キンカロー

短足のマンチカンと、巻き耳のアメリカンカールの交配で生まれたキンカロー。まだ新しい猫種のため、その生態は未知の部分も多いようです。遺伝病の有無もはっきりしていませんが、気を付けたい病気はいくつかあります。キンカローにおすすめのペット保険もご紹介します。

可愛い短足のアスリート・キンカロー

キンカローの性格

短い足と外向きに巻いた小さな耳がかわいらしい、若者人気の高いキンカロー。
マルチカールという名前で呼ばれることもあります。

1990年代中頃のアメリカにて、短足猫で知られるマンチカンと、耳の巻いたアメリカンカールとの交配により生まれた新しめの品種として知られています。

世界最大の猫の血統登録機関TICA(The International Cat Association)では「実験種」として登録されており、遺伝的な疾患の解明や、容姿の変化、今後の交配についても気になる品種です。
印象的なキンカローという名前は、英語のKinky(縮れた)とlow(短い)を組み合わせたもの。

かわいらしい見た目からおしとやかなイメージのあるキンカローですが、実はとても筋肉質。
走る・飛ぶなどの運動を得意とするなど、まるでアスリートの様な一面を持ち、遊ぶことが大好きです。
体重は約3~5Kgほどで、胴や尾が長い体型をしています。

毛色や模様はさまざまで、トラ柄のようなタビーや、柔らかい印象のオレンジやクリームなど、個性豊かな見た目も魅力。

キンカローは人懐っこく穏やかな性格をしており、人はもちろん猫とも打ち解けるのが得意で、複数の猫との暮らしにも対応できます。
甘え上手で初対面の人に対しても警戒せず、積極的にスキンシップをとるところはマンチカン譲りの性格です。

トイレの場所を素早く覚えたり、おもちゃを取ってくる遊びを楽しめたりと、犬のように賢くしつけもしやすいアメリカンカールの長所も受け継いだ、飼いやすい品種として知られています。

飼い方の注意点

キンカローの魅力でもある愛らしい短足は、交配により人工的に作られたもののため、犬のダックスフンドなどにも見られる骨格の異常が心配されます。

キンカローの短足が招く骨格の異常に関しては未だ研究途中にありますが、短足の犬や猫は負担がかかりやすいということを意識しておくといいでしょう。
特に高齢化や肥満による関節疾患には注意が必要です。
肥満予防に関しては日頃から運動時間を作るようにし、太りにくい体質造りに努めましょう。

遺伝性の疾患が少ないアメリカンカールの血筋を受け継いでいるためか、遺伝性の病気や障害が少ない点では安心です。

注意が必要なのは、アメリカンカール譲りの特徴的な折れ耳。
週に1度は綿棒・ウェットティッシュ(ノンアルコール)・専用の洗浄液で耳掃除を行いましょう。定期的な耳掃除は疾患の予防にもつながります。
ブラッシングは週に1度のペースでいいでしょう。

キンカローは主人や家族への愛情が強く、一人よりも誰かといることを好む品種のため留守番はやや苦手です。
一人暮らしの方は、可能であればキンカローのバディとなる猫をもう一匹飼うなどの対策が有効となります。
多くの人がいる場所や賑やかな環境を好む、キンカローの愉快な性格に合った暮らしを提供してあげるといいでしょう。

かかりやすい病気とその治療費を知っておこう

まだ歴史の浅い猫種のため、どのような遺伝性疾患があるか未知の部分も多いキンカロー。
しかし、マンチカンやアメリカンカールがかかりやすい病気を一部受け継いでいるようです。
キンカローがかかりやすい「皮膚炎」「毛球症」「糖尿病」についてご紹介します。

皮膚炎

猫は種類を問わず、本来抜け毛の多い動物ですが、異常な脱毛が起こっている場合は皮膚炎の可能性があります。
皮膚が透けるほど毛が抜ける、部分的に脱毛する、執拗に体を掻くなどの症状が見られたら、この病気を疑いましょう。
原因として考えられるのは、アレルギーや細菌、ダニなど様々なものがあります。

