通院・入院・手術をバランスよく補償するトータル補償型は、ペット保険の中でも一番オーソドックスなタイプです。
その中でも、50%より手厚く補償する70%補償に絞って比較しました。比較した過程も詳しく紹介しています!

total-70-1

通院・入院・手術を補償する50%補償のランキングのページでも書いたのですが、ペット保険って多くの商品があってどれを選べばいいか悩みませんか?
そんな風に、「ペットの治療費について漠然とした不安があるけどどれを選んだらいいか分からない」という人はひとまず、通院・入院・手術をまんべんなく効率的に補償してくれる保険に入っておくのが一番いいです。
そのタイプの保険について、ここでは70%補償の場合について、書いていきたいと思います。

実は、50%補償と70%補償の商品のコスパ(保険料÷補償割合、つまり、補償割合1%あたりの保険料)はほとんど変わりません。

一方で、「犬猫の治療費の実態は?何に一番お金がかかるの?」でも紹介したように、ペットの治療費って思った以上に治療費がかかってくる場合があります。
私の場合は、「ひとまず安い保険を選んでおこう」と思って、一番人気がある50%補償のペット保険を選びましたが、「50%補償だと不安だから、もっと手厚く補償したい。そのためならお金をかけてもいい!」という人は、このページで紹介する70%補償のペット保険を検討することをおすすめします。

補償割合70%と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?
そうです!まさに人間の医療制度と同じ割合なんです。
人はケガや病気をして病院に通うことになった場合、病院の窓口でお金を払いますが、あれって実際の費用の3割しか負担してないですよね?
日本人は健康保険の制度に加入しているため、毎月保険料を払っていますが、実際に病院にかかった費用の7割は国が負担してるのです。

つまり、ペット保険の70%補償というのは、保険会社がペットの治療費の70%を補償してくれるので、言い換えれば、人間と同じ補償の水準を保つ、ということに他なりませんが、「ペットは家族同然だから、人間と同じ水準でケアしてあげたい」という人がいるのもうなずけます。

ここでも、私が全ての保険会社のすべての商品を徹底的に調べ上げた中でも、特に、通院・入院・手術を補償する補償割合70%のペット保険だけに絞って、どれが一番オススメかを書いていきたいと思います。

補償割合50%の時の調査とは違って、犬猫のサイズによって順位が変わるという面白い結果が出ました。
「50%だと不安!せめて人間と同じ水準でケアしてあげたい!」という方はぜひ以下を読み進めてください!

【補償割合70%限定!】トータル補償型のペット保険おすすめランキング

補償割合70%で絞った場合のトータル補償型のペット保険のおすすめは以下のとおりです。

小型犬におすすめ!

1位
PS保険 70%補償プラン
2位
あんしんペット ずっといっしょL
3位
ガーデン プラチナ70%プラン

中型犬におすすめ!

1位
PS保険 70%補償プラン
2位
ガーデン プラチナ70%プラン
3位
あんしんペット ずっといっしょL

大型犬におすすめ!

1位
PS保険 70%補償プラン
2位
ガーデン プラチナ70%プラン
3位
あんしんペット ずっといっしょL

猫におすすめ!

1位
あんしんペット ずっといっしょL
2位
PS保険 70%補償プラン
3位
ガーデン プラチナ70%プラン

ランキングについて徹底検証!おすすめの理由はコレだ!

補償割合50%のトータル補償型のペット保険の徹底比較と同様に、以下のステップで保険を絞っていきましょう。

STEP1:まずは整理!補償割合70%のトータル補償型のペット保険ってどれ?

補償割合70%に限定すると、トータル補償型のペット保険は以下のとおりです。

保険会社名商品名補償割合
ペティーナゆとりプラン70%
PS保険70%補償プラン70%
ペット&ファミリーげんきナンバーワン プラン7070%
あんしんペットずっといっしょL70%
ガーデンプラチナ70%プラン70%
イーペットe-ペット7070%
アクサ損保いぬのきもち ねこのきもち プラン7070%
ペットライフジャパンプレミアム7070%
アニコム損保ふぁみりぃ70%プラン70%
au損保通院ありタイプ 70%コース70%
アイペット損保うちの子70%プラン70%

STEP2:安さで比較!同じ補償割合でも生涯保険料はこんなに違う!

