「優しい巨人」と呼ばれ、世界最大級の家猫でありながら、穏やかな性格で飼いやすいメインクーン。見た目通りの丈夫な体を持ちますが、気を付けたい病気もあります。メインクーンに合ったペット保険を選んで万が一に備えましょう。

メインクーン

優しい大型猫・メインクーン

メインクーンの性格

猫の中でも最大級の大きさを持つメインクーンは、身体の大きい子だと体重は5~10kg、体長は約1mにもなります。体長に負けない長いしっぽも特徴で、「世界一長いしっぽの猫」「世界最長の猫」としてメインクーンはいずれもギネスに認定された個体がいます。

原産国はアメリカですが、北欧から船に乗って北アメリカにやってきた猫が土着の猫と交配して誕生したと言われています。北欧や北アメリカの厳しい寒さに耐えられるよう、全身がふさふさとした長く厚い毛に覆われています。
筋肉質で骨格ががっしりとしており、ヤマネコのようなワイルドな風貌ですが、穏やかで優しい性格のため「優しい巨人」と呼ばれます。さらに、高くて小さな可愛らしい鳴き声を持つため、ルックスとのギャップに夢中になってしまう人も多いでしょう。

大変賢く、飼い主に忠実で、犬のように飼いやすい猫でもあります。社交的な性格でもある為、相手が小さな子どもでも、猫でも犬でもなんでも順応できます。非常に環境適応能力が高い猫と言えるでしょう。身体が大きい分、凶暴性を疑ってしまいますが、メインクーンに限っては従順で人が大好きな為、それはないと言っても良いかもしれません。
 
人と一緒に遊ぶ事を好み、すぐに甘える姿を見せてくるその甘えん坊な性格は、大きな身体の見た目からは想像が出来ないでしょう。大きな身体だからこそ、甘えてくる姿がよりわかりやすいので、そこに魅力を感じる方も少なくはないです。
 
小さな猫も可愛らしく魅力的ではありますが、メインクーンのようにどっしりと大きい猫もまた、表情や動きがわかりやすいので魅力的です。
まるで小さな子どもがいるようなので、少し物足りなさを感じる方におすすめ出来る猫種でしょう。社交的な性格である為、相手が小さな子どもでも、猫でも犬でもなんでも順応できます。非常に環境適応能力が高い猫と言えるでしょう。身体が大きい分、凶暴性を疑ってしまいますが、メインクーンに限っては従順で人が大好きな為、それはないと言っても良いかもしれません。
 

飼い方の注意点

その大きな身体を維持する為には、食事と運動が重要です。身体が大きい為、必然と食事量も運動量も多くなります。
成長期が他の猫よりも長く続く猫種のため、4~5年かけて成長し終える場合もあります。与えすぎに注意しながら栄養の高い物を与えるようにしましょう。大食いな子も多いので、量は飼い主さんがその子に合った量で、バランス良く与える必要があります。
 
また、運動させる際、メインクーンの身体の大きさを考えて活動スペースを用意しなければなりません。
一つの部屋に閉じ込めるよりも、広々とした空間にキャットタワーを置くのがベストです。人と遊ぶ事が大好きなコミュニケーションを大事にする猫なので、必ず一緒に遊んであげたりするスキンシップをする時間をとるようにしましょう。
 
そして、なんといってもしっかりと生えた被毛は手入れが大変かと思われます。特に換毛期になると、そのふわふわと長く多い抜け毛が空中に舞うので、一日二回はブラッシングするようにしましょう。
換毛期以外はそれよりも抜け毛がマシではあるのですが、それでも毎日の手入れは欠かせません。こまめにブラッシングやシャンプーをすることで、毛玉を取り除いたり皮膚の汚れを落としたりするだけでなく、毛球症(毛づくろいをしたときに飲み込んだ毛が胃の中に留まってしまった状態)を防ぐことができます。
スキンシップも兼ねてしっかりと手入れをするようにしましょう。

かかりやすい病気とその治療費を知っておこう

比較的丈夫で長生きしてくれるメインクーンですが、気を付けたい病気もあります。
ここでは、メインクーンがかかりやすいといわれる「肥大型心筋症」「毛球症」「股関節形成不全」についてご紹介します。

肥大型心筋症

特に中年以降のメインクーンに起こりやすいと言われる、心臓の病気です。心臓の筋肉がどんどん厚くなっていくことで左心室が狭くなり、血液が身体全体に十分に循環しなくなってしまう病気です。
この左心室は全身に血液を送り込む役割、いわばポンプのような場所である重要な場所である為、左心室に異常が見られると血液が身体全体に充分に循環しなくなってしまいます。突然死を招くこともあるため注意が必要です。

