ふわふわの長い毛が魅力のソマリ。従順で社交的なところがあり、とてもかわいらしい一面を持っています。かかりやすい病気もいくつかあるので、もしものときに備えられるよう、ソマリに合ったペット保険を選んでみようと思います!

ソマリ

ソマリは明るく社交的で犬のような猫

好奇心旺盛で人と遊ぶことが大好き!

ネットや本でよく書かれるほど、ソマリと言えば「犬のような猫」と言われている猫種です。その「犬のような猫」という言葉は、明るく社交的で、賢く好奇心旺盛であるのが理由とされています。

猫の性格と言えば気まぐれで人にあまり懐かない、自由奔放でクールなものと思われがちですが、ソマリは犬のように人懐こく、人と遊ぶ事を好み、人とのコミュニケーションを大事にする、少し変わった猫と言っても良いでしょう。

逆を言えば猫らしくない性格かもしれませんが、人にすぐ甘える姿はとても魅力的です。猫のような性格が苦手だという人には向いた猫種ですし、逆に猫のような性格に魅力を感じる方にとっては向いていないと言えます。

しかし、猫自らが飼い主に撫でてもらいたいがために、擦り寄り、ころんと横になってお腹を見せる姿をする猫は稀なので一度飼ってしまえば、その魅力にとりこになってしまうでしょう。

一日一回のブラッシングと適度な運動が大切

綺麗な被毛のソマリは、手入れが欠かせません。ふわふわで柔らかい長い毛はよく抜けるので、一日一回はブラッシングが必要です。換毛期は特に抜け毛が多く、普段より手入れに力を入れましょう。
また、ソマリは遊ぶことが大好きな猫種であるほか、適度な運動量が要求されます。運動不足になってしまうと、すぐにストレスが溜まってしまうので、上下運動がしっかりとできるようなキャットタワーと、活動スペースを用意してあげましょう。
活発でいたずらをすることありますが、ソマリは賢いので、しっかりとしつけをすればいたずらをする頻度も減ります。また、いたずらを別のことで発散できるように、飼い主がおもちゃなどで遊んであげることも大切です。

かかりやすい病気とその治療費を知っておこう

遺伝性疾患や泌尿器疾患など、ソマリにはかかりやすい病気がいくつか挙げられます。ここでは、その中で「毛球症」「ピルビン酸キナーゼ欠損症」「尿石症」についてご紹介します!

毛球症

ふわっとしっかりした長毛が密集しているソマリが発生しやすいのが毛球症です。
毛づくろいの時に体内に入った毛は、通常は便や嘔吐で体外に排出されますが、何らかの原因で体内に留まり、胃や腸に毛の塊ができてしまう症状が毛球症です。食欲不振や便秘、ひどいときは腸閉塞を起こしてしまいます。 
これを防ぐためには、飲み込む毛の量を減らす工夫をすることです。ブラッシングをまめに行うことや、毛球ケアの機能を持つ餌を与えることも有効です。

【治療費について】
軽症の場合は、毛球を排出させるための毛球除去剤で対処しますが、中には内服薬でも改善できず重篤化して腸閉塞などを起こす場合もいます。そうした重症の場合は開腹手術をして、塊となった毛を取り除く必要があります。

通院(通算2~5回)手術・入院(2~3日)
治療費2,000 ~ 1万円/回10万 ~ 25万円

毛球症は日頃のケアで予防ができる病気ですが、換毛期などは気づかずたくさんの毛を飲み込んでしまうこともあるでしょう。
軽度で通院のみで治療できる場合でも5,000~5万円、重度で手術になると10万~25万円もかかってしまいます。
そのため、通院と手術をバランスよく補償してくれるペット保険を選ぶことがポイントです。

ピルビン酸キナーゼ欠損症

ソマリの遺伝疾患であるこの病気は、赤血球を作り出す機能を維持するピルビン酸キナーゼという酵素の欠損により、赤血球の破壊が起こり、酸素が全身にいきわたらなくなって貧血症状を起こしてしまうものです。
これは「溶血性貧血」とも呼ばれ、フラフラ歩く、食欲低下、元気喪失といった、人の貧血と同じような症状を見せます。
重症化すると食欲低下、元気がなくなる、呼吸困難を起こす場合もありますが、命を落とすような危険性はありません。
しかし、貧血症状を頻繁に起こしてしまうため、ソマリの身体に大きな負担がかかってしまい、どんどん元気がなくなってしまいます。

