通院・入院・手術すべてを補償するプランは、ペット保険の中でも一番オーソドックスなタイプです。
その中でも、50%より手厚く補償する70%補償に絞って比較しました。比較した過程も詳しく紹介しています!

total-70-1

通院・入院・手術を補償する50%補償のランキングのページでも書いたのですが、ペット保険って多くの商品があってどれを選べばいいか悩みませんか?

そんな風に、「ペットの治療費について漠然とした不安があるけどどれを選んだらいいか分からない」という人はひとまず、通院・入院・手術をまんべんなく効率的に補償してくれる保険に入っておくのが一番いいです。

そのタイプの保険について、ここでは70%補償の場合について、書いていきたいと思います。

犬猫の治療費の実態は?何に一番お金がかかるの?」でも紹介したように、ペットの治療費は思った以上に高額になる場合があります。

私の場合は愛犬用の貯金も併せて50%補償で十分だと考えたため、50%補償のペット保険を選びましたが、
50%補償だと不安だから、もっと手厚く補償したい。月々の保険料は多少高くなってもいい!」という方は、このページで紹介する70%補償のペット保険を検討することをおすすめします。

ところで、補償割合70%と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

そうです!まさに人間の公的医療制度と同じ割合なんです。

人はケガや病気をして病院に通うことになった場合、病院の窓口でお金を払いますが、あれって実際の費用の3割しか負担してないですよね?

日本人は健康保険の制度に加入しているため、毎月保険料を払っていますが、実際に病院にかかった費用の7割は国が負担しているのです。

つまり、70%補償のペット保険に加入することは、人間と同じ補償の水準を保つ、ということに他なりません。

「ペットは家族同然だから、保険も人間と同じ水準を用意してあげたい」と考えている方には、まさにぴったりの補償といえるでしょう。

ここでは、私が全ての保険会社のすべての商品を徹底的に調べ上げた中でも、通院・入院・手術を補償する補償割合70%のペット保険だけに絞って、どれが一番オススメかを書いていきたいと思います。

【補償割合70%限定!】通院・入院・手術すべてを補償するペット保険おすすめランキング

補償割合70%で絞った場合の通院・入院・手術すべてを補償するペット保険のおすすめは以下のとおりです。

第1位FPCのフリーペットほけん70%補償プラン

安い保険料で大手並みの手厚い補償がついてくるバランスが良いペット保険です。治療費の9割を占める「通院」の補償をより手厚くしている点も高評価です。

第2位PS保険の70%補償プラン

保険料の安さと年間補償限度額の高さで高評価を得ているペット保険です。同一原因の傷病に対する補償制限があるというデメリットはしっかりチェックしましょう。

第3位イーペットのe-ペット70

初回のケガのみ全額補償という特徴的なプランを持つイーペットのペット保険です。保険料は高いですが1日あたりの利用金額や年間の利用回数が無制限なのはメリットです。

ランキングについて徹底検証!おすすめの理由はコレだ!

補償割合50%の通院・入院・手術すべてを補償するペット保険の徹底比較と同様に、以下のステップで保険を絞っていきましょう。

STEP1:まずは整理!補償割合70%の通院・入院・手術すべてを補償するペット保険ってどれ?

補償割合70%に限定すると、通院・入院・手術すべてを補償するペット保険は以下のとおりです。

保険会社名商品名補償割合
FPCフリーペットほけん70%補償プラン70%
PS保険70%補償プラン70%
ペット&ファミリーげんきナンバーワン プラン7070%
SBIいきいき少短プラン70スタンダード70%
楽天少短あんしんペットL70%
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ70%プラン70%
イーペットe-ペット7070%
アクサ損保プラン7070%
アニコム損保ふぁみりぃ70%プラン70%
au損保通院ありタイプ 70%コース70%
アイペット損保うちの子70%プラン70%

STEP2:安さで比較!同じ補償割合でも生涯保険料はこんなに違う!

