治療費が高額になりがちな手術を重点的にカバーする分、保険料が安いことがメリットの「手術重視型」のペット保険を比較します。
50%・70%・80%以上など、様々な補償割合のものがありますが、総合的に一番おすすめのペット保険をランキングで紹介します!

surgery

高額になりがちな手術を重点的にカバーする手術重視型のペット保険。
手術重視型のペット保険の「50%補償のランキング」、「70%補償のランキング」、「80%~100%補償のランキング」の3つのランキングの結果、それぞれの補償割合の1位どうしを比較し、おすすめのペット保険を紹介します!

コレで決まり!手術重視型のペット保険おすすめランキング

第1位あんしんペットのずっといっしょS
あんしんペット

手術のほかに、手術と連続する入院も補償するプランです。手術1回につき、50万円を上限に、年2回まで補償されます。ペットが他人に損害を与えた場合に補償される、ペット賠償責任特約をオプションとしてつけることもできます。

第2位日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プラン
日本ペットプラス(ガーデン)

「パール70%プラン」はとにかく保険料を抑え、手術のみを補償するプランです。補償割合は70%のみです。申し込みはインターネットからのみ可能です。ペットが他人に損害を与えた場合に補償される賠償責任特約は付けられません。

第3位ペット&ファミリー げんきナンバーわんスリム プラン50
ペット&ファミリー

ほとんどの保険が対象外になる休日・夜間などの時間外診療も補償するのもうれしいポイントです。10歳以上の保険料は変わらないので安心して終身継続できます。

 

ランキングを解説!おすすめの理由はこちら!

手術重視型のペット保険で1番のおすすめは、あんしんペットの「ずっといっしょS」です。なぜこのランキングになったのでしょうか?

以下のステップでその理由を解説します。

STEP1:補償割合50%・70%・80%以上、各割合でNo.1のペット保険は?

すでに以下のページで、手術を重点的に補償するペット保険を「50%補償」「70%補償」「80%以上補償」の補償割合ごとに検証をしました。

(参考)手術を重点的に補償するペット保険ランキング【50%補償】
(参考)手術を重点的に補償するペット保険ランキング【70%補償】
(参考)手術を重点的に補償するペット保険ランキング【80%以上補償】

それぞれのランキング1位を、以下にまとめます。

50%補償ランキングの1位

ペット&ファミリー げんきナンバーわんスリム プラン50

  • 最短で、申し込み手続きが完了した翌日より保険を利用できる
  • 終身で継続できる
  • 手術・入院のほかに通院を補償する
  • 免責金額3,000円が設定されているが、これより少額な手術は少ないため、あまり問題にはならない
  • 目立ったデメリットがない

70%補償ランキングの1位

日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン

  • 年間補償限度額が30万円は他プランより低いが、手術のみの補償なら十分
  • 賠償責任特約がオプションで用意されている
  • 膝蓋骨脱臼、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは補償対象外なので注意が必要

80%以上ランキングの補償の1位

あんしんペットのずっといっしょS

  • 1回50万円まで(年間2回まで)と、かなり手厚く手術を補償してくれる
  • 手術のほかに、手術と連続する入院を補償する
  • 免責が14,000円設定されているが、上回る治療費がかかることが予想できるため意識しなくてもいい
  • 膝蓋骨脱臼、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは補償対象外なので注意が必要

(参考)手術を重点的に補償するペット保険ランキング【80%以上補償】

なお、それぞれのペット保険の生涯保険料(※)や補償内容は以下のとおりです。
※一生に支払う保険料の合計。当研究所の場合は0~15歳までの保険料の合計

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬・15歳まで)生涯保険料(中型犬・15歳まで)生涯保険料(大型犬・15歳まで)生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償限度額通院入院手術免責
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリムプラン5050%385,970 円462,690 円561,740 円307,290 円50万円制限なし制限なし制限なし3,000円
日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン70%155,260 円176,910 円221,310 円171,970 円30万円日額制限なし
年間2回まで
なし
あんしんペットずっといっしょS80%222,710 円264,920 円336,510 円137,940 円100万円500,000円/回
年間2回まで
14,000円

※表は横にスクロールできます。

それでは、これらの各補償割合で1位になったペット保険の中で、さらに1位を決め、手術補償を重視するペット保険で一番おすすめのものを選んでいきます。

STEP2:もっともコスパが良いのは?

