ペット保険の比較・選び方

【中型犬版】トータル補償型のペット保険ランキング

当サイトでは、柴犬やビーグルなどの中型犬にピッタリな保険を、補償割合50%、70%、80%以上の3つの補償割合帯ごとに分け、それぞれランキングにして紹介しています。では、すべての補償価格帯を合わせて考えた場合、一番おすすめの保険はどれになるのでしょうか? 各補償割合帯を統合し、トップ3を決定しましたのでご紹介します!

トータル補償型のペット保険のおすすめは「FPCのフリーペットほけん」

動物病院でかかる通院や入院、手術のすべてを補償してくれるペット保険は、数あるペット保険の中で一番オーソドックスなタイプです。加入検討中の方からすれば、できるだけ保険料を抑えて、治療費にしっかり備えられる保険を選びたいですよね。

そこで、当サイトの各補償割合の比較で1位を獲得した商品を比較し、総合ランキングを決めてみました!補償割合が異なるので「中型犬に最もおすすめのトータル補償型のペット保険はどこなのか」を考察してみたいと思います。

  • 生涯保険料と補償内容の違い
  • 各ペット保険の特徴
  • 補償割合1%あたりのコスパの良さ
  • 生涯に一番かかる治療費に対する補償

以上の項目を見比べたところ、このようなランキングになりました。

1位
FPCのフリーペットほけん
2位
PS保険の70%補償プラン
3位
ペットライフジャパンのスペシャルプラン

※補償割合別のおすすめのペット保険を探されている方は、以下の記事を参考にしてください。
【中型犬版】トータル補償型の補償割合50%のペット保険ランキング
【中型犬版】トータル補償型の補償割合70%のペット保険ランキング
【中型犬版】トータル補償型の補償割合80%以上のペット保険ランキング

ランクイン理由を徹底解説します

おすすめのペット保険を選ぶために、以下のようなポイントで比較していきます。

  • 各補償割合で1位を獲得した3つのペット保険
  • 3つのペット保険の特徴
  • アニマル倶楽部は実質的に100%の補償を受けられない!?
  • 補償割合1%あたりのコスパの違い
  • 一番費用がかかる通院を手厚く補償する「FPCのフリーペットほけん」がおすすめ!

各補償割合で1位を獲得した3つのペット保険

トータル補償型のペット保険には、一番よく利用されている「50%補償」、次に商品数の多い「70%補償」、高い割合で補償する「80%以上の補償」の補償割合があります。
この3つの補償割合で、それぞれ1位を獲得したペット保険はこちらです。

●50%補償

FPCのフリーペットほけん

参考:【中型犬版】トータル補償型の補償割合50%のペット保険ランキング

●70%補償

PS保険の70%補償プラン

参考:【中型犬版】トータル補償型の補償割合70%のペット保険ランキング

●80%以上の補償

ペットライフジャパンのスペシャルプラン

参考:【中型犬版】トータル補償型の補償割合80%以上のペット保険ランキング

これら3つのペット保険について、0歳から15歳までに加入した場合の「生涯保険料」や「年間の補償上限」、「補償内容」などをまとめたものが以下の表になります。

会社名商品名割合15歳まで保険料備考年間補償上限通院入院手術
FPCフリーペットほけん50%435,950円85万円12,500円/日(年間30日まで)125,000円/入院(年間3入院まで)100,000円/手術(年間1回まで)
PS保険70%補償プラン70%630,980円100万円10,000円/日(年間20日まで)20,000円/入院(年間30日まで)100,000円/手術(年間2回まで)
ペットライフジャパンスペシャルプラン100%607,200円41万円3,000円/日(年間30日まで)7,500円/入院(年間30日まで)45,000円/手術(年間2回まで)

※表は横にスクロールできます。

生涯保険料のほかに、補償上限金額・上限回数が比較のポイントになってきそうですね。
それではこの表をもとに、各ペット保険を比較していきましょう。

3つのペット保険の特徴

「FPCのフリーペットほけん」「PS保険の70%補償プラン」「ペットライフジャパンのスペシャルプラン」の表から分かるポイントや、調べて分かった特徴は以下の通りです。