まずは、該当するペット保険について、生涯保険料を見ていきましょう。
ペット保険は年齢を重ねるにつれて保険料も上がっていくプランが多いため、生涯でかかる保険料(当研究所の場合は0~15歳)を比較することが重要です。

(参考)ペット保険は一生涯の保険料でチェックしよう

小型犬の場合で安い順に並べた結果は以下のとおりです。

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬・15歳まで)生涯保険料(中型犬・15歳まで)生涯保険料(大型犬・15歳まで)生涯保険料(猫・15歳まで)
FPCフリーペットほけん70%補償プラン70%490,700 円544,600 円568,900 円468,700 円
PS保険70%補償プラン70%555,250 円630,980 円685,890 円488,190 円
SBIいきいき少短プラン70スタンダード70%619,360 円730,030 円987,070 円478,450 円
楽天少短あんしんペットL70%635,260 円762,210 円840,910 円443,870 円
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ70%プラン70%637,040 円698,890 円804,710 円552,020 円
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン7070%740,550 円819,590 円1,089,130 円584,210 円
イーペットe-ペット7070%760,140 円760,140 円1,073,750 円531,140 円
アクサ損保プラン7070%815,770 円874,680 円894,050 円556,140 円
アニコム損保ふぁみりぃ70%プラン70%964,770 円964,770 円1,322,010 円725,190 円
アイペット損保うちの子70%プラン70%1,192,240 円1,192,240 円2,132,870 円1,038,970 円
au損保通院ありタイプ70%コース70%1,243,960円1,243,960円2,312,570円955,150円

※表は横にスクロールできます。

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

この表を見てみると、ペットのサイズに応じて、生涯保険料が以下の水準を下回るペット保険が、「保険料が安い保険」と言えそうです。

  • 小型犬・・・70万円以下
  • 中型犬・・・80万円以下
  • 大型犬・・・85万円以下
  • 猫  ・・・50万円以下

この基準をクリアする保険は、保険料の部分を赤字で記しています。

15歳まで加入したときに一番安いFPCと一番高いアイペットの生涯保険料を比較してみると、70万円以上も変わることが分かりますね。

あまりに保険料が高いペット保険に加入してしまうと、将来的に「保険料が高すぎて続けられない!」ということになる可能性もあります。

一番保険が重要になる時期にもきちんと加入し続けられるように、最初から長く続けられる保険を選んで加入することが重要です。

STEP3:生涯保険料が安くても補償内容が手厚い保険はどれ?

生涯保険料に差があることは分かりましたが、補償内容には違いがあるのでしょうか。
先ほどの、「保険料が安い」という基準をクリアした保険を対象に、補償内容を見てみましょう。

年間補償限度額が高く設定されていること

ペット保険の補償をチェックする上で大事なのが、同じ補償割合の保険商品の中で、年間補償限度額が十分高く設定されていることです。

保険料が比較的安い保険の中で、年間補償限度額を一覧にしました。

会社名商品名補償割合年間補償限度額通院入院手術
FPCフリーペットほけん70%補償プラン70%85万円12,000円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000 円/回
年間1回まで
PS保険70%補償プラン70%100万円10,000 円/日
年間20日まで
20,000 円/日
年間30日まで
100,000 円/回
年間2回まで
SBIいきいき少短プラン70スタンダード70%70万円制限なし制限なし制限なし
楽天少短あんしんペットL70%70万円制限なし制限なし制限なし
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ70%プラン70%70万円制限なし制限なし制限なし
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン7070%70万円制限なし制限なし制限なし
イーペットe-ペット7070%60万円制限なし制限なし制限なし
アクサ損保プラン7070%70万円制限なし制限なし制限なし

※表は横にスクロールできます。

ほとんどのペット保険の年間補償限度額は70万円~100万円で設定されています。

比較すると、イーペットの年間補償限度額が60万円というのは、多少心もとなく感じますね。

STEP4:選ばれたペット保険の落とし穴は?

