50%・70%・80%以上でランキングを作ってきましたが、それぞれ勝ち抜いた保険同士を比較するとどんな結果になると思いますか?
通院・入院・手術をバランスよく補償するトータル補償型で一番おすすめの商品を紹介します!

さてさて、これまで、通院・入院・手術を補償するペット保険を、「50%補償の場合」、「70%補償の場合」、「80%~100%補償の場合」の3つに分類して、それぞれのランキングを紹介してきました。

一方で、このサイトを運営していると一部の読者から、「補償割合をごちゃ混ぜにした場合はどれがいいの?」「本当の一番が知りたいんだけど!」という意見が寄せられました。

補償割合をまたぐと比較がしづらく、また商品数も多すぎるのでイマイチ説得力にかける文章となり、どうしようかと考えたのですが、一番のおすすめが知りたいだけなら、それぞれの補償割合の1位どうしを比較すればいい!と割り切って、このページを作りました。

total-1

以下で紹介するのが、通院・入院・手術を補償するペット保険の中で最もおすすめできる保険です。
私も我が家のトイプードルの保険を選ぶときに、すべての商品をまとめ上げて比較し、散々悩んだのですが、結局その保険にしました。

50%補償の場合」、「70%補償の場合」、「80%~100%補償の場合」のそれぞれを勝ち抜いた選りすぐりの保険同士がぶつかりあったら、どんな結果になるのでしょうか?

気になる結果は以下のとおりです!

コレで決まり!トータル補償型のペット保険おすすめランキング

ペット保険を選ぶ上で、見るべきポイントは以下の3つです!

ペット保険選びのポイント

① 保険料が安いこと

保険料は、補償の手厚さに応じて上がっていくのが一般的ですが、その補償の手厚さと保険料のバランスが取れているかをチェックする必要があります。
保険料が高すぎて家計を圧迫する場合があるので要注意です。

② 補償内容が手厚いこと

動物病院での治療費を、しっかりと補償してもらえるものでないと意味がありません。
まずは、補償内容か十分カバーできるかどうか比較してみましょう。

③ 思わぬ落とし穴がないこと

保険商品は、表向きには金額が安く、補償内容が手厚くなっていても、思わぬ落とし穴がある商品もあります。
そういった落とし穴がないかどうかをチェックして不測の事態に備えましょう。

第1位FPCのフリーペット保険
FPCのフリーペット保険

リーズナブルな保険料でバランスよく補償するペット保険です。保険料の値上がりが少ないフラット制を導入し、補償割合は50%のみというシンプルで分かりやすいプランを用意しています。

第2位PS保険の70%補償プラン
PS保険の50%補償プラン

「50%補償プラン」「70%補償プラン」「100%補償プラン」を用意しているので希望に合わせてプランを選べます。
70%補償プランは100%補償プランより保険料が抑えられ、50%補償プランより補償が充実しているので安心です。

第3位ガーデンのプラチナ90%補償プラン
ガーデンのプラチナ50%プラン

「プラチナ90%プラン」は通院・入院・手術を90%補償し、請求の日額制限がないので年間限度額の90万円を超えるまで補償を受けられます。3種のプラチナプランの中でも一番人気のある商品です。

なお、このランキングはペット保険でよく見る「小型犬」「中型犬」「大型犬」「猫」という区分を問わず、全てのペットのサイズで同じ結果となっています。

このランキング結果について、以下で詳しく見ていきます。

ランキングについて徹底検証!おすすめの理由はコレだ!

ランキングについて、以下のステップで検証していきます。

STEP1:50%補償・70%補償・80%補償以上の補償で1位のペット保険ってどれ?

トータル補償型のペット保険の中では、「50%補償」「70%補償」「100%補償」のランキングを徹底検証してきましたが、それぞれの1位は以下のとおりです。

50%補償

1位
FPCのフリーペットほけん
  • 年間補償上限額が85万円という高水準の手厚い補償
  • 補償が手厚い中で、保険料のコスパが一番よい
  • 目立った落とし穴がない

(参考)【初心者のための徹底比較】トータル補償型のおすすめペット保険ランキング【補償割合50%】

70%補償

1位
PS保険 70%補償プラン
  • 保険料がFPCの次に安い
  • 年間補償上限額が100万円という高水準の手厚さを誇る
  • 通院と手術の補償に関して独特なカウント方法をするため、落とし穴になる可能性がある