ペット保険は、補償割合が大きいほど、当然ながら保険料も高くなります。
そのため、補償割合が異なるペット保険を比較するなら、単純に保険料の安さだけで比べても、本当にお得なのかはわかりません。

知りたいのは、補償割合が高い割に保険料が安い商品、つまりコスパ(コストパフォーマンス)が高い商品です。
そこで、コスパを調べるために、下記のような計算式にあてはめてみました。

<コスパを知るための計算方法>
生涯保険料÷補償割合=補償割合1%あたりの生涯保険料(=コスパ)

結果は以下のとおりです。金額が小さいほどコスパが良く、大きいほどコスパが悪い、ということになります。

会社名商品名コスパ(小型犬)コスパ(中型犬)コスパ(大型犬)コスパ(猫)
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリムプラン507,719円9.254円11,235円6,146円
日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン2,218円2,527円3,162円2,457円
あんしんペットずっといっしょS2,784円3,312円4,206円1,724円

※表は横にスクロールできます。

犬の大きさ、猫のいずれにも共通して、ペット&ファミリーはコスパが悪く、日本ペットプラス(ガーデン)とあんしんペットは大差ないことがわかりました。

STEP3:補償内容で比較!補償の手厚さはどれが一番?

続いて、補償内容で比べてみましょう。
STEP2で、ペット&ファミリーの「げんきナンバーわんスリム プラン50」は他の2つのペット保険と比べてコスパが悪い、ということがわかりました。

さらに、万が一の高額な手術に備えるにあたって、50%補償だと少し心もとなく感じます。

手術補償を重視したペット保険を選ぶなら、補償割合が70%か80%以上を選ぶと安心できます。

日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プランと、あんしんペットのずっといっしょSの補償内容を比較

日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プランと、あんしんペットのずっといっしょSの補償内容を比較します。

それぞれの補償内容をもう一度おさらいしましょう。

会社名商品名補償割合年間補償限度額通院入院手術免責
日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン70%30万円日額制限なし
年間2回まで
なし
あんしんペットずっといっしょS80%100万円500,000円/回
年間2回まで
14,000円

※表は横にスクロールできます。

補償内容を見ると、年間の補償上限額に大きな差があることがわかりますね。

あんしんペットのほうが、保険料が高額な分、補償も手厚いことがわかります。
果たして、高めの保険料を払ってでも、「あんしんペット」に加入する価値があるのでしょうか?

実際に、補償上限額はどれくらいあればよいのか?を知るために、手術費をシュミレーションしてみましょう。

以下、当研究所の調査に基づく<参考条件>から、高額な手術を想定、飼い主さんが支払う金額を算出します。

<参考条件>
・手術の平均治療費は10万円であること
・骨折で40万円、椎間板ヘルニアで50万円の治療費がかかった例がある
・上記の2点から、高額な手術費を30万、50万の2つに設定

条件を踏まえ、「小型犬が一生涯に一回、高額な手術を行った」という想定で計算

①生涯保険料+②保険適用後の自己負担額(※)=生涯の支払い金額

※「②保険適用後の自己負担額」とは、発生した手術費に対して補償割合や免責金額、年間補償限度額によって保険金が支払われず、自己負担した金額を指します。

一生涯に1度、30万円の手術をした場合

会社名商品名生涯の支払い金額(①+②)①生涯保険料支払われる保険金②自己負担額
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリム プラン50537,470円385,970円148,500円151,500円
日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン245,260円155,260円210,000円90,000円
あんしんペットずっといっしょS293,910円222,710円288,800円71,200円