【治療費について】
遺伝性疾患であるこの病気は、はっきりとした予防法も完治する方法もありません。貧血症状がある場合は輸血やステロイド剤などの投薬、赤血球が破壊されにくくするために脾臓の摘出手術を行うことで症状を緩和させる場合もあります。
初期段階で発見できることは少ないので、重症化してしまう前に少しでも様子に異変を感じたときはすぐに病院へ連れていきましょう。

通院手術・入院治療(1~5日)
治療費5,000 ~ 1万円/回8万 ~ 20万円

継続的な輸血や投薬が必要になるため通院の場合は受診するたびに費用がかさんでいきます。手術となると8万~20万円と治療費は高額になります。
そのため、長期の通院に備え、年間補償上限金額が高いペット保険を選ぶことが大切です。

尿石症

猫は泌尿器系の病気にかかりやすいとされており、腎臓病などに次いでこの尿石症もよく見られる病気です。
尿の中に含まれる成分が固まってできた尿石(尿結石)と呼ばれる石が、尿の通り道である膀胱、尿道、腎臓、尿管にできてしまうことで症状が現れます。発症すると、その石の大きさやできた個所にもよりますが、排尿障害を起こすほかに水の飲む量が増える、排尿の際に鳴くなどの様子が見られます。
尿石ができるメカニズムは明確ではありませんが、水の摂取不足、偏った栄養バランスによる食生活が主な原因と言われているため、比較的予防はしやすい病気です。
4~6歳の男の子に多く見られる病気なので、その時期の男の子は特に注意をしましょう。

【治療費について】
治療法は、主に抗生剤で体内にできた尿石を溶かして排出する方法ですが、できた尿石の成分、大きさによっては外科手術を行う場合もあります。
処置が遅れてしまうと膀胱炎となり、尿道閉塞を起こします。尿を排出することができず、腎不全により死に至ってしまう可能性もあるので、ただの排尿障害と思わず、病院でしっかりと治療を受けましょう。

通院(通算3~10回)手術・入院(3~5日)
治療費2,000 ~ 1万円/回5万 ~ 15万円

尿石症は完治までに時間がかかる場合があります。動物病院への受診頻度や治療方法にもよりますが、通院のみの場合は1万~10万円、手術になると5万~15万円もかかってしまいます。
そのため、長期的な通院やある程度手術を補償してくれるペット保険を選びましょう。

ソマリにおすすめのペット保険を選ぶポイントは3つ

ペット保険にはいろいろ補償タイプがあるので、その中からかかりやすい病気に備えられるものを見つけることが大切です。
ここでは、ソマリにおすすめのペット保険を選ぶポイントをまとめてみました!

ポイント1:長期の通院に対応できること

ソマリがかかりやすい病気で紹介したピルビン酸キナーゼの欠損症や尿石症は、治療には長期的な通院が必要になることがあります。
調べたところによると、1度の通院でかかる平均治療費は8,000円です。手術に比べて1回の治療費はそれほど高くないですが、何度も通院するとなると最終的に高額になってしまいます。
例えば、1回8,000円の通院費でも、15回通院すると12万円もかかることになります。そう考えると、通院費も侮れませんよね。
長期の通院にも対応できるよう、補償内容に制限が設けられている場合は、最低でも通院の日額制限が8,000円以上、限度日数が20日を超えるペット保険を選ぶようにしましょう。

また、ペット保険はプランによって免責金額が設定されているものがあります。免責金額があることで保険料は安くなりますが、設定されている金額を超えないと補償を受けられません。しっかりと補償を受けるためにも免責金額がないペット保険を検討してください。

ポイント2:手術をある程度補償すること

ペット保険の補償に必要なのは通院だけではありません。ソマリの場合、毛球症やピルビン酸キナーゼの欠損症、尿石症は症状によって手術を行うことがあります。そのため、手術もある程度補償するペット保険がおすすめです。
調査によると1度の手術でかかる平均治療費は10万円なので、手術補償に限度額が決まっている場合は、最低でも10万円以上補償するペット保険を選んでください。