発症すると、少しの運動で息を荒げたり、歩行異常を起こしたりという症状が見られます。心臓の動きが悪くなり、血液が全身に循環しなくなると、肺に水がたまる肺水腫や心臓や血管の中で血が固まる血栓が見られるようになります。この状態が長く続くと乾いた咳を頻繁に繰り返したり、呼吸困難、全身麻痺を起こすようになります。
この麻痺状態が長く続いてしまうと、3日後にショック状態を起こし、命を落としてしまうので注意しなければなりません。重症化する前に、病院へ連れて適切な処置を受ける必要があります。

【治療費について】
初期段階ではなかなか気づかないことが多いので、気づいたときには病気がかなり進行している場合もあります。
肥大型心筋症を根本的に治す方法は残念ながらなく、対症療法になります。血栓を防ぐ薬や水分を体外に排出する薬、肥大を抑制する薬などの投与を続けることで進行を遅らせる対処をします。また、進行状況によっては、血栓除去の外科手術を行うこともあります。外科手術はメインクーンに大きな負担をかけさせてしまうので、なるべく早いうちに病気に気づいてあげるようにしましょう。

通院
治療費2,000 ~ 1万円/回

心筋症は進行性の病気で、基本的には完治することはありません。一生投薬治療を続ける必要があったりフードを療法食に変更したりと、継続的な治療を一生行うので、治療費はかさんでいきます。
そのため、長期的な通院や万が一の手術を補償してくれるペット保険を選ぶことがポイントです。

毛球症

メインクーンはその豪華で美しい毛並みが魅力的なのですが、その分、毛球症という病気のリスクが非常に高いでしょう。

毛づくろいの時に体内に入った毛は、ほとんどが便とともに排泄されたり、吐き戻したりすることで排出されますが、何らかの原因で体内に留まり、胃や腸に毛の塊ができてしまうことがあります。これを毛球症といいます。すべての猫に見られる毛球症ですが、長毛タイプのメインクーンには特に発症しやすいと考えられます。
毛球症自体は病気とは言えませんが、食欲不振や便秘、ひどいときは腸閉塞を起こしてしまいます。 

この病気は、ブラッシングをして体内に入る毛を少なくしてあげる事が重要となるでしょう。ほとんどのメインクーンの毛球症の原因が、ブラッシング不足によるものと言われております。 
また、毛を排出しやすくする植物繊維が多く含まれた食事や猫草を食べさせるだけでも改善するので、色々工夫を取り入れて毛球症にならないようにしましょう。

【治療費について】
毛球を排出させる為の毛玉除去剤を処方されることが一般的でしょう。重篤化して腸閉塞などを起こしているような場合は開腹手術をして毛を取り除きます。

通院(2~5回)手術・入院(2~3日)
治療費2,000 ~ 1万円/回10万 ~ 25万円

毛球症は日頃のケアで予防ができる病気ですが、換毛期などは気づかずたくさんの毛を飲み込んでしまうこともあるでしょう。
軽度で通院のみで治療できる場合でも5,000~5万円、重度で手術になると10万~25万円もかかってしまいます。
そのため、通院と手術をバランスよく補償してくれるペット保険を選ぶことがポイントです。

股関節形成不全

股関節が変形している状態を「股関節形成不全」といいます。一般的に大型犬に起こりやすい病気ですが、体の大きいメインクーンは遺伝的にかかりやすい要因も持っていると言われます。
うまく座れなくなる、運動を嫌がる、脱臼する、後ろ足を地面に付けないようにぴょんぴょんと歩く、といった症状があらわれます。明確に症状が現れたときはすでに病状が進んでいる可能性があります。先天的な要因が多いため予防は難しいですが、高いところに登れない、動くのを嫌がるなどの少しの異変も見逃さないよう、日ごろからの観察が重要です。

【治療費について】
歩き方や股関節の状態を見て、症状の程度を観察します。鎮痛剤の投与や運動制限、食事管理など内科治療を行い、改善がみられない場合は股関節の外科手術を行います。
麻酔や手術のリスク、治療期間など、獣医さんと十分に話し合ってくださいね。

内科治療(投薬治療)手術・入院
治療費2,000 ~ 5,000円/月10万 ~ 40万円

手術方法や入院期間によって治療費は異なりますが、入院費を含めると治療費は高額になると考えられます。
股関節形成不全が補償対象外項目になっているペット保険もあるので、全額自己負担という事態を防ぐためにも、しっかりと選んでおきましょう。

メインクーンにおすすめのペット保険を選ぶポイントは3つ

かかりやすい病気を見てみるとメインクーンにどんなペット保険が合っているのか見えてきますね。
ペット保険を選ぶポイントを3つにまとめてみました!

