ペット保険の比較・選び方

【中型犬版】通院重視型のペット保険ランキング

ペット保険を選ぶにあたり、補償タイプや補償割合を見比べて選ぶ方が多いと思います。しかし、何度も見比べているうちに迷ってしまい、「どれが自分に合っているのか分からない…」なんて悩んでしまうこともありますよね。ここでは、身近な通院を主な補償対象とする通院重視型の商品にスポットを当て、その中でも最近人気の柴犬やコーギーなどの中型犬にピッタリのペット保険を紹介します!

通院重視型のおすすめは「ガーデンのゴールド50%プラン」

通院を重視して補償するペット保険の数は限られてきますが、その中でも保険料と補償内容のバランスが取れているものはどこのペット保険なのでしょうか?

  • 生涯に一番かかる治療費は通院
  • ガーデンとアニマル倶楽部が通院重視型の商品を用意している
  • アニマル倶楽部は1日の支払い限度額が低いため、実質的には100%も補償されない
  • 慢性疾患に備えるならアニマル倶楽部より「ガーデン」
  • ガーデンの3商品のコスパはほぼ同じ

各ペット保険を比較したところ、以上の5つのポイントが判明しました。後程詳しくランキング理由を説明しますが、通院を手厚く補償するおすすめのペット保険はこちらになります。

1位
ガーデンのゴールド50%プラン
2位
ガーデンのゴールド70%プラン
3位
ガーデンのゴールド90%プラン

「通院」を重点的に補償するペット保険をお探しの方へ

「ペットの通院で、思ったより治療費がかかってしまった…」という経験はありませんか?
手術や入院の高額な治療費に目が行きがちですが、意外に通院で治療費がかかってしまうことがあります。
通院の治療費が高額になってしまう理由を、通院・入院・手術に分けた「動物病院でかかる治療費の割合」と「1日にかかる平均治療費」で確認してみましょう。

動物病院でかかる治療費の割合
1日にかかる平均治療費
通院¥8,000
入院¥12,000
手術¥100,000

当編集部で独自に調査したところ、以上の結果が得られました。
1日にかかる平均治療費では入院と手術が高くなっていますが、一方で動物病院でかかる治療費の割合では通院での請求が7割を占めていることが分かります。

また、当編集部の調査で小型犬の場合、通院は年平均3.6回という結果が得られています。それほど年の通院回数が多くないと思われるかもしれませんが、皮膚病など慢性的な病気を発症した場合は週1回の通院が何十回と続くことがあるので治療費が高額になってしまいます。

例:慢性疾患で1年間に週1回通院した場合
    8000円×48日=384,000円

以上の計算から分かるように、1度の受診にかかる治療費は少額でも、ペットの生涯という長い期間で支払う金額のことを考えると「通院」が一番高額になると思われます。
そのため、通院を手厚く補償する通院重視型のペット保険は治療費の実態に合った保険商品であり、もしもの慢性疾患に備えられる商品と言えます。

ランクイン理由を徹底解説

通院でかかった高額な治療費を全て自分で支払うとなると家計の負担になってしまいます。そうならないためにも、以下のポイントをもとに、各ペット保険を比較していきましょう。

  • 比較①:通院重視型のペット保険は全4種!
  • 比較②:アニマル倶楽部は実質的には100%も補償されない!?
  • 比較③:アニマル倶楽部より「ガーデン」がおすすめ!
  • 比較③:ガーデンの3商品のコスパはほぼ同じ

比較①:通院重視型のペット保険は全4種!

では、通院を手厚く補償するペット保険のラインナップを見てみましょう。

会社名商品名割合14歳まで保険料備考年間補償上限通院入院手術
ガーデンゴールド50%プラン50%302,900円50万円制限なし
ガーデンゴールド70%プラン70%426,990円70万円制限なし
ガーデンゴールド90%プラン90%549,040円90万円制限なし
アニマル倶楽部ブループランⅡ100%446,100円39万円5,000円/日(年間30日まで)8,000円/入院(年間20日まで)

※表は横にスクロールできます。

あなたが検討している商品はありましたか?
現在、通院重視型のペット保険は全部で4種類あり、それぞれ補償割合が違う商品をガーデンとアニマル倶楽部が用意しています。まずは、その2社のペット保険を比較してみましょう。

比較②:アニマル倶楽部は実質的には100%も補償されない!?

ガーデンとアニマル倶楽部を比べていると、気になるポイントが判明しました。アニマル倶楽部のブループランⅡは、実質的に100%も補償されない場合があるようなのです。まずはそのポイントを確認していきましょう。

アニマル倶楽部には1日の支払い限度額(通院:5,000円/日、入院:8,000円/日)が設けられています。その限度額内で通院がカバーできるのか、冒頭で挙げた「1日にかかる平均治療費」の表をもう一度見直してみましょう。

1日にかかる平均治療費
通院¥8,000
入院¥12,000
手術¥100,000

このように、1日にかかる平均治療費はアニマル倶楽部が定めている1日の支払い限度額以上の金額がかかります。
つまり、補償割合100%ですが、1日の支払い限度額を超えた治療費は補償範囲外になり、自分で支払うことになってしまいます。

では、アニマル倶楽部の補償割合100%は実質的にはどれくらいの補償割合になるのか算出してみましょう。

例:1度通院した場合の支払いイメージ
    8000円(治療費)-5000円(補償対象)=3000円(実費)

以上のように、実質的には約70%の割合で補償されるということを理解しておかなければいけませんね。

比較③:アニマル倶楽部より「ガーデン」がおすすめ!

