日本犬6種の1つである甲斐犬は、1934年に天然記念物として指定された価値ある犬種です。
がっしりとした頑丈な体を持っていますが、皮膚や耳の病気には注意が必要です。ここでは甲斐犬がかかりやすい病気と、おすすめのペット保険をご紹介します。

虎のような模様が特徴の日本犬・甲斐犬

甲斐犬の性格

甲斐犬は、長野県・山梨県・静岡県にまたがって連なる山脈、通称“南アルプス山脈”周辺の地域に生息していた犬種です。
かつてはイノシシやカモシカを狩る“狩猟犬”として活躍していました。
その優秀な働きぶりから、かなり存在価値の高い犬種であったといわれています。

狩猟犬として優秀であった甲斐犬も、現在はペットとして可愛がられています。
ペットとなった今でも、自然界で勇ましく生きてきた厳つい見た目は変わらずに保存されています。

甲斐犬は過酷な環境である山岳地帯に生息していたため、かなり丈夫な体をしています。
がっしりとした骨格、全身についた筋肉、骨太な四肢を持っています。
また、屈強な体にふさわしい“タフな体力”も兼ね備えています。

甲斐犬の性格は、“一代一主”という言葉でよく例えられます。
一代一主という言葉には、「一人の飼い主に一生忠誠を尽くす」という意味が込められています。
この言葉通り、甲斐犬は飼い主に絶大なる信頼を寄せており、一生ついて行きますと言わんばかりの献身的な行動を見せます。
ちなみに、海外では“ワンオーナードック”と呼ばれているそうです。

甲斐犬の大きな特徴として挙げられるのが、虎のような模様をした虎毛(とらげ)です。
甲斐犬にはこの虎毛の子しか存在しておらず、色調の濃淡で黒虎毛・中虎毛・赤虎と分けられています。

飼いかたの注意点

甲斐犬は狩猟犬として活躍していた犬種であるため、かなりの運動量を必要とします。
そのため、毎日1時間以上の散歩を2回行うことが望ましいです。
なお、甲斐犬はかなり力が強いため、子どもやお年寄りにリードを持たせないようにしてください。
甲斐犬に引っ張られて転んでしまう恐れがあります。甲斐犬が突然走り出したとしても、きちんと制御できる大人が管理しましょう。

甲斐犬は少々気性が荒く、飼い主以外には懐かない犬種です。
警戒心も強いため、ほかの人が近づいてくると吠えたり、攻撃的になったりすることがあります。
近年はペットとして飼われることが多くなったため、中には穏やかな子もいますが、少数派だといえます。
基本的には愛想の良い犬種ではないため、ほかの人との接触は避けたほうが良いでしょう。

また、家庭に猫や小動物がいる場合は注意が必要です。
元々狩猟犬として優秀であった甲斐犬は動くものに敏感で、猫や小動物を見かけると追いかけてしまいます。ときにはガブッと噛んでしまうことも。
お互いにストレスのない住環境にするため、部屋を分けたり、猫や小動物の逃げ場所を確保したりしましょう。

中型犬に分類されてはいるものの、甲斐犬は体が大きいため、住まいは広くなければなりません。
甲斐犬が自由に行き来でき、方向転換できるくらい余裕のあるスペースを確保しましょう。
あまりにも手狭なところに押し込めると、骨が変形したり、ストレスに繋がったりします。

かかりやすい病気とその治療費を知っておこう

病気にかからなさそうな力強い体を持つ甲斐犬ですが、皮膚の病気には注意しなければなりません。
特に甲斐犬がかかりやすいとされる「アレルギー性皮膚炎」「外耳炎」について、詳しくご紹介していきます。

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎とは、アレルゲンと接触することによって、痒みをはじめとするアレルギー反応を起こす病気です。

アレルゲンとなる物質は様々で、ハウスダストや花粉、食品、化学物質などが挙げられます。1度でも発症してしまうと、そのアレルゲンに近づくだけで反応が起こる体質になってしまいます。

アレルギー性皮膚炎にかかると、体をしきりに掻くようになります。この行動が頻繁に見られるようであれば、皮膚に赤みや、かさぶた、フケ、湿疹などがないか確認しましょう。特に指の間やワキの下は見逃しがちですので、注意深く見てください。

