高額な費用がかかってしまう手術を重点的にカバーするタイプが手術重視型です。その中でも、徹底的に治療費をカバーする80%以上の補償割合に絞って比較してみました。比較した過程も詳しく紹介しています!

手術を重点的に補償する70%補償のランキングのページでも書きましたが、あなたのペットがいきなり高額な手術が必要になった時を考えると、不安になりませんか?その手術代はどこから捻出するのでしょうか?

そんな風に、「ペットの手術代が高いことは知っている。そのお金を自費で負担するのは正直キツイ」という人は、手術を重点的に補償してくれる保険に入っておくのいいです。
そのタイプの保険について、ここでは80%~100%補償の場合について、書いていきたいと思います。

surgery-80

補償割合80%~100%というのは、「かなり高い手術代を請求されたときのため、保険料は高くてもいいから、万が一の手術の治療費のほとんどを保険で補償したい」という人向けの商品です。

実際にペットの手術代というのはバカになりません。
犬猫の治療費の実態は?何に一番お金がかかるの?」でも紹介していますが、ペットの手術代は、50万円~100万円ほどかかるケースも散見されます。

それに加えて、ペット医療は自由診療で、人間の医療制度ほど整っておらず、ぶっちゃけて言うと手術代も言い値の世界です。
そういったペット医療への不安も重なるためか、手術を重点的に補償したい人は補償割合を高くして高額な治療費に備える傾向が強いですし、補償割合が高いほど商品数も多いです。

そんな保険を探すあなたのために、私が過去にペット保険を調査した結果をもとに、手術に特化した80%~100%補償のおすすめの商品を紹介します。

後で紹介しますが、手術に特化したと言っても「この手術は支払いの対象外」みたいな落とし穴が潜んだ商品もあります。
そんな落とし穴に落ちないためにも、しっかり解説しますね!

それでは、どうぞ!

【補償割合80%以上!】手術重視型のペット保険おすすめランキング

ペット保険を選ぶ上で、見るべきポイントは以下の3つです!

ペット保険選びのポイント

① 保険料が安いこと

保険料は、補償の手厚さに応じて上がっていくのが一般的ですが、その補償の手厚さと保険料のバランスが取れているかをチェックします。
保険料が高すぎて家計を圧迫しないよう要注意!

② 補償内容が手厚いこと

動物病院での治療につてい、しっかりと補償してもらえるものでないと意味がありません。
まずは、ペットの治療費をしっかりとカバーできる補償内容かどうかをチェックします。

③ 思わぬ落とし穴がないこと

保険商品は、表向きには金額が安く、補償内容が手厚くなっていても、思わぬ落とし穴がある商品もあります。
そういった落とし穴がないかどうかをチェックして不測の事態に備えましょう。

これらのポイントを踏まえて、すべてのペット保険会社の商品を見比べて、おすすめのペット保険をランキング形式で紹介しました。
ペット保険選びの参考にしてください!

第1位あんしんペットのずっといっしょS
あんしんペット

手術のほかに、手術と連続する入院も補償してくれる商品です。手術1回についき、50万円までを年2回までと手厚く補償します。ペット賠償責任特約を安価でつけることもできます。

第2位ペッツベストのアクシデントプラン
ペッツベスト

突然のケガに備えるプランなので、病気などの手術は補償されません。切り傷や刺し傷、異物誤飲、遺伝的な障害など場合によって支払われる保険金の限度額が設定してあることが特徴です。

第3位アニマル倶楽部のホワイトプランⅡ
アニマル倶楽部

5種類のペット保険のうち、「ホワイトプランⅡ」は手術と入院を補償するプランです。ガン手術保険金が20万円と高額で、葬祭保険金や診断書費用保険金など豊富な補償内容が魅力です。

なお、このランキングはペット保険でよく見る「小型犬」「中型犬」「大型犬」「猫」という区分を問わず、
全てのペットのサイズで同じ結果となっています。

ランキングについて徹底検証!おすすめの理由はコレだ!

それでは、以下のステップで補償割合80%以上の手術重視型のペット保険のランキングを決めていきましょう。

STEP1:まずは整理!補償割合80%のトータル補償型のペット保険ってどれ?