ポイント3:年間補償上限金額が高いこと

年間補償上限金額とは、年間で支払われる保険金の上限金額のことで、基本的にこの金額が高いほど補償内容が充実しているといえるので、補償の手厚さを知るためにチェックは欠かせません。
また、通院・入院・手術の各補償内容に制限がない場合は、この年間補償上限金額に達するまで補償が受けられるのも特徴です。
年間補償上限金額の最低ラインは補償割合で異なりますが、50%補償の場合は50万円以上、70%補償の場合は70万円以上あると安心でしょう。

ソマリに適したペット保険の補償内容と保険料

それでは実際に、3つのポイントでソマリに最適なペット保険を選んでみましょう!
ソマリは通院・入院・手術をする病気になりがちなので、すべてを幅広く補償するトータル補償型のペット保険で免責金額が設定されていないプランがおすすめです。
今回はペット保険で一般的な補償割合50%と70%で比較していきます。

では、ポイントを1つずつ確認してみましょう。
まず、ポイント1の「通院の限度額が8,000円以上、限度回数が20回以上」ではすべてのプランがクリアしています。
次にポイント2の「手術の限度額が10万円以上」というのもすべてのプランがクリアしています。
ポイント3の「年間補償上限金額が50%補償の場合は50万円以上、70%補償の場合は70万円以上」では、ペティーナとイーペットが除外できます。

生涯保険料の安い順に並べたものが以下の表になります。

50%補償のペット保険

会社名商品名補償割合生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償上限金額通院入院手術
SBIいきいき少短プラン50スタンダード50%341,750 円50万円制限なし制限なし制限なし
FPCフリーペットほけん50%375,050 円85万円12,500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
ペティーナまとめてプラン50%380,600 円20万円100,000 円/請求100,000 円/請求100,000 円/請求
PS保険50%補償プラン50%383,050 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
ガーデンプラチナ50%プラン50%394,190 円50万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット5050%419,440 円60万円制限なし制限なし制限なし
アクサ損保ねこのきもち保険プラン5050%433,810 円50万円制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン5050%490,180 円50万円制限なし制限なし制限なし
アニコム損保ふぁみりぃ50%プラン50%520,510 円60万円10,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間20日まで
100,000円/回
年間2回まで
au損保通院ありタイプ50%コース50%328,360 円50万円制限なし制限なし制限なし
アイペット損保うちの子50%プラン50%792,220 円73万円12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます。
※au損保の「通院ありタイプ50%コース」は10歳までの保険料しか公開されていなかったため、0歳から10歳までの年間保険料の合計を表示しています。11歳から15歳までのおおよその年間保険料を加えた位置にしています。

70%補償のペット保険

会社名商品名補償割合生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償上限金額通院入院手術
あんしんペットずっといっしょL70%443,870 円70万円制限なし制限なし制限なし
SBIいきいき少短プラン70スタンダード70%478,450 円70万円制限なし制限なし制限なし
PS保険70%補償プラン70%488,190 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
アクサ損保ねこのきもち保険プラン7070%556,140 円70万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット7070%531,140 円60万円制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン7070%584,210 円70万円制限なし制限なし制限なし
ガーデンプラチナ70%プラン70%552,020 円70万円制限なし制限なし制限なし
au損保通院ありタイプ70%コース70%429,240 円70万円制限なし制限なし制限なし
ペティーナゆとりプラン70%497,200 円30万円100,000 円/請求100,000 円/請求100,000 円/請求
ペットライフジャパンプレミアム7070%691,725 円115万円15,000円/日
年間37.5万円まで
15,000円/日
年間37.5万円まで
200,000円/回
年間40万円まで
アニコム損保ふぁみりぃ70%プラン70%725,190 円84万円14,000円/日
年間20日まで
14,000円/日
年間20日まで
140,000円/回
年間2回まで
アイペット損保うちの子70%プラン70%1,038,970 円122万円12,000円/日
年間22日まで
30,000円/日
年間22日まで
150,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます。
※ペティーナの「ゆとりプラン」は11歳まで、au損保の「通院ありタイプ70%コース」は10歳までの保険料しか公開されていなかったため、把握できる範囲の年間保険料の合計を表示し、15歳までのおおよその年間保険料を加えた位置にしています。

