ミヌエット

短足猫のマンチカンと、ペルシャを掛け合わせた、まさに両猫の「いいとこどり」な新品種です。遺伝病の多いペルシャの影響もあり、かかりやすいとされる病気がいくつかあります。ミヌエットにおすすめのペット保険もご紹介します。

良いとこどりのハイブリッド猫・ミヌエット

ミヌエットの性格

吸い込まれそうな大きな目、チャーミングな短い足、小さな耳に頬の膨らんだ丸い顔、その愛らしい容姿に思わずノックアウトされてしまうミヌエットは、人工交配により生まれた新品種です。
日本ではブリーダーも少なく、希少性の高い猫でもあります。

以前はナポレオンという名称で呼ばれていたミヌエット。

先祖にあたる子猫が誕生したのは1996年のアメリカです。
短足犬が好きな「犬」のブリーダー、ジョセフ・スミスが育種にあたり、ペルシャ系(ヒマラヤン、エキゾチックショートヘアなど)とマンチカンを掛け合わせて生まれたのがミヌエットです。

マンチカンの特徴的な短足を受け継ぎ、多くのミヌエットがペルシャのようなエレガントでボリューミーな被毛を身にまとっています。
毛質は短毛から長毛までさまざまです。

かわいらしい容姿とは裏腹に、筋肉質で首が太く骨格もしっかりとしています。
体重は約2~4kgで、オスの方が大きめ。
足も短く小柄な体からおっとりとした印象を受けますが、マンチカン譲りで運動神経が良く、ジャンプやスピーディーな動きも得意です。

容姿だけでなく性格も親譲りのミヌエットは、ペルシャに似て穏やかで利口な性格の猫が多くみられます。
人見知りもほとんどせず、来客や子供、先住猫に対してもフレンドリーに接することができる社交性の高い猫です。
大らかな一面を持つ一方で、人や物など、気になったことに対して興味を示し、警戒心を抱かず冒険心ひとつで挑んでいく姿は好奇心旺盛なマンチカンに似ています。

非常に賢く飼い主に従順なミヌエットはしつけもしやすく、初めて猫と暮らす方や、先住猫がいる家庭でも飼いやすい品種です。

飼い方の注意点

ペルシャ譲りのボリューミーな被毛は毎日ブラッシングを行い、毛玉や皮膚疾患を防止しましょう。
また、ミヌエットが持つふさふさの被毛は2層になっており、直射日光から皮膚を守る層と保湿の役割を果たす層があります。
この被毛タイプをダブルコートと呼びますが、ダブルコートの猫は換毛期になると抜け毛が多くなるのが特徴です。
特に長毛のミヌエットは抜け毛が多いので、毎日の被毛ケアやお部屋の掃除を入念に行い、快適な環境を保ちましょう。
ブラッシングに加え、1~2カ月に1度シャンプーをするといいでしょう。

ミヌエットは運動が大好きです。特徴的な短い足を持っていますので、ミヌエットに適した低めのキャットタワーを設置してあげると喜んで遊びます。
ミヌエットの筋肉質な体は、毎日の運動と栄養バランスの良い食事管理でキープしてあげましょう。

かかりやすい病気とその治療費を知っておこう

遺伝的な疾患が多いとされるペルシャの遺伝子を持つため、ペルシャが気を付けたい病気に同様に注意する必要があります。
ここでは、ミヌエットがかかりやすいといわれる「多発性嚢胞腎」「肥大型心筋症」「結膜炎」についてご紹介します。

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)

腎臓に嚢胞といわれる液体で満ちた袋状の病変が発生し、それが次第に増殖して、腎臓機能が低下する病気です。
腎臓疾患は猫種に関係なくすべての猫がかかりやすいですが、ミヌエットは、基礎猫であるペルシャの影響で特に注意しなければならない病気です。
疲れやすくなる、動くのを嫌がる、食欲低下、水を飲む量が増え、多尿になるなどの症状があらわれますが、初期は無症状のため、異変に気付いたときは病状が進んでいることがあります。
一度悪くなった腎臓は元には戻らないため、早めに発見し、治療を開始することが重要です。
ほとんどが遺伝性で、年齢を問わず発症する可能性があります。
猫が腎臓病にかかりやすいのは、水をあまり飲まないからともいわれているため、清潔な水を、できれば複数個所に常においてあげましょう。

