スタンダードプードルは、トイ・プードルをはじめとするプードルの元祖となった優秀な犬種です。比較的丈夫な犬種ですが、気を付けたい病気もあります。スタンダードプードルにぴったりの保険を選んで万一に備えましょう。

スタンダードプードル

万能なプードルの元祖・スタンダードプードル

スタンダードプードルの魅力

日本で大人気の小型犬、トイ・プードルの元種がこのスタンダードプードルです。容姿はトイ・プードルに似ていますが、体の高さは45~60cmほどもある中型犬です。
プードルはサイズによってトイ、ミニチュア、ミディアム、そしてもっと大きいスタンダードの4種類に分類され、スタンダードプードルはすべてのプードルの元となったオリジナルの犬種です。

スタンダードプードルの歴史は古く、フランスの「国犬」ともなっている由緒ある犬ですが、最近はフランスが原産国ではないとわかったようです。
ドイツで水に落ちた獲物を回収する水猟犬として活躍していた犬が、フランスに伝わり広まったともいわれます。名前の由来もドイツ語のプデル(水中でばちゃばちゃ水音を立てる)が語源だとされています。

プードルといえば、伸び続ける巻き毛を様々なスタイルにトリミングする楽しみがあります。当時は見た目のためではなく、水中での作業に邪魔にならないようにカットしていたようです。たとえば、四肢や胸回りを残して大胆に毛を刈るコンチネンタルクリップというトリミング方法は、動きやすさと、冷たい水から心臓や関節を守ることを両立した、実用的なものであったようです。
毛色も豊富で、ホワイト、ブラック、アプリコットなど10種類以上が公認されています。

犬の中でもトップクラスの知能の高さを誇り、猟犬らしく高い運動能力を持ちます。そのため、ドッグスポーツや、災害救助犬、盲導犬としても活躍する優秀な犬です。
愛情深く社交的な性格で、活発な面も持ちますが、同種のトイ・プードルよりも落ち着いており、穏やかです。

飼い方の注意点

抜け毛が少ない特徴がありますが、絡みやすいため、毎日のブラッシングが必要です。
また、放っておくと毛が伸び続けてしまうため、月1回程度のトリミングが必要です。

運動能力が高いため、毎日しっかり時間をとって散歩させてあげましょう。

知能が高く従順なため、教えたことはきちんと覚えます。しかし、とてもデリケートな性格なので、厳しい叱責や手荒な扱いをすると心に傷を負ってしまいます。飼い主さんが愛情をもって根気よくしつけることが重要です。

かかりやすい病気とその治療費を知っておこう

比較的丈夫な犬種であるスタンダードプードルですが、遺伝的にかかりやすいと言われる病気がいくつかあります。ここでは、スタンダードプードルが気を付けたい「アジソン病」「胃捻転」「てんかん」についてご紹介します。

アジソン病

副腎という臓器から分泌されるホルモンの量が低下することで発症する病気のため、副腎皮質機能低下症ともいわれます。プードルは内分泌系の異常が起こりやすい犬種といわれますが、スタンダードプードルが特に気を付けたいのがこのアジソン病です。特にメスの犬はかかりやすいため、注意が必要です。

急性と慢性があり、急性の場合は失神やけいれん、慢性の場合は少しずつ食欲がなくなる、下痢や嘔吐といった症状が現れます。急性の場合はもちろん、慢性の場合でも早く発見して治療を開始する必要があります。

【治療費について】
急性の場合は即時に入院し、輸液の投与などが必要になります。慢性の場合は、一生涯に渡るホルモン治療が必要になります。

通院(一生続く)入院(1~2日)
治療費3,000 ~ 2万円/回3万 ~ 6万円

アジソン病は発症すると、ホルモン治療が一生涯必要になり、薬代だけでも1年に20万以上かかる可能性があります。
そのため、長期の通院をしっかり補償するペット保険に加入することが重要です。
なお、すでにアジソン病を発症している犬の場合にはペット保険に加入できない可能性が高いため、早めにペット保険に加入するようにしましょう。

