大切なペットのために、一番良いペット保険に加入したい!と調べれば調べるほどどれが良いかわからなくなってしまいますよね。
そんな迷えるあなたのために、ペット保険各社のプランを数字で比較し徹底的に調べた情報をもとに、おすすめのペット保険総合ランキングを発表します!
「保険料の安さ」「補償の手厚さ」「補償の限度額」「デメリットの有無」「特約・割引の有無」の5つの観点から本当におすすめのペット保険だけを選びました。あなたのペット保険選びの参考にしてみてください。

ペット保険のおすすめ総合ランキング!

第1位FPCペット保険

FPCペット保険の特徴

  • 保険料の安さは業界トップクラスで、高齢時の保険料も手頃
  • 補償の手厚さを示す年間補償限度額は業界トップクラス
  • 通院・入院・手術の中で特に通院を手厚く補償する
  • 手術補償は年間1度のみ
  • カスタマーサービスにも定評がある

 

保険料の安さ5.0
補償の手厚さ5.0
補償の限度額4.0
デメリットの有無4.0
特約・割引3.0

研究所コメント

安い保険料で大手並みの手厚い補償がついてくるバランスが良いペット保険です。
手術補償は年間1回のみですが、そのぶん治療費の9割を占める「通院」の補償をより手厚くしている点は高評価です。

第2位PS保険

PS保険の特徴

  • 保険料は比較的安く、12歳以降の値上がりがない
  • 補償の手厚さを示す年間補償限度額は業界トップクラス
  • 100%補償プランがあるが1回あたりの上限金額が低い
  • 通院補償の限度額が低い
  • 独自の特約がある
  • 慢性疾患に対する補償の制限がデメリット

保険料の安さ5.0
補償の手厚さ5.0
補償の限度額4.0
デメリットの有無2.0
特約・割引4.0

研究所コメント

保険料の安さと年間補償限度額の高さで高評価を得ているペット保険です。
同一原因の傷病に対する補償制限があるため、慢性疾患の補償に対して大きなデメリットがあります。

3位イーペット

イーペットの特徴

  • 通院・入院・手術ごとの日額制限・回数制限がない
  • 「e-ペット70」のみ初回のケガを100%補償する
  • 更新時に条件がつかないことがホームページに明記されている
  • 多彩な割引制度が用意されている
  • 他社と比べて保険料が高い
  • 補償の手厚さを示す年間補償限度額は普通

保険料の安さ2.0
補償の手厚さ3.0
補償の限度額5.0
デメリットの有無4.0
特約・割引5.0

研究所コメント

初回のケガを100%補償するという特徴的なプランを持つイーペット。日額・回数の制限なく使える点はメリットです。
大きなデメリットはありませんが、他社と比べて保険料が高く、補償の手厚さは一般的です。

第3位日本ペットプラス(ガーデン)

日本ペットプラス(ガーデン)の特徴

  • 通院・入院・手術ごとの日額制限・回数制限がない
  • 膝蓋骨脱臼や股関節形成不全、てんかん、気管虚脱など補償されない病気が多い
  • 終身で保険に加入できない
  • ペット賠償責任特約をつけられる
  • 多彩な割引制度が用意されている

保険料の安さ3.0
補償の手厚さ5.0
補償の限度額5.0
デメリットの有無1.0
特約・割引5.0

研究所コメント

比較的保険料が安く、日額・回数の制限なく使える点はメリットです。
ただし、補償されない病気がある点や終身で継続できない点が大きなデメリットとなるので、加入する場合には注意が必要です。

総合ランキングの順位を決めた5つのポイントを詳しくチェック

プラン・補償割合別のペット保険ランキング

総合ランキングに続いてご紹介するのが、各プランと補償割合別のおすすめペット保険ランキングです。
プランや補償割合に強いこだわりがある方は、ぜひこちらのランキングを参考にしてください!

※補償割合とは、支払った治療費のうち何割のお金が戻ってくるのか?を示したものです。
例えば、1万円の治療費を払った場合、50%補償なら5000円、70%補償なら7000円が戻ってきます。

通院・入院・手術すべて補償型

通院・入院・手術

「通院」「入院」「手術」をすべて補償するプランです。補償範囲が幅広いので、最もおすすめのプランです。

手術重視型

手術

一度の治療費が高額になりがちな「手術」を重点的に補償するプランです。治療費の9割を占める「通院」をカバーできないため、このプランのみ単独で契約するのはおすすめできません。

通院重視型

通院

一度の治療費は少ないものの積み重なると高額になる「通院」を重点的に補償するプランです。高額な「手術」費をカバーできないため、このプランのみ単独で契約するのはおすすめできません。

おすすめプランは「通院・入院・手術すべて補償型」

プラン・補償割合ごとのペット保険ランキングをご紹介しましたが、おすすめは通院・入院・手術をすべて補償するペット保険です。

手術重視型・通院重視型は、保険料は安いものの補償が限定されてしまっているので、本当に補償してほしい時に保険を使えない!ということにもなりかねません。
正直おすすめできないプランです。

ですが、おすすめの「通院・入院・手術すべて補償型」は、一番人気のプランだけに、本当にたくさんあって迷ってしまいますよね。
「どうやったら良いペット保険を見つけられるの!?」という方は、ランキング上位の中から選んでいけばOKです。

「通院・入院・手術すべて補償型」の、補償割合ごとのランキング上位のペット保険はこちらです!