※表は横にスクロールできます。

一生涯に1度、50万円の手術をした場合

会社名商品名生涯の支払い金額(①+②)①15歳まで/th>

支払われる保険金②自己負担額
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリム プラン50637,470円385,970円248,500円251,500円
日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン445,260円155,260円210,000円290,000円
あんしんペットずっといっしょS333,910円222,710円388,800円111,200円

※表は横にスクロールできます。

では、30万円と50万円の手術をした場合の生涯の支払い金額の違いを、それぞれ見てみましょう。

日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プラン

  • 30万円の手術をした場合
    155,260円(生涯保険料)+90,000円(保険適用後の自己負担額)=245,260円(生涯の支払い金額)
  • 50万円の手術をした場合
    155,260円(生涯保険料)+290,000円(保険適用後の自己負担額)=445,260円(生涯の支払い金額)

あんしんペットのずっといっしょS

  • 30万円の手術をした場合
    222,710円(生涯保険料)+71,200円(保険適用後の自己負担額)=293,910円(生涯の支払い金額)
  • 50万円の手術をした場合
    222,710円(生涯保険料)+111,200円(保険適用後の自己負担額)=333,910円(生涯の支払い金額)

生涯の支払い金額がもっとも高額になるのは「ペット&ファミリー」であることがわかりました。生涯の負担額が、他の2社とくらべ、20万円ほど高いことがわかります。

一方で「日本ペットプラス(ガーデン)」と「あんしんペット」は30万円の手術の場合、生涯の支払い金額はそれほど変わりません。

しかし、50万円の手術なら「あんしんペット」の方が10万円ほど安いことがわかります。

また、手術費がさらに60万円、70万円…と高額になっても、「日本ペットプラス(ガーデン)」より「あんしんペット」のほうが、生涯支払い金額が安いことがわかりました。

今回は手術を一生涯に1度しか行わなかった場合を想定していますが、実際にはもちろん、2回・3回と必要になることも考えられます。

そう考えると、もしものときの高額な手術費に備えるには、あんしんペットのずっといっしょS」「日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プラン」「ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリム プラン50の順でおすすめと言えるでしょう。

STEP4:気になるデメリットは?

次に、規約等を読まないとわからない、これらのペット保険の隠れたデメリットがないか、みてみます。

ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリムプラン50

  • 「膝蓋骨脱臼などの特定のケガや病気が補償されない」という制約がある

日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プラン

  • 「膝蓋骨脱臼などの特定のケガや病気が補償されない」という制約がある

あんしんペットのずっといっしょS

  • 「膝蓋骨脱臼などの特定のケガや病気が補償されない」という制約がある
  • 歯周病は補償されるが、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは補償の対象外

いずれのペット保険も、膝蓋骨脱臼が補償されないことがわかりました。

膝蓋骨脱臼は特に小型犬でよく引き起こる傷病です。
後足の膝にあるお皿状の骨がずれてしまい、歩行困難や痛みを伴うもので、重症度が高ければ外科手術を行います。
万が一この傷病にかかった場合、補償が受けられないリスクがあります。
特に小型犬の飼い主さんは、この点をあらかじめ知っておけば、加入後に後悔せずにすみます。

STEP5:総合的に判断してランキング付け!

STEP1~4をまとめると、以下のようなことがわかりました。

  • 「保険料の安さ(コスパ)」では日本ペットプラス(ガーデン)とあんしんペットは同水準。ペット&ファミリーは他2社と比べ、コスパが悪い。
  • 「補償内容の手厚さ」では、あんしんペットは保険料が少しだけ高い分、補償が手厚い。
  • 高額な治療になるほど、あんしんペットの方が保険加入のメリットが大きい。
  • 隠れたデメリットについては、各社、膝蓋骨脱臼が補償されない

手術重視型の保険を選ぶとき、もっとも重視したいことは「万が一の高額な治療に対応できること」だと思います。
そのため、補償内容の手厚さを重視して保険を選ぶことが、一番ペット保険の意義を感じられると考えます。