該当するペット保険について、生涯保険料を見ていきましょう。小型犬の場合で安い順に並べた結果は以下のとおりです。
(参考)ペット保険は一生涯の保険料でチェックしよう

15歳まで加入したときに一番安いPS保険と一番高いアイペットの生涯保険料を比較してみると、60万円以上も変わることが分かりますね。

なお、au損保の通院ありタイプは、0歳から10歳までの年間保険料の合計となっています。
11歳から15歳までの年間保険料を加えると、およそ80万円以上になることが予想されるため、上記の位置にしています。

この表を見てみると、ペットのサイズに応じて、生涯保険料が以下の水準を下回るペット保険が、「保険料が安い保険」と言えそうです。

  • 小型犬・・・70万円以下
  • 中型犬・・・80万円以下
  • 大型犬・・・85万円以下
  • 猫  ・・・50万円以下

この基準をクリアする保険は、保険料の部分を赤字で記しています。

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬)生涯保険料(中型犬)生涯保険料(大型犬)生涯保険料(猫)
ペティーナゆとりプラン70%591,800 円591,800 円591,800 円497,200 円
PS保険70%補償プラン70%555,250 円630,980 円685,890 円488,190 円
あんしんペットずっといっしょL70%635,260 円762,210 円840,910 円443,870 円
ガーデンプラチナ70%プラン70%637,040 円698,890 円804,710 円552,020 円
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン7070%740,550 円819,590 円1,089,130 円584,210 円
アクサ損保いぬのきもち ねこのきもちプラン7070%815,770 円874,680 円894,050 円556,140 円
イーペットe-ペット7070%760,140 円760,140 円1,073,750 円531,140 円
ペットライフジャパンプレミアム7070%911,950 円911,950 円911,950 円691,725 円
アニコム損保ふぁみりぃ70%プラン70%964,770 円964,770 円1,322,010 円725,190 円
au損保通院ありタイプ70%コース70%547,520 円547,520 円1,028,980 円429,240 円
アイペット損保うちの子70%プラン70%1,192,240 円1,192,240 円2,132,870 円1,038,970 円

※表は横にスクロールできます。
※au損保の「通院ありタイプ50%コース」は10歳までの保険料しか公開されていなかったため、0歳から10歳までの年間保険料の合計を表示しています。11歳から15歳までのおおよその年間保険料を加えた位置にしています。

STEP3:生涯保険料が安くても補償内容が手厚い保険はどれ?

生涯保険料に差があることは分かりましたが、補償内容には違いがあるのでしょうか。
先ほどの、「保険料が安い」という基準をクリアした保険を対象に、補償内容を見てみましょう。

年間補償上限が高く設定されていること

トータル補償型のペット保険の補償をチェックする上で大事なのが、同じ補償割合の保険商品の中で、年間補償上限が十分高く設定されていることです。
そういう意味で言うと、他のペット保険の年間補償上限は70万円~100万円で設定されているのに対し、ペティーナの「ゆとりプラン」は年間補償上限額が30万円なので補償としては心もとなく、手厚い補償とは言えません。

以上から、「保険料が安く」て、「補償が手厚い」保険は以下の通りとなります。

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬)生涯保険料(中型犬)生涯保険料(大型犬)生涯保険料(猫)年間補償上限額通院入院手術免責
PS保険70%補償プラン70%555,250 円630,980 円685,890 円488,190 円100万円10,000 円/日
年間20日まで
20,000 円/日
年間30日まで
100,000 円/回
年間2回まで
なし
あんしんペットずっといっしょL70%635,260 円762,210 円840,910 円443,870 円70万円制限なし制限なし制限なしなし
ガーデンプラチナ70%プラン70%637,040 円698,890 円804,710 円552,020 円70万円制限なし制限なし制限なしなし

※表は横にスクロールできます。

STEP4:選ばれたペット保険の落とし穴は?

