トイプードルは調べてみるとかかりやすい病気やケガが結構あるようです。
トイプードルには何のペット保険が一番おすすめなのか、かかりやすい病気やケガに合わせて保険を選ぶと良いでしょう。

toy-poodle

トイプードルがかかりやすい病気・ケガと治療費

トイプードルは皮膚や耳、骨などに病気やケガをしやすいデリケートな犬種って知っていましたか?高いところから飛び降りただけで骨折をしてしまうこともあるんだとか。
治療費は結構かかるので気を付けないといけない病気やケガを知っておくことも大切ですよ。

トイプードルがかかりやすい主な傷病と治療費

皮膚炎

トイプードルの魅力は何といってもくるくるとした毛がかわいいところですよね!抜け毛が少ないので室内で飼いやすいのも人気です。でも、毛は伸びやすくカールしているので、ケアをしないと毛玉になって皮膚に汚れやアレルゲンがたまって皮膚炎になってしまうんです。

皮膚炎になると、皮膚に炎症が起こってかゆみを感じるようになります。脚の付け根や指の間、脇の下、耳や目のまわりなど皮膚が弱い部分に症状が出やすくなるようなのでこまめにチェックしてあげてくださいね。

<補償のポイント>
【治療の相場】週一の通院を3ヵ月~半年

一回の治療費は3000~5000円程度とそんなに高くはないですが、長期間の通院が必要になることが多いので完治までにかかる治療費は高額になるようです。

なので、通院をしっかり補償できるペット保険に加入することをおすすめします。

外耳炎

トイプードルのチャームポイントでもあるたれ耳は、耳の中に毛が多く湿度が上がりやすいので外耳炎を発症しやすくなっています。カビの一種のマラセチアや耳ダニなどがほとんどの原因ですが、トイプードルがかかりやすい病気でもある皮膚炎と併発することもあるようです。

炎症が起こると臭いのするベトベトとした耳垢がたまります。かゆみや痛みもあるので耳を後足で引っ掻く様子を見せることが特徴です。

<補償のポイント>
【治療の相場】週一の通院を1カ月~半年

完治までに時間がかかるので、一度の治療費が3000~5000円程度でも完治までに数万円かかることもあるのであなどれません。

何度も通院が必要になるので、通院補償が手厚いプランを選ぶようにしましょう。

膝蓋骨脱臼

小型犬に多い関節の病気は膝蓋骨脱臼です。特にトイプードルは膝の脱臼を起こしやすい骨の作りをしているので、膝蓋骨脱臼を発症しやすいと言われています。

膝蓋骨脱臼は症状の重症度が4段階に分けられ、「グレード1」では普段の生活にはあまり影響は出ないですが、「グレード4」になるといつも脱臼した状態になるので歩行困難になってしまいます。

<補償のポイント>
【治療の相場】手術を1回、術後の通院を1カ月~2カ月

グレード1であれば内科治療をすることが多いですが、グレード2以上になると基本的に手術を行います。

手術をする場合、完治までの治療費は15~30万円と多くの費用が必要です。手術後はリハビリなどをする場合があるのでさらに治療費が増えます。

手術費は高額になるので、手術にも備えられるペット保険に入っておくと安心です。でも中には膝蓋骨脱臼を補償しない商品があるので注意してください。

トイプードルにおすすめのペット保険を選ぶポイント

かかりやすい病気とケガを見てみるとトイプードルにおすすめのペット保険を選ぶポイントが見えてきませんか?
ズバリ!ポイントは3つです!

ポイント1:通院・入院・手術をトータルで補償すること!

言わずもがなですが、トイプードルは病気やケガをすることが多い犬種です。なので、通院のみや手術のみといった補償を一つに絞らずに、通院・入院・手術をトータルで補償するトータル補償型の商品を選ぶことをおすすめします!実際にトータル補償型を選ばれる飼い主様も多く、プランも豊富にそろっていますよ。

年間補償上限金額(通院・入院・手術を合わせた年間で支払われる保険金の上限金額)は最低でも50万円以上のものを選ぶと良いと思います。

ポイント2:膝蓋骨脱臼を補償すること!

どうせペット保険に加入するのなら、トイプードルが発症しやすい病気やケガを補償してくれる商品に入りたいですよね。それぞれの保険会社によって補償対象外項目は違うので、加入前に必ず約款を確認してください!

補償対象外項目の中でも特に気を付ける傷病は膝蓋骨脱臼です。膝蓋骨脱臼が対象外項目に入っているペット保険があるので要注意です。


<膝蓋骨脱臼を補償対象外にしている保険会社>

  • ペット&ファミリー(げんきナンバーわん)
  • あんしんペット
  • ガーデン
  • アニマル俱楽部

ポイント3:通院補償が充実していること!

