ダックスフンドの中でもっとも小柄なカニンヘン・ダックスフンドは、パワフルで健康的な犬種です。ただ、胴長体型のため、かかりやすい病気も。カニンヘン・ダックスフンドにおすすめのペット保険も紹介します。

カニンヘン・ダックスフンド

小柄なのにパワフルなカニンヘン・ダックスフンド

カニンヘン・ダックスフンドの性格

カニンヘン(カニンヘーン)・ダックスフンドは、ダックスフンドの中でも最もサイズの小さな犬種です。

日本では不動の人気犬種であるミニチュア・ダックスフンド同様、短い足に長い胴、垂れた耳という見た目を持ちます。

ダックスフンドは体の大きさにより、スタンダード、ミニチュア、そしてカニンヘンに分類されます。
カニンヘン・ダックスフンドは、この中でもっとも小さいダックスフンドとして、きちんと犬種として認められています。
体重は成犬になっても2.5kg~3kgほど。2Lと500mlのペットボトルを合わせたほどの重さでしょうか。意外と重い?と思うかもしれませんが、体重5kg程度のミニチュア・ダックスフンドと比べると、やはり小さめであることがわかりますね。

カニンヘンという変わった名前は、原産国であるドイツの言葉でうさぎを意味します。うさぎに似ているから…ではなく、うさぎ捕りのために作られた狩猟犬であったことに由来します。
そんな経緯を持つ犬なので、小柄な体に似合わず大きなパワーを秘めています。うさぎの巣穴に潜り込み、獲物を追い詰めるほどの機敏さとスタミナを、持て余さないようにしてあげましょう。

また、とてもやんちゃで、好奇心旺盛な性格を持つため、一緒にたくさん遊んであげたい飼い主さんにはぴったりです。
狩猟犬の性質を持つ割に、攻撃性は低く、穏やかでフレンドリーな性質を持ちます。しつけもしやすいことで知られています。

ダックスフンドの毛は、短く硬い毛が全身に密集して生えているスムース、長く柔らかい毛が特徴のロング、そして硬くごわっとした短い毛が特徴のワイヤーの3種類があります。

スムースやロングは、ブラック&タン(黒地で、目の上や口の周りが濃い茶色)やチョコレート&タン、レッド(赤茶)、イエロー(クリーム色)など豊富な毛色があります。ワイヤーは、ワイルドボア(猪色)と呼ばれる色が一般的です。

飼い方の注意点

飼い主さんのことは大好きですが、それ以外の人には警戒心を強く持つ可能性があります。幼い頃から他人や他の犬と触れ合う機会を持つ、しつけをきちんとするなどして、吠え癖や噛み癖がつかないようにしましょう。

カニンヘン・ダックスフンドは、ダブルコートという、抜け毛が多い種類の毛質を持ちます。
ロングとワイヤーは、週に数回の丁寧なブラッシングが必要です。
また、足が短いので、ロングは毛が地面にこすれて汚れます。清潔に保てるよう、定期的にシャンプーしたり、トリミングしたりしましょう。

室内飼いに適していますが、運動は必須です。好奇心と体を動かしたい欲求を満たしてあげるために、室内でもよく遊んであげましょう。また、お散歩も1日1時間以上行ましょう。
ただし、胴長体型から腰を痛めやすいため、激しい運動は禁物です。

体が小さいため、夏の暑さにはとても弱いので、熱中症に注意が必要です。暑い時期には室内を冷やし、日中の散歩は避けましょう。

かかりやすい病気とその治療費を知っておこう

カニンヘン・ダックスフンドは小型犬の中でも、比較的寿命の長い犬種です。それだけ大きな病気にかかりにくいということでしょう。
しかし、胴長な体型から、腰のトラブルが心配な犬種です。
ここでは、カニンヘン・ダックスフンドがかかりやすいといわれる「椎間板ヘルニア」「外耳炎」「進行性網膜萎縮」についてご紹介します。

椎間板ヘルニア

ダックスフンドが一番気を付けたい病気が、椎間板ヘルニアです。胴長のため、背骨に負担がかかることや、遺伝的要因によりかかりやすいと言われます。
加齢により起こりやすくなりますが、この犬種の場合、若くして発症することもあります。背骨に負担がかからないように注意しましょう。
また、肥満によりさらにリスクが高まるため、太らせないようにすることも大切です。

椎間板とは板ではなく、実際は、背骨の骨同士の間を埋めるクッションのようなものです。
この椎間板がつぶれて飛び出し、脊髄とよばれる神経組織を圧迫するのが椎間板ヘルニアです。神経が圧迫されることで痛みを引き起こします。

予防するには、食事管理と、適度な運動のほか、足腰に負担がかからないようにフローリングに絨毯を敷く、階段の昇り降りをさせない、上に引っ張るように抱き上げるなど、腰に負担のかかることをしないようにしましょう。

