尖った耳とアーモンド型の目をもつターキッシュアンゴラ。その美しさは世界中の愛猫家を虜にし、フランスの王妃マリー・アントワネットの愛猫だったともいわれています。ターキッシュアンゴラは遺伝性の疾患は少ないといわれているものの、気を付けたい病気もあります。では、ターキッシュアンゴラにはどんなペット保険を選べばいいのでしょうか?

ターキッシュアンゴラは自由が好きで束縛を嫌う

ターキッシュアンゴラの歴史

ターキッシュアンゴラは、もっとも古い猫種のひとつに挙げられるペルシャよりもさらに古く、一説にはペルシャの祖先であったともいわれています。

ターキッシュアンゴラの「アンゴラ」とは、現在のトルコのことです。ターキッシュアンゴラの起源は、中央アジアの野生種でありイエネコに近い特徴をもつマヌルネコ。そのマヌルネコを祖先とする猫が現在のトルコで進化したものが、ターキッシュアンゴラの祖先となったと考えられています。

原産国のトルコで「国の宝」として大切にされてきたターキッシュアンゴラは、長年国外に出ることはありませんでした。その後、1962年になりアメリカ軍人の妻リーザが1組のつがいを譲り受け、ようやくトルコ国外でのターキッシュアンゴラの育種が始まりました。

ターキッシュアンゴラは尖った耳とアーモンド形の目がチャームポイント

ターキッシュアンゴラのチャームポイントである尖った耳は、付け根が幅広く、両耳の付け根の間隔が狭いのが特徴的。アーモンド型の丸い目は少しつり上がっていて、目の色は青・緑・琥珀・オッドアイなどが存在します。

エレガントな雰囲気を醸し出すターキッシュアンゴラは、中型のフォーリンタイプ。平均的な体重は2.5~5kg程度で、無駄のないしなやかな筋肉をもっています。体も首も細長く、前足より後ろ足がやや長く腰高になっています。

長いしっぽはフサフサしていて、幅の狭い胸元には飾り毛があります。絹のような光沢がある被毛はシングルコートで、色は代表的なホワイトのほかに、ブラックや2色以上の毛色が混じったキャリコなどあらゆる色が存在します。

ターキッシュアンゴラは「バレリーナのような猫」

自由を好み、束縛を嫌うターキッシュアンゴラは、しばしば「バレリーナのような猫」「歌いながら歩く猫」と称されます。賢く、親しい人には従順なためしつけに困ることは少ないといわれていますが、できるだけ自由な環境で過ごせるように配慮しましょう。

ほかのペットと仲良くできるかは微妙なところですが、飼い主さんの意識が自分に向いていると分かり安心できれば、ほかのペットとも同居できないことはないようです。けれど、ターキッシュアンゴラにかかるストレスを考えると単独飼育がおすすめです。

かかりやすい病気とその治療費を知っておこう

土着の歴史が長いため、遺伝性の疾患は比較的少ないといわれるターキッシュアンゴラ。ですが、運動型栄養失調症「Ataxia」を発症する確率がほかの猫より高いとされています。この病気の原因はまだ解明されていませんが、ブリーダーに親猫や兄弟猫の健康状態を確認するようにしましょう。
また、ターキッシュアンゴラは心臓病にもかかりやすいといわれています。健康診断を受診して、早期発見・早期治療に努めましょう。

ここでは、ターキッシュアンゴラがかかりやすいといわれる「Ataxia」「肥大型心筋症」「難聴」についてご紹介します。

Ataxia

運動型栄養失調のAtaxiaは、小脳の異常が原因と推定されています。しかし、詳しいことはまだ解明されておらず、発症すると成猫になる前に亡くなってしまいます。本来ターキッシュアンゴラは運動好きで知られているので、寝てばかりいるようなら早急に獣医師の診察を受けてください。

【治療費について】
遺伝性疾患であるAtaxiaは、原因も治療法も未だ見つかっていません。そのため通院しながら様子を見ることしかできないのです。ターキッシュアンゴラのペット保険を選ぶなら、長期的な通院を補償してくれる保険でなければなりません。

通院
治療費 2,000~1万円/回

肥大型心筋症

肥大型心筋症とは、左心室の筋肉が肥大することで心室容量が減少し、1回の収縮で送り出す血液量が減ってしまう心臓病のことです。肥大型心筋症は純血の猫がかかりやすい病気として知られており、遺伝的要因であれば2~3歳で発症することが多いようです。遺伝でない場合は中高齢で発症しやすく、若い猫でも寝てばかりいるようなら注意が必要です。