そのような理由から、手術重視タイプのペット保険は、次のような順でおすすめします。

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬・15歳まで)生涯保険料(中型犬・15歳まで)生涯保険料(大型犬・15歳まで)生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償限度額通院入院手術免責
あんしんペットずっといっしょS80%222,710 円264,920 円336,510 円137,940 円100万円500,000円/回
年間2回まで
14,000円
日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン70%155,260 円176,910 円221,310 円171,970 円30万円日額制限なし
年間2回まで
なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリムプラン5050%385,970 円462,690 円561,740 円307,290 円50万円制限なし制限なし制限なし3,000円

※表は横にスクロールできます。

1位
あんしんペットのずっといっしょS
2位
日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プラン
3位
ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリム プラン50

有名なアイペットの「うちの子Light」と比べても「あんしんペット」がおすすめ!

手術重視型のペット保険で最も有名な、大手ペット保険会社アイペットの「うちの子Light」。
アイペットはペット保険大手で有名なため、特にペットショップでペットを迎えた飼い主さんにはおなじみの保険会社ではないでしょうか。

有名なアイペットの「うちの子Light」と、手術重視型で第1位となったあんしんペットの「ずっといっしょS」とを比べてみたいと思います。

アイペットの「うちの子Light」とあんしんペットの「ずっといっしょS」を比較

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬・15歳まで)生涯保険料(中型犬・15歳まで)生涯保険料(大型犬・15歳まで)生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償限度額通院入院手術免責
あんしんペットずっといっしょS80%222,710 円264,920336,510 円137,940 円100万円500,000円/回
年間2回まで
14,000円
アイペット損保うちの子light90%557,990 円557,990 円694,460 円262,440 円100万円日500,000円/回
年間2回まで
30,000円

※表は横にスクロールできます。

2つの商品の違いを詳しくみてみましょう。

保険料はあんしんペットの方が安い

生涯保険料(0歳~15歳まで加入した場合の保険料の合計)に注目します。
犬、猫の別や、犬のサイズに関わらず、あんしんペットの「ずっといっしょS」のほうが、アイペットの「うちの子Light」の半分ほどの保険料であることがわかります。

補償内容は同じくらい

補償内容を見ると、補償割合が、アイペットは90%、あんしんペットは80%で10%の差がついていることがわかります。
年間補償限度額はともに100万円、手術の補償内容も同じです。

手術には入院も伴う場合がありますが、どちらの保険も、手術を含む入院をある程度補償しています。
1回の手術につき、アイペットは10日まで、あんしんペットは14日までと記載しています。あんしんペットのほうが4日長く補償してくれることがわかります。

さらに、免責金額をみるとあんしんペットは14,000円、アイペットは30,000円と定めています。
1回の手術費がこの免責金額を下回ると補償されないので、少額の手術も補償されやすいのはあんしんペットということになります。
ただし、手術費がそれほど少額になることは少ないと考えられるため、免責金額は気にしなくてもよいでしょう。

サポート内容にはそれほど違いがない

アイペットの大きな魅力に、窓口精算があります。窓口精算とは、動物病院で会計をするとき、その場で保険が適用される清算方法で、契約者は保険適用後の金額だけを支払えばよいことになります。後で保険会社に明細書などを送付する手間がなく、簡単です。

ただし、うちの子Lightは窓口精算が利用できず、後日、保険会社に必要書類を送付して清算する方法のみです。
そういった意味では、サポート内容には大きな違いがないと言えるでしょう。

アイペットの「うちの子Light」よりも、あんしんペットの「ずっといっしょS」がおすすめ

上記の観点で、手術重視のランキング1位のあんしんペットと、有名な保険会社のアイペットを比較しました。

  • 生涯保険料はアイペットがあんしんペットのほぼ倍である
  • 補償内容は補償割合以外ほぼ同じ
  • サポート内容に差はない

補償割合が90%と、80%のあんしんペットより充実しているアイペットですが、生涯保険料がほぼ倍ということは大きなネックです。

特に最初の保険選びは、保険料が比較的安く、充実した手術補償をしてくれる保険を選ぶのがベスト。
そのため、総合的にあんしんペットの「ずっといっしょS」がおすすめです。

手術重視型で本当に大丈夫?通院も実はこんなに高額!