【治療費について】
有効な治療方法は現時点ではないため、悪化することを防ぎ、症状を和らげる対症療法が中心になります。

通院(一生続く)
治療費1万円/回

腎臓機能の低下による脱水や嘔吐などの症状を緩和したり、腎機能の低下を防ぐ食餌療法を行ったりするため、生涯にわたる通院が必要になります。
長期の通院を補償してくれるペット保険を選ぶと、家計の負担も抑えられるでしょう。

肥大型心筋症

心臓の筋肉がどんどん厚くなっていくことで左心室が狭くなり、血液が身体全体に十分に循環しなくなってしまう病気です。
この左心室は全身に血液を送り込むポンプのような役割を果たすため、左心室に異常が見られると、血液が身体全体に充分に循環しなくなってしまいます。突然死を招くこともあるため注意が必要です。
発症すると、少しの運動で息を荒げたり、歩行異常を起こしたりという症状が見られます。心臓の動きが悪くなり、血液が全身に循環しなくなると、肺に水がたまる肺水腫や心臓や血管の中で血が固まる血栓が見られるようになります。
この状態が長く続くと乾いた咳を頻繁に繰り返したり、呼吸困難、全身麻痺を起こしたりするようになります。
突然死を引き起こすこともあるため、重症化する前に適切な処置を受ける必要があります。
遺伝的に、ペルシャはかかりやすいとされる病気のため、遺伝子を受け継ぐミヌエットも同様に注意が必要です。

【治療費について】
初期段階ではなかなか気づかないことが多いので、気づいたときには病気がかなり進行している場合もあります。
肥大型心筋症を根本的に治す方法は残念ながらなく、対症療法になります。
血栓を防ぐ薬や水分を体外に排出する薬、肥大を抑制する薬などの投与を続けることで進行を遅らせる対処をします。
また、進行状況によっては、血栓除去の外科手術を行うこともあります。外科手術は大きな負担がかかるため、なるべく早いうちに病気に気づいてあげるようにしましょう。

通院
治療費2,000 ~ 1万円/回

心筋症は進行性の病気で、基本的には完治することはありません。一生投薬治療を続ける必要があったりフードを療法食に変更したりと、継続的な治療を一生行うので、治療費はかさんでいきます。
そのため、長期的な通院や万が一の手術を補償してくれるペット保険を選ぶことがポイントです。

結膜炎

結膜炎は、猫に多い目の病気です。目のかゆみや違和感のため、目やに、頻繁なまばたき、流涙、前脚で目をかくなどの様子が見られます。この状態が悪化すると、結膜が腫れあがり、腫れぼったい顔になります。

結膜炎の原因として挙げられるのは、アレルギーや感染症、異物、あるいは流涙症やドライアイなどの眼病により引き起こされる場合です。
原因の見分け方として、両目に症状が現れている場合は感染症、またはアレルギーの可能性が高く、片目だけに見られる場合は、異物が眼球に入ってしまった可能性が高いと言えるでしょう。
ミヌエットの基礎猫であるペルシャには眼病が多く、その理由のひとつはペルシャの特徴である大きな目や、鼻の短さにあるといいます。ペルシャほど鼻の短くないミヌエットですが、目の病気にはやはり注意が必要です。

【治療費について】
結膜炎は点眼薬で炎症を抑え、眼の周辺を清潔な状態にするために洗浄します。獣医師の指示に従い、エリザベスカラーをして患部をかかないようにし、用法用量をしっかりと守って点眼することで治療を行います。

通院(通算3~5回)
治療費2,000 ~ 5,000円/回

治るまでの期間は個体差もあり、一週間で治る場合もあれば長期間続いてしまう場合もあります。
継続的な通院が必要になると、どんどん費用がかさんでいき最終的に5,000円~3万円かかります。
そのため、長期の通院に備え、年間補償限度額が高いペット保険を選ぶことが大切です。

ミヌエットにおすすめのペット保険選びのポイントは3つ

かかりやすい病気をチェックすると、何に備えればいいか見えてきませんか?
かかりやすい病気から分かった、ミヌエットのペット保険選びに大切なポイントをまとめてみました。

ポイント1:通院の日額・日数制限が十分なこと

ミヌエットがかかりやすい病気を見ると、通院治療が中心のものが多いことがわかります。一度の治療費は少額でも、繰り返し通院が必要だったり、一度に複数の検査を行ったりすることで一回の請求が数万円に及ぶことも考えられます。
通院治療で1日にかかる平均治療費は8,000円と言われています。通院の補償上限額は最低でも8,000円以上、日数制限は30日以上あるペット保険がいいでしょう。

ポイント2:免責金額が設定されていないこと

通院の1日にかかる平均治療費は8,000円といっても、それ以下の金額になることも十分ありえます。その時に、請求額が安いと補償されない免責金額の設定があると、請求できない、という事態になってしまいます。
例えば、免責金額が5,000円と設定されている保険の場合、1回の治療が3,000円なら一切補償が受けられません。
通院による治療が多くなりそうなミヌエットは、一回の請求額が少なくても補償してくれる保険がおすすめです。

(参考)ここは必ずチェック!ペット保険にある「免責」って何?