キンカローの場合、特にあごの下に皮膚炎ができやすいため、清潔に保ち、常に気にかけるようにしましょう。

【治療費について】
細菌感染が原因の場合は、抗生物質を含む内服薬や塗り薬を与え、痒みが強い場合は抗炎症剤を投与します。
アレルギーが原因の場合は、アレルゲンを特定する検査も行われます。
暖房器具は綺麗に掃除をし、加湿器などで乾燥を対策してください。

通院(通算5~10回)
治療費3,000~5,000円/回

完治するまで、定期的に通院が必要になり、最終的に1~5万円の治療費が必要になります。
長期の通院を補償してくれるペット保険を選ぶと、家計の負担も抑えられるでしょう。

毛球症

毛づくろいの時に体内に入った毛は、通常ほとんどが便とともに排泄されたり、吐き戻したりすることで排出されます。
しかし、これが何らかの原因で体内に留まり、胃や腸に毛の塊ができてしまうことがあります。これを毛球症といいます。

すべての猫に見られる毛球症ですが、長毛タイプのキンカローは特に発症しやすいと考えられます。
毛球症自体は病気とは言えませんが、食欲不振や便秘、ひどいときは腸閉塞を起こしてしまいます。 

この病気は、体内に入る毛を少なくしてあげる事でまず発症率を下げる事ができます。
そのため、ブラッシングをしっかり行ってあげることが重要です。
また、毛を排出しやすくするフードや猫草を食べさせることも有効と考えられます。

【治療費について】
毛球を排出させるための毛玉除去剤を処方されることが一般的でしょう。
重篤化して腸閉塞などを起こしているような場合は開腹手術をして毛を取り除きます。

通院(通算2~5回)手術・入院(2~3日)
治療費2,000~1万円/回10万~25万円

毛球症は日頃のケアで予防ができる病気ですが、換毛期などは気づかずたくさんの毛を飲み込んでしまうこともあるでしょう。
軽度で通院のみで治療できる場合でも5,000~5万円、重度で手術になると10~25万円もかかってしまいます。
そのため、通院と手術をバランスよく補償してくれるペット保険を選ぶことがポイントです。

糖尿病

糖尿病はどの猫種にもかかる可能性があり、加齢とともに発症率が上がります。
キンカローが特別かかりやすいというより、太りやすいマンチカンの血統なので、糖尿病の原因となる肥満に注意する必要があります。

糖尿病になると、水を飲む量、食べる量が増える、体重減少、腹部が膨らむ、元気がなくなるといった症状が見られます。
そのほか、腎不全、肝硬変、急性膵炎、糖尿病性ケトアシドーシスという命を脅かす重篤な病気を併発する可能性もあります。
特に糖尿病性ケトアシドーシスは発症してしまえば、助かる可能性は極めて低いので注意が必要です。 

(参考)糖尿病の症状や原因などの詳細はこちら

【治療費について】
血糖値を抑える食事管理と、毎日のインスリンの投与が必要になります。

通院入院治療(7日)
治療費1 ~ 2万円/回4 ~ 10万円

完治する事が出来ない糖尿病は、生涯付き合わなければならない病気であり、治療法はほとんど自宅で行うものばかりです。
最初はインスリンの投与のために、数日の通院が必要になります。
入院治療は稀なので、通院を補償し、保険料をしっかり抑えたプランを選ぶことをおすすめします。

キンカローにおすすめのペット保険を選ぶポイントは3つ

なりやすい病気をチェックすると、何に備えればいいか見えてきませんか?
なりやすい病気から分かった、キンカローのペット保険選びに大切なポイントをまとめてみました。

ポイント1:通院、手術、入院をすべて補償すること

キンカローがかかりやすい病気であげた病気はいずれも通院が必要なものばかりです。
しかし、毛球症では手術や入院が必要になることがありますし、糖尿病による入院の可能性も見逃せません。
そのため、通院、手術、入院すべてを補償するペット保険を選ぶことがおすすめです。

調査によると1度の手術でかかる平均治療費は10万円、入院は1日1万2000円ということでした。
手術補償に限度額が決まっている場合は、最低でも10万円以上補償するペット保険を選ぶとよいでしょう。