ポイント1:免責金額が設定されていないこと

ペット保険はプランによって免責金額が設定されているものがあります。免責金額があると、設定されている金額を超えないと補償を受けられません。
例えば、免責金額が5,000円で、1回の治療が3,000円なら一切補償が受けられないということになります。そんなことになるとペット保険に入っている意味がないですよね。

メインクーンは、少額の通院治療が一生涯続く肥大型心筋症になりやすいので、免責金額があるペット保険は避けた方が良いでしょう。

(参考)ここは必ずチェック!ペット保険にある「免責」って何?

ポイント2:長期の通院・ある程度の手術を補償すること

メインクーンのなりやすい病気の治療方法には、通院・入院・手術すべての可能性があります。そのため、ペット保険を選ぶ際は、すべてを補償するプランを選ぶことが重要です。

また、ペット保険の補償内容には1日につき●円まで・1年に▲回までと限度額・限度回数が決められているものがあります。その金額があまりにも低いと、せっかくペット保険に入っているのに十分な補償を受けられなくなってしまいます。
補償内容に制限がある場合は、通院の限度額は平均治療費の8,000円以上、限度回数は20日以上あるのが望ましいでしょう。
また、手術の補償もある程度必要です。1度の手術でかかる平均治療費は10万円なので、手術補償に限度額が決まっている場合は、最低でも10万円以上補償するペット保険を選ぶといいと思います。
さらに、年間補償上限金額は最低でも50万円以上あると安心でしょう。

ポイント3:股関節形成不全を補償すること

保険によっては、特定の病気やけがを補償しない、としているものがあります。
事前にペットがかかりやすいと言われる病気やケガが補償されるのか、加入前に約款や問合せ窓口で確認するとよいでしょう。
メインクーンがかかりやすい股関節形成不全を補償対象外にしているペット保険には次の3つがありました。

<股関節形成不全を補償対象外にしている保険会社>

  • あんしんペット
  • ガーデン
  • アニマル俱楽部

(参考)ペット保険のトラブルを避けるには?保険がおりない、更新できないことも!?

メインクーンに適したペット保険の補償内容と保険料

メインクーンに合うペット保険はどれなのでしょうか?先ほど紹介した3つのポイントで探してみましょう!

メインクーンがかかりやすい病気は、通院・入院・手術すべてを要するものがあります。そのため、「通院のみ」や「手術のみ」を補償するものではなく、トータル補償型のペット保険がおすすめです。今回はその中でもペット保険で一般的な補償割合50%と70%で比較していきます。

まずはポイント1の「免責金額が設定されていないペット保険」を選び、生涯保険料が安い順に並べてみました。
ポイント2により「通院は限度額が8,000円以上、限度日数が20日以上、手術は1回10万円以上、年間補償上限金額は50万円以上」です。この条件で見ると、ペティーナは候補から外すことができます。
ポイント3の「股関節形成不全を補償すること」では、この病気を補償対象外項目に指定しているガーデン、あんしんペットは除外できます。

候補のペット保険を15歳までに支払う生涯保険料の安い順に並べた一覧がこちらです!

50%補償のペット保険

会社名商品名補償割合生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償上限金額通院入院手術
SBIいきいき少短プラン50スタンダード50%341,750 円50万円制限なし制限なし制限なし
FPCフリーペットほけん50%375,050 円85万円12,500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
ペティーナまとめてプラン50%380,600 円20万円100,000 円/請求100,000 円/請求100,000 円/請求
PS保険50%補償プラン50%383,050 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
ガーデンプラチナ50%プラン50%394,190 円50万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット5050%419,440 円60万円制限なし制限なし制限なし
アクサ損保ねこのきもち保険プラン5050%433,810 円50万円制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン5050%490,180 円50万円制限なし制限なし制限なし
アニコム損保ふぁみりぃ50%プラン50%520,510 円60万円10,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間20日まで
100,000円/回
年間2回まで
au損保通院ありタイプ50%コース50%328,360 円50万円制限なし制限なし制限なし
アイペット損保うちの子50%プラン50%792,220 円73万円12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます。
※au損保の「通院ありタイプ50%コース」は10歳までの保険料しか公開されていなかったため、0歳から10歳までの年間保険料の合計を表示しています。11歳から15歳までのおおよその年間保険料を加えた位置にしています。