(参考)【初心者のための徹底比較】トータル補償型のおすすめペット保険ランキング【補償割合70%】

80%以上の補償

1位
ガーデン プラチナ90%プラン
  • 日額・日数制限がなく、通院・入院・手術をすべて合わせて90%を補償するという手厚さが魅力。
  • 特に小型犬でよく起こる膝蓋骨脱臼が補償されない

(参考)【初心者のための徹底比較】トータル補償型のおすすめペット保険ランキング【補償割合80%以上】

なお、それぞれの商品のペットのサイズごとの生涯保険料や補償内容は以下のとおりです。

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬)生涯保険料(中型犬)生涯保険料(大型犬)生涯保険料(猫)年間補償上限額通院入院手術免責
FPCフリーペットほけん50%392,250 円435,950 円455,400 円375,050 円85万円12,500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
なし
PS保険70%補償プラン70%555,250 円630,980 円685,890 円488,190 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
なし
ガーデンプラチナ90%プラン90%819,040 円898,750 円1,034,710 円709,800 円90万円制限なし制限なし制限なしなし

※表は横にスクロールできます。

以下では、これらの各補償割合ごとの比較で1位同士の商品について、保険料のコスパと補償の手厚さの比較を行い、トータル補償型の中でも最もおすすめのペット保険を徹底検証します。

STEP2:保険料のコスパで比較!もっともコスパが良いのは?

ペット保険は、補償割合が高くなるにつれて保険料も高くなるという傾向があります。
そのため、このページで行っているように補償割合が異なるペット保険を比較する場合は、単純に保険料の安さだけで比較するのではなく、生涯保険料を補償割合で割った数字(補償割合1%あたりの生涯保険料)を見比べるのが大切です。

保険商品の設計上、基本的には補償割合の増分に比例して保険料も増額しているケースが多いので補償割合で割っていきます。

この値を比べることで、補償の手厚さに対する保険料の安さという意味でコスパの良い商品が見えてきます。
結果としては以下のとおりです。

会社名商品名生涯保険料(小型犬)生涯保険料(中型犬)生涯保険料(大型犬)生涯保険料(猫)
FPCフリーペットほけん7,845 円8,719 円9,108 円7,501 円
PS保険70%補償プラン7,932 円9,014 円9,798 円6,974 円
ガーデンプラチナ90%プラン9,100 円9,986 円11,497 円7,887 円

※表は横にスクロールできます。

犬の場合はサイズを問わずにFPC・PS保険・ガーデンという順にコスパがいいという結果になりました。
猫の場合は若干変動がありますが、どれもコスパという点ではほぼ同じ結果となると言えるでしょう。

STEP3:補償内容で比較!補償の手厚さはどれが一番?

ここから、補償内容を比較していきます。
それを行うにあたって、FPCとPS保険は日額・日数制限があるタイプで、ガーデンは制限がなくて年間補償上限のみがあるタイプという違いがあります。
加えて、補償割合が異なるので簡単に比較しづらいですが、まずはコスパで近い値が出ているFPCとPS保険の保証内容を比較していきましょう。

FPCの50%補償とPS保険の70%補償の商品の補償内容を比較

FPCとPS保険ではどちらの方が補償内容が手厚いのでしょうか?
当サイトでは、「動物病院でかかる治療費の割合」と、「通院・入院・手術で1日(回)にかかる平均治療費」を独自で調査しました。
結果としては、以下の通りです。

1year-tiryohi-wariai

※アニコム調べ

1日にかかる平均治療費
通院8,000 円
入院12,000 円
手術100,000 円

1日にかかる平均治療費を見ると一見、入院と手術が高く思えますが、動物病院でかかる治療費の割合を見ると通院での請求が9割を占めています。
1度の受診にかかる治療費は少額でも、生涯で支払う金額を考えると「通院」が一番高額になると言えるでしょう。

それに対して、FPCとPS保険の補償内容はどうでしょうか?

fpc-ps

注目すべきは、一番治療費がかかるとされる通院において、FPCの方が手厚い補償内容となっています。

PS保険は、一番治療費がかからない入院に年間60万円の補償としており、ほぼ使い切れないのが予想できます。
一方で、一番治療費がかかる通院の上限は年間20万円です。年間の補償上限額が100万円と手厚そうに見えますが、動物病院での治療費の実態とはかけ離れた補償内容となっているので注意が必要です。

これらのことから、FPCとPS保険の補償内容を比べた場合、FPCの方が優れていると考えられます。

FPCの50%補償とガーデンの90%補償の商品の補償内容を比較

つづいて、FPCとガーデンの補償内容の比較をしていきます。
これについては、FPCは年間補償上限が85万円で日額・日数制限がありますが、ガーデンの場合は年間補償上限が90万円で日額・日数制限がないので、この90万円を超えるまで自由に請求できます。
ですので、補償内容という点だけで言えば、ガーデンの保険の方が手厚い補償と言えるでしょう。

ここまで見た結果、ガーデン・FPC・PS保険の順に補償内容が手厚いと言えます。

STEP4:選ばれたペット保険の落とし穴は?