【治療費について】
初期症状では投薬治療で経過を見ることが多いのですが、進行している場合は外科手術をします。

通院(通算3~10回)手術・入院(5~10日)
治療費2,000 ~ 5,000円/回10万 ~ 40万円

通院の場合1万~5万円程度ですが、再発の恐れがある病気なので、場合によってはさらに費用がかさんでしまう可能性があります。また手術をする場合、入院費も含めて10万~40万円と高額になります。
そのため、手術の補償がしっかりされているプランを選ぶことをおすすめします。
また、椎間板ヘルニアが対象外項目に指定しているペット保険があるので注意しましょう。

【獣医が解説】犬・猫の椎間板ヘルニアの症状・原因・予防・対策・治療方法と治療費まとめ

進行性網膜萎縮

眼球を覆う膜のうち、最も内側にある膜である網膜が縮み、変性することで起こる目の病気です。

初期は暗いところで物が見えづらそうにする、歩くとき壁や物にぶつかったりつまずいたりする、動くものを目で追わないなどの症状からはじまり、次第に日中や明るいところでも目が見えなくなり、やがて失明します。

原因不明の遺伝性の病気で、治療法も予防法もないのが現状です。生後数か月でかかる場合もあれば、成犬になってからかかる場合もあります。

どの犬種でもかかる可能性のある病気ですが、ダックスフンドは特にこの病気になりやすい犬種であると言われています。暗い場所や室内での動きがおかしいと感じたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

【治療費について】
萎縮した網膜は元に戻らないため、根本的な治療法はありませんが、この病気にかかると、白内障や緑内障を発症する恐れがあるため、定期的な通院や検査が必要になります。

通院
治療費5,000 ~ 1万円/回

進行性網膜萎縮は定期的な通院が長期間続く可能性があります。
そのため、通院回数に制限がない、あるいは回数が多めに(20日以上~)設定してあるペット保険を選ぶことがポイントです。

【獣医が解説】犬・猫の進行性網膜萎縮症の症状・原因・予防・対策・治療方法と治療費まとめ

外耳炎

長く垂れた耳が特徴のカニンヘン・ダックスフンドは、耳のトラブルにも注意する必要があります。特にかかりやすいと言われるのが外耳炎です。
溜まった耳垢に細菌が繁殖して起こるケースや、ダニの寄生、ほかの皮膚炎が原因で発症するケースなど原因は様々です。

発症すると、悪臭や汚れがみられるようになるほか、しきりに耳や、耳の近くを掻く、頭を頻繁に振る、耳を地面や物にこすりつけるような症状が見られたら、外耳炎にかかっている可能性があります。

耳垢が溜まらないように普段からチェックし、耳掃除をすることである程度予防できます。
とはいえ、耳掃除は知識がないまま行うと危険です。
耳の中を傷つける恐れがあるため、獣医さんに相談したり、トリマーなど専門家に依頼したりしてもよいですね。

【治療費について】
まず耳の中を掃除して、点耳薬を投与します。細菌感染が原因の場合は抗菌薬や駆除薬を使用し、アトピーやほこりなどのアレルギーの場合は環境中からアレルゲンを取り除いてあげます。

通院(通算2~5回)
治療費3,000 ~ 5,000円/回

通院をする場合、1万~3万円程度かかりますが、症状が悪化している場合は、長期的な投薬治療が必要となってしまいます。何度も通院をすることになるので、通院補償が手厚いプランを選びましょう。

【獣医が解説】犬・猫の外耳炎の症状・原因・予防・対策・治療方法と治療費まとめ

カニンヘンダックスにおすすめのペット保険を選ぶポイントは3つ

かかりやすい病気をチェックすると、何に備えればいいか見えてきませんか?
かかりやすい病気から分かった、カニンヘン・ダックスフンドのペット保険選びに大切なポイントをまとめてみました。

ポイント1:通院を重点的に補償すること

長期の通院をする病気になりやすいカニンヘン・ダックスフンドには、通院のみ補償する通院重視型のペット保険がおすすめです。
手術や入院が不安という方もいると思いますが、補償を通院のみに絞ることで保険料を抑えられるので、回数が多い通院は保険で、万が一の手術・入院は貯金からとするのも一つの方法です。

ポイント2:通院の日額・日数制限が十分なこと

通院重視型のペット保険を選んでも、補償が不十分だと意味がありません。
ペット保険には1日に支払われる保険金の限度額や1年に補償できる限度回数といった制限が設定されているプランがあります。

調査の結果、通院の1日にかかる平均治療費は8,000円ということがわかっています。
通院にしっかり備えられるようにするために、限度額は平均治療費の8,000円以上、限度回数は30日以上あるペット保険がいいでしょう。

ポイント3:椎間板ヘルニアを補償すること

ペット保険にはもともと補償されない病気(補償対象外項目)を設定しているものがあります。もし、かかりやすい病気がその補償対象外項目に指定されていると、受診しても保険金は受け取れません。

カニンヘン・ダックスフンドがかかりやすい「椎間板ヘルニア」がSBIいきいき少短のペット保険では補償対象外になっていることが分かりました。
椎間板ヘルニアで受診する可能性を考えるとこのペット保険は選ばない方が良さそうです。