トータル補償型のペット保険の中には、通院をしっかり補償するものがあれば、手術を重点的に補償するものもあって商品によって補償のバランスはさまざまです。

トイプードルは治療が長引きやすい皮膚炎や外耳炎が多いので、通院に手厚いプランを選ぶ方が良さそうです。1日の支払限度額が高く、支払限度日数が最低でも20日以上あるものをおすすめします。

トイプードルに適したペット保険を補償内容と保険料から選ぶ!

ペット保険は種類がたくさんあって、それぞれの商品に特徴があるのでその中から一つを選ぶのはなかなか難しいですよね。
そこで役立つのが上記で紹介したポイント1~3です。
それぞれのポイントを見比べてトイプードルにピッタリな保険を探してみましょう!

まずは、ポイント1!
通院・入院・手術をトータルで補償するタイプのペット保険で限定します。その中でも一番種類が多く選ばれている50%補償のペット保険に絞って、15歳までに支払う生涯保険料の安い順に並べてみました。

会社名商品名補償割合生涯保険料年間補償上限額通院入院通院免責保険料備考
FPCフリーペットほけん50%392,250 円85万円12500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
なし
PS保険50%補償プラン50%435,950 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
なし
ペティーナまとめてプラン50%451,000 円20万円100,000円/請求100,000円/請求100,000円/請求なし
ガーデンプラチナ50%プラン50%455,150 円50万円制限なし制限なし制限なしなし
ペットライフジャパンサポート5555%508,323 円90万円10,000円/日
年間20万円まで
10,000円/日
年間20万円まで
100,000円/回
通算20万円まで
なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン5050%584,660 円50万円制限なし制限なし制限なしなし
イーペットe-ペット5050%563,290 円60万円制限なし制限なし制限なしなし
アクサ損保いぬのきもち保険プラン5050%619,260 円50万円制限なし制限なし制限なしなし
au損保通院ありタイプ50%コース50%412,810 円50万円制限なし制限なし制限なしなし※10歳までの保険料
アニコム損保ふぁみりぃ50%プラン50%699,140 円60万円10,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間20日まで
100,000円/回
年間2回まで
なし
アイペット損保うちの子50%プラン50%905,540 円72.8万円12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで
なし

※表は横にスクロールできます。
※au損保の「通院ありタイプ50%コース」は10歳までの保険料しか公開されていなかったため、0歳から10歳までの年間保険料の合計を表示しています。11歳から15歳までのおおよその年間保険料を加えた位置にしています。

ポイント1で絞ってもこんなにも候補があります。
ここからは、ポイント2とポイント3で各商品をチェックして、トイプードルに一番おすすめのペット保険を決めていきます。

FPCのフリーペットほけん

ポイント2:〇
約款の対象外項目に膝蓋骨脱臼は見当たらない
ポイント3:〇
1日12500円、年間30日までと通院を手厚く補償する

PS保険の50%補償プラン

ポイント2:〇
約款の対象外項目に膝蓋骨脱臼は見当たらない
ポイント3:✕
・1日10000円、年間20日までと通院を手厚くカバーできない
・生涯にわたって継続的に行っていく慢性疾患(皮膚炎など)の治療は、一生涯20日までしか補償しない

ペティーナのまとめてプラン

ポイント2:〇
約款の対象外項目に膝蓋骨脱臼は見当たらない
ポイント3:✕
年間補償上限金額が20万円と少なく通院を手厚くカバーできない

ガーデンのプラチナ50%プラン

ポイント2:✕
約款の対象外項目に膝蓋骨脱臼が記載されている
ポイント3:〇
1日あたりの限度額と支払限度回数に制限がなく、通院を手厚く補償できる

ペットライフジャパンのサポート55

ポイント2:〇
約款の対象外項目に膝蓋骨脱臼は見当たらない
ポイント3:✕
1日10000円、年間20万円までと通院を手厚くカバーできない

ペット&ファミリーのげんきナンバーわん プラン50

ポイント2:✕
約款の対象外項目に膝蓋骨脱臼が記載されている
ポイント3:〇
1日あたりの限度額と支払限度回数に制限がなく、通院を手厚く補償できる

イーペットのe-ペット50

ポイント2:〇
約款の対象外項目に膝蓋骨脱臼は見当たらない
ポイント3:〇
1日あたりの限度額と支払限度回数に制限がなく、通院を手厚く補償できる

アクサ損保のいぬのきもち保険プラン50

ポイント2:〇
約款の対象外項目に膝蓋骨脱臼は見当たらない
ポイント3:〇
1日あたりの限度額と支払限度回数に制限がなく、通院を手厚く補償できる

au損保の通院ありタイプ 50%コース

ポイント2:〇
約款の対象外項目に膝蓋骨脱臼は見当たらない
ポイント3:〇
1日あたりの限度額と支払限度回数に制限がなく、通院を手厚く補償できる

アニコムのふぁみりぃ50%プラン

ポイント2:〇
約款の対象外項目に膝蓋骨脱臼は見当たらない
ポイント3:✕
1日10000円、年間20日までと通院を手厚くカバーできない

アイペットのうちの子50%プラン

ポイント2:〇
約款の対象外項目に膝蓋骨脱臼は見当たらない
ポイント3:✕
年間22日までと通院を手厚くカバーできない

ポイント2とポイント3の両方に〇がついたペット保険にさらに絞れますよね。
ここでやっと5つまで選ぶことができました!