【治療費について】
かゆみを抑えるための内服薬や外用薬を使って治療をします。基本的にはアレルゲンを見極めてから治療を行いますが、アレルゲンの特定には相当なお金や時間がかかります。なにより、愛犬にも痛みやストレスを与えてしまうため、原因を追究せずに完治を目指して治療を行う場合もあるそうです。治療方法に関しては、獣医師と相談して決めるようにしましょう。

通院
治療費7,000 ~ 2万円/回

アレルギー性皮膚炎は、その子によって治療期間が異なります。一定期間で治療が終わることもあれば、長期にわたって継続的に治療や皮膚のケアを行わなければならないこともあります。また、1回の治療費も高額になりがちなので、長期の通院をしっかり補償するペット保険を選ぶことをおすすめします。

【獣医が解説】犬・猫のアレルギー性皮膚炎の症状・原因・予防・対策・治療方法と治療費まとめ

外耳炎

外耳炎は、数ある犬の病気の中でも比較的かかりやすい病気だとされています。基本的には垂れ耳の犬種がかかりやすいのですが、皮膚が弱い甲斐犬も注意が必要です。

外耳炎を発症すると、耳の中に大量の耳垢がこびりつき、悪臭を漂わせます。また、痛みや痒みが伴うため、頻繁に耳を掻く仕草がみられます。

外耳炎が悪化すると、中耳炎などを引き起こす恐れがありますので、早期発見・早期治療に努めましょう。

外耳炎を予防するには、毎日の耳チェックと定期的な耳掃除が重要となります。耳掃除は、汚れが溜まっていたら行うくらいの頻度で大丈夫です。なお、湿気が多い梅雨の季節は発症のリスクが高まりますので、念入りに耳のチェックをしましょう。

【治療費について】
耳の中の掃除を行った後、点耳薬を投与します。細菌感染が原因である場合は、抗菌薬や駆除薬を使用します。アトピーやほこりなど“アレルギー”が原因の場合は、食事や環境を改善し、アレルゲンを取り除いてあげます。

通院(通算2~5回)
治療費3,000 ~ 5,000円/回

通院をする場合は、1万~3万円程度かかります。症状が悪化している場合は、より長期的な投薬治療が必要となりますので、もう少し高くなります。この病気は何度も通院をすることになるので、通院補償が手厚いプランがおすすめです。

甲斐犬におすすめのペット保険を選ぶポイントは3つ

かかりやすい病気を知ると、どのようなことに備えればよいかわかりますね。
かかりやすい病気から分かった、甲斐犬のペット保険選びに大切なポイントをまとめてみました。

ポイント1:通院を重点的に補償すること

長期の通院をする病気になりやすい甲斐犬には、通院を重点的に補償する通院重視型のペット保険がおすすめです。
手術や入院が不安という方もいると思いますが、補償を通院のみに絞ることで保険料を抑えられるので、回数が多い通院は保険で、万が一の手術・入院は貯金からとするのも一つの方法です。

ポイント2:通院の日額・日数制限が十分なこと

通院重視型のペット保険を選んでも、補償が不十分だと意味がありません。
ペット保険には1日に支払われる保険金の限度額や1年に補償できる限度回数といった制限が設定されているプランがあります。

調査の結果、通院の1日にかかる平均治療費は8,000円ということがわかっています。
通院にしっかり備えられるようにするために、限度額は平均治療費の8,000円以上、限度回数は30日以上あるペット保険がよいでしょう。

さらに、免責金額の設定がないペット保険を選ぶことが重要です。
免責金額があるペット保険だと、一回の治療費が、設定された免責金額を超えないと保険料が支払われません。
一回の治療費が少額になりがちな通院治療の場合、保険料が支払われない可能性があります。

ポイント3:保険料が抑えられていること

甲斐犬は特に高額な手術をともなう病気にもかかりにくく、健康的な犬種であるといえます。そのため、高額なペット保険に入ってしっかり備えるというよりは、ペット保険は安いものを選び、いざというときには貯金で対処するのもひとつの方法でしょう。
甲斐犬のかかりやすい病気は、通院による治療が中心なので、補償を通院に絞れば、保険料も抑えられます。

甲斐犬に適したペット保険の補償内容と保険料

ペット保険には様々な商品がありますが、ポイント1の「通院重視型のペット保険」で絞ると4種類ありました。

なお、アニマル俱楽部のブループランⅡは14歳まで更新可能で、それ以降はシニア専用プランに切り替わる保険です。
それに合わせて日本ペットプラス(ガーデン)の各プランも14歳までの保険料を合計し比較しています。