ここまで選ばれただけでも十分良い保険なのですが、保険には思わぬデメリットが付きものです。
選ばれた保険会社のそういった落とし穴を見ていきましょう。

FPCのフリーペットほけん70%補償プラン

  • 手術が年間1回までしか補償されないことには注意が必要

PS保険の70%補償プラン

  • 「同一原因による手術は、2回目以降は補償対象外」
  • 「生涯にわかって継続的に行っていく慢性疾患の治療の場合は、最大でも一生涯20日まで補償」

(参考)PS保険(ペットメディカルサポート)の補償の落とし穴
これらは、当初想定していた補償内容を十分に受けられないという落とし穴につながります。
PS保険に加入する人は、この2つをきちんと理解した上で加入するようにしましょう。

SBIいきいき少短のプラン70スタンダード

【対象外項目例】

膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニア、歯科治療 など

楽天少短のあんしんペットL

  • 「膝蓋骨脱臼などの特定のケガや病気が補償されない」という制約がある

【対象外項目例】

膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、レッグペルテス、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱、涙やけ など

日本ペットプラス(ガーデン)のプラチナ70%プラン

  • 「特定のケガや病気が補償されない」という制約がある

【対象外項目例】

膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、レッグペルテス、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱、涙やけ など

ペット&ファミリーのげんきナンバーわんプラン70

  • 「特定のケガや病気が補償されない」という制約がある

【対象外項目例】

膝蓋骨脱臼・股関節脱臼・膝関節脱臼(交通事故が直接的な原因の場合は補償対象)、猫エイズ、心身症 など

イーペットのe-ペット70

  • 病気やケガで治療中、経過観察中の場合は加入できない
  • 病気の場合は補償開始日から15日間の待機期間がある

アクサ損保プラン70

  • 病気の場合は30日間、ガンの場合は120日間の待機期間がある
  • 特定の病気は発症年度のみ補償され、翌年度から補償対象外になる

【対象外項目例】

ウォブラー症候群、肘関節形成不全、肘関節の尺骨離脱、肘関節の橈骨離脱、前肢橈骨の湾曲症、股関節形成不全、レッグペルテス病、膝蓋骨脱臼、眼窩の形成不全、眼瞼外反、眼瞼内反、進行性網膜萎縮、下顎骨の炎症性疾患、歯および顎の形成不全 など

会社名商品名補償割合補償対象外の病気その他の補償制限
FPCフリーペットほけん70%補償プラン70%・手術補償が年間1回まで
PS保険70%補償プラン70%・同じケガや病気に対する補償の上限回数が決まっている
SBIいきいき少短プラン70スタンダード70%膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニア、猫エイズ、歯科治療など・病気の場合は補償開始日から30日間の待機期間がある
楽天少短あんしんペットL70%膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、レッグペルテス、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱、涙やけ など・保険の更新は20歳までとなり終身継続できない
日本ペットプラス(ガーデン)プラチナ70%プラン70%膝蓋骨脱臼・股関節形成不全・レッグペルテス・てんかん・チェリーアイ・気管虚脱・猫エイズ・涙やけなど・保険の更新は20歳までとなり終身継続できない
・病気の場合は30日間、ガンの場合は60日間の待機期間ある
ペット&ファミリーげんきナンバーわんプラン7070%膝蓋骨脱臼・股関節脱臼・膝関節脱臼(交通事故が直接的な原因の場合は補償対象)、猫エイズ、心身症
イーペットe-ペット7070%・病気やケガで治療中、経過観察中の場合は加入できない
・病気の場合は補償開始日から15日間の待機期間がある
アクサ損保プラン7070%ウォブラー症候群、肘関節形成不全、肘関節の尺骨離脱、肘関節の橈骨離脱、前肢橈骨の湾曲症、股関節形成不全、レッグペルテス病、膝蓋骨脱臼、眼窩の形成不全、眼瞼外反、眼瞼内反、進行性網膜萎縮、下顎骨の炎症性疾患、歯および顎の形成不全などは発症年度のみ補償・病気の場合は30日間、ガンの場合は120日間の待機期間がある

※表は横にスクロールできます。

ペット保険において補償対象外の病気があることは致命的です

SBIいきいき少短や楽天少短、日本ペットプラス(ガーデン)、ペット&ファミリー、アクサ損保には特定の傷病が補償対象外に定められています。
特に膝蓋骨脱臼は小型犬でよく引き起こる傷病なので、いざという時に必要な治療が受けられないリスクがあることを理解しておかなければいけません。

補償対象外が決められているペット保険に加入を検討する方は、この点をきちんと理解して加入するようにしましょう。

STEP5:総合的に判断してランキング付け!