続いて、この3社の保険商品の落とし穴をご説明します。
どれも素晴らしい商品には違いないのですが、保険に加入するにあたり事前に注意しておくべき観点としてご確認ください。

FPCのフリーペットほけん

  • 落とし穴というほどではないが、手術が年間1回までしか補償されないことには注意が必要

PS保険の70%補償プラン

これらは、当初想定していた補償内容を十分に受けられないという落とし穴につながります。
PS保険に加入を検討する方は、この2つをきちんと理解した上で加入するようにしましょう。

ガーデンのプラチナ50%プラン

  • 「膝蓋骨脱臼などの特定のケガや病気が補償されない」という制約がある

【対象外項目例】
膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、レッグペルテス、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱、涙やけ など

膝蓋骨脱臼は特に小型犬がよく引き起こる傷病です。ここが補償されないと、いざという時に必要な治療が受けられないリスクがあります。
ガーデンに加入を検討する方は、この点をきちんと理解して加入するようにしましょう。

STEP5:総合的に判断してランキング付け!

これまで見てきたこと点を整理すると、以下のとおりです。

  • 「保険料の安さ(コスパ)」ではFPCが一番安い
  • 「補償内容の手厚さ」では、ガーデン・FPC・PS保険の順に手厚い
  • 「落とし穴の有無」はPS保険とガーデンに注意点があり、FPCは目立った落とし穴がない

ペット保険は1年契約!まずは安さ(コスパ)を重視した商品選びを!

ペット保険には補償割合がありますが、上記の通り、補償割合が高いほど保険料も高くなり、家計を圧迫してきます。

上記の3つの商品はどれも補償内容は手厚いものです。
それであれば、ペット保険選びの初心者としては、保険料の安さ(コスパ)を重視して保険を選ぶのが最も良い判断と言えます。

ひとまずは手頃に入れる安い商品から始めて保険料を抑えつつ、あなたのペットの治療費の状況を見ながら、補償割合を上げる必要があれば、そのときに変更すればいいのです。
(ペット保険は1年間の掛け捨て商品なので、1年後にはプランを変更するタイミングがあります。)

このように判断し、以下のような順番でおすすめできます。

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬)生涯保険料(中型犬)生涯保険料(大型犬)生涯保険料(猫)年間補償上限額通院入院手術免責
FPCフリーペットほけん50%392,250 円435,950 円455,400 円375,050 円85万円12,500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
なし
PS保険70%補償プラン70%555,250 円630,980 円685,890 円488,190 円70%100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
なし
ガーデンプラチナ90%プラン90%819,040 円898,750 円1,034,710 円709,800 円90万円制限なし制限なし制限なしなし

※表は横にスクロールできます。

まとめ

これまで小型犬・中型犬・大型犬・猫という分類別に保険料を算出して検証してきましたが、
結局はサイズに関係なく、以下の3つの商品がおすすめという結果になりました。

1位
FPCのフリーペットほけん
2位
PS保険 70%補償プラン
3位
ガーデン プラチナ50%プラン

上位3社の特徴まとめ

1位
FPCのフリーペットほけん
  • 年間補償上限額が85万円という高水準の手厚い補償
  • 補償が手厚い中で、保険料のコスパが一番よい
  • 目立った落とし穴や免責がなく、シンプルで分かりやすい

2位
PS保険 70%補償プラン
  • 保険料がFPCの次に安い
  • 年間補償上限額が100万円という高水準の手厚さを誇る
  • 通院と手術の補償に関して独特なカウント方法をするため、落とし穴になる可能性がある

3位
ガーデン プラチナ50%プラン
  • 年間補償上限額のみを定義し、通院・入院・手術の制限がなく、偏った補償にも対応できる
  • 保険料は3番目に安い
  • 膝蓋骨脱臼が補償されないため、小型犬などには不向きな一面も。落とし穴になる可能性あり