さらに、補償の手厚さを表す年間補償上限金額は最低でも50万円以上あると安心です。

ポイント2:通院の日額・日数制限が十分なこと

キンカローがかかりやすい皮膚炎や糖尿病は、長期の通院が必要となるかもしれない病気です。

当研究所でペットの通院にかかる平均治療費を調べたところ、8,000円でした。
そのため、最低でも通院の日額制限が8,000円以上、限度日数が20日以上のペット保険を選ぶと安心です。

通院の補償について考えるとき、気をつけなければならないのが免責金額です。
免責金額の設定があるペット保険は、設定されている金額を超えないと補償を受けられないという落とし穴があります。
例えば、免責金額が5,000円で、1回の治療が3,000円なら一切補償が受けられないということになります。
例えば皮膚病は、一回の治療費が3000円程度からと少額になりがちですが、長期にわたる通院が必要になることが予想されます。
積み重なると大きな出費になってしまうため、少額でもきちんと補償されるペット保険、つまり免責金額の設定がないペット保険を選びましょう。

ポイント3:補償が手厚いこと

キンカローが心配な病気である糖尿病は、一度かかると長期にわたり、高額な医療費がかかる可能性があります。

そのため、できるだけ保険料が安く、補償が手厚いペット保険に加入しておくと安心です。

補償の手厚さを知るためにチェックが欠かせないのは「年間補償上限額」です。
これは、年間で支払われる保険金の上限金額のことです。基本的にこの金額が高いほど補償内容が充実しているといえます。
通院・入院・手術の各補償内容に制限がない場合は、この年間補償限度額に達するまで補償が受けられます。
年間補償限度額は補償割合が50%の場合は最低でも50万円以上、70%の場合は70万円以上あると安心でしょう。

キンカローに適したペット保険の補償内容と保険料

それでは実際に、先ほど紹介した3つのポイントでキンカローにピッタリなペット保険を選んでみましょう!

ポイント2から、通院・手術・入院すべてを補償するペット保険のみをピックアップしました。今回はペット保険で一般的な補償割合50%と70%で比較していきます。

さらに、ポイント2の「免責金額が設定されていないペット保険」だけを選びました。

50%補償するペット保険

   

会社名商品名補償割合生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償上限額通院入院手術
SBIいきいき少短プラン50スタンダード50%341,750 円50万円制限なし制限なし制限なし
FPCフリーペットほけん50%375,050 円85万円12,500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
ペティーナまとめてプラン50%380,600 円20万円100,000 円/請求100,000 円/請求100,000 円/請求
PS保険50%補償プラン50%383,050 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ50%プラン50%394,190 円50万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット5050%419,440 円60万円制限なし制限なし制限なし
アクサ損保ねこのきもち保険プラン5050%433,810 円50万円制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン5050%490,180 円50万円制限なし制限なし制限なし
アニコム損保ふぁみりぃ50%プラン50%520,510 円60万円10,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間20日まで
100,000円/回
年間2回まで
au損保通院ありタイプ50%コース50%713,900円50万円制限なし制限なし制限なし
アイペット損保うちの子50%プラン50%792,220 円73万円12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます。

70%補償するペット保険

会社名商品名補償割合生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償上限額通院入院手術
楽天少短あんしんペットL70%443,870 円70万円制限なし制限なし制限なし
FPCフリーペットほけん70%補償プラン 70%468,700 円85万円12,500円/日125,000円/入院100,000円/回
SBIいきいき少短プラン70スタンダード70%478,450 円70万円制限なし制限なし制限なし
PS保険70%補償プラン70%488,190 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
アクサ損保ねこのきもち保険プラン7070%556,140 円70万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット7070%531,140 円60万円制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン7070%584,210 円70万円制限なし制限なし制限なし
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ70%プラン70%552,020 円70万円制限なし制限なし制限なし
ペティーナゆとりプラン70%497,200 円30万円100,000 円/請求100,000 円/請求100,000 円/請求
ペットライフジャパンプレミアム7070%691,725 円115万円15,000円/日
年間37.5万円まで
15,000円/日
年間37.5万円まで
200,000円/回
年間40万円まで
アニコム損保ふぁみりぃ70%プラン70%725,190 円84万円14,000円/日
年間20日まで
14,000円/日
年間20日まで
140,000円/回
年間2回まで
au損保通院ありタイプ70%コース70%955,150円70万円制限なし制限なし制限なし
アイペット損保うちの子70%プラン70%1,038,970 円122万円12,000円/日
年間22日まで
30,000円/日
年間22日まで
150,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます。
※ペティーナの「ゆとりプラン」は11歳までの保険料しか公開されていなかったため、把握できる範囲の年間保険料の合計を表示し、15歳までのおおよその年間保険料を加えた位置にしています。

