ペット保険の比較・選び方

【大型犬版】手術重視型のペット保険ランキング

ペットにかかる治療費で、一番金額がかかる「手術」。当サイトでは、その手術を手厚くカバーする大型犬向けの手術重視型保険のおすすめ商品を、「50%補償」、「70%補償」、「80%以上の補償」の3つの補償割合に分け、それぞれの割合ごとにランキングを作って紹介しています。では、この3つの補償割合を統合したとき、一番おすすめの保険はどれになるのでしょうか?ここでは各補償割合で一番おすすめの商品を比較した総合ランキングをご紹介します!

手術重視型のおすすめは「ガーデンのパール70%プラン」

手術重視型のペット保険は、その名の通りペットの治療費の中でも、特に高くついてしまう「手術」をサポートする商品です。数ある商品の中でも、なるべく保険料が安く、補償が手厚い保険を選びたいですよね。

ここでは、当サイトで導き出した各補償割合の1位の保険をさらに細かく比較し、その結果から総合ランキングを決定していきます。補償割合が異なると、補償内容や商品の規格変わってしまいますが、それぞれの補償割合の中で、大型犬におすすめの手術重視型ペット保険はどれなのかを検討してみたいと思います。

  • 各ペット保険の特徴
  • 生涯保険料と補償内容の違い
  • 各手術費の自己負担額

以上の項目を見比べたところ、このようなランキングになりました。

1位
ガーデンのパール70%プラン
2位
ペッツベストのアクシデントプラン
3位
ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリム プラン50

※補償割合別のおすすめのペット保険を探されている方は、以下の記事を参考にしてください。
【大型犬版】手術重視型の補償割合50%のペット保険ランキング
【大型犬版】手術重視型の補償割合70%のペット保険ランキング
【大型犬版】手術重視型の補償割合80%以上のペット保険ランキング

「手術」を重点的に補償するペット保険をお探しの方へ

「手術をすることになり、高額の治療費がかかって大変だった…」という経験はありませんか?
元気だから大丈夫と思っていても、いきなり手術や入院が必要になることがあります。
高額の手術がどれだけ高額でかかってしまうのか、通院・入院・手術に分けた「1日にかかる平均治療費」でチェックしてみましょう。

1日にかかる平均治療費
通院¥8,000
入院¥12,000
手術¥100,000

当編集部で独自に調査したところ、手術で1日にかかる平均治療費は10万円という結果が得られました。
さらに、手術後は入院をすることが多く、最終的に高額な治療費になってしまうことが予想できます。

例:骨折で手術し、3日間入院した場合
    手術費:100000円+入院費:36000円=136000円

もちろん、状態によって手術にかかる費用は病状によってさまざまで、数万円の場合もあれば数十万円かかることもあります。
例えば、骨折の手術に40万円、椎間板ヘルニアの手術では50万円もの治療費がかかったケースもあり、こういった万が一の高額な出費に備えるためには手術重視のペット保険に加入しておくと安心ですね。

ランクイン理由を徹底解説

以下のポイントを比較して、手術重視型ペット保険のランキングを決めていきましょう。

  • 各補償割合で1位を獲得した3つのペット保険
  • 高額な手術費の場合の自己負担額から分かるおすすめのペット保険
  • ある程度手術を補償し、通院にも備えたい方へ

各補償割合で1位を獲得した3つのペット保険

手術重視型のペット保険には、「50%補償」、「70%補償」、「80%以上の補償」の3つの補償割合帯があります。各社ごとにさまざまな違いがあり、どの補償割合の保険に加入すればいいか迷われている方も多いのではないでしょうか?
各補償割合のコンテンツで比較を行い、それぞれの補償割合で1位を獲得したペット保険を下にまとめました。当編集部がおすすめする商品とその特徴をご覧ください。

●50%補償

ペット&ファミリーのげんきナンバースリム プラン50

参考:【小型犬版】手術特化型の補償割合50%のペット保険ランキング

  • 最短で申し込み手続きが完了した翌日より保険が開始され、終身で継続できる
  • 手術・入院のほかに通院を補償する
  • 夜間・休日などの時間外診療も補償対象

●70%補償

ガーデンのパール70%プラン

参考:【小型犬版】手術特化型の補償割合70%のペット保険ランキング

●80%以上の補償

ペッツベストのアクシデントプラン

参考:【小型犬版】手術特化型の補償割合70%のペット保険ランキング

「ガーデン」と「ペッツベスト」のように、商品によっては制約が設けられているものもあります。
そのため、加入する前には約款などでどのような場合に保険が補償されないのか制約の有無を確認するようにしましょう。

