精悍でかっこいいシベリアンハスキーですが、温和でやんちゃな性格も魅力です。
実は利口で従順なシベリアンハスキーの性質や習性、飼い方の注意点、気を付けたい病気を知っておきましょう。また、おすすめのペット保険も紹介します。

シベリアンハスキー

温和で好奇心旺盛なシベリアンハスキー

シベリアンハスキーの性格

シベリアンハスキーはかつて日本で一大ブームを起こした犬種です。あちらこちらの家の庭や、街中でシベリアンハスキーを見かけたものですが、今ではすっかり見かけなくなってしまいました。
頑強な大きな体に、白いふさふさの体毛、透き通った水色の瞳が神秘的な印象を与える犬種です。
オオカミに近い遺伝子を持つ犬は多くいますが、ハスキーもその一種。ここまで見た目からわかりやすい犬種はほかにいないかもしれませんね。

シベリアなどの寒い地帯で、狩猟や犬ぞりを引くために働いた犬を先祖に持つため、寒さに強く、運動能力が優れています。

顔が怖いこともあり、気難しそうに見えますが、実際は穏やかな性格で、威嚇したりかみついたりすることもほとんどないと言います。
群れで暮らす習性があったことから、しつけさえできれば、飼い主にもよくなつき、言うことも聞きます。

シベリアンハスキーは頭がよくない、と言われることがありますが、実際はそんなことはありません。
このようなレッテルを張られた原因は、ブームに乗って、この犬の性質を理解せず飼った人間にあります。

群れで暮らすシベリアンハスキーは、所属する群れ、つまり飼い主や、飼育環境が自分に合わないと、新しい群れを探す性質があると言います。
そのため、たびたび脱走し、落ち着きがない、家を覚えられない犬、と思われてしまったようなのです。

どんな犬にも当てはまりますが、シベリアンハスキーは特に、知識なしに飼ったら大変なことになる犬種です。
ただし、相応の覚悟と、知識を持って飼えば、利口で従順な本来の性質が現れるはずです。
また、とても好奇心旺盛で遊び好きな犬なので、活発な人であれば、たくさんの楽しい体験ができるでしょう。

毛色は、定番のブラックまたはシルバー&ホワイトのほかに、カッパーレッドと言われる赤胴色や、全身真っ白のホワイトも存在します。

瞳の色も、ブルーのほかに、イエローやブラウンもあります。両目の色が異なるオッドアイの個体もいますが、病気というわけではありません。

飼い方の注意点

雪の中、そりを引いて長距離を走るような犬なので、膨大な運動量が必要です。
一日最低2回、一回1時間以上の散歩ができないようであれば、飼うことはできません。
力も強いため、足腰が弱い人や高齢者は振り回されてしまう恐れがあります。

寒冷地仕様の体のつくりをしているため、暑さにはきわめて弱いことを知っておきましょう。
夏場は冷房の効いた室内に置き、暑い時間に外に出さないようにします。

さらに、寒さ対応できるよう厚い被毛をもっています。抜け毛も多いため、ブラッシングは欠かせません。
細菌が繁殖し、皮膚炎の原因になるため、清潔に保ちましょう。
特に春や秋などの毛が生え変わる時期は、スリッカーブラシなどを用いて抜け毛を取り除いてあげるとよいですね。

かかりやすい病気とその治療費を知っておこう

寒冷地で生きるシベリアンハスキーにとって、日本は決して過ごしやすい環境ではありません。
大型犬にしては長生きする犬種と言われますが、病気にならないよう十分気を配ってあげましょう。
ここでは、シベリアンハスキーがかかりやすいといわれる「てんかん」「股関節形成不全」「白内障」についてご紹介します。

てんかん

てんかんは発作を繰り返す脳の病気です。
脚をバタバタさせる、横転する、けいれんする、失神、泡を吹く、といった症状がみられます。
発作が収まるまでの時間は様々で、一度収まればけろりとしていることもあります。
重症化すると、短期間に発作を繰り返すようになり、脳に障害が出ることや、命に関わることもあります。