ここまで見てきたことを振り返って、総合的にランキングを付けていきます。

保険料の安さ

保険料の安さでは、全てのペットのサイズにおいて、FPCのフリーペット保険が一番安く、
続いて、PS保険、SBIいきいき少短、楽天少短、日本ペットプラス(ガーデン)、ペット&ファミリー、イーペット、アクサ損保の順番でした。

補償内容の手厚さ

FPCとPS保険は、通院・入院・手術に上限日数や日額制限を適用する代わりに、年間補償限度額が高いという特徴があります。

FPCとPS保険のどちらかが一番おすすめのペット保険になりそうです。

落とし穴の有無

補償されない病気やケガがあるというのは、保険として致命的です。

SBIいきいき少短、楽天少短、日本ペットプラス(ガーデン)、ペット&ファミリー、アクサ損保には補償対象外項目の設定があり、十分に補償を受けられない可能性があります。

一方、FPC、PS保険、イーペットは補償対象外項目がないので安心して備えることができます。

以上の3つのポイントから、トップ3はFPC・PS保険・イーペットになりそうです。

3つのペット保険の中で、イーペットは保険料が高く、年間補償限度額も低めに設定してあります。
そう考えると、FPCかPS保険がおすすめです。

それでは、FPCとPS保険ではどちらの方が補償内容が手厚いのでしょうか?
当サイトでは、「動物病院でかかる治療費の割合」と、「通院・入院・手術で1日(回)にかかる平均治療費」を独自で調査しました。
結果としては、以下の通りです。

1year-tiryohi-wariai

※アニコム調べ

1日にかかる平均治療費
通院8,000 円
入院12,000 円
手術100,000 円

1日にかかる平均治療費を見ると一見、入院と手術が高く思えますが、動物病院でかかる治療費の割合を見ると通院での請求が9割を占めています。1度の受診にかかる治療費は少額でも、生涯で支払う金額を考えると「通院」が一番高額になると言えるでしょう。

それに対して、FPCとPS保険の補償内容はどうでしょうか?

fpc-ps

注目すべきは、一番治療費がかかるとされる通院において、FPCの方が手厚い補償内容となっている点です。

PS保険は、一番治療費がかからない入院に年間60万円の補償としており、ほぼ使い切れないのが予想できます。
一方で、一番治療費がかかる通院の上限は年間20万円です。
年間の補償上限額が100万円と手厚そうに見えますが、動物病院での治療費の実態とはかけ離れた補償内容となっているので注意が必要です。

これらのポイントで総合的に考えると、FPCが一番おすすめのペット保険といえます。
次点としては、保険料の安さと補償の手厚さでPS保険、続いて、イーペットとなるでしょう。

会社名商品名補償割合生涯保険料(小型犬・15歳まで)生涯保険料(中型犬・15歳まで)生涯保険料(大型犬・15歳まで)生涯保険料(猫・15歳まで)年間補償限度額通院入院手術
FPCフリーペットほけん70%補償プラン70%490,700 円544,600 円568,900 円468,700 円85万円12,000円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000 円/回
年間1回まで
PS保険70%補償プラン70%555,250 円630,980 円685,890 円488,190 円100万円10,000 円/日
年間20日まで
20,000 円/日
年間30日まで
100,000 円/回
年間2回まで
イーペットe-ペット7070%760,140 円760,140 円1,073,750 円531,140 円60万円制限なし制限なし制限なし

※表は横にスクロールできます。

まとめ

補償割合70%で絞った場合の通院・入院・手術すべてを補償するペット保険のおすすめは以下のとおりです。

第1位FPCのフリーペットほけん70%補償プラン

・年間補償限度額が85万円という高水準の手厚い補償
・補償が手厚い中で、保険料のコスパが一番よい
・目立った落とし穴がない

第2位PS保険の70%補償プラン

・保険料がFPCの次に安い
・年間補償限度額が100万円という高水準の手厚さを誇る
・通院と手術の補償に関して独特なカウント方法をするため、落とし穴になる可能性がある

第3位イーペットのe-ペット70

・保険料は高めに設定してある
・年間補償限度額のみを定義し、通院・入院・手術の制限がなく、偏った補償にも対応できる
・目立った落とし穴がない

ペット保険総合ランキングバナー

ペット保険口コミランキングバナー