高額な費用がかかってしまう手術を重点的にカバーするタイプが手術重視型です。50%・70%・80%以上など、さまざまな補償割合を総合して手術重視型で一番おすすめのペット保険を紹介します!

高額な費用がかかってしまう手術を重点的にカバーする手術重視型のペット保険
手術重視型のペット保険の「50%補償のランキング」、「70%補償のランキング」、「80%~100%補償のランキング」の3つのランキングの結果、それぞれの補償割合の1位どうしを比較し、おすすめのペット保険を紹介します!

surgery

コレで決まり!手術重視型のペット保険おすすめランキング

第1位あんしんペットのずっといっしょS
あんしんペット

手術のほかに、手術と連続する入院も補償してくれるプランです。手術1回につき、50万円までを年2回までと手厚く補償します。ペット賠償責任特約を安価でつけることもできます。

第2位日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プラン
日本ペットプラス(ガーデン)

「パール70%プラン」はとにかく保険料を抑え、手術のみを補償するプランです。補償割合は70%のみで、申し込みはインターネット専用になります。賠償責任特約は付けられないので注意しましょう。

第3位ペット&ファミリー げんきナンバーわんスリム プラン50
ペット&ファミリー

小型犬が発症しやすい膝蓋骨脱臼を補償してくれます。ほとんどの保険が対象外になる休日・夜間などの時間外診療も補償するのもうれしいポイントです。10歳以上の保険料は変わらないので安心して終身継続できます。

 
 
なお、手術・入院のみの補償では不安な方には、手術・入院に加えて1回の治療費は少額でも積み重なると高額な治療費がかかる通院も補償する通院・入院・手術すべてを補償するペット保険ランキングもおすすめです!

ランキングについて徹底検証!おすすめの理由はコレだ!

ランキングについて、以下のステップで検証していきます。

STEP1:50%補償・70%補償・80%以上の補償での1位のペット保険ってどれ?

手術重視型のペット保険の中では、「50%補償」「70%補償」「100%補償」のランキングを徹底検証してきましたが、それぞれの1位は以下のとおりです。

50%補償ランキングの1位

ペット&ファミリー げんきナンバーわんスリム プラン50

  • 最短で申し込み手続きが完了した翌日より保険が開始され、終身で継続できる
  • 手術・入院のほかに通院を補償する
  • 免責が3,000円設定されているがはるかに上回る治療費がかかることが予想できるため意識しなくてもいい
  • 目立った落とし穴がない

(参考)手術を重点的に補償するペット保険ランキング【50%補償】

70%補償ランキングの1位

日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン

  • 年間補償上限が30万円は他プランより低いが、手術のみの補償なら十分
  • 賠償責任特約がオプションで用意されている
  • 膝蓋骨脱臼、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは補償対象外なので、落とし穴になる可能性あり

(参考)手術を重点的に補償するペット保険ランキング【70%補償】

80%以上ランキングの補償の1位

あんしんペットのずっといっしょS

  • 1回50万円まで(年間2回まで)と、かなり手厚く手術を補償してくれる
  • 手術のほかに、手術と連続する入院を補償する
  • 免責が14000円設定されているがはるかに上回る治療費がかかることが予想できるため意識しなくてもいい
  • 膝蓋骨脱臼、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは補償対象外なので、落とし穴になる可能性あり

(参考)手術を重点的に補償するペット保険ランキング【80%以上補償】

なお、それぞれのペット保険の生涯保険料や補償内容は以下のとおりです。

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬・15歳まで)生涯保険料(中型犬・15歳まで)生涯保険料(大型犬・15歳まで)生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償上限金額通院入院手術免責
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリムプラン5050%385,970 円462,690 円561,740 円307,290 円50万円制限なし制限なし制限なし3,000円
日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン70%155,260 円176,910 円221,310 円171,970 円30万円日額制限なし
年間2回まで
なし
あんしんペットずっといっしょS80%222,710 円264,920 円336,510 円137,940 円100万円500,000円/回
年間2回まで
14,000円

※表は横にスクロールできます。

以下では、これらの各補償割合ごとの比較で1位同士のペット保険について、保険料のコスパと補償の手厚さの比較を行い、手術重視型の中でも最もおすすめのペット保険を徹底検証します。

STEP2:保険料のコスパで比較!もっともコスパが良いのは?