肥大型心筋症は、発症したら根治が難しい病気です。そのため治療は症状の悪化を防ぐ対症療法がメインになります。早期に発見できれば、症状が現れる前に投薬をして症状を緩和させることもできるので、定期的な検査を忘れず行いましょう。
肥大型心筋症の原因のひとつに「ストレス」が挙げられるため、いかにストレスを感じさせずに日常生活を送ることができるかがポイントになります。ほかのペットとの同居がストレスになることもあるので、単独飼育でない場合は注意しましょう。

【治療費について】
肥大型心筋症を根本的に治す治療法は見つかっていないため、治療のメインは対症療法となります。肺に水がたまって肺水腫を併発しているときは、利尿薬を与えて余分な水分を体外に排出させる治療を行います。また、血栓予防のためにアスピリンを投与したり、血栓を溶かす薬が用いられたりすることもあります。進行状況によっては血栓除去の外科手術を行うこともあります。

肥大型心筋症を発症すると、長期的に投薬治療を続ける必要があり、フードを療法食に変更することがほとんどです。継続的な治療で治療費はどんどんかさむため、長期的な通院や万が一の手術を補償してくれるペット保険を選ぶことがポイントです。

通院 手術・入院
治療費 2,000~1万円/回 10万~25万円

難聴

被毛が白く、青い目のオッドアイのターキッシュアンゴラは、片方または両方の耳が難聴である場合があります。真っ白でオッドアイのターキッシュアンゴラは美しく、貴重なので珍重されるものの必ず室内飼育する必要があります。

真っ白な猫は、被毛を白くする遺伝子が色素細胞のメラノサイトを抑制することで誕生します。この抑制されたメラノサイトは中耳にある蝸牛と関わりがあり、先天的な難聴を引き起こすことがあるようです。

難聴の診断は、電子的聴覚検査など精密検査で行われます。先天性の難聴は命を脅かすものではありませんが、定期的な検査を受診するに越したことはありません。

【治療費について】
先天性の難聴は、後天性の難聴とは違って原因となっている病気はないため、基本的に治療はしません。しかし、定期的に通院させている飼い主さんも多いため、長期的な通院を補償してくれるペット保険を選ぶことがポイントです。

通院
治療費 2,000~1万円/回

ターキッシュアンゴラにおすすめのペット保険選び3つのポイント

ターキッシュアンゴラは比較的遺伝性の疾患は少ないとされる猫種ですが、かかりやすい病気の治療方法から必要となる補償を考え、3つのポイントをまとめました。通院補償はもちろん、万が一の手術補償もしっかりした保険を選ぶことが大切です。また、Ataxiaや難聴は先天性の病気なので、先天性・遺伝性疾患を補償してくれる保険を選びたいところです。

以下のポイントを参考に、ターキッシュアンゴラに合った保険を見つけましょう。

ポイント1:先天性・遺伝性疾患を補償してくれること

ターキッシュアンゴラが発症するリスクの高いAtaxiaは先天性のものなので、先天性・遺伝性疾患を補償してくれるペット保険が良いでしょう。真っ白でオッドアイの瞳をもつターキッシュアンゴラが引き起こす難聴も先天性のものなので、まずはこのポイントを押さえておきたいですね。

ただし、先天性・遺伝性疾患を発症した後にペット保険に加入しても、その病気は補償されません。先天性・遺伝性疾患を補償している保険会社であっても、補償対象となるには発症前に保険へ加入していることが条件になります。

先天性・遺伝性疾患を補償対象としている保険会社かどうか確認するために、表にまとめてご紹介します。

先天性・遺伝性疾患の補償

保険会社 補償開始後に発見された先天性・遺伝性疾患 補償開始前に疑いありといわれた先天性・遺伝子疾患
アイペット 〇発症が開始後なら補償
アニコム ×審査の際に対象外になる可能性が高い
イーペット ×傾向や兆候がある場合加入自体負荷
au損保 〇前歴がなければ ×可能性がある時点で対象外
PS損保 △前歴がなければ △症状がなければ
 ただし補償上限あり  ただし補償上限あり
アクサダイレクト △発症年度のみ対象 △発症年度のみ対象
日本ペットプラス(ガーデン) △発症年度のみ対象 △発症年度のみ対象
ペッツベスト △上限1~2万のみ補償 △上限1~2万のみ補償
ペット&ファミリー △スリムの股関節脱臼・膝蓋骨脱臼のみ対象 △スリムの股関節脱臼・膝蓋骨脱臼のみ対象
日本アニマル倶楽部 × ×
楽天少短(あんしんペット) × ×
FPC × ×
SBIいきいき少短 × ×