胃捻転

胃の中のガスや空気が異常に膨らんでしまった状態を「胃拡張」といい、それがねじれてしまった状態や、胃の出口とつながっている十二指腸が胃を締め付けてしまう状態を「胃捻転」といいます。その結果、血流が悪くなったり、周りの臓器を圧迫したりすることがあります。
食事のとりすぎや水の飲みすぎ、食後すぐの運動などによって胃拡張胃捻転を発症する場合があります。発症の原因は遺伝やストレス、高齢などさまざまなものが挙げられますが、大型で胸の厚い犬種がかかりやすいと言われ、スタンダードプードルも注意したい病気です。

【治療費について】
X線検査によって、胃の状態を確認します。胃拡張の段階では、胃にカテーテルを入れ、ガスや内容物を除去して洗浄します。
胃捻転の場合は、ねじれた胃を正常に戻し、胃が動かないように固定する胃固定術を行います。この場合、早急な外科手術が必要となります。

通院(通算2~5回)手術・入院(3~5日)
治療費2,000 ~ 5,000円/回15万 ~ 20万円

通院の場合は5,000~3万円、手術をする場合は、検査費や入院費を含めて15万~20万円と高額になる場合があります。また再発する可能性が高い病気といわれているため、長期的な通院が必要となることがあります。通院・手術・入院補償の限度額・限度回数を確認して、ペット保険を選ぶことが大切です。

てんかん

脳にできた腫瘍や脳炎、脳の奇形などによって脳の神経細胞(ニューロン)に異常が起き、体のコントロールができなくなる病気です。脳以外の病気(腎臓や肝臓など)によって引き起こされることがありますが、検査で脳に異常がみられず原因が不明な場合も、突発的に発症することがあります。
てんかんは頻繁に起き、嘔吐やよだれ、痙攣、意識を失う場合もあります。発作が治まると何事もなかったかのようにふるまうことも特徴的です。

【治療費について】
治療は主に、抗てんかん薬の投与が行われます。この投薬治療は、症状の程度の軽減や発症の頻度の減少などの改善を目的とします。脳以外の病気によって発症した場合は、その病気の治療を行います。

通院
治療費5,000 ~ 1万円/回

てんかんの投薬治療は、一生続けなければなりません。一度の治療費が少なくても、受診の回数を重ねると治療費は高額になってしまいます。
そのため、長期的な通院を補償してくれるペット保険を選ぶことが大切になります。

スタンダードプードルにおすすめのペット保険を選ぶポイントは3つ

かかりやすい病気を見てみるとスタンダードプードルにどんなペット保険が合っているのか見えてきますね。
ペット保険を選ぶポイントを3つにまとめてみました!

ポイント1:通院・入院・手術をトータルで補償し、特に手術の補償が充実していること

スタンダードプードルがかかりやすい病気の治療方法を見てみると、通院や手術での治療が必要になります。そのため、通院・入院・手術を幅広く補償するトータル補償型の商品を選ぶといいでしょう。
トータル補償型のプランは種類がたくさんあるので、その中から補償内容が充実しているかどうかを見極めなくてはなりません。限度額と限度回数を確認する必要があります。
目安として通院の限度額は平均治療費の8,000円以上、てんかんやアジソン病になった場合に何度も通院することを考えて限度回数は20日以上あるといいでしょう。

また、スタンダードプードルが気を付けたい胃捻転は、手術が高額なため、手術補償は最低でも1回につき10万円以上補償するペット保険を選ぶことをおすすめします。

ポイント2:年間補償上限金額が高いこと

ペット保険には年間で支払われる保険金の上限金額「年間補償上限金額」があります。限度額や限度日数が制限されていない商品は、この年間補償上限金額まで補償を受けることができるので必ず確認するようにしてください。
また、基本的にこの金額が高いほど補償が充実しているといえるので、補償の手厚さを知ることができます。最低でも50万円以上の設定になっているペット保険なら安心といえるでしょう。

ポイント3:てんかんを補償すること

ペット保険にはもともと補償されない病気(補償対象外項目)を設定しているものがあります。もし、かかりやすい病気がその補償対象外項目に指定されていると、受診しても保険金は補償されません。
今回紹介したダルメシアンがかかりやすい病気が補償対象外項目に指定されていないか確認してみたところ、いくつかのペット保険で「てんかん」が補償対象外になっていることがわかりました。長期の通院が必要になるてんかんで受診する可能性を考えると、これらのペット保険は選ばない方が良さそうです。

<てんかんを補償対象外にしている保険会社>

  • ガーデン
  • あんしんペット
  • アニマル俱楽部
  • 日本ペット共済

(参考)ペット保険のトラブルを避けるには?保険がおりない、更新できないことも!?