70%補償のペット保険

会社名商品名補償割合生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償上限金額通院入院手術
あんしんペットずっといっしょL70%443,870 円70万円制限なし制限なし制限なし
SBIいきいき少短プラン70スタンダード70%478,450 円70万円制限なし制限なし制限なし
PS保険70%補償プラン70%488,190 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
アクサ損保ねこのきもち保険プラン7070%556,140 円70万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット7070%531,140 円60万円制限なし制限なし制限なし
ガーデンプラチナ70%プラン70%552,020 円70万円制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン7070%584,210 円70万円制限なし制限なし制限なし
au損保通院ありタイプ70%コース70%429,240 円70万円制限なし制限なし制限なし
ペティーナゆとりプラン70%497,200 円30万円100,000 円/請求100,000 円/請求100,000 円/請求
ペットライフジャパンプレミアム7070%691,725 円115万円15,000円/日
年間37.5万円まで
15,000円/日
年間37.5万円まで
200,000円/回
年間40万円まで
アニコム損保ふぁみりぃ70%プラン70%725,190 円84万円14,000円/日
年間20日まで
14,000円/日
年間20日まで
140,000円/回
年間2回まで
アイペット損保うちの子70%プラン70%1,038,970 円122万円12,000円/日
年間22日まで
30,000円/日
年間22日まで
150,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます。
※ペティーナの「ゆとりプラン」は11歳まで、au損保の「通院ありタイプ70%コース」は10歳までの保険料しか公開されていなかったため、把握できる範囲の年間保険料の合計を表示し、15歳までのおおよその年間保険料を加えた位置にしています。

最後に、それぞれのペット保険で生涯保険料(0~15歳までの保険料の合計)を比べてみると、50%補償では40万円以下・70%補償では50万円以下のものが比較的リーズナブルで継続しやすい商品と言えるでしょう。

比較的保険料が安い保険は、50%補償ではFPC、SBI、PS、70%補償ではSBI、PSという結果になりました。

ただし、PS保険のペット保険は「生涯にわたって継続的に行っていく慢性疾患(心臓病など)の治療の場合は、最大でも一生涯20日まで補償」というデメリットがあります。
病気が完治したと判断された場合には日数がリセットされるようですが、慢性疾患が発症した場合には十分な補償が受けられないことがあります。例えば、メインクーンがかかりやすいと言われる肥大型心筋症は、根本的な治療法がなく、長期の通院が必要になる恐れがあります。
そのため、PS保険は対象から除外したほうがよさそうです。
(参考)PS保険(ペットメディカルサポート)の通院・入院補償の落とし穴

補償割合については、スタンダードな50%か、より補償の手厚い70%か、お好きな方を選んでみてくださいね。

50%補償:SBIいきいき少短のプラン50スタンダード、FPCのフリーペットほけん
70%補償:SBIいきいき少短のプラン70スタンダード

メインクーンにおすすめ!「SBIのいきいき少短のプラン50スタンダード・プラン70スタンダード」「FPCのフリーペットほけん」の特徴

メインクーンにおすすめのペット保険に選ばれた「SBIのいきいき少短のプラン50スタンダード・プラン70スタンダード」「FPCのフリーペットほけん」の特徴を確認してみましょう。
こちらも検討の際に参考にしてみてください!

SBIいきいき少短のプラン50スタンダード・プラン70スタンダード

  • 保険料が安く、気軽に加入しやすい
  • 回数や金額を気にせず自由に請求できるが、年間補償上限金額は最低ラインの50万円に設定してある
  • 膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニア、猫エイズは補償対象外項目に指定されている
  • 病気の場合は補償開始日から1ヶ月の待機期間がある
    (参考)ペット保険には補償までの待機期間がある?

SBIの特徴として、「猫エイズが補償されない」という点があります。
今回なりやすい病気としてご紹介した3種類には入っていませんが、外飼い猫や元野良猫の場合には気を付けたい病気です。
その場合には、特に補償対象外の傷病が設けられていないFPCがおすすめです。
(参考)ペット保険のトラブルを避けるには?保険がおりない、更新できないことも!?

FPCのフリーペットほけん

  • 高齢になっても上がりにくい料金設計になっているので継続しやすい
  • 通院を手厚く補償する。入院と手術もカバーするが、手術補償は年間1度のみ
  • 年間補償上限金額が85万円と高額に設定してある
  • カスタマーサービスにも定評がある

まとめ

ペット保険の種類が多くどれにするか決めかねているという方は、ペットがかかりやすい病気に合わせてペット保険を選んでみてもいいかもしれません。以下のポイントを参考に、メインクーンに合った商品を探してみてください!

  • 免責金額が設定されていないこと
  • 長期の通院・ある程度の手術を補償すること
  • 股関節形成不全を補償すること
  • メインクーンにおすすめのペット保険は「SBIのいきいき少短のプラン50スタンダード・プラン70スタンダード」「FPCのフリーペットほけん」

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。