まず前提として、ペット保険は補償割合が高くなるにつれて保険料も高くなるという傾向があります。
そのため、このページで行っているように補償割合が異なるペット保険を比較する場合は、単純に保険料の安さだけで比較するのではなく、生涯保険料を補償割合で割った数字(補償割合1%あたりの生涯保険料)を見比べるのが大切です。
保険商品の設計上、基本的には補償割合の増分に比例して保険料も増額しているケースが多いためです。

この値を比べることで、補償の手厚さに対する保険料の安さという意味でコスパの良いペット保険が見えてきます。
結果としては以下のとおりです。

会社名商品名コスパ(小型犬)コスパ(中型犬)コスパ(大型犬)コスパ(猫)
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリムプラン507,719円9.254円11,235円6,146円
日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン2,218円2,527円3,162円2,457円
あんしんペットずっといっしょS2,784円3,312円4,206円1,724円

※表は横にスクロールできます。

結果としては、犬・猫両方で、ペット&ファミリーの「げんきナンバーわんスリム プラン50」がもっともコスパが悪く、日本ペットプラス(ガーデン)とあんしんペットはそれほど大きな差はない、という結果になりました。

STEP3:補償内容で比較!補償の手厚さはどれが一番?

ここから、補償内容を比較していきます。
ですが、STEP2で見たとおり、ペット&ファミリーの「げんきナンバーわんスリム プラン50」は他の2つのペット保険と比べてコスパが悪いという結果になっています。
さらに言えば、このページを見ている人は、「高額な手術費用をいきなり請求されたらどうしよう…」という不安に備えたいと思いますが、手術費用を補償で50%の補償割合だと、心もとないでしょう。

そういう意味で言うと、手術補償のペット保険としては、補償割合が70%か80%以上を選ぶのが良いです。

日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プランと、あんしんペットのずっといっしょSの補償内容を比較

それでは、日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プランと、あんしんペットのずっといっしょSの補償内容を比較していきたいと思います。
もう一度整理すると、それぞれの補償内容は以下の通りとなっています。

会社名商品名補償割合年間補償上限額通院入院手術免責
日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン70%30万円日額制限なし
年間2回まで
なし
あんしんペットずっといっしょS80%100万円500,000円/回
年間2回まで
14,000円

※表は横にスクロールできます。

日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プランは、「日額制限なしで、年間2回まで(年間の補償上限額は30万円まで)」で、あんしんペットのずっといっしょSは、「1回50万円までで、年間2回まで(年間の保証上限額は100万円まで)」となります。

単純に言えば、日本ペットプラス(ガーデン)は保険料が安い分、補償額も小さく、あんしんペットは保険料が少しだけ高い分、補償も手厚くなっていると言えます。

手術重視型のペット保険への加入は高額な手術費をカバーすることが目的なので、そういったもしものときにどれだけ対応できるのかが重要になります。
そのため、高額な手術費のシミュレーションを行って比較していきます。

「手術の平均治療費は10万円であること」と「骨折で40万円、椎間板ヘルニアで50万円の治療費がかかった例」を踏まえ、高額な手術費として30万・50万の手術を一生涯に1度行った場合に設定し、生涯の支払い金額(①生涯保険料+②保険適用後の自己負担額)はいくらになるのか確認してみましょう。
なお、今回は小型犬を例にシミュレーションしていきます。

※「①生涯保険料」とは、0~15歳まで保険に入った場合、生涯に支払う保険料を指します。
(参考)ペット保険は一生涯の保険料でチェックしよう
※「②保険適用後の自己負担額」とは、発生した手術費に対して補償割合や免責金額、年間補償上限によって保険金が支払われず、自己負担した金額を指します。

一生涯に1度、30万円の手術をした場合

会社名商品名生涯の支払い金額(①+②)補償割合①15歳まで年間補償上限額免責支払われる保険金②自己負担額
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリム プラン50537,470円50%385,970円50万3,000円148,500円151,500円
日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン245,260円70%155,260円30万円0円210,000円90,000円
あんしんペットずっといっしょS293,910円80%222,710円100万円14,000円288,800円71,200円

※表は横にスクロールできます。

一生涯に1度、50万円の手術をした場合

会社名商品名生涯の支払い金額(①+②)補償割合①15歳まで年間補償上限額免責支払われる保険金②自己負担額
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリム プラン50637,470円50%385,970円50万3,000円248,500円251,500円
日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン445,260円70%155,260円30万円0円210,000円290,000円
あんしんペットずっといっしょS333,910円80%222,710円100万円14,000円388,800円111,200円

※表は横にスクロールできます。

では、30万円と50万円の手術をした場合の生涯の支払い金額の違いをそれぞれ見てみましょう。

日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プラン

  • 30万円の手術をした場合
    155,260円(生涯保険料)+90,000円(保険適用後の自己負担額)=245,260円(生涯の支払い金額)
  • 50万円の手術をした場合
    155,260円(生涯保険料)+290,000円(保険適用後の自己負担額)=445,260円(生涯の支払い金額)