ケガの後遺症や脳腫瘍などの影響で発生するタイプのてんかんもありますが、原因不明のタイプもあり、シベリアンハスキーはこちらにかかりやすいと言われます。

てんかんらしい症状が見られたら、状況を記録しましょう。
意識の有無や、いつどんな状態でどのような発作を起こし、どのくらい発作が継続したかメモを取りましょう。
もしくは携帯電話で動画を撮るのも良いでしょう。
動物病院で治療方針を決める際の参考になります。

【治療費について】
てんかんの治療は、主に抗てんかん薬の投与です。この投薬治療は、症状の程度の軽減や発症の頻度の減少などの改善を目的とします。ほかの病気やけがによって誘発された場合は、その治療を行います。

通院
治療費5,000~1万円/回

てんかんの投薬治療は、一生続けなければなりません。一度の治療費が少なくても、受診の回数を重ねると治療費は高額になってしまいます。
そのため、長期的な通院を補償してくれるペット保険を選ぶことが大切です。ただし、保険会社によってはてんかんを補償しないペット保険もあるので注意してください。

股関節形成不全

太ももの骨と骨盤をつなぐ股関節に異常が起きた状態を「股関節形成不全」といいます。健康な犬は成長とともに骨盤も大きくなりますが、発症している犬は骨が不完全で、太ももの骨とうまく連結できないために起こります。

発症のほとんどは遺伝が原因といわれていますが、とくにシベリアンハスキーのような大型犬は他の犬と比べて成長スピードが早く、急激に体重が増加するため、股関節への負担も大きくなると考えられます。
運動を嫌がる、スキップのような特徴的な歩き方をしている場合は動物病院を受診しましょう。

【治療費について】
骨が発達していない成長期の段階や、症状が軽度の場合は、股関節の正常な成長や悪化の防止のため安静療法をとります。
症状が進み、痛みが生じている場合は、鎮痛剤や抗炎症剤などの投薬治療を行います。さらに症状が進行している場合は、外科手術が必要になることもあります。

通院(通算5~10回)手術・入院(2~5回)
治療費2,000~5,000円/回10万~55万円

内服薬の投与や症状の緩和には時間がかかるため、通院の場合は1~5万円の治療費が必要となります。また手術を行う場合の治療費は、手術内容によって異なりますが、入院費を含めて10~55万円と高額になる可能性があります。
治療に専念するためにも、手術にしっかり備えることができ、補償割合が高いプランを選びましょう。

白内障

目の中にある透明な組織である水晶体が白く濁り、視力が低下します。
症状が軽度の場合は白濁の状態を確認でき、歩くことを嫌がったり、周りのものにぶつかったりと、視覚障害があらわれます。
人間と同じで老化によって起こりますが、シベリアンハスキーは若いうちに発症することがあります。

雪国の弱い光に順応するシベリアンハスキーの目にとって、日本の日光が強すぎて目に負担がかかっているため、とも言われます。

【治療費について】
症状が軽度でまだ視力が残っている場合は、内服薬と点眼薬の投与によって進行を抑えます。
視力がほとんど失われてしまった場合は、視力を取り戻す外科手術を行うことがあります。
合併症の有無や術後のケアなど、獣医師とよく相談することが大切です。

通院入院・手術(2~5日)
治療費3,000 ~ 5,000円/回8万 ~ 15万円

内服薬の投与は一度で3,000~5,000円程度ですが、通院は一生続けなければなりません。
手術をする場合は、入院費など含めて10万~20万円と高額になってしまいます。
手術だけでなく、長期的な通院も補償してくれるプランを選ぶことが、大切になります。

シベリアンハスキーにおすすめのペット保険選びのポイントは3つ

かかりやすい病気を見てみるとシベリアンハスキーにどんなペット保険が合っているのか見えてきますね。
そこで、ペット保険を選ぶポイントを3つにまとめてみました!

