天然記念物にも指定されている紀州犬は、日本犬の中では柴犬に次いで飼育頭数が多い人気の犬種です。
筋肉質で引き締まった丈夫な体をしていますが、皮膚病や目の病気には注意が必要です。
紀州犬がかかりやすい病気と、おすすめのペット保険をご紹介します。

人気の「天然記念物」!紀州犬の性格と飼い方

紀州犬の性格

紀州犬は名前の通り、紀州地方(和歌山県・三重県周辺)で作り出されました。当時はイノシシ狩りに用いられており、ハンターの良きパートナーとして活躍していました。なんと、現在でもイノシシやシカなどの狩猟犬として用いられることがあります。

1934年には文部科学省より、国の「天然記念物」として指定されました。特に紀州犬の産地である和歌山県では紀州犬の保護に力を入れており、優秀な血統には「優良紀州犬章」が交付されます。

天然記念物の紀州犬は、全身が引き締まった筋肉で覆われており、かなりがっしりとした体型をしています。また、足元が悪い山道でもしっかり踏ん張れる四肢を持っているため、パワフルな動きができます。

紀州犬といえば真っ白な毛を思い浮かべますが、実は赤毛や胡麻の毛色も存在しています。存在してはいるものの、実際に紀州犬の毛色として多いのは白色だそうです。

紀州犬は警戒心が強いため、番犬としても優秀です。自らの縄張りに入ろうとするものには勇敢に立ち向かい、なんとしてでも追い出そうとします。また、忍耐強くもあるため、相手が縄張りから出て行くまで諦めません。
なお、飼い主には忠実で従順であるため、たとえ縄張りを守っている最中だったとしても「こっちへ来なさい」といわれれば、素直に飼い主の元へとやってきます。

飼い方の注意点

紀州犬は元々狩猟犬として活躍していたため、かなり体力があります。
体力を消費させるためには、毎日1時間以上の散歩を2回行うことが望ましいです。毎日の散歩に加え、定期的にドッグランや広々とした公園へ連れていってあげましょう。
のびのびと走らせてあげることで、日頃のストレスを解消することができます。

紀州犬は家族以外の人には懐かないため、知らない人が近寄ってくると攻撃的になることがあります。相手が子どもであったとしても容赦なく攻撃する恐れがあるため、初対面の他人との接触はできる限り避けるようにしましょう。
紀州犬は見た目が可愛いため、「わ~可愛い!」といって安易に近づいてくる方がいるのですが、トラブルを回避するためにも「人が苦手なので、ごめんなさい」と断りを入れるようにしてくださいね。

また、紀州犬は体が大きいため、住まいは広くなければなりません。できるだけ開放的で、紀州犬が自由に歩き回れるくらいのスペースを確保してあげましょう。十分なスペースを取らず、手狭なところに押し込めてしまうと“ストレス”に繋がる恐れがあります。

抜け毛の多い紀州犬は、毎日のブラッシングが欠かせません。ブラッシングを怠ると、皮膚の清潔が保たれず、皮膚病にかかりやすくなります。特に毛の生え変わり時期である「換毛期」には小さな山ができるほどの抜け毛がありますので、よりこまめなブラッシングが必要となります。

かかりやすい病気とその治療費を知っておこう

紀州犬は強そうな見た目をしているため、「病気になんてかからないのでは?」と思ってしまいますが、皮膚病や目の病気には注意が必要です。特に紀州犬がかかりやすいといわれている「皮膚炎」「甲状腺機能低下症」「白内障」「緑内障」についてご紹介します。

皮膚炎

皮膚炎とは、細菌感染やアレルギーが原因で皮膚に炎症が起こり、痒みや腫れなどを引き起こす病気です。特に足の付け根や指の間、ワキの下、耳や目のまわりに症状が出やすいため、それらの場所を重点的にチェックしましょう。紀州犬は元々皮膚が弱いため、十分な注意が必要です。

【治療費について】
細菌感染が原因の場合は、抗生物質を含む内服薬や塗り薬を与えます。かゆみが強く、頻繁に体を掻くようであれば、抗炎症剤も投与します。
アレルギーが原因の場合は、アレルゲンを特定する検査が行われます。アレルゲンを特定し、その子のまわりからアレルゲンを排除してあげることで改善へと向かいます。

通院(通算5~10回)
治療費3,000 ~ 5,000円/回

完治するまでは、定期的な通院が必要になります。最終的には1万~5万円の治療費が必要でしょう。なお、皮膚炎は再発する場合があるため、長期の通院を補償してくれるペット保険を選ぶことをおすすめいたします。

【獣医師が解説】犬・猫の皮膚炎の症状・原因・予防・対策・治療方法と治療費まとめ

甲状腺機能低下症

「甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)」とは、のどにある甲状腺から分泌される“甲状腺ホルモン”が少なくなることによって引き起こされる病気です。