FPCのフリーペットほけん
  • 保険料の値上がりが少ないフラット制を導入し、補償割合は50%のみというシンプルで分かりやすいプラン
  • 口コミでは「保険金が振り込まれたときの連絡がない」「問い合わせの対応が丁寧」などが見受けられる
  • 通院を手厚く補償する反面、手術は1度しか補償されない
PS保険の70%補償プラン
ペットライフジャパンのスペシャルプラン
  • 犬や猫のほか、ウサギや鳥も加入することができる
  • 基本的な契約の他に、予防接種などの予防措置に対して積み立てられる「予防サポート給付金」という特約が用意されている
  • 加入するにはペットライフジャパンの入会が必要で、別途入会金1000円がかかる(年会費は不要)
  • 通院・入院・手術の補償上限金額が低い

このように、通院・入院・手術のうち、どれをよりしっかりと補償するのかは、各商品が設定している補償上限金額や上限回数で決まります。
「PS保険」のように、商品によっては保険金を支払えない制約が設けられているものもあるので注意が必要です。

ペットライフジャパンは実質的に100%の補償を受けられない!?

各商品の特徴のほかに、ペットライフジャパンには引っかかるポイントがあります。
ペットライフジャパンのスペシャルプランは、実質的に100%も補償されない可能性があるという点です。

ペットライフジャパンには1日の支払い限度額(通院:3,000円/日、入院:7,500円/日、手術:45,000円/日)が設定されています。その限度額内で治療費を全てカバーできるのか、当編集部で調査した「1日にかかる平均治療費」の結果を確認してみましょう。

1日にかかる平均治療費
通院¥8,000
入院¥12,000
手術¥100,000

調査の結果を見ると、1日にかかる平均治療費がペットライフジャパンで設定されている1日の支払い限度額以上かかっていることに気づきませんか?
つまり、補償割合100%ですが、1日の支払い限度額を超えた治療費は補償範囲外となり、その分は自分で支払うようになります。

では、ペットライフジャパンの補償割合100%は実質的にはどれくらいの補償割合になるのでしょうか?例を挙げて算出してみましょう。

例:1度通院した場合の支払いイメージ
    8000円(治療費)-3000円(補償対象)=5000円(実費)

計算によると、実質的には約50%の割合で補償される場合があるという点を頭に入れておかなければいけません。

補償割合1%あたりのコスパの違い

商品によって制約があるなど、各ペット保険に注意しなければならない項目がありますが、「結局どれが一番、コスパがいいの?」ということも思いませんか?
そこで、ここでは補償割合1%あたりの保険料を算出して、それぞれのコストパフォーマンスを比較していきます。
結果の数字が安いほど、コストパフォーマンスに優れていると言えます。
なお、ペットライフジャパンは補償割合100%ですが、実質的には約50%で補償される可能性が高いことから補償割合を50%で計算しています。

会社名商品名割合15歳まで保険料備考年間補償上限補償割合1%あたりの保険料
FPCフリーペットほけん50%435,950円85万円8,719円
PS保険70%補償プラン70%630,980円100万円9,014円
ペットライフジャパンスペシャルプラン100%607,200円41万円12,144円

※表は横にスクロールできます。

補償割合1%あたりの保険料から、一番コストパフォーマンスが良い商品はFPCのフリーペットほけんとなりました。
では、FPCが3商品の中でより優れた商品なのでしょうか?
他のペット保険との差額が気になりますよね。

FPCとPS保険との差額は300円程度のみです。そのため、このれらの2商品ではそこまで1%あたりのコストパフォーマンスを気にしなくてもいいと思います。

一方、FPCとペットライフジャパンの差額は約3000円です。なお、この差額はペットライフジャパンの補償割合を実質受けられる補償割合50%で算出したものとなります。
100%の補償割合が実質50%になる可能性の問題がある以上、コストパフォーマンスから見てもペットライフジャパンは3商品の中では劣ってしまうと言えるでしょう。

一番費用がかかる通院を手厚く補償する「FPCのフリーペットほけん」がおすすめ!