ポイント1:通院・入院・手術を高い割合で補償すること

シベリアンハスキーがかかりやすい病気の治療方法を見ると、通院も手術も必要になりそうだとわかります。
ペット保険の中には、通院のみや、手術のみを補償するものもありますが、できれば通院・入院・手術すべてを幅広く補償する商品を選ぶのがおすすめです。

さらに、シベリアンハスキーは白内障や股関節形成不全といった手術が必要になる病気にかかりやすいので、もしものときの高額な治療費をカバーできるよう70%以上の高い補償割合のプランを選んだ方がいいでしょう。

ポイント2:特に手術の補償が充実していること

白内障や股関節形成不全は、高額な手術を含む治療が必要になる可能性があります。
そのため、手術の補償が手厚いペット保険がおすすめです。

ペット保険の中には「1日に支払う保険金の限度額」と「1年に支払う保険金の限度回数」が決まっているものがあります。
手術費は数十万円と高額な費用がかかってくるので、それらの制限が低いと十分に補償してもらえません。

手術の補償を充実させたい場合には、最低でも手術の日額制限が10万円以上の補償があるプランがおすすめです。

また、年間に支払われる保険金の上限金額「年間補償限度額」も参考にしましょう。
基本的にこの「年間補償限度額」が高いほど補償が手厚いといえます。
手術とその後の通院なども考慮すると、最低でも80万円以上の設定になっているペット保険を選ぶとよいでしょう。

ポイント3:股関節形成不全、てんかんを補償すること

ペット保険にはもともと補償されない病気(補償対象外項目)を設定しているものがあります。
もし、かかりやすい病気がその補償対象外項目に指定されていると、受診しても保険金は支払われません。
今回紹介したシベリアンハスキーがかかりやすい病気が補償対象外項目に指定されていないか確認してみたところ、「股関節形成不全」と「てんかん」がいくつかのペット保険で補償対象外になっていることがわかりました。
受診する可能性を考えるとこのペット保険は選ばない方が良さそうです。

<股関節形成不全を補償対象外にしている保険会社>

  • 楽天少短
  • 日本ペットプラス(ガーデン)
  • アニマル俱楽部

<てんかんを補償対象外にしている保険会社>

  • 日本ペットプラス(ガーデン)
  • 楽天少短
  • アニマル俱楽部
  • 日本ペット共済

シベリアンハスキーに適したペット保険の補償内容と保険料

上記の3つのポイントから、シベリアンハスキーに合うペット保険を選んでみましょう。

まず、ポイント1の「通院・入院・手術を70%以上で補償するペット保険」は13種類、「80%以上で補償するペット保険」も7種類ありました。0~15歳までに支払う保険料の合計金額が安い順に一覧にしました。

ポイント2の「手術の限度額が10万円以上、年間補償限度額が80万円以上」ではアニマル俱楽部とペットライフジャパンの各プランが候補から外れます。

ポイント3の「股関節形成不全とてんかんを補償する」により、この項目を補償対象外に設定している、楽天少短、日本ペットプラス(ガーデン)、アニマル俱楽部を除外します

70%補償するペット保険

会社名商品名生涯保険料(大型犬・15歳まで)年間補償限度額通院入院手術
FPCフリーペットほけん568,900 円85万円12,500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
PS保険70%補償プラン685,890 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ70%プラン804,710 円70万円制限なし制限なし制限なし
楽天少短あんしんペットL840,910 円70万円制限なし制限なし制限なし
アクサ損保いぬのきもち保険プラン70894,050 円70万円制限なし制限なし制限なし
SBIいきいき少短プラン70スタンダード987,070 円70万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット701,073,750 円60万円制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン701,089,130 円70万円制限なし制限なし制限なし
アニコム損保ふぁみりぃ70%プラン1,322,010 円84万円14,000円/日
年間20日まで
14,000円/日
年間20日まで
140,000円/回
年間2回まで
au損保通院ありタイプ70%コース1,028,980 円70万円制限なし制限なし制限なし
アイペット損保うちの子70%プラン2,132,870 円122万円12,000円/日
年間22日まで
30,000円/日
年間22日まで
150,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます。
※アニマル俱楽部の各プランは11歳までの保険でその後別プランに移行されるため、0歳から11歳までの年間保険料の合計を表示しています。12歳から15歳までのおおよその年間保険料を加えた位置にしています。