ここまで、手術の補償を重視するペット保険のおすすめをみてきました。

このページをご覧の飼い主さんは、ペット保険は、「万が一の高額な手術をカバーしてくれればOK」と割り切ってお考えかもしれません。
しかし実は、ペットの医療費で、手術だけが高額になるわけではないことをご存知ですか?

高額になりやすいのは、実は通院にかかる医療費なのです。
一度の支払いが少額なため、通院は全額支払っても負担にはならないだろう、と軽く見てしまいがちです。
しかし、通院こそ、積み重なることで大きな出費となり、家計を圧迫する原因になります。

以下のグラフは、ペット保険大手のアニコムの調査結果で、1年間でペット保険の請求があった治療費の分類ごとの割合です。

手術・入院を合わせても10%であることに対し、通院の治療費は実に90%と驚きの割合です。
通院にかかる費用がいかに大きいか、よくわかります。

犬の生涯にかかる医療費は100万、猫は60万という試算もあります。
上記のデータから、100万円、60万円の内訳の約90%が通院にかかる医療費だとしたら、本当に手術に対する補償のみでよいか、もう一度検討したほうがよいかもしれません。

でも、「通院・入院・手術すべてを補償する保険は、保険料が高額になるのでは?」と
心配ですよね。
しかし、通院・手術・入院を補償するペット保険の中で、保険料が手ごろなFPCのフリーペットほけんなら、あんしんペットの保険料に月々883円(小型犬の生涯保険料より算出)のプラスで済みます。
月々1,000円未満の追加で通院の安心も得られるなら、検討してみようかなと思われませんか?

一度にかかる医療費が高額でも頻度がとても少ない「手術」と、一度にかかる医療費が少額でも頻度がとても多い「通院」。
是非、どちらもしっかりカバーできる保険も検討してみてください。

通院・入院・手術すべてを補償するランキングはこちら

1位
FPCのフリーペットほけん
2位
PS保険 70%補償プラン
3位
日本ペットプラス(ガーデン) プラチナ50%プラン

まとめ

いざというときの高額な手術に備えられる、手術重視型のペット保険を調査しました。

その結果、おすすめはあんしんペットの「ずっといっしょS」となりました。
詳しいランキングは以下です。

第1位あんしんペットのずっといっしょS
  • 1回50万円まで(年間2回まで)と、かなり手厚く手術を補償してくれる
  • 手術のほかに、手術と連続する入院を補償する
  • 免責が14000円設定されているがこれより少額な手術は少ないため、あまり問題にはならない
  • 膝蓋骨脱臼、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは補償対象外なので、落とし穴になる可能性あり
第2位日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プラン
  • 年間補償限度額が30万円は他プランより低いが、手術のみの補償なら十分
  • 賠償責任特約がオプションで用意されている
  • 膝蓋骨脱臼、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは補償対象外なので、落とし穴になる可能性あり
第3位ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリム プラン50
  • 最短で申し込み手続きが完了した翌日より保険が開始され、終身で継続できる
  • 手術・入院のほかに通院を補償する
  • 免責が3000円設定されているがこれより少額な手術は少ないため、あまり問題にはならない
  • 膝蓋骨脱臼が補償されない

 

しかしながら、手術重視型のペット保険に月々1000円以下をプラスするだけで、通院・手術・入院すべてを補償するペット保険に加入できることもわかりました。

通院は、ペットの医療費の9割を占めることもわかっているため、本当に手術だけの補償でよいのか?今一度検討されてもよいかもしれません。

通院・入院・手術すべてを補償するランキング

1位
FPCのフリーペットほけん
2位
PS保険 70%補償プラン
3位
日本ペットプラス(ガーデン) プラチナ50%プラン

ペット保険総合ランキングバナー

ペット保険口コミランキングバナー