あんしんペットのずっといっしょS

  • 30万円の手術をした場合
    222,710円(生涯保険料)+71,200円(保険適用後の自己負担額)=293,910円(生涯の支払い金額)
  • 50万円の手術をした場合
    222,710円(生涯保険料)+111,200円(保険適用後の自己負担額)=333,910円(生涯の支払い金額)

まず、「ペット&ファミリー」ですが30万円・50万円の手術の場合、どちらも他の2つより生涯の支払い金額が20万円ほど高額になっていることが分かります。

一方で「日本ペットプラス(ガーデン)」と「あんしんペット」は30万円の手術の場合、生涯の支払い金額はそれほど変わりません。
しかし、50万円の手術になってくると「あんしんペット」の方が生涯の支払い金額が10万円ほど低くなっています。
さらに、50万円以降も手術費が高くなるほど、「あんしんペット」の方が生涯の支払い金額が少なくなるようです。

また、今回は手術を一生涯に1度行った場合をシミュレーションしましたが、手術は2回・3回と必要になるケースもあります。
そう考えると、もしものときの高額な手術費に備えるには、あんしんペットのずっといっしょS」「日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プラン」「ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリム プラン50の順でおすすめと言えるでしょう。

STEP4:選ばれたペット保険の落とし穴は?

続いて、この3社のペット保険の落とし穴をご説明します。保険に加入するにあたり事前に注意しておくべき観点としてご確認ください。

ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリムプラン50

  • 「膝蓋骨脱臼などの特定のケガや病気が補償されない」という制約がある

日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プラン

  • 「膝蓋骨脱臼などの特定のケガや病気が補償されない」という制約がある

膝蓋骨脱臼は特に小型犬でよく引き起こる傷病です。ここが補償されないと、いざという時に必要な治療が受けられないリスクがあります。
日本ペットプラス(ガーデン)に加入を検討する方は、この点をきちんと理解して加入するようにしましょう。

あんしんペットのずっといっしょS

  • 手術でよくありがちな「膝蓋骨脱臼」が補償されない
  • 歯周病は補償されるが、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは補償の対象外

STEP5:総合的に判断してランキング付け!

これまで見てきた点を整理すると、以下のとおりです。

  • 「保険料の安さ(コスパ)」では日本ペットプラス(ガーデン)とあんしんペットは同水準。ペット&ファミリーはコスパが悪い。
  • 「補償内容の手厚さ」では、日本ペットプラス(ガーデン)は保険料が安い分、補償額も小さく、あんしんペットは保険料が少しだけ高い分、補償も手厚くなっている。また、高額な治療になるほど、あんしんペットの方が保険加入のメリットが出てくる。
  • 「落とし穴の有無」は各社で「膝蓋骨脱臼が補償されない」などがある。

手術重視の保険の場合は、手厚い補償で万が一に備えましょう

このページで紹介した3つのペット保険は、各補償割合のランキングで1位となっているため、どれも優れた保険ではあるのですが、手術重視の保険を選ぶとなると、やはり、「万が一の高額な治療に対応できること」が重要です。
それであれば、ペット保険選びの初心者としては、補償内容の手厚さを重視して保険を選ぶのが最も良い判断と言えます。

ペット保険は1年間の掛け捨てなので、1年後にはプランを変更するタイミングがあります。そのタイミングで、保険を見直すのもアリなので、保険料が比較的安く、充実した手術補償をしてくれる保険を選びましょう。

このように判断し、以下のような順番でおすすめできます。

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬・15歳まで)生涯保険料(中型犬・15歳まで)生涯保険料(大型犬・15歳まで)生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償上限額通院入院手術免責
あんしんペットずっといっしょS80%222,710 円264,920 円336,510 円137,940 円100万円500,000円/回
年間2回まで
14,000円
日本ペットプラス(ガーデン)パール70%プラン70%155,260 円176,910 円221,310 円171,970 円30万円日額制限なし
年間2回まで
なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリムプラン5050%385,970 円462,690 円561,740 円307,290 円50万円制限なし制限なし制限なし3,000円

※表は横にスクロールできます。

1位
あんしんペットのずっといっしょS
2位
日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プラン
3位
ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリム プラン50

 

また、手術・入院のみの補償では不安な方には、手術・入院に加えて、1回の治療費は少額でも積み重なると高額な治療費がかかる通院も補償する通院・入院・手術すべてを補償するペット保険ランキングもおすすめです!

1位
FPCのフリーペットほけん
2位
PS保険 70%補償プラン
3位
日本ペットプラス(ガーデン) プラチナ50%プラン

有名なアイペットの手術重視型のペット保険「うちの子Light」と比べてどう?