会社名商品名補償割合生涯保険料(中型犬・14歳まで)年間補償限度額通院入院通院
日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド50%プラン50%376,080 円50万円制限なし
日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド70%プラン70%526,350 円70万円制限なし
日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド90%プラン90%598,860 円90万円制限なし
アニマル倶楽部ブループランⅡ100%446,100 円39万円5,000円/日
年間30日まで
8,000円/日
年間20日まで

※表は横にスクロールできます。

ポイント2の「限度額8,000円以上、限度日数30日以上」を見ると、アニマル俱楽部は通院が日額5,000円までしか補償しないので、候補から外せます。
なお、免責金額の設定はどのペット保険にもありませんでした。

甲斐犬におすすめなペット保険は、日本ペットプラス(ガーデン)50%・70%・90%だとわかりました。
ポイント3の「保険料が抑えられていること」から、まずは一番安い50%補償タイプを選ぶことがおすすめです。

通院の補償だけでは不安だから手術や入院にも備えたい…という方には、通院・入院・手術すべてを補償するペット保険もおすすめです。
「でも、通院・入院・手術に備えると保険料が高くなるのでは?」と思いますよね。
そこで、補償と保険料のバランスの良い50%補償タイプのペット保険を一覧でみてみましょう。

通院・入院・手術すべてを50%補償するペット保険

会社名商品名補償割合生涯保険料(中型犬・15歳まで)年間補償限度額通院入院手術
FPCフリーペットほけん50%補償プラン50%435,950 円85万円12500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
PS保険50%補償プラン50%494,910 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
日本ペットプラスプラチナ50%プラン50%499,320 円50万円制限なし制限なし制限なし
SBIいきいき少短プラン50スタンダード50%521,450 円50万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット5050%563,290 円60万円制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン5050%626,350 円50万円制限なし制限なし制限なし
アクサ損保プラン5050%661,340 円50万円制限なし制限なし制限なし
アニコム損保ふぁみりぃ50%プラン50%699,140 円60万円10,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間20日まで
100,000円/回
年間2回まで
アイペット損保うちの子50%プラン50%905,540 円72.8万円12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで
au損保通院ありタイプ50%コース50%920,160円50万円制限なし制限なし制限なし

※表は横にスクロールできます。

ポイント3の「保険料が抑えられていること」から、この中でもっとも安いFPCの50%補償プランと、日本ペットプラス(ガーデン)の「ゴールド50%プラン」を比較すると、生涯保険料(0~15歳までの保険料の合計)の差は、6万円程度です。
わずかな追加金額でさらなる安心感が手に入るため、迷うようなら、通院・入院・手術すべてに備えるペット保険を選ぶのがおすすめです。

通院にのみ備えるなら「日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド50%プラン」、通院・入院・手術すべてに備えるなら「FPCのフリーペットほけん50%補償プラン」がおすすめです。

甲斐犬におすすめ!「日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド50%プラン」「FPCのフリーペットほけん50%補償プラン、70%補償プラン」の特徴

甲斐犬におすすめのペット保険として選ばれた「日本ペットプラス(ガーデン)」「FPCのフリーペットほけん」は、どんな特徴があるのでしょうか?
ポイントをまとめたので、こちらも保険選びの参考にしてみてください!

日本ペットプラス(ガーデン)

  • 日額制限・回数制限がなく、年間補償限度額の50万円(50%プラン)・70万円(70%プラン)まで補償が受けられる
  • インターネット割引や無事故割引など多彩な割引がある
  • 膝蓋骨脱臼や股関節形成不全、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱などが補償されない
  • ペット賠償責任保険を付けられる

FPCのフリーペットほけん 70%補償プラン

  • 高齢になっても上がりにくい料金設計になっているので継続しやすい。
  • 通院を手厚く補償するが、手術補償は年間1度のみ。
  • 年間補償限度額が85万円と高額に設定してある。
  • カスタマーサービスにも定評がある。

まとめ

ペット保険の種類が多くどれにするか決めかねているという方は、ペットがかかりやすい病気に合わせてペット保険を選んでみてもいいかもしれません。以下のポイントを参考に、甲斐犬に合った商品を探してみてください!

通院を重点的に補償すること

通院の日額・日数制限が十分なこと

保険料が抑えられていること

甲斐犬におすすめのペット保険は「日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド50%プラン」「FPCのフリーペットほけん50%補償プラン」の特徴

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。