ポイント1、2をまとめると「通院は限度額が8,000円以上、限度日数が20日以上、手術は1回10万円以上」となります。
さらにポイント3より、「年間補償上限金額は50%補償のものは50万円以上、70%補償のものは70万円」のものを選びます。
この条件で見ると、ペティーナは候補から外すことができます。

次にそれぞれのペット保険で生涯保険料(0~15歳までの保険料の合計)を比べてみると、50%補償では40万円以下・70%補償では50万円以下のものが比較的リーズナブルで継続しやすい商品と言えるでしょう。
比較的保険料が安い保険は、50%補償ではFPC、SBI、PS保険、70%補償ではFPC、楽天少短、SBI、PS保険という結果になりました。

しかし、PS保険のペット保険は「生涯にわたって継続的に行っていく慢性疾患(心臓病など)の治療の場合は、最大でも一生涯20日まで補償」というデメリットがあります。
病気が完治したと判断された場合には日数がリセットされるようですが、キンカローが皮膚炎や糖尿病にかかった場合、長期にわたる治療が必要になる可能性があります。
十分な補償が受けられないことがあるため、たとえ保険料が安くても選ばない方が良さそうです。

残りのFPC、SBI、あんしんペットについては、キンカローがかかりやすい病気で紹介した病気も補償してくれそうなのでおすすめです。

補償割合については、スタンダードな50%か、より補償の手厚い70%か、お好きな方を選んでみてくださいね。

50%補償

SBIいきいき少短のプラン50スタンダードFPCのフリーペットほけん50%補償プラン

70%補償

楽天少短のあんしんペットLFPCのフリーペットほけん70%補償プランSBIいきいき少短のプラン70スタンダード

キンカローにおすすめ!「SBIのいきいき少短のプラン50スタンダード・プラン70スタンダード」「FPCのフリーペットほけん50%補償プラン、70%補償プラン」「楽天少短のあんしんペットL」の特徴

キンカローにおすすめのペット保険として選んだ「SBIのいきいき少短」「FPCのフリーペットほけん」「楽天少短」はどういった特徴があるのでしょうか?最後に確認しておきましょう!

SBIいきいき少短のプラン50スタンダード・プラン70スタンダード

SBIいきいき

  • 保険料が安く、気軽に加入しやすい
  • 回数や金額を気にせず自由に請求できるが、年間補償上限金額は最低ラインの50万円に設定してある
  • 膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニアは補償対象外項目に指定されている
  • 病気の場合は補償開始日から1ヶ月の待機期間がある

(参考)ペット保険には補償までの待機期間がある?

FPCのフリーペットほけん50%補償プラン、70%補償プラン

  • 高齢になっても上がりにくい料金設計になっているので継続しやすい
  • 通院を手厚く補償する。入院と手術もカバーするが、手術補償は年間1度のみ
  • 年間補償上限金額が85万円と高額に設定してある
  • 約款にもデメリットになるような項目はなく、カスタマーサービスにも定評がある

楽天少短のあんしんペットL

楽天少短のあんしんペット保険

  • 保険料は3歳までは値下がりするが、4歳以降から値上がりする
  • 膝蓋骨脱臼や涙やけ、股関節形成不全、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱などが補償されない
  • 低価格でペット賠償責任特約を付けることができる

(参考)ペット保険の特約って必要?

まとめ

かかりやすい病気の治療方法に合わせてペット保険を選ぶのも一つの方法です。キンカローのペット保険選びのポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください!

長期の通院に対応できること

手術をある程度補償すること

免責金額が設定されていないこと

キンカローにおすすめ!「SBIのいきいき少短のプラン50スタンダード・プラン70スタンダード」「FPCのフリーペットほけん50%補償プラン、70%補償プラン」「楽天少短のあんしんペットL」の特徴

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。