補償割合80%以上の手術重視型のペット保険は、以下の5商品があります。
これらの商品について、保険料や補償内容を見比べていきましょう。

保険会社名商品名補償割合
あんしんペットずっといっしょS80%
ペッツベストアクシデントプラン80%
ペッツベストベーシックプラン80%
ペッツベストファーストプラン80%
アイペット損保うちの子light90%
アニマル倶楽部ホワイトプランⅡ100%

STEP2:安さで比較!同じ補償割合でも生涯保険料はこんなに違う!

該当するペット保険について、生涯保険料を見ていきましょう。小型犬の場合で安い順に並べた結果は以下のとおりです。
(参考)ペット保険は一生涯にかかる保険料でチェックしよう

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬)生涯保険料(中型犬)生涯保険料(大型犬)生涯保険料(猫)
あんしんペットずっといっしょS80%222,710 円264,920 円336,520 円137,940 円
ペッツベストアクシデントプラン80%259,040 円259,040 円259,040 円112,160 円
アニマル倶楽部ホワイトプランⅡ100%327,150 円408,300 円504,240
232,440 円
ペッツベストベーシックプラン80%426,080 円608,130 円780,300
278,850 円
アイペット損保うちの子light90%557,990 円557,990 円694,460 円262,440 円
ペッツベストファーストプラン80%726,000 円870,770 円1,062,570 円483,000 円

※表は横にスクロールできます。

この表でわかることは、サイズに応じて以下の通りの安さとなっています。

  • 小型犬・・・あんしんペットのずっといっしょSが一番安く、2位に比べて3万円ほど安い
  • 中型犬・・・ペッツベストのアクシデントプランが一番安く、ほぼ僅差であんしんペットのずっといっしょSがあります
  • 大型犬・・・ここでもペッツベストのアクシデントプランが一番安く、2位のあんしんペットに比べても7万円ほど安くなっています
  • 猫・・・ペッツベストのアクシデントプランが一番安く、ほぼ僅差であんしんペットのずっといっしょSがあります

一方で、手術重視の場合は、単純に保険料が安いほうがいいとは言いづらく、次のSTEP3で見るように補償内容の手厚さを踏まえて考える必要があります。

STEP3:生涯保険料が安くても補償内容が手厚い保険はどれ?

続いて、補償内容を見ていきましょう。補償割合80%以上の手術重視型のペット保険の補償内容は以下のとおりです。

327,150 円
会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬)生涯保険料(中型犬)生涯保険料(大型犬)生涯保険料(猫)年間補償上限額通院入院手術免責保険料備考
あんしんペットずっといっしょS80%222,710 円264,920 円336,510 円137,940 円100万円500,000円/回
年間2回まで
14,000円
ペッツベストアクシデントプラン80%259,040 円259,040 円259,040 円112,160 円50万円250,000円/回250,000円/回250,000円/回7,500円
アニマル倶楽部ホワイトプランⅡ100%408,300 円504,240 円232,440 円75万円15,000円/日
年間30日まで
150,000円/回
年間2回まで
なし※14歳までの保険料大型犬は11歳まで猫は12歳まで
ペッツベストベーシックプラン80%426,080 円608,130 円780,300
278,850 円50万円250,000円/回250,000円/回250,000円/回20,000円
アイペット損保うちの子light90%557,990 円557,990 円694,460 円262,440 円100万円500,000円/回
年間2回まで
30,000円
ペッツベストファーストプラン80%726,000 円870,770 円1,062,570 円483,000 円100万円500,000円/回500,000円/回500,000円/回7,500円

※表は横にスクロールできます。

小型犬で生涯保険料が最も低い「あんしんペットのずっといっしょS」では、「1回50万円まで(年間2回まで)」という内容でかなり手厚く手術を補償してくれます。上記の他のペット保険と比べても十分に手厚い補償内容となっています。

手術の平均治療費が約10万円、また、手術費がよく高額になっている椎間板ヘルニアの平均治療費でも約33万円ということを考えると、「あんしんペットのずっといっしょS」は万が一の高額な治療にも十分に耐えることができる保険だと言えます。