ポイント3:保険料が抑えられていること

ミヌエットがかかりやすい病気には長期の通院を要するものが多いため、通院補償が中心の保険を選ぶと良いかもしれません。
補償を通院のみに絞ることで保険料を抑えられるため、回数が多い通院は保険で、万が一の手術・入院は貯金からと使い分ける、という選択です。だからこそ、保険料はより安いものを選びたいところです。

ミヌエットに適したペット保険の補償内容と保険料

ミヌエットにおすすめのペット保険を選ぶ3つのポイントから、通院を重点的に補償するペット保険をピックアップしました。
その結果、日本ペットプラス(ガーデン)とアニマル倶楽部の4種類のプランがみつかりました。
なお、アニマル俱楽部のブループランⅡは12歳までの保険なので、合わせるために日本ペットプラス(ガーデン)の各プランも12歳までの保険料で表記しています。

会社名商品名補償割合生涯保険料(猫・12歳まで)年間補償限度額通院入院手術免責保険料備考
日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド50%プラン50%241,050 円50万円制限なしなし
日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド70%プラン70%337,370 円70万円制限なしなし
日本ペットプラス(ガーデン)ゴールド90%プラン90%433,760 円90万円制限なしなし
アニマル倶楽部ブループランⅡ100%266,370 円39万円5,000円/日
年間30日まで
8,000円/日
年間20日まで
なし※12歳までの保険料

※表は横にスクロールできます。

アニマル俱楽部は、通院が日額5,000円とされており、ポイント1の「日額8,000円以上、年間30日以上」に該当しないので除外します。
ちなみに、ポイント2の「少ない金額でも補償されること(免責金額が設定されていない)」という条件はすべてのプランが満たしていました。
日本ペットプラス(ガーデン)の補償割合50%、70%、90%から選ぶなら、保険料が最も安く、補償上限額も50万円と保険料の割に充実している、50%補償タイプがおすすめです!

このページではご紹介しませんでしたが、短足のミヌエットの場合、マンチカンがなりやすい「椎間板ヘルニア」などの病気にもなりやすいので注意しましょう。
マンチカンにおすすめのペット保険については、こちらでご紹介していますので、参考にしてみてください!
(参考)マンチカンにおすすめのペット保険は?なりやすい病気・ケガと治療費から保険を選ぶ

また、通院だけでなく、手術や入院にも備えたい方は、こちらの通院・入院・手術すべてを補償するペット保険ランキングも参考にしてみてください。
(参考)【数字で徹底比較】通院・入院・手術を補償するペット保険ランキング

ミヌエットにおすすめ!「日本ペットプラス(ガーデン)のゴールド50%プラン」の特徴

ミヌエットにおすすめのペット保険として選んだ「日本ペットプラス(ガーデン)のゴールド50%プラン」はどういった特徴があるのでしょうか?

日本ペットプラス(ガーデン)のゴールド50%プラン

  • 日額制限・回数制限がなく、年間補償限度額の50万円まで補償が受けられる
  • インターネット割引や無事故割引など多彩な割引がある
  • 個人賠償責任保険を付けられる
  • 膝蓋骨脱臼などの特定のケガや病気が補償されないという制約がある
  • 加入審査が終わっても病気の場合は30日、ガンの場合は60日の待期期間がある

(参考)ペット保険のトラブルを避けるには?保険がおりない、更新できないことも!?
(参考)ペット保険には補償までの待機期間がある?

まとめ

かかりやすい病気の治療方法に合わせてペット保険を選ぶのも一つの方法です。
ミヌエットのペット保険選びのポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください!

通院の日額・日数制限が十分なこと

免責金額が設定されていないこと

保険料が抑えられていること

ミヌエットにおすすめ!「日本ペットプラス(ガーデン)のゴールド50%プラン」の特徴

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。