また、手術重視型ペット保険の中には手術のみのほかに、手術・入院を補償する商品や通院まで補償するものもあるようです。
以上3商品の0歳から15歳までに加入した場合の「生涯保険料」や「補償内容」などを表にまとめたので、詳しい内容を確認してみましょう。

会社名商品名割合15歳まで保険料備考年間補償上限通院入院手術免責金額
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリム プラン5050%561,740円50万円制限なし制限なし制限なし3,000円
ガーデンパール70%プラン70%221,310円30万円日額制限なし(年間2回まで)0円
ペッツベストアクシデントプラン80%259,040円50万円250,000円/回250,000円/回250,000円/回7,500円

※表は横にスクロールできます。

まず、生涯保険料が561,740円と3商品の中で一番高い保険が「ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリム プラン50」です。
3つの中では補償割合が50%と一番低い割合ですが、手術のほかに通院や入院も補償するので生涯保険料が割高になっています。

一方、「ガーデンのパール70%プラン」は生涯保険料が221,310円と商品の中で一番安い保険です。
補償割合が70%で手術のみを日額制限なく年間2回まで補償しますが、年間補償上限金額が30万円までと安めに設定されていることが生涯保険料の安さにつながっています。

また、3商品の中で生涯保険料が259,040円と2番目に安い「ペッツベストのアクシデントプラン」は、補償割合が80%と一番高い割合です。
1度の手術につき25万円まで補償し、手術のほかに通院や入院も対象ですが年間補償上限金額が50万円までと少し安めに設定してあります。

各商品の補償内容の中で「ペット&ファミリー」は3000円、「ペッツベスト」は7500円に設けられている免責金額も気になると思います。
これらの免責金額は手術重視型のペット保険に大きく関わってくるのでしょうか?

冒頭で記載したように手術費は平均10万円なので、各商品に設けられている免責金額をはるかに上回る治療費がかかることが予想できます。
そのため、それぞれの免責金額はそれほど意識しなくても良いでしょう。

※「免責」について気になった方は下記をご参考ください。
ペット保険の免責って?

高額な手術費の場合の自己負担額から分かるおすすめのペット保険

冒頭でも記載しましたが、骨折で40万円、椎間板ヘルニアで50万円もの手術費がかかった事例があるように、手術の平均治療費は10万円ですがそれ以上にかかることがあります。
そういった万が一の高額な治療費に備えるためには、手術重視型のペット保険に加入しておいた方が安心ですよね。

これまで手術重視型のペット保険を3種類紹介しましたが、この中でどれがより優れた商品なのでしょうか?
補償割合や保険料、補償内容など商品ごとに違ってくるので迷う方も多いと思います。

そこでここでは3商品のうち、どの手術重視型のペット保険が優れているのかランキング化してみます。
手術重視型のペット保険への加入は高額な手術費をカバーすることが目的なので、どれだけもしものときに対応できるのかが重要になります。
そのため、高額な手術費のシミュレーションを行い比較する必要がありますね。

「手術の平均治療費は10万円であること」と「骨折で40万円、椎間板ヘルニアで50万円の治療費がかかった例」を踏まえ、高額な手術費として30万・50万の手術を一生涯に1度行った場合に設定し、生涯の支払い金額(①生涯保険料+②保険適用後の自己負担額)はいくらになるのか確認してみましょう。

※「①生涯保険料」とは、0~15歳まで保険に入った場合、生涯に支払う保険料を指します。
※「②保険適用後の自己負担額」とは、発生した手術費に対して補償割合や免責金額、年間補償上限によって保険金が支払われず、自己負担した金額を指します。

●一生涯に1度、30万円の手術をした場合

会社名商品名生涯の支払い金額(①+②)割合①15歳まで年間補償上限免責金額支払われる保険金②自己負担額
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリム プラン50713,240円50%561,740円50万3,000円148,500円151,500円
ガーデンパール70%プラン311,310円70%221,310円30万円0円210,000円90,000円
ペッツベストアクシデントプラン325,040円80%259,040円25万円7,500円234,000円66,000円

※表は横にスクロールできます。

●一生涯に1度、50万円の手術をした場合

会社名商品名生涯の支払い金額(①+②)割合①15歳まで年間補償上限免責金額支払われる保険金②自己負担額
ペット&ファミリーげんきナンバーわんスリム プラン50813,240円50%561,740円50万3,000円248,500円251,500円
ガーデンパール70%プラン511,310円70%221,310円30万円0円210,000円290,000円
ペッツベストアクシデントプラン509,040円80%259,040円25万円7,500円250,000円250,000円

※表は横にスクロールできます。

では、30万円と50万円の手術をした場合の生涯の支払い金額の違いをそれぞれ確認してみましょう。

ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリムプラン50

30万円の手術をした場合
 561,740円(生涯保険料)+151,500円(保険適用後の自己負担額)=713,240円(生涯の支払い金額)