これまでの考察でFPCとPS保険に絞られましたが、決め手に欠けて順位がなかなか決められませんね。最後に「治療費の実態」と「各保険商品の補償内容」を比べてみようと思います。
当編集部が調査したところ、動物病院でかかる治療費の割合は以下のような実態となっていることが分かりました。

動物病院でかかる治療費の割合

この結果から、分かることは以下の通りです。

  • 入院の費用が一番かからない
  • まず意外なことに、入院にはあまり費用がかかりません。1日あたりの入院費は1万2000円ほどかかってきますが、入院する頻度が少ないので、全体での割合が低くなっているようです。

  • 手術の費用もそれほどかからない
  • 手術は1回あたりの費用が10万円と高いので、不安になる飼い主の方も多いのではないでしょうか。しかし、入院と同じくそこまで頻度が多くなく、全体から見ると割合が低くなっています。

  • 一番対策をしないといけないのは「通院」
  • 1年間に一番費用がかかっているものは、実は「通院」です。1回あたりの費用が8000円と安いため、気にしない方が多いと思います。しかし3つの治療費の中では一番頻度が多く、ペットの生涯という長い期間で見ると一番費用がかかってしまいます。

これらの結果も含めて、改めて商品内容を比較してみましょう。
通院・入院・手術に設けられている年間の補償上限はどのようになっているのでしょうか?
せっかくなので、ペットライフジャパンのスペシャルプランの商品も一緒に確認してみましょう。

会社名商品名割合15歳まで保険料備考年間補償上限通院入院手術
FPCフリーペットほけん50%435,950円85万円37.5万円まで37.5万円まで10万円まで
PS保険70%補償プラン70%630,980円100万円20万円まで60万円まで20万円まで
ペットライフジャパンスペシャルプラン100%607,200円41万円9万円まで22.5万円まで9万円まで

※表は横にスクロールできます。

一年間に一番費用がかかってくるものは「通院」なので、トータル補償型のペット保険の場合、通院を重視しつつ、入院や手術に備えられることが重要ですよね。
その理想に一番近い補償内容を備えている商品は、通院を37.5万円までしっかり補償し入院や手術にも十分備えられる「FPCのフリーペットほけん」と言えるでしょう。
一方、PS保険の70%補償プランは、年間の補償上限が高いように思えますが、とくに入院を手厚く補償する内容になっています。
また、ペットライフジャパンに関しても主に入院を補償する内容です。
ペットライフジャパンはPS保険と比べ年間の補償上限金額が低いので、次点は「PS保険の70%補償プラン」となるでしょう。

まとめ

これまでの検討から分かったことは以下の通りです。

  • PS保険には制約が設けられている
  • ペットライフジャパンのスペシャルプランは、実質的には100%の補償が受けられない可能性がある
  • 補償割合1%あたりのコスパFPCとPS保険はそれほど変わらないが、ペットライフジャパンは3000円程度高い
  • ペットにかかる医療費の実態に一番マッチしている補償内容を備えている商品は「FPC」

補償割合も異なりどれも優れた商品ですが、通院に思った以上に費用がかかるという実情から、中型犬に一番おすすめの商品は50%補償の「FPCのフリーペットほけん」と言えるのではないでしょうか。

一見すると、50%補償という他商品よりは低い補償割合では「飼い主の負担が大きくなるのでは?」と不安になる方もいるかもしれません。しかし、人間が健康保険で70%を国から補償されていることを考えると、妥当な補償割合ではないかと思います。補償割合を高くするよりも、保険料が家計の負担にならず、自分に合った保険料と補償内容のペット保険を選ぶことが大切です。

これまでの比較結果をよくご覧になって、納得のいくペット保険選びにお役立てください。

1位
FPCのフリーペットほけん
2位
PS保険の70%補償プラン
3位
ペットライフジャパンのスペシャルプラン