手術重視型のランキングで1位に選ばれたあんしんペットの「ずっといっしょS」ですが、同じ手術重視型のペット保険で有名なものとして、アイペットの「うちの子Light」があります。

アイペットという会社名は、ペットショップでペットを飼われた経験がある人には馴染みがあるかもしれません。
また、テレビCMなどもしていますので、ご存じの方もいらっしゃるでしょう。

実際に、アイペットは早くからペット保険を販売しており、ペット保険の業界内でもかなりのシェアを占めています。
そこで、アイペットの「うちの子Light」とあんしんペットの「ずっといっしょS」を比べてみたいと思います。

アイペットの「うちの子Light」とあんしんペットの「ずっといっしょS」を比較

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬・15歳まで)生涯保険料(中型犬・15歳まで)生涯保険料(大型犬・15歳まで)生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償上限額通院入院手術免責
あんしんペットずっといっしょS80%222,710 円264,920336,510 円137,940 円100万円500,000円/回
年間2回まで
14,000円
アイペット損保うちの子light90%557,990 円557,990 円694,460 円262,440 円100万円日500,000円/回
年間2回まで
30,000円

※表は横にスクロールできます。

それぞれの違いについて、以下にまとめていきます。

保険料はあんしんペットの方が安い

まずは、生涯保険料(0歳~15歳まで加入した場合の保険料の合計)で比較していきます。
補償割合が80%と90%で違いはありますが、あんしんペットの「ずっといっしょS」の生涯保険料は犬・猫ともにアイペットの「うちの子Light」に比べて約半分です。
補償割合が10%しか変わらないのに、保険料が半分というのは、ペットの飼い主にとっては魅力的でしょう。

補償内容は、若干アイペットの方が良い

補償内容については、それぞれ以下の通りとなっています。

  • あんしんペット・・・手術費用を「1回につき50万円まで・年間2回まで」補償します
  • アイペット・・・手術費用を「1回につき50万円まで・年間2回まで」補償します。かつ、手術を含む連続した入院についても、手術1回につき10日まで補償します

この「手術を含む連続した入院」を補償してくれる分だけ、アイペットの方が優れているでしょう。
一方で、アイペットは最低支払対象治療費が3万円で設定されており、あんしんペットは免責が14,000円で設定されていますが、手術補償の場合はそれ以上の治療費になることが想定されるので、このあたりは両社とも問題にはならないでしょう。

サポート内容にはそれほど違いがない

動物保険証による窓口精算ができることでも有名なアイペットですが、うちの子Lightの場合は注意が必要です。
というのも、うちの子Lightだけは窓口精算は適用できず、後日精算のみとなります。
その意味では、サポート内容には違いがないと言っていいでしょう。

アイペットの「うちの子Light」よりも、あんしんペットの「ずっといっしょS」の方がいい

上記の観点で、手術重視のランキング1位のあんしんペットと、有名な保険会社のアイペットを比較しましたが、やはり0歳から15歳までの保険料が半分という魅力がある分、あんしんペットの「ずっといっしょS」の方が優れていると言えるでしょう。

有名な会社ほどいい保険を提供していると感じられる人もいるかもしれませんが、実際はそうでもありません。
ペットとは一生涯つき合っていく存在ですので、ペット保険も長く続けられるものを選ぶのが良いでしょう。

まとめ

これまで小型犬・中型犬・大型犬・猫という分類別に保険料を算出して検証してきましたが、
結局はサイズに関係なく、以下の3つがおすすめという結果になりました。

第1位あんしんペットのずっといっしょS
  • 1回50万円まで(年間2回まで)と、かなり手厚く手術を補償してくれる
  • 手術のほかに、手術と連続する入院を補償する
  • 免責が14000円設定されているがはるかに上回る治療費がかかることが予想できるため意識しなくてもいい
  • 膝蓋骨脱臼、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは補償対象外なので、落とし穴になる可能性あり
第2位日本ペットプラス(ガーデン)のパール70%プラン
  • 年間補償上限が30万円は他プランより低いが、手術のみの補償なら十分
  • 賠償責任特約がオプションで用意されている
  • 膝蓋骨脱臼、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは補償対象外なので、落とし穴になる可能性あり
第3位ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリム プラン50
  • 最短で申し込み手続きが完了した翌日より保険が開始され、終身で継続できる
  • 手術・入院のほかに通院を補償する
  • 免責が3000円設定されているがはるかに上回る治療費がかかることが予想できるため意識しなくてもいい
  • 目立った落とし穴がない

 

また、手術・入院のみの補償では不安な方には、手術・入院に加えて、1回の治療費は少額でも積み重なると高額な治療費がかかる通院も補償する通院・入院・手術すべてを補償するペット保険ランキングもおすすめです!

1位
FPCのフリーペットほけん
2位
PS保険 70%補償プラン
3位
日本ペットプラス(ガーデン) プラチナ50%プラン