80%以上補償するペット保険

会社名商品名補償割合生涯保険料(大型犬・15歳まで)年間補償限度額通院入院手術
PS保険100%補償プラン100%895,000 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ90%プラン90%1,034,710 円90万円制限なし制限なし制限なし
アニマル倶楽部オレンジプランⅡ100%692,760 円63万円5,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間30日まで
30,000円/回
年間2回まで
アニマル倶楽部プレミアムオレンジプランⅡ100%766,320 円72万円5,000円/日
年間60日まで
10,000円/日
年間30日まで
60,000円/回
年間2回まで
アニマル倶楽部グリーンプランⅡ100%917,640 円126万円6,000円/日
年間60日まで
12,000円/日
年間60日まで
90,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます。

80%以上補償するペット保険では、PS保険のみ、70%補償のペット保険では、9種類が残りました。

70%補償のペット保険を絞り込むポイントとして、生涯保険料をみてみましょう。
同じ補償割合なのに、生涯保険料に大きな差額があることがわかります。高額になりがちな大型犬の保険料ですが、この中ではFPCとPS保険は80万円未満と安いことがわかります。3番目に安いアクサ損保の約90万円と比べても、20万円以上も差があります。

続いて、補償の手厚さを表す「年間補償限度額」を見てみましょう。他のペット保険が60万円~70万円が多い中、最安クラスのFPCとPS保険は85万円、100万円と手厚いことがわかります。
アニコム損保とアイペットも、生涯保険料は80万円以上と高額ですが、その分生涯保険料も高額になっています。

保険料の手ごろさと、補償の手厚さのバランスで考えると、FPC、またはPS保険がおすすめです。

ただし、FPCは手術が年1回までしか補償されないというデメリットがあります。

また、PS保険のペット保険は「生涯にわたって継続的に行っていく慢性疾患(心臓病など)の治療の場合は、最大でも一生涯20日まで補償」というデメリットがあります。
病気が完治したと判断された場合には日数がリセットされるようですが、シベリアンハスキーがかかりやすいと言われるてんかんになると、継続した通院が必要になります。

それぞれの保険のデメリットも理解したうえで選ぶようにしたいですね。

シベリアンハスキーにおすすめ!「FPCのフリーペットほけん70%補償プラン」「PS保険の70%補償プラン」「PS保険の100%補償プラン」の特徴

最後に、シベリアンハスキーにおすすめのペット保険「FPCのフリーペットほけん」「PS保険」の特長を確認してみましょう。

FPCのフリーペットほけん

  • 高齢になっても上がりにくい料金設計になっているので継続しやすい
  • 通院を手厚く補償する。入院と手術もカバーするが、手術補償は年間1度のみ
  • 年間補償限度額が85万円と高額に設定してある
  • 約款にもデメリットになるような項目はなく、カスタマーサービスにも定評がある
  • ペット賠償責任特約が用意されていない

PS保険の70%、100%補償プラン

  • 手術を年2回まで補償するので安心。通院も補償するが少し控えめな設定
  • 年間補償限度額が100万円と業界トップクラス
  • 保険金の支払い速度が早い
  • 同一原因による手術は、2回目以降は補償の対象外
  • 生涯にわたって継続的に行っていく慢性疾患(心臓病、皮膚炎など)の治療の場合は、最大でも一生涯20日まで補償。

(参考)PS保険の補償の落とし穴

※PS保険は「同一原因による手術は、2回目以降は補償の対象外」「生涯にわたって継続的に行っていく慢性疾患(心臓病など)の治療の場合は、最大でも一生涯20日まで補償」という制約があります。病気が完治したと判断された場合には日数がリセットされるようですが、根本的な治療方法のない心臓病や腎臓病や再発しやすい外耳炎や皮膚病などを発症した場合には十分な補償が受けられないことがありますので、それを理解したうえで選んだ方が良さそうですね。

まとめ

かかりやすい病気に合わせてペット保険を選ぶと納得のできるプランを見つけやすくなります。以下のポイントを参考に、シベリアンハスキーに合った商品を探してみてください!

  • 通院・入院・手術を高い割合で補償すること
  • 特に手術の補償が充実していること
  • 股関節形成不全、てんかんを補償すること
  • シベリアンハスキーにおすすめのペット保険は「FPCのフリーペットほけん70%補償プラン」「PS保険の70%補償プラン」「PS保険の100%補償プラン」

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。