一方で、ペッツベストのアクシデントプランは保険料の安さについて、STEP2であんしんペットと張る内容でしたが、年間補償上限を見比べてみると、あんしんペットの半分という内容になっています。
また、アクシデントプランの場合は、ケガのみしか補償しないという制約があります。つまり、病気が原因で発生する手術に関しては補償されないということです。

こう考えると、中型犬・大型犬・猫では一番安い保険ですが、補償内容を見てみるとそれほど魅力的な内容にはなっていないことが分かってきます。

なお、この80%以上の補償割合の手術重視型の保険は、アニマル倶楽部のホワイトプラン以外は全て免責金額が設定されていますが、手術費は平均10万円のため免責金額をはるかに上回る治療費がかかることが予想できます。

そのため、それぞれの免責金額はそれほど意識しなくても良いでしょう。
一方で、免責が設定されている場合は、通院・入院の治療費に関してはほとんど補償されないということも理解しておきましょう。
※「免責」について気になった方は下記をご参考ください。
ここは必ずチェック!ペット保険にある「免責」って何?

補償内容はどれも十分であることを考えると、生涯保険料が安い保険のほうがおすすめできます。よって、
あんしんペットのずっといっしょS
ペッツベストのアクシデントプラン
アニマル倶楽部のホワイトプランⅡ

の順におすすめと言えます。

STEP4:選ばれたペット保険の落とし穴は?

ここまでで選ばれた3つの保険の各保険会社のホームページから見て取れる事実としては、以下の点が落とし穴になりそうです。

あんしんペットのずっといっしょS

  • 手術でよくありがちな「膝蓋骨脱臼」が補償されない
  • 歯周病は補償されるが、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは補償の対象外

ペッツベストのアクシデントプラン

  • よく起こりがちな異物誤飲の手術では、支払う保険金の限度額が設定される
  • 歯周病に関わる歯肉炎・歯槽膿漏・抜歯・根尖膿漏・歯槽骨膜炎・顎骨炎などは対象外。ただし、歯周病異常の歯肉の病気とケガ、および歯牙破折は対象
  • 子宮蓄膿症の手術では、7歳以上の未避妊・未去勢の犬で新規にご加入の場合は対象外

アニマル倶楽部のホワイトプランⅡ

  • 手術でよくありがちな「膝蓋骨脱臼」が補償されない
  • 歯周病の手術も対象外

これらのペット保険に加入される方は、上記の点を理解した上で加入するようにしましょう。
念のため、このページで取り上げた保険会社で、よくある手術に対する補償の可否を記載しておきますので参考にしてください。

会社名腫瘍歯周病異物誤飲膝蓋骨脱臼骨折子宮蓄膿症椎間板ヘルニア尿石症前十字靭帯断裂大腿骨頭壊死症
ガーデン◯対象外と明記なし△乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは対象外◯対象外と明記なし✕対象外と明記◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし
あんしんペット◯対象外と明記なし△乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは対象外%◯対象外と明記なし✕対象外と明記◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし
アニマル倶楽部◯対象外と明記なし✕対象外と明記◯対象外と明記なし✕対象外と明記◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし
ペッツベスト◯対象外と明記なし△歯周病に関わる歯肉炎・歯槽膿漏・抜歯・根尖膿漏・歯槽骨膜炎・顎骨炎などは対象外。ただし、歯周病異常の歯肉の病気とケガ、および歯牙破折は対象△支払う保険金の限度額が設定される◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし×7歳以上の未避妊・未去勢の犬で新規にご加入の場合は対象外◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし
アイペット損保◯対象外と明記なし〇歯周病の明記はないが、歯石取り・歯削りは対象外◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし
ペット&ファミリー(げんきナンバーわんスリム)◯対象外と明記なし〇歯周病の明記はないが、歯石除去は対象外◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし
au損保◯対象外と明記なし✕歯科治療費用が対象外と明記◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし◯対象外と明記なし

※表は横にスクロールできます。

STEP5:総合的に判断してランキング付け!