ここまで選ばれただけでも十分良い保険なのですが、保険には落とし穴が付きものです。
選ばれた保険会社の落とし穴を見ていきましょう。

PS保険の70%補償プラン

  • 「同一原因による手術は、2回目以降は補償対象外」
  • 「生涯にわかって継続的に行っていく慢性疾患の治療の場合は、最大でも一生涯20日まで補償」

(参考)PS保険(ペットメディカルサポート)の手術補償の落とし穴
(参考)PS保険(ペットメディカルサポート)の通院・入院補償の落とし穴
これらは、当初想定していた補償内容を十分に受けられないという落とし穴につながります。
PS保険に加入する人は、この2つをきちんと理解した上で加入するようにしましょう。

あんしんペットのずっといっしょL

  • 「膝蓋骨脱臼などの特定のケガや病気が補償されない」という制約がある

ガーデンのプラチナ70%プラン

  • 「特定のケガや病気が補償されない」という制約がある

【対象外項目例】
膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、レッグペルテス、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱、涙やけ など

膝蓋骨脱臼は特に小型犬がよく引き起こる傷病です。ここが補償されないと、いざという時に必要な治療が受けられないリスクがあります。
ガーデンに加入を検討する方は、この点をきちんと理解して加入するようにしましょう。

ガーデンやあんしんペットには、特定の傷病が補償対象外に定められています。
特に膝蓋骨脱臼は小型犬でよく引き起こる傷病なので、いざという時に必要な治療が受けられないリスクがあることを理解しておかなければいけません。
補償対象外が決められているペット保険に加入を検討する方は、この点をきちんと理解して加入するようにしましょう。

STEP5:総合的に判断してランキング付け!

ここまで見てきたことを振り返って、総合的にランキングを付けていきます。

保険料の安さ

保険料の安さでは、ペットのサイズによってマチマチですが、犬の場合はPS保険、猫の場合はあんしんペットが一番安いという結果でした。

補償内容の手厚さ

補償内容の手厚さは、PS保険が年間補償上限が100万円で日額・日数制限があり、それ以外の保険は年間補償上限が70万円で日額・日数制限がないという補償内容となっています。

落とし穴の有無

選び抜いた3商品はすべて落とし穴につながりそうな項目が見つかりました。

補償内容の手厚さは、どちらがよいかはなかなか判断しづらいところがあり、ご自身の考え方に合う方で判断すればよいかと思います。
明確にランキングが付けられるとすると「保険料の安さ」です。ここでは保険料の安いもの順に以下のようにランキングを付けていきます。

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬)生涯保険料(中型犬)生涯保険料(大型犬)生涯保険料(猫)年間補償上限額通院入院手術免責
PS保険70%補償プラン70%555,250 円630,980 円685,890 円488,190 円100万円10,000 円/日
年間20日まで
20,000 円/日
年間30日まで
100,000 円/回
年間2回まで
なし
あんしんペットずっといっしょL70%635,260 円762,210 円840,910 円443,870 円70万円制限なし制限なし制限なしなし
ガーデンプラチナ70%プラン70%637,040 円698,890 円804,710 円552,020 円70万円制限なし制限なし制限なしなし

※表は横にスクロールできます。

まとめ

補償割合70%で絞った場合のトータル補償型のペット保険のおすすめは以下のとおりです。

小型犬におすすめ!

1位
PS保険 70%補償プラン
2位
あんしんペット ずっといっしょL
3位
ガーデン プラチナ70%プラン

中型犬におすすめ!

1位
PS保険 70%補償プラン
2位
ガーデン プラチナ70%プラン
3位
あんしんペット ずっといっしょL

大型犬におすすめ!

1位
PS保険 70%補償プラン
2位
ガーデン プラチナ70%プラン
3位
あんしんペット ずっといっしょL

猫におすすめ!

1位
あんしんペット ずっといっしょL
2位
PS保険 70%補償プラン
3位
ガーデン プラチナ70%プラン

上位保険会社の特徴まとめ

PS保険の70%補償プラン

  • 小型犬、中型犬、大型犬では保険料が一番安い
  • 年間補償上限額が100万円という高水準の手厚さを誇る
  • 通院と手術の補償に関して独特なカウント方法をするため、落とし穴になる可能性がある

あんしんペットのずっといっしょL

  • 小型犬では3番目、猫では2番目に保険料が安い
  • 年間補償上限額のみを定義し、通院・入院・手術の制限がなく、偏った補償にも対応できる
  • 膝蓋骨脱臼が補償されないため、小型犬などには不向きな一面も。落とし穴になる可能性あり

ガーデンのプラチナ70%プラン

  • 中型犬では2番目、大型犬では3番目に保険料が安い
  • 年間補償上限額のみを定義し、通院・入院・手術の制限がなく、偏った補償にも対応できる
  • 膝蓋骨脱臼が補償されないため、小型犬などには不向きな一面も。落とし穴になる可能性あり