スタンダードプードルに適したペット保険の補償内容と保険料

では実際に、3つのポイントで比べるとどんなペット保険が選ばれるのでしょうか?

まずはポイント1より「通院・入院・手術を幅広く補償するトータル補償型の商品」の中から、保険料が安く十分な補償を受けられる補償割合50%のペット保険を一覧にしました。

この中から、さらに条件に合わせて絞り込みます。
ポイント1の「通院は限度額が8,000円以上、限度日数が20日以上、手術は1回10万円以上」は全ての商品が条件を満たしています。
ポイント2の「年間補償上限金額が50万円以上」では、ペティーナが候補から外せます。
ポイント3の「てんかんを補償する」では、てんかんを補償対象外項目に指定しているガーデンは除外できます。

最後に、より保険料が抑えられている商品を選びたいため、生涯保険料に注目しましょう。
ここでは、0~15歳までの保険料の合計を生涯保険料として算出し、安い順に並べています。この中では、50万円以下のものが比較的リーズナブルで継続しやすい商品と言えるでしょう。

50%補償するペット保険

会社名商品名補償割合生涯保険料(中型犬・15歳まで)年間補償上限額通院入院通院
FPCフリーペットほけん50%435,950 円85万円12,500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
PS保険50%補償プラン50%494,910 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
ペティーナまとめてプラン50%451,000 円20万円100,000円/請求100,000円/請求100,000円/請求
ガーデンプラチナ50%プラン50%499,320 円50万円制限なし制限なし制限なし
SBIいきいき少短プラン50スタンダード50%521,450 円50万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット5050%563,290 円60万円制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン5050%626,350 円50万円制限なし制限なし制限なし
アクサ損保いぬのきもち保険プラン5050%661,340 円50万円制限なし制限なし制限なし
au損保通院ありタイプ50%コース50%412,810 円50万円制限なし制限なし制限なし
アニコム損保ふぁみりぃ50%プラン50%699,140 円60万円10,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間20日まで
100,000円/回
年間2回まで
アイペット損保うちの子50%プラン50%905,540 円72.8万円12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます。
※au損保の「通院ありタイプ50%コース」は10歳までの保険料しか公開されていなかったため、0歳から10歳までの年間保険料の合計を表示しています。11歳から15歳までのおおよその年間保険料を加えた位置にしています。

スタンダードプードルのペット保険選びの3つのポイントと保険料で選ぶと、50%補償ではFPC、PS保険が残りました。

ただし、PS保険のペット保険は「生涯にわたって継続的に行っていく慢性疾患(心臓病など)の治療の場合は、最大でも一生涯20日まで補償」というデメリットがあります。
病気が完治したと判断された場合には日数がリセットされるようですが、スタンダードプードルがかかりやすいと言われるてんかんになると、継続した通院が必要になります。十分な補償が受けられない可能性があるため、たとえ生涯保険料が安くても選ばない方が良さそうです。

(参考)PS保険(ペットメディカルサポート)の通院・入院補償の落とし穴

スタンダードプードルにおすすめ!「FPCのフリーペットほけん」の特徴

最後に、スタンダードプードルにおすすめのペット保険に選ばれた「FPCのフリーペットほけん」の特徴を確認してみましょう。
こちらも検討の際にぜひ参考にしてみてください。

FPCのフリーペットほけん

  • 高齢になっても上がりにくい料金設計になっているので継続しやすい
  • 通院を手厚く補償する。入院と手術もカバーするが、手術補償は年間1度のみ
  • 年間補償上限金額が85万円と高額に設定してある
  • カスタマーサービスにも定評がある
  • ペット賠償責任特約が用意されていない

まとめ

ペット保険の種類がたくさんあってどれにすればいいか迷ってしまうという方は、自分のペットがかかりやすい病気とその治療方法に合わせて選ぶのも一つの手です。以下のポイントを参考にしてスタンダードプードルに合ったペット保険を見つけてみましょう。

  • 通院・入院・手術をトータルで補償し、特に手術の補償が充実していること
  • 保険料が抑えられていること
  • てんかんを補償すること
  • スタンダードプードルにおすすめのペット保険は「FPCのフリーペットほけん」

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。