アニマル倶楽部のブループランⅡは、補償割合100%ですが、実質的に約70%の補償割合になる可能性があることが分かりました。
では、その同じくらいの割合であるガーデンのゴールド70%プランと比較すると生涯保険料や補償内容に違いがあるのでしょうか?

会社名商品名割合14歳まで保険料備考年間補償上限通院入院手術
アニマル倶楽部ブループランⅡ100%446,100円39万円5,000円/日(年間30日まで)8,000円/入院(年間20日まで)
ガーデンゴールド70%プラン70%426,990円70万円制限なし

※表は横にスクロールできます。

以上の表から分かる違いは3つです。

  • アニマル倶楽部は通院に支払い限度日数(30日)が設けられている一方、ガーデンは制限なく年間補償上限まで補償する
  • ガーデンは通院のみ補償し、アニマル倶楽部は通院と入院を補償する
  • ガーデンよりアニマル倶楽部の方が約20000円生涯保険料が高い

同じような補償割合ですが、アニマル倶楽部とガーデンの生涯保険料には約20000円の差があります。しかし、突き詰めるとそれ以上の差が生まれる可能性があることが判明しました。

例えば、慢性疾患を発症してしまい、1年間で週1回の通院が必要になったとします。
 4回/月×12ヵ月=48回
このように、年に48回通院することになり、アニマル倶楽部が設定している通院の限度日数(30日)より18回も上回ってしまうことになります。

つまり、通院1日の平均治療費が8000円なので
 8000円×18回=144000円
1年間で約15万円もの治療費を自費で支払うことになります。保険加入期間(14年間)で考えると、約210万円かかってしまいます。

ガーデンの方が生涯保険料が安いことはもとより、アニマル倶楽部のブループランⅡに加入して約210万円もの治療費の負担をしてしまう可能性を考えると、ガーデンのゴールド70%プランに加入する方が安心だと思いませんか?

一見、入院も補償してくれるアニマル倶楽部が魅力に思えますが、慢性疾患を発症した場合を考えると通院のみを手厚く補償する「ガーデン」のペット保険を選ぶことをおすすめします。

なお、ある程度の通院・入院を補償するペット保険をお探しの方は、アニマル倶楽部のブループランⅡと同等の生涯保険料で手術も補償する「FPCのフリーペットほけん」があります。
補償内容などの詳細は、以下の記事を参考にしてください。
小型犬のトータル補償のペット保険ランキング

比較④:ガーデンの3商品のコスパはほぼ同じ

これまでの考察から、アニマル倶楽部よりガーデンの方が通院重視型のペット保険向きということが分かりました。
では、ガーデンの3つの補償割合の中で、どれを選べばいいのか悩みますよね。
同じ補償内容ならできるだけ保険料が安く、コストパフォーマンスが優れた商品を選びたいと思います。
では、各補償割合1%あたりのコストパフォーマンスを確認してみましょう。

会社名商品名割合14歳まで保険料備考年間補償上限補償割合1%あたりの保険料
ガーデンゴールド50%プラン50%302,900円50万円6,058円
ガーデンゴールド70%プラン70%426,990円70万円6,100円
ガーデンゴールド90%プラン90%549,040円90万円6,100円

※表は横にスクロールできます。

各補償割合1%あたりのコストパフォーマンスを算出したところ、ほぼ同じ金額ということが分かりました。
つまり、どの補償割合を選んでも割合1%にかける保険料に変わりがないということです。
生涯保険料が安い方が家計に負担がないことも踏まえると、「ゴールド50%プラン」、「ゴールド70%プラン」、「ゴールド90%プラン」の順でランクインとなるでしょう。

もしかすると、50%補償という補償割合に不安になる方もいるかもしれませんが、人間が健康保険で70%を国から補償してもらっていることを考えると、妥当な補償割合ではないかと思います。
補償割合を高くするよりも、保険料が負担に感じることなく、適切な保険料と補償内容のペット保険を選ぶようにしましょう。

まとめ

生涯で動物病院を利用する目的の中で一番多い「通院」を手厚く補償する通院重視型のペット保険。
今回の考察で以下の項目が分かりました。

  • 生涯に一番かかる治療費は通院
  • ガーデンとアニマル倶楽部が通院重視型の商品を用意している
  • アニマル倶楽部は1日の支払い限度額が低いため、実質的には100%も補償されない
  • 慢性疾患に備えるならアニマル倶楽部より「ガーデン」
  • ガーデンの3商品のコスパはほぼ同じ

数が限られてはいるものの、その中でもガーデンのゴールド50%プラン、ガーデンのゴールド70%プラン、ガーデンのゴールド90%プランの順でおすすめということが分かりました。

もう一度、上記のポイントをしっかりとご覧になって、自分が一番納得のいくペット保険選びにお役立て下さい。

1位
ガーデンのゴールド50%プラン
2位
ガーデンのゴールド70%プラン
3位
ガーデンのゴールド90%プラン