ここまで見てきたことを振り返って、総合的にランキングを付けていきます。

保険料の安さ

保険料の安さでは、小型犬の場合に一番安いのが「あんしんペットのずっといっしょS」、中型犬・大型犬・猫では「ペッツベストのアクシデントプラン」が最も安く、つづいて「あんしんペットのずっといっしょS」という結果でした。

落とし穴の有無

落とし穴の有無としては、あんしんペット・アニマル倶楽部では膝蓋骨脱臼が補償の対象外となります。
また、歯周病に関してはその3社とも制限があり、ペッツベストに至っては異物誤飲でも一定の制限があることがわかりました。

補償内容の手厚さ

補償内容の手厚さをもう一度整理しておきます。
生涯保険料が最も低い「あんしんペットのずっといっしょS」では、「1回50万円まで(年間2回まで)」という内容で非常に手厚く手術を補償してくれます。
手術の平均治療費が約10万円、また、手術費がよく高額になっている椎間板ヘルニアの平均治療費でも約33万円ということを考えると、「あんしんペットのずっといっしょS」は万が一の高額な治療にも十分に耐えることができる保険だと言えます。
一方で、ペッツベストのアクシデントプランは保険料の安さについて、STEP2であんしんペットと張る内容でしたが、年間補償上限を見比べてみると、あんしんペットの半分という内容になっています。
また、アクシデントプランの場合は、ケガのみしか補償しないという制約があります。
つまり、病気が原因で発生する手術に関しては補償されないということです。
こう考えると、中型犬・大型犬・猫では一番安い保険ですが、補償内容を見てみるとそれほど魅力的な内容にはなっていないことが分かってきます。

結論としては、80%以上の補償割合で手術重視のペット保険を選ぶなら、保険料が一番か二番目に安く、高額な治療にも十分に耐えられる補償内容を備えている「あんしんペットのずっといっしょS」が一番おすすめです。

このように判断し、以下のような順番でおすすめできます。

327,150 円
会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬)生涯保険料(中型犬)生涯保険料(大型犬)生涯保険料(猫)年間補償上限額通院入院手術免責保険料備考
あんしんペットずっといっしょS80%222,710 円264,920 円336,510 円137,940 円100万円500,000円/回
年間2回まで
14,000円
ペッツベストアクシデントプラン80%259,040 円259,040 円259,040 円112,160 円50万円250,000円/回250,000円/回250,000円/回7,500円
アニマル倶楽部ホワイトプランⅡ100%408,300 円504,240 円232,440 円75万円15,000円/日
年間30日まで
150,000円/回
年間2回まで
なし※14歳までの保険料大型犬は11歳まで猫は12歳まで
ペッツベストベーシックプラン80%426,080 円608,130 円780,300
278,850 円50万円250,000円/回250,000円/回250,000円/回20,000円
アイペット損保うちの子light90%557,990 円557,990 円694,460 円262,440 円100万円500,000円/回
年間2回まで
30,000円
ペッツベストファーストプラン80%726,000 円870,770 円1,062,570 円483,000 円100万円500,000円/回500,000円/回500,000円/回7,500円

※表は横にスクロールできます。

まとめ

これまで小型犬・中型犬・大型犬・猫という分類別に保険料を算出して検証してきましたが、
結局はサイズに関係なく、以下の3つの商品がおすすめという結果になりました。

第1位あんしんペットのずっといっしょS
第2位ペッツベストのアクシデントプラン
第3位アニマル倶楽部のホワイトプランⅡ

上位3社の特徴まとめ

第1位あんしんペットのずっといっしょS
  • 保険料のコスパが一番いい
  • 1回50万円まで(年間2回まで)と、かなり手厚く手術を補償してくれる
  • 免責が14,000円設定されているがはるかに上回る治療費がかかることが予想できるため意識しなくてもいい
  • 膝蓋骨脱臼、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取りは補償対象外なので、落とし穴になる可能性あり
第2位ペッツベストのアクシデントプラン
  • 3種の補償の中で保険料が二番目に安い
  • 病気が原因で発生する手術に関しては補償されない
  • 免責が7,500円設定されているがはるかに上回る治療費がかかることが予想できるため意識しなくてもいい
  • 歯周病に関わる歯肉炎・歯槽膿漏・抜歯・根尖膿漏・歯槽骨膜炎・顎骨炎などは補償対象外なので、落とし穴になる可能性あり
第3位アニマル倶楽部のホワイトプランⅡ
  • 3種の補償の中で保険料が三番目に安い
  • 歯周病は補償対象外なので、落とし穴になる可能性あり