補償してくれる会社は「アニコム」「アイペット」「イーペット」「au損保」の4社です。この4社の中では比較的保険料の安いイーペットがおすすめですが、「加入前に遺伝病の疑いがある場合」「3か月以内に治療歴がある場合」には加入すること自体できないので、注意が必要です。

(参考)ペット保険で先天性・遺伝性疾患は補償されない!?選択肢は高額プランのみ

ポイント2:手術、通院、入院すべてを補償すること

ターキッシュアンゴラがかかりやすい肥大型心筋症は、軽い症状であれば通院しながら継続的な投薬治療を行うことにになりますが、症状が重い場合は入院や手術が必要になります。ペット保険の中には、通院を補償しないもの、手術を補償しないものがあるため、それらすべてを補償してくれる保険を選びましょう。

ポイント3:免責金額が設定されていないこと

ペット保険は、プランによって免責金額が設定されているものがあります。免責金額が設定されていると、その金額を超えないと補償を受けられません。
例えば、免責金額が5,000円に設定されていたら、1回の治療で5,000円を超えなければ補償が受けられないということです。通院で経過観察する場合なら、1回の治療で5,000円以下になる可能性も大いにあります。
ターキッシュアンゴラの肥大性心筋症は少額の通院治療が一生涯続くことになるので、免責金額が設定されていないペット保険を選びたいですね。
(参考)ここは必ずチェック!ペット保険にある「免責」って何?

ターキッシュアンゴラに適したペット保険の補償内容と保険料

それでは3つのポイントをおさえて、ターキッシュアンゴラに適した保険を実際に探してみましょう。

ターキッシュアンゴラの保険選びは、まず「先天性・遺伝性疾患の補償」があるかどうかをチェックします。その条件をクリアしたうえで、通院・手術・入院をすべて補償してくれること、免責金額が設定されていないことを確認していきましょう。

先天性・遺伝性疾患の補償がある保険会社は4社でしたね。そのほか条件付きで補償してもらえる会社もありましたが、「条件付きで」となっている場合はその条件が厳しく、一生涯治療が続く先天性・遺伝性疾患は十分に補償されない可能性が高いんです。そのため、ほとんど補償されないと考えておいたほうがいいでしょう。今回は、補償の条件のない4社を比較してみました。

先天性・遺伝性疾患の補償がある保険会社 生涯保険料順

会社名 商品名 補償割合 生涯保険料(猫・15歳まで) 年間補償限度額 通院補償 入院 手術 免責
イーペット e-ペット50 50% 419,440円 60万円 制限なし 制限なし 制限なし
アニコム ふぁみりぃ50%プラン 50% 520,510円 60万円 10,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間20日まで
100,000円/回
年間2回まで
au損保 通院ありタイプ50%コース 50% 713,900円 50万円 制限なし 制限なし 制限なし
アイペット うちの子50%プラン 50% 792,220円 73万円 12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます。

先天性・遺伝性疾患を補償してくれる保険会社は、全体的に保険料が高い傾向にあります。そこで、比較のポイントとして生涯保険料順で並べてみました。

最もリーズナブルなのが、イーペットの「e-ペット50」です。
通院・入院・手術の制限なしで、生涯保険料は40万円程度。先天性・遺伝性疾患を補償してくれる保険会社の中ではコストパフォーマンスが高い保険です。

ターキッシュアンゴラにおすすめはコレ!「イーペット e-ペット50」

ターキッシュアンゴラにおすすめのペット保険として選んだ「イーペット e-ペット50」の特徴を確認してみましょう。

イーペット e-ペット50

  • 先天性・遺伝性疾患を補償している
  • 先天性・遺伝性疾患を補償する保険会社の中で最も生涯保険料が安い
  • 年間補償限度額60万円で、通院・入院・手術の制限なし

まとめ

先天性の疾患が少ないといわれるターキッシュアンゴラですが、Ataxiaや難聴など通院をしなければならない可能性もあります。また、肥大型心筋症にかからないためにも、日常生活のストレスをできるだけ排除して過ごしやすい環境を作ってあげましょう。

最後にターキッシュアンゴラの保険選びのポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • ポイント1:先天性・遺伝性疾患を補償してくれること
  • ポイント2:手術、通院、入院すべてを補償すること
  • ポイント3:免責金額が設定されていないこと

この3つのポイントを踏まえた上で、ターキッシュアンゴラにおすすめの猫の保険は「イーペット e-ペット50」です。

当サイトではほかの犬種・猫種におすすめのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。

ペット保険総合比較ランキングバナー

ペット保険口コミランキングバナー