会社名商品名補償割合生涯保険料年間補償上限額通院入院通院免責保険料備考
FPCフリーペットほけん50%392,250 円85万円12500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
なし
イーペットe-ペット5050%563,290 円60万円制限なし制限なし制限なしなし
アクサ損保いぬのきもち保険プラン5050%619,260 円50万円制限なし制限なし制限なしなし
au損保通院ありタイプ50%コース50%412,810 円50万円制限なし制限なし制限なしなし※10歳までの保険料

※表は横にスクロールできます。
※au損保の「通院ありタイプ50%コース」は10歳までの保険料しか公開されていなかったため、0歳から10歳までの年間保険料の合計を表示しています。11歳から15歳までのおおよその年間保険料を加えた位置にしています。

この5つのペット保険は、トイプードルのペット保険選びで大事なポイント1~3をすべて満たしているので、それ以外で判断することになります。

何を比較するかですが…それはやっぱり0歳~15歳まで加入した場合の生涯保険料の安さです。
生涯保険料は無理のある継続や家計の負担にならないかに関わってくる重要なところなので外せません。

そう考えると「FPCのフリーペットほけん」が一番安く、トイプードルにとって最適なペット保険と言えるでしょう!

トイプードルにおすすめ!「FPCのフリーペットほけん」の魅力

では、トイプードルにおすすめのペット保険として選ばれたFPCはどんな魅力があるのでしょうか?
FPCについて深堀してみました!

FPCのフリーペットほけんの魅力

  • 保険料が安く、高齢になっても上がりにくい料金設計で家計に優しい。
  • 通院を手厚く補償し、入院と手術もカバーする充実の補償内容。年間補償上限金額も85万円と高額で安心。
  • 約款にも落とし穴になるような項目はなく、カスタマーサービスにも定評がある。
  • 手術は年に1回のみの補償なので少し不安な部分もある。

トイプードルの魅力・性格・飼い方

最後になりましたが、改めてトイプードルの魅力や性格、飼い方について紹介します。トイプードルを飼っていても知らなかった気になる情報が盛りだくさんです!

魅力

もともと漁師が水辺で撃ち落とした鴨を回収する水鳥犬として活躍していたといわれているトイプードルは、学習能力と運動能力が高い犬種です。抜け毛も少なくて室内でも飼いやすいので、ペットを初めて飼う方でも飼いやすいそうです。

さまざまなトリミングを楽しめるのも魅力の一つですよね。ちなみに、あの有名な「プードルカット」は、水鳥犬として活躍していたときの体温の低下と泳ぎやすくするために生まれたものらしいのですが知ってましたか?

性格

活発で人懐っこく、感性豊かな性格をしているけど、飼い主に従順で利口なので育て方次第で性格が変わってくるようです。賢いためにわがままに育ってしまう場合もあるのだとか…。しつけはきちんとするようにしてくださいね!

また、毛色によって性格や特徴の違いがあると言われていることは知っていますか?ブラックは落ち着きがあり従順、アプリコットは活発でマイペースなどあるので、毛色で選んでみるのも良いかもしれませんよ。

飼い方

トイプードルは水鳥犬として活躍していたというだけあって、実はとっても活動的なんです。室内犬だからといって室内だけで遊ばせるだけではNG!広い公園やドッグランなどで運動をさせてあげてください。社交的な性格でもあるので他の犬ともすぐ仲良くなれますよ!

そして、ボディケアも欠かせません。トイプードルは皮膚疾患を引き起こしてしまうことが多いので日常的にブラッシングをするようにしましょう。その他、爪切りや歯ブラシ、耳掃除などの手入れも大切です。体のどこを触られても大丈夫なように子犬のことから慣れさせておくと良いですね!

まとめ

かわいらしく人気のあるトイプードルですが、かかりやすい病気やケガもあって意外にも治療費がかかってしまいます。
以下のポイントを参考にして、トイプードルに合ったペット保険選びに役立てていただけるとうれしいです!

  • 通院・入院・手術をトータルで補償すること
  • 膝蓋骨脱臼を補償すること
  • 通院補償が充実していること
  • トイプードルにおすすめのペット保険は「FPCのフリーペットほけん」

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。

参考リンク