでしょう。
もし個人賠償責任保険に加入している場合には、ペット賠償責任特約は必要ないのでFPCのペット保険がおすすめです。

まとめ

犬や猫を飼うにはお金がかかるもの。

今まで苦労をしてきた分、なるべく良い生活をさせてあげたい!と思うほど、治療費以外にも用品やフードなど、たくさんお金がかかってしまいます。

だからこそ、ペット保険はなるべく保険料を抑えて十分な補償内容をそなえたプランがおすすめです。
保険料や補償内容をしっかり比較して納得のいくペット保険を選ぶようにしましょう。

当サイトではさまざまな視点でペット保険について紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。