カニンヘン・ダックスフンドに適したペット保険の補償内容と保険料

ペット保険には商品がいろいろありますが、ポイント1の「通院重視型のペット保険」で絞ると4種類のみ用意されています。

なお、アニマル俱楽部のブループランⅡは14歳まで更新可能で、それ以降はシニア専用プランに切り替わる保険です。
それに合わせて日本ペットプラス(ガーデン)の各プランも14歳までの保険料を合計し比較しています。

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬・14歳まで)年間補償限度額通院入院通院
日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド50%プラン50%280,260 円50万円制限なし
日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド70%プラン70%392,260 円70万円制限なし
日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド90%プラン90%504,310 円90万円制限なし
アニマル倶楽部ブループランⅡ100%357,900 円39万円5,000円/日
年間30日まで
8,000円/日
年間20日まで

※表は横にスクロールできます。

ポイント2の「限度額8,000円以上、限度日数30日以上」を見ると、アニマル俱楽部は通院が日額5,000円までしか補償しないので、候補から外せます。
ポイント3の「免責金額の有無」はどの商品も免責金額は設定されていませんでした。

そう考えると、日本ペットプラス(ガーデン)のプランの中から選んだ方が良さそうですよね。50%・70%・90%と補償割合が3種類用意されていますが、どれがいいのでしょうか?

補償割合が違うペット保険を比較する際には、単純に保険料の安さだけで選ぶのではなく、価格と補償内容のバランスが取れた商品を選びましょう。
価格の割に補償割合が高い商品を選ぶための指標のひとつにコストパフォーマンス(コスパ)があります。

コスパの求め方は生涯保険料を補償割合で割った数字(補償割合1%あたりの生涯保険料)で算出しています。この金額が小さいほど、よりコスパがよいということになります。

同じ補償内容ならできるだけ保険料が安く、コスパがいい商品を選びたいところです。
以下の表で、日本ペットプラス(ガーデン)の各プランのコストパフォーマンスを確認してみましょう。

会社名商品名補償割合生涯保険料(猫・12歳まで)年間補償限度額コスパ(補償割合1%あたりの保険料)
日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド50%プラン50%280,260 円50万円5,605円
日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド70%プラン70%392,260 円70万円5,604円
日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド90%プラン90%504,310 円90万円5,603円

※表は横にスクロールできます。

それぞれのコスパを比べてみると、どれもほとんど同じということが分かりました。
つまり、どの補償割合を選んでも補償に対する保険料のコスパに変わりはありません。

コスパが変わらないのなら、家計の負担にならない生涯保険料が安い「ゴールド50%プラン」がいいでしょう。
もちろん、より高い補償割合を求める場合には、予算に合わせて70%や90%のプランも検討してみてください。

しかし、やはり通院だけでは不安だから手術や入院にも備えたい…という方には、通院・手術・入院を幅広く補償するタイプのペット保険がおすすめです!

例えば、当研究所が総合ランキングでもおすすめしているFPCの50%補償プランと、日本ペットプラス(ガーデン)の「ゴールド50%プラン」を比較すると、

FPC の「フリーペットほけん」の0~14歳までの生涯保険料360,000円
日本ペットプラス(ガーデン)の「ゴールド50%プラン」の0~14歳までの生涯保険料280,260円

となり、この2つのプランの保険料の差は、15年間で79,740円です。
つまり、月々平均443円を足すだけで、手術や入院の補償も追加することができます。
わずかな追加金額でさらなる安心感が手に入るため、迷うようなら、すべて補償するタイプを選ぶこともおすすめです。

(参考)【数字で徹底比較】通院・入院・手術を補償するペット保険ランキング

カニンヘン・ダックスフンドにおすすめ!「日本ペットプラス(ガーデン)のゴールド50%プラン」の特徴

カニンヘン・ダックスフンドにおすすめのペット保険として選んだ「日本ペットプラス(ガーデン)のゴールド50%プラン」はどういった特徴があるのでしょうか?最後に確認しておきましょう!

日本ペットプラス(ガーデン)のゴールド50%プラン

  • 日額制限・回数制限がなく、年間補償限度額の50万円(50%プラン)・70万円(70%プラン)まで補償が受けられる
  • インターネット割引や無事故割引など多彩な割引がある
  • 膝蓋骨脱臼や股関節形成不全、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱などが補償されない
  • ペット賠償責任保険を付けられる

まとめ

かかりやすい病気の治療方法に合わせてペット保険を選ぶのも一つの方法です。カニンヘン・ダックスフンドのペット保険選びのポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください!

  • 通院を重点的に補償すること
  • 通院の限度額・限度回数が十分なこと
  • 椎間板ヘルニアを補償すること
  • カニンヘン・ダックスフンドにおすすめのペット保険は「「日本ペットプラス(ガーデン)のゴールド50%プラン」

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。