50万円の手術をした場合
 561,740円(生涯保険料)+251,500円(保険適用後の自己負担額)=813,240円(生涯の支払い金額)

ガーデンのパール70%プラン

30万円の手術をした場合
 221,310円(生涯保険料)+90,000円(保険適用後の自己負担額)=311,310円(生涯の支払い金額)

50万円の手術をした場合
 221,310円(生涯保険料)+290,000円(保険適用後の自己負担額)=511,310円(生涯の支払い金額)

ペッツベストのアクシデントプラン

30万円の手術をした場合
 259,040円(生涯保険料)+66,000円(保険適用後の自己負担額)=325,040円(生涯の支払い金額)

50万円の手術をした場合
 259,040円(生涯保険料)+250,000円(保険適用後の自己負担額)=509,040円(生涯の支払い金額)

まず、「ペット&ファミリー」ですが30万円・50万円の手術の場合、どちらも他の2商品より生涯の支払い金額が30万円~40万円ほど高額になっています

一方で「ガーデン」と「ペッツベスト」は30万円・50万円の手術の場合、生涯の支払い金額はそれほど変わりません。
手術費が50万円以降高くなっても、同じく生涯の支払い金額はあまり変わらないようです。
ではどちらの商品がより優れているのでしょうか?

冒頭で各商品の特徴を紹介しましたが、「ペッツベスト」はケガのみ補償し、病気は補償されません。
そう考えるともしものときの病気での手術も補償してくれる「ガーデン」の方が安心ですよね。

また、今回は手術を一生涯に1度行った場合をシミュレーションしましたが、手術は2回・3回と必要になるケースもあります。
万が一の高額な手術費に備えるには、「ガーデンのパール70%プラン」「ペッツベストのアクシデントプラン」「ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリム プラン50」の順でおすすめと言えるでしょう。

ある程度手術を補償し、通院にも備えたい方へ

高額な手術費に備えて手術重視型の商品を検討している方の中には「手術費の平均金額が10万円なら、手術重視型のペット保険に加入しなくてもいいかもしれない」と思っている方もいるでしょう。
そこで、ここでは「手術費の平均金額10万円を補償できるなら十分。その代わり通院にも備えたい」と思う方に向けて考察していきます。

動物病院でかかる治療費の割合

冒頭で紹介した1日にかかる平均治療費では一見、入院と手術が高く思えます。
しかし、当編集部が「動物病院でかかる治療費の割合」を独自に調査したところ、1年で請求した治療費の割合を見ると通院での請求が7割を占めることが分かりました。
そのため、手術や入院のほかに通院も補償するペット保険を選択することも視野に入れてもいいのかもしれませんね。

今回挙げている3商品のうち、「ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリムプラン50」は3000円、「ペッツベストのアクシデントプラン」は7500円と通院・入院・手術を補償しますが、免責金額が設定されています。
通院の平均金額は8000円とはいえ、その金額以下の治療費がかかる場合もあるため、通院の補償も視野に入れるのであれば免責金額が設定されている商品はあまりおすすめできません。

それならば、ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリムプラン50よりの生涯保険料が安く、病気での通院・入院・手術も補償する免責金額がない「FPCのフリーペットほけん」があるのでこちらを検討してみてください。

ただし、トータル補償型のペット保険ではもしものときの高額な手術費に備えられない場合があるというポイントは理解しておきましょう。

※補償割合別でトータル補償型のおすすめを探している方は、以下の記事を参考にしてください。
【大型犬版】トータル補償型の補償割合50%のペット保険ランキング
【大型犬版】トータル補償型の補償割合70%のペット保険ランキング
【大型犬版】トータル補償型の補償割合80%以上のペット保険ランキング

まとめ

今回の考察で以下の項目が分かりました。

  • 手術費は平均10万円だが、それ以上かかる可能性もある
  • 「ペット&ファミリー」と「ペッツベスト」に設けられている免責金額は、手術費の平均金額をはるかに下回るためそれほど意識しなくても良い
  • もしものときの高額な手術費に備えるならば「ガーデンのパール70%プラン」
  • ある程度手術を補償し、通院にも備えたいのなら「FPCのフリーペットほけん」

これまで見てきたように、どれも優れた商品であり補償割合も異なりますが、もしものときの高額な手術費に備えるための一番おすすめの商品は70%補償の「ガーデンのパール70%プラン」と言えるのではないでしょうか。

もう一度、上記のポイントをしっかりとご覧になって、納得のいくペット保険選びにお役立て下さい。

1位
ガーデンのパール70%プラン
2位
ペッツベストのアクシデントプラン
3位
ペット&ファミリーのげんきナンバーわんスリム プラン50