50%補償部門

第1位FPCのフリーペットほけん50%補償プラン

第2位PS保険の50%補償プラン

第3位イーペットのe-ペット50

50%補償部門ランキング詳細はこちら

70%補償部門

第1位FPCのフリーペットほけん70%補償プラン

第2位PS保険の70%補償プラン

第3位イーペットのe-ペット70

70%補償部門ランキング詳細はこちら

80%以上補償部門

第1位日本ペットプラス(ガーデン) プラチナ90%プラン

第2位PS保険の100%補償プラン

80%以上補償部門ランキング詳細はこちら

TOP3にランクインしているのは、どれもおすすめのペット保険ばかりですが、
聞いたことないペット保険会社ばかりだけど、本当に大丈夫なの?
と思う方もいるでしょう。

みんなが知っている大手のアニコムやアイペットが、なぜランクインしていないのか?
…それは、保険料が高額なわりに、補償はそれほどよくないからです。

当研究所でおすすめしているのは、保険料が安くて補償が手厚いペット保険です。
大手というイメージにごまかされず、数字で保険比較をした結果、マイナーなペット保険ばかりが集まってしまいました。

↓アニコム・アイペットについて、詳しくはこちらをご覧ください!
(参考)アニコムなら大手で安心って思ってない?アニコムをおすすめしない9の理由
(参考)大手のアイペットがおすすめじゃない理由は!?特徴や口コミから真実を探る

アニコム・アイペットはランキング上位には入っていないため、総合ランキングにはノミネートしていません。
この中からさらに絞り込んで、おすすめ総合ランキングを決めていきます。

ペット保険は「5つのポイント」で選べば失敗しない!

おすすめNO1のペット保険を選ぶために、「通院・入院・手術すべて補償型」ペット保険の上位の中から5つのポイントで比較していきます。

50%補償部門

第1位FPCのフリーペットほけん50%補償プラン

第2位PS保険の50%補償プラン

第3位イーペットのe-ペット50

50%補償部門ランキング詳細はこちら

70%補償部門

第1位FPCのフリーペットほけん70%補償プラン

第2位PS保険の70%補償プラン

第3位イーペットのe-ペット70

70%補償部門ランキング詳細はこちら

80%以上補償部門

第1位日本ペットプラス(ガーデン) プラチナ90%プラン

第2位PS保険の100%補償プラン

80%以上補償部門ランキング詳細はこちら

ペット保険選びの「5つのポイント」で比較

ペット保険を比較するポイントは色々ありますが、まずはこの5つのポイントだけチェックすれば失敗しません!

  • ①保険料の安さ
  • ②補償の手厚さ
  • ③補償の限度額
  • ④デメリットの有無
  • ⑤特約・割引の有無

①保険料が安い

ペット保険選びで、保険料の安さはもっとも重要な指標のひとつです。
ペット保険の保険料は、一般的に年齢とともに値上がりするため、生涯に支払うトータルの保険料で比較しましょう。
(当研究所では0~15歳の保険料合計を生涯保険料として比較しています)

会社名プラン補償割合小型犬中型犬大型犬
FPCペット保険フリーペットほけん50392,250435,950455,400375,050
 フリーペットほけん70490,700544,600568,900468,700
PS保険50%補償プラン50435,950494,910537,190383,050
 70%補償プラン70555,250630,980685,890488,190
 100%補償プラン100732,240826,320895,000647,620
イーペットe-ペット5050563,290563,290774,430419,440
 e-ペット7070760,140760,1401,073,750531,140
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ90%プラン90819,040898,7501,034,710709,800

※表は横にスクロールできます。

ただ、ペット保険は補償割合が高くなるほど保険料も高くなります
なので、こうやって単純に保険料を一覧にしても、どれが本当に安いのか?よくわかりませんよね。

このような補償割合の違うペット保険の保険料を比較する指標が「コストパフォーマンス」。略してコスパです。
この数字を見ると、本当に保険料が安いペット保険が一目瞭然です。

<計算方法>
生涯保険料÷補償割合=補償割合1%あたりの生涯保険料(=コスパ)

この数字が小さいほど、コスパが良い保険であることを表しています。

会社名プラン補償割合小型犬中型犬大型犬5段階評価
FPCペット保険フリーペットほけん507,8458,7199,1087,5015点
 フリーペットほけん707,0107,7808,1276,6965点
PS保険50%補償プラン508,7199,89810,7447,6614点
 70%補償プラン707,9329,0149,7986,9745点
 100%補償プラン1007,3228,2638,9506,4765点
イーペットe-ペット505011,26611,26615,4898,3892点
 e-ペット707010,85910,85915,3397,5882点
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ90%プラン909,1009,98611,4977,8873点