最後に、比較のポイントとなる生涯保険料(0~15歳までの保険料の合計)を比べてみようと思います。
上の表を見ると、15歳までの生涯保険料が、50%補償では40万円以下・70%補償では50万円以下のものが比較的リーズナブルで継続しやすい商品と言えるでしょう。

比較的保険料が安い保険は、50%補償ではFPC、SBI、PS、70%補償ではあんしんペット、SBI、PSという結果になりました。

ただし、PS保険のペット保険は「生涯にわたって継続的に行っていく慢性疾患(心臓病など)の治療の場合は、最大でも一生涯20日まで補償」というデメリットがあります。
病気が完治したと判断された場合には日数がリセットされるようですが、ソマリはピルビン酸キナーゼ欠損症といった根本的な治療方法のない慢性疾患にかかりやすいので、発症した場合には十分な補償が受けられないことがあります。たとえ生涯保険料が安くても選ばない方が良さそうです。
(参考)PS保険(ペットメディカルサポート)の通院・入院補償の落とし穴

残りのFPC、SBI、あんしんペットについては、ソマリがかかりやすい病気で紹介した病気も補償してくれそうなのでおすすめです。

補償割合については、スタンダードな50%か、より補償の手厚い70%か、お好きな方を選んでみてくださいね。

50%補償:SBIいきいき少短のプラン50スタンダード、FPCのフリーペットほけん
70%補償:SBIいきいき少短のプラン70スタンダード、あんしんペットのずっといっしょL

ソマリにおすすめ!「SBIのいきいき少短のプラン50スタンダード・プラン70スタンダード」「FPCのフリーペットほけん」「あんしんペットのずっといっしょL」の特徴

では最後に、ソマリにおすすめのペット保険に選ばれた「SBIのいきいき少短のプラン50スタンダード」「FPCのフリーペットほけん」と「あんしんペットのずっといっしょL」「SBIのいきいき少短のプラン70スタンダード」の特徴を確認してみましょう。
こちらも検討の際に参考にしてみてください!

SBIいきいき少短のプラン50スタンダード・プラン70スタンダード

FPCのフリーペットほけん

  • 高齢になっても上がりにくい料金設計になっているので継続しやすい
  • 通院を手厚く補償する。入院と手術もカバーするが、手術補償は年間1度のみ
  • 年間補償上限金額が85万円と高額に設定してある
  • カスタマーサービスにも定評がある

あんしんペットのずっといっしょLの特徴

  • 保険料は3歳までは値下がりするが、4歳以降から値上がりする
  • 膝蓋骨脱臼や涙やけ、股関節形成不全、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱、猫エイズなどが補償されない
  • 病気の場合は補償開始日から1ヶ月、ガンの場合は2ヶ月の待機期間がある
  • 低価格でペット賠償責任特約を付けることができる
    (参考)ペット保険の特約って必要?

SBIとあんしんペットの特徴として、「猫エイズが補償されない」という点があります。
今回なりやすい病気としてご紹介した3種類には入っていませんが、外飼い猫や元野良猫の場合には気を付けたい病気です。
その場合には、特に補償対象外の傷病が設けられていないFPCがおすすめです。
(参考)ペット保険のトラブルを避けるには?保険がおりない、更新できないことも!?

まとめ

ペット保険の種類が多くて悩まれている方はかかりやすい病気に合わせてペット保険を選ぶのも一つの手です。以下のポイントを参考にしてソマリに合ったペット保険を見つけてみましょう!

  • 長期の通院に対応できること
  • 手術をある程度補償すること
  • 年間補償上限金額が高いこと
  • ソマリにおすすめのペット保険は「SBIのいきいき少短のプラン50スタンダード」「FPCのフリーペットほけん」「あんしんペットのずっといっしょL」「SBIのいきいき少短のプラン70スタンダード」

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。