甲状腺ホルモンが少なくなると、元気がなくなったり、体重が増えたり、顔がむくんで悲しそうな表情になったりします。中でも一番分かりやすい症状は、脱毛です。全身の毛がごっそりと抜けるため、見た目が大きく変化します。

【治療費について】
甲状腺ホルモンを補うために、人工の甲状腺ホルモンを投与します。継続的にホルモンを投与することで、徐々に改善へと向かいます。この病気は、早期発見・早期治療が重要です。

内科治療(投薬治療)
治療費4,000 ~ 1万円/月

甲状腺機能低下症の投薬治療は一生続けなければならないため、ペット保険へ加入しておいた方が良いでしょう。しかし、ペット保険会社によっては加入できないこともあるため、注意が必要です。

白内障

白内障とは、レンズの役割を担う水晶体が白く濁り、視力が低下してしまう病気です。私たち人間と同じく、老化によって発症することが多いです。

発症すると、黒目が濁る、暗い所を歩きたがらない、物にぶつかる、音やにおいに敏感になるといった症状が現れます。症状が進むにつれ、どんどんと濁りが濃くなっていき、それに伴って視力も下がっていきます。

【治療費について】
まだ視力が残っている場合は、内服薬と点眼薬の投与によって病気の進行を抑えます。視力がほとんど失われている場合は、視力を取り戻す外科手術を行います。しかし、手術には大きなリスクが伴うため、獣医師とよく相談することが大切です。

通院入院・手術(2~5日)
治療費3,000 ~ 5,000円/回8万 ~ 15万円

内服薬の投与は一回につき3,000~5,000円程度ですが、通院は一生続けなければいけないため、最終的には多額の治療費がかかってきます。また、手術をする場合は追加で10万~20万円ほどかかってしまいます。そのため、手術と長期的な通院を補償してくれるプランを選んでみてはいかがでしょうか。

緑内障

緑内障とは、眼圧が高くなることによって引き起こされる病気です。この「眼圧が高い」というのは、眼球が“固い”状態を指し示しています。

眼球が固いことによって“網膜”や“視神経”が傷つけられてしまい、視力がどんどん低下します。最悪の場合、失明してしまうことも。

発症の原因は遺伝的なものと、他の病気に誘発されて起こるものの2つがあります。後者が原因の場合は、「白内障」や「水晶体脱臼」に誘発されて引き起こされることが多いようです。

緑内障を発症すると、眼球が大きくなる、水晶体が濁った緑色になる、眼球が飛び出しているように見える、目を痛そうにしているなどの行動が見られるようになります。このような行動が見られたら、すぐにかかりつけの獣医師へ相談しましょう。

【治療費について】
痛みや視力の低下を抑えるため、点眼薬や内服薬を使用します。症状がかなり進行している場合は、眼圧を高める原因になる「眼房水(がんぼうすい)」を抜く外科手術を行います。ただし、手術には大きなリスクも伴うため、獣医師としっかり話し合うようにしましょう。

通院入院・手術(1~5日)
治療費3000~1万円/回5~20万円

点眼薬や内服薬の投与は、継続的に続ける必要があります。また、手術を行う場合は通院費に追加で5~20万円ほどかかってきます。そのため、手術と長期的な通院を補償してくれるプランがおすすめです。

紀州犬におすすめのペット保険を選びのポイントは3つ

かかりやすい病気を見てみると紀州犬にどんなペット保険が合っているのか見えてきますね。
そこで、ペット保険を選ぶポイントを3つにまとめてみました!

ポイント1:長期の通院にしっかり備えられること

紀州犬は皮膚炎、甲状腺機能低下症などの長期の通院が必要になる病気にかかりやすい犬種です。

ペット保険の中には、年間で保険を利用できる日数に制限を設けているものがあります。通院の限度日数があまりに少なすぎると、治療の途中で保険が適用されなくなり全額自己負担となってしまう可能性もあります。
そうならないためにも限度日数が決まっている場合は、最低でも20日以上の通院補償があるペット保険を選ぶようにしましょう。
また、通院の平均治療費は8,000円のため、最低でも8,000円以上のものを選びましょう。

さらに、紀州犬は白内障や緑内障で手術を行う可能性があるため、通院・入院・手術すべてを補償するペット保険を選びましょう。

ポイント2:補償が手厚く、年間補償限度額が高いこと

ペット保険には年間で支払われる保険金の上限金額「年間補償限度額」があります。
限度額や限度日数が制限されていないプランの場合は、この年間補償限度額まで補償を受けることができるので必ず確認するようにしてください。

紀州犬がかかりやすいとして紹介した白内障や緑内障は高額になる手術を行う可能性があります。
そのため、一度の手術で補償の上限を超えてしまっては、その後の通院などが自己負担になってしまいます。

ペット保険の補償割合は50%から100%まで様々ですが、補償割合が高いほど保険料も高額になりがちです。
特に、中型犬の保険料は小型犬に比べて高額なため、補償と保険料のバランスのよい70%補償のものを選ぶとよいでしょう。
70%補償タイプであれば、補償限度額は最低70万円あれば補償が手厚いといえそうです。

ポイント3:高額な手術を補償すること

手術にかかる費用は動物病院によって異なりますが、思った以上に高額になることがあります。
紀州犬がかかりやすい白内障や緑内障の手術は15~20万円と高額になりがちなため、高額な手術にも対応できるペット保険に加入しておくと安心です。
手術補償にも1日の利用限度額が決められている場合があり、この限度額を超えた治療費は補償の対象外になってしまいます。高額な治療費にも対応できるように最低でも1日の支払い限度額が10万円以上あると安心です。

紀州犬に適したペット保険の補償内容と保険料

紹介した3つのポイントで紀州犬に合うペット保険を選んでみましょう。
ポイント1~ポイント3の「通院・入院・手術すべてを補償する70%補償のペット保険」は13種類ありました。0~15歳までに支払う保険料の合計金額が安い順に一覧にしています。

ポイント2の「年間補償限度額が70万円以上」では、イーペットの年間補償限度額が60万円なので候補から外せます。

保険会社名商品名割合生涯保険料(中型犬・15歳まで)年間補償限度額通院入院手術
FPCフリーペットほけん70%補償プラン70544,600 円8512,000円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000 円/回
年間1回まで
PS保険70%補償プラン70630,980円10010,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ70%プラン70698,890円 70制限なし制限なし制限なし
あんしんペットL70762,210円70制限なし制限なし制限なし
アクサ損保プラン7070874,680円70制限なし制限なし制限なし
SBIいきいき少短プラン70スタンダード70730,030円70制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット7070760,140円60制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン7070819,590円70制限なし制限なし制限なし
アニコム損保ふぁみりぃ70%プラン70964,770円8414,000円/日
年間20日まで
14,000円/日
年間20日まで
140,000円/回
年間2回まで
アイペット損保うちの子70%プラン701,192,240円12212,000円/日
年間22日まで
30,000円/日
年間22日まで
150,000円/回
年間2回まで
au損保通院ありタイプ70%コース701,243,960円70制限なし制限なし制限なし

※表は横にスクロールできます。

3つのポイントで絞った結果、9種類の候補が残りました。
これらは補償内容を数字で見るとすべて十分な内容であるといえるので、もう一つ重要なポイント「保険料」で比較していきましょう。

ペット保険の保険料は、若いときは安く高齢になるほど高くなります。
そのためペット保険の保険料を比較する際には一生涯にかかる保険料で比較することが重要です。
それぞれの生涯保険料(0~15歳までの保険料の合計)を比べてみると、70万円以下のものが比較的リーズナブルで継続しやすいペット保険と言えます。
その金額で比較すると、比較的保険料が安い保険はFPC、PS保険という結果になります。

ただし、PS保険のペット保険は「生涯にわたって継続的に行っていく慢性疾患(心臓病など)の治療の場合は、最大でも一生涯20日まで補償」というデメリットがあります。
病気が完治したと判断された場合には日数がリセットされるようですが、紀州犬は継続的な治療が必要になる皮膚炎、甲状腺機能低下症などの慢性疾患にかかりやすいので、発症した場合には十分な補償が受けられないことがあります。
たとえ生涯保険料が安くても選ばない方が良さそうです。
(参考)PS保険(ペットメディカルサポート)の通院・入院補償の落とし穴

このように、ペット保険にはあまり目立っていないデメリットが隠されている場合があるので、それぞれの特徴をよく確認したうえでペット保険を選ぶ必要があります。
なおFPCについては、紀州犬がかかりやすい病気で紹介した病気も補償してくれそうなのでおすすめです。

紀州犬におすすめ!「FPCのフリーペットほけん70%補償プラン」の特徴

最後に、紀州犬におすすめのペット保険に選ばれた「FPCのフリーペットほけん」の特徴を確認してみましょう。
こちらも検討の際に参考にしてみてください!

FPCのフリーペットほけん 70%補償プラン

  • 高齢になっても上がりにくい料金設計になっているので継続しやすい。
  • 通院を手厚く補償する。入院と手術もカバーするが、手術補償は年間1度のみ。
  • 年間補償限度額が85万円と高額に設定してある。
  • カスタマーサービスにも定評がある。

まとめ

かかりやすい病気に合わせてペット保険を選ぶと納得のできるプランを見つけやすくなります。以下のポイントを参考に、紀州犬に合ったペット保険を探してみてください!

長期の通院にしっかり備えられること

補償が手厚く、年間補償限度額が高いこと

高額な手術を補償すること

紀州犬におすすめのペット保険は「FPCのフリーペットほけん70%補償プラン」

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。