※表は横にスクロールできます。

FPCの50%補償プラン、70%補償プラン、PS保険の70%補償プラン、100%補償プランのコスパがよいことがわかります。

②補償の手厚さ

保険料の安さ以上に重要なのが、補償内容です。
どんなに安くても補償が悪い保険は選びたくないですよね。

補償の手厚さを示す数字として、必ずチェックしなければならないのが「年間補償限度額」です。
年間補償限度額は、一年間に支払われる保険金の上限額をあらわします。
この年間補償限度額が高いほど補償が手厚いことがわかります。

会社名プラン補償割合年間補償限度額5段階評価
FPCペット保険フリーペットほけん5085万円5点
 フリーペットほけん7085万円5点
PS保険50%補償プラン50100万円5点
 70%補償プラン70100万円5点
 100%補償プラン100100万円5点
イーペットe-ペット505060万円3点
 e-ペット707060万円3点
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ90%プラン9090万円5点

FPC 、PS保険、日本ペットプラスの補償が手厚く、イーペットは少し見劣りするという結果になりました。

③補償の限度額

ペット保険には、入院・通院・手術のそれぞれに対し、「1日にいくらまでなら補償しますよ」「年間に何回までなら補償しますよ」という上限を設定している場合があります。

こういった「日額制限」や「回数制限」がある場合に、どうやってペット保険を選んだらいいか?というと、基準は平均治療費です。

1日にかかる平均治療費
通院8,000 円
入院12,000 円
手術100,000 円

※当研究所調べ

この1日にかかる平均治療費より限度額が少ないと、補償が足りなくなる場合がありますので、おすすめできません。

会社名プラン補償割合通院入院手術5段階評価
FPCペット保険フリーペットほけん5012 ,500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
4点
 フリーペットほけん7012 ,500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
4点
PS保険50%補償プラン5010,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
4点
 70%補償プラン7010,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
4点
 100%補償プラン10010,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
4点
イーペットe-ペット5050制限なし制限なし制限なし5点
 e-ペット7070制限なし制限なし制限なし5点
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ90%プラン90制限なし制限なし制限なし5点

※表は横にスクロールできます。

各プランを見てみると、平均治療費を下回る設定のものはなかったので、どれも補償は十分といえます。
もっとも良いのは補償の制限がないことなので、イーペットと日本ペットプラスは高得点となりました。

④デメリットの有無

ペット保険には、規約をよく読まないとわからないデメリットが存在する場合があります。
よく知らずに契約してしまうと、後々トラブルになることがありますので、事前にしっかりチェックしましょう。

特に、補償されると思っていたのに保険がおりない!というトラブルがもっとも注意が必要なデメリットです。

会社名 デメリット5段階評価
FPCペット保険手術が年間1回まで4点
PS保険同じケガや病気に対する補償の上限回数が決まっている
100%補償でも全額補償してもらえるとは限らない
2点
イーペット健康体であることが加入条件病気の場合は待機期間が15日ある4点
日本ペットプラス(ガーデン)膝蓋骨脱臼や股関節形成不全、てんかん、気管虚脱など補償されない
病気が多い病気は30日、ガンは60日と長めの待機期間がある
保険の更新は20歳までとなり終身継続できない
1点

日本ペットプラスは、膝蓋骨脱臼や股関節形成不全、てんかん、気管虚脱など特定の病気が補償対象外という致命的なデメリットがあります。これはかなりマイナスポイントですね。

また、PS保険は、同一原因の病気やケガに補償制限がかかってしまいます。
慢性疾患になった場合には、途中で補償が打ち切られてしまう恐れがあるため、大きなデメリットとして評価を下げました。

⑤特約・割引の有無

ペット保険のオプションである特約と、各種割引があるかどうかも、気になるポイントですよね。

ただし、これらはあまり重視しなくてもよいでしょう。

なぜなら、割引がなくてもトータルで安いペット保険のほうがお得だからです。
特約についても、あくまでもメインの補償内容が重要なため、「あれば嬉しいオマケ」程度に考えておけばよいでしょう。

会社名 デメリット5段階評価
FPCペット保険なし3点
PS保険車イス特約・ペットセレモニー特約4点
イーペットペット賠償責任特約・インターネット割引・多頭割引・マイクロチップ割引・無事故継続割引5点
日本ペットプラス(ガーデン)ペット賠償責任特約・無事故割引・インターネット割引・多頭割引・マイクロチップ割引5点

特約や割引がないFPCは、低めの評価になっています。
一方で、イーペットや日本ペットプラスは様々な特約があり、無料で付帯するものもあるため、高評価としました。

まとめ

5つのポイントそれぞれの評価を総括すると、以下の結果になりました!

会社名保険料の安さ補償の手厚さ補償の限度額デメリットの有無特約・割引評価合計
FPCペット保険5点5点4点4点3点21点
PS保険5点5点4点2点4点20点
イーペット2点3点5点4点5点19点
日本ペットプラス(ガーデン)3点5点5点1点5点19点

1位はFPCペット保険!
2位がPS保険イーペット日本ペットプラスが同点で3位でした。

ペット保険選びの5つのポイントで比較をしたおすすめのペット保険ランキングがこちらです。ぜひペット保険選びの参考にしてみてくださいね!